スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑感 ミシュランPRO4SC

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/06/29(日)  21:00
PRO2→PRO3と乗り継いでのPRO4。4,000km弱を乗っての雑感。

乗り始めの第一印象は「固い!」
PRO3のしっとりした乗り心地とねっとりしたグリップ感はどこかに消えちゃった。
低速だと段差でガツンと入力が来る。路面の細かい荒れ、極端に言うとマンホールの蓋の模様までがゴロゴロと尻に伝わってくる感じ。後輪の空気圧が低いときの感触によく似ていて「あ、パンクした?」と思うことも度々。正直、余り心臓に良いものではない・・・。
路面に吸いつくような感触がなくなった半面、転がりの良さは凄い。どこまでも惰性でツツツツツ.......と転がっていく。それなりにスピードが乗ってくると固さもそれほど気にならなくなってくる。

車のタイヤに例えると、レグノからエコタイヤに替えた感じ、とでも言えますかね。

というわけで、「乗れていない」時はつらいタイヤ。でも「乗れている」と、転がりの良さが生きてきます。例えばPRO3の時は100kmでお腹いっぱいだったけど、PRO4だと調子が悪い時は50kmで体の節々が堪えてくる、でも調子がいいと120km過ぎでもダンシングでガシガシ踏める、みたいな明確な差。

登り下りはまだ真面目に走っていないのでわからないけど、平地と同じなら、登りは楽、下りは慣れるまで不安に思うかも?

耐久性はPRO3に比べて向上。
500kmで後輪が明らかに平らになったPRO3に比べて、PRO4は1,000kmでも見た目は不変。1,500kmで後輪が平らになり始め2,200kmで前後ローテ。後輪はローテ後1,300km(通算3,500km)でひび割れが目立ち始め、通算3,950kmで写真の状態となり交換。路面に当たる面は全然平気なので5,000kmくらい行くと思ったけど・・・ひび割れは結構多くの人が指摘してるみたいですね。
ちなみに前輪は放置していたローテ直後のサイドカットが、チューブが透けて見えるレベルになってきたため後輪より100km早く交換。こちらはひび割れはほとんどなかったので、カットがなければもっと行けたはず。
劣化し始めてから加重負担が増大する「前→後ローテ」の方が寿命が短くなるのか?

アンチパンク性については明確な差は感じず。まあ乗り方と運だよねー。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。