2014年の俺

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/12/28(日)  19:45
「艦これ楽しかったです、フヒヒ」で終われば話が早いのですが、ここはサッカーファン、浦和レッズサポーターとしてのページですので、その立場としての俺の1年を振り返ってみたいと思います。自分語りなので、そういうのがうざいと思う人はスルーして下さいな。

・・・「レッズサポーターとして」などと言ってはみたものの、自分が自分に課するサポーター像(気持ちや内面の問題ではなく、体か金か、どちらかで貢献する)からすると、今年の俺はサポーターとは言えません。体も金も使っていません。「サポーター奮戦記」という看板に偽りあり、です。まあ、週7日のうち5日を占める仕事と、もう一つの大切な趣味である自転車と、土曜日の試合に行くっていうことのバランスを(主に体力的な意味で)考えると、「日曜日の試合の指定席」っていうのは自分なりに納得した上でのレッズとの付き合い方です。土曜日はカミさんが仕事ということもあるしね。

じゃあせめて気持ちや内面では? と自問自答すると・・・うーん、やっぱで自分を「レッズサポーター」と評するのは難しいです。
一つ一つ書き連ねませんが、(ちょっと誤解を受けそうな書き方ですけど)「レッズサポーターっぽいモノの考え方」に同感できないことが多くなってきました。俺自身、トシとって若い頃とはモノゴトの捉え方が違ってきていて、(サッカーの見方やレッズへの接し方に限らず)良く言えば柔らかく、悪く言えば軟弱で論争を避けたい気分になってきているのは自覚していますが、そうするとサポート原理主義みたいなものや、従来のやり方ばかりを是とする固定的な考え方はどうにも息苦しくてね。
それに、「俺ではない誰かの不埒な悪行」を自分の事として捉えるのも、やっぱり今でも納得がいかないわけです。というか無理がある。
そんなモヤモヤした気分で「We are Reds」を聞いたり、ましてや自らコールしたりするのは、自分に嘘をついているようで嫌なのです。なのでそのコールはずーっと参加を控えてきましたが、横浜国際の試合の終盤でのセットプレーのピンチで湧きあがったのが、「浦ー和レッズ」でも「西川!」でもなく「We are Reds」でした。ここで無言を貫いて失点でもしたら俺のせいだ。自分のちっぽけなこだわりなんて意味がない。そう思ったのでコールに加わったのですが・・・自分の中で凄く違和感があって、「そのコールをするのは違うんじゃないの?」って第三者の視点で俺を批判している俺がいました。コールした事を凄く後悔しましたし、そのコールを心から叫べないことで、極端な言い方をすると自分がスタジアムの中の異物に感じたり、孤独感みたいなものすら感じました。
そんなわけで、その辺の気持ちの折り合いがつかない限りは例えゴール裏に行ったとしてももう「We are Reds」は言えない、言わないと思いますし、最終戦のあとのブーイングを聞くと、もうシンクロするのは無理かな・・・という気もしています。

2015年は我が家史上で最も家計的に苦しい1年になるはずなので、スタジアムへ行く頻度は今年以上に下がるでしょうし、行った時には物陰からひっそりと見守るような、そんなジジイらしい(w)観戦スタイルになるんでしょうなぁ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ