スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五輪終了

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/02/23(日)  20:30
年齢を重ねるごとに集中して観ることができなくなっていく五輪ですが、今回も耐久系やマイナー系を中心に、色んな競技を楽しむことができました。

楽しむと言えば、ダントツに楽しかったのがスキークロス
ものすごくリスキーでスリルに溢れ、絵的にもマリオカートを思わせとても面白く、解説はなんかキメてんじゃないかっていうテンションで、家族一同なぜか爆笑の渦で最も盛り上がった種目でした。
Xゲーム系の種目は馴染みがない分、楽しさを伝えてもらうと新鮮に「おお!」って思っちゃうんですよ。実況解説のノリがいいと、つられて引き込まれて見てしまう。
「この選手はコーヒーを飲んだことがないんです」だの「すぐに洗濯物を畳んでしまう几帳面な選手」だの「ワオ係数」だの

って、全部「解説:三浦豪太」じゃないかw

その逆で、期待に押しつぶされそうになる選手の心情を慮ると、本当に気持ちが沈んでしまいます。
例えば、ジャンプの高梨さんやフィギュアの浅田さんが「プレッシャーに負けて実力を発揮できなかった」のか、「そもそもの実力が足りなかった」のかはわかりません。
ですが、NHKがニュースで「小さな体で期待を背負ってきた高梨でしたが、メダルは・・・」って言ったのには本当にムカつきました。我々が「背負わせてきた」のであって、それをプッシュしたのがマスコミでしょうに・・・。
ツイッターでは、浅田さんが失敗した後に「絶望した状況の時にどうすればいいか、真央ちゃんが教えてくれるはず」みたいな(おそらくは同意を表す)リツイートが回ってきましたが、それこそ絶望の淵にいるであろうアスリートに、どうして「人生の師」みたいな役割までを無邪気に期待できてしまうのか・・・それって信頼とも期待とも違うんじゃないの? と、正直、非常に嫌な気分になりました。

どうも、一部の狂想曲を見ていると、日本人は・・・って言うと言い過ぎなんだろうけど、なんか一方通行の愛情というか「幼さ」を感じてしまった部分も個人的にはありました。


小難しい話になっちゃったけど、やっぱりね、スポーツは楽しいのが良いです。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。