今回の件(1/2)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/03/20(木)  20:00
何となく、次に向かって進み始めているという論調が多い中で、すごく煙たがられそうな事を書きます。

20140313.png

これ、今回の件で処分が発表されたあとの、自分の呟きです。
ちょっとボカしてますけど、真意としては
  • サポーターは「自主的」と称してクラブの管理外で好き勝手やってるんじゃないの?
  • クラブは怒鳴りこまれるのが嫌で「信頼、対話」っていう言葉で綺麗に取り繕ってるんじゃないの?
ということを言わんとしました。
そんなことは否定されたかったのですが、残念ながらその後の淵田社長の会見で

「サポーターとのトラブル回避のため、横断幕を掲出した当事者との合意の上で取り外すルール」
「横断幕に関する取り扱いなどクラブに積み重なった長年の慣習で、主管者として迅速に対応ができない構造的な問題」
「外す、外さないで結構もめちゃうケースが出てくると。本人の了解を得ずに取ったときの混乱」

といった話が出てきていますから、これはもう、非常にキツい言葉ですけど、端的に言って「なあなあ」だったと言っても誹謗中傷には当たらないだろうと思います。

「なあなあ」っていうのは、お互いの関係があるから成り立つ概念なわけです。今回の場合は、クラブと、サポーターですよね。どちらか一方のみが悪いというわけではない。

そこで、クラブの側に「毅然としろよ」「馬鹿が沢山いるんだからちゃんと管理しろよ」と要求するのは簡単ですし、実際、今のご時世で、サポーターという危なっかしいモノを抱えているのにも関わらずリスクマネジメントはどうなってんの?とか(今回の危機はBCP発動モノですよね)、広報がいちばん大事な場面で「浦和レッズオフィシャルメディア」っていう大層な名前を持つ組織は何やってんの?とか、この期に及んで「サッカーは闘いです、しかしそこには~」とか綺麗事言ったって馬鹿には通じないから!とか、結局のところ根本の要因は何だって認識して、何の手を打つの?(そもそも公式発表の「差別に対する感度の低さが最大の原因」とか、俺は全然信じていません。なにその綺麗事・・・) ・・・等々の気持ちはあります。

あ、言い出したら止まらなくなってしまった(苦笑)

でも、自分はクラブを評価する立場ではないので、クラブへの文句はこのぐらいにして、あくまでも自分たちの目線で考えたいと思います。

(気が変わらなければ、明日に続く)
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ