スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中西氏の「説明にならない説明」を聞くのはツラい

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/16(月)  18:00
先日のエルゴラインタビューに続き、今日は「緊急インタビュー」と称してサッカーキングに中西競技・事業本部長のインタビューが掲載されました。
なんかもうあいつらの話は聞きたくないやと思いつつ、なぜ順位決定制度を変えなければならないのか、なぜ2ステージ+プレーオフなのか、読み取ろうとしました。

でも、無理でした。

『最終的な目標は、継続的な日本サッカーの成長』という意見に異論はありません。でも、『決して大会方式の変更自体が目的ではなく、あくまでも成長を続けるための手段』と言いながら、変更によって成長につながるということの説明がありません。

もしかすると、その後段にある
『満員の観衆に囲まれて戦うという舞台をどれだけ作ってあげられるかも大切』
『Jリーグのクオリティが高いと分かるモデルケースの試合が必要だと感じているので、今回の改革が必要』

ということなのかもしれません。目玉の試合がある→満員になる→そこで試合すれば成長する、というロジックで一旦自分を納得させてみました。

では、目玉の試合があると満員になるのか?
中西氏は『6万110人に対する調査結果』を紹介しています。結果の表を普通に見れば「今までもこれからも制度に関係なく興味ないよ」としか俺には読めません。中西氏本人も『「興味を持たなかった」や「知らなかった」という層が圧倒的大多数であることをサッカー界全体としての大きな問題だと捉えた』って言っています。その問題認識、そして『興味を持たなかった圧倒的大多数にアプローチしていくことも必要』という課題認識については、俺も全然反対しません。ですが、このアンケート結果は少なくとも「目玉ゲームがあれば満員になる」っていうことの合理的な説明には全くなっていません。

ここまで伝わってきている話として「スポンサー料と放映権料で増収10億円」というものがあります。『満員の観衆で戦う環境を』というのなら、観客動員についてのコミットメントが先だと思うのですが、そこは何も言及がありません。おそらく「リーグは制度、動員はクラブ」ということなのだと思いますが(現実問題としてリーグに集客アイディアなんて無理でしょう!)、そこの説明もない。
例えばの話「お金がない、日銭が欲しいからこの方式を飲んで欲しい」というのなら俺は理解するんだけど、稼いだ10億円はクラブに還流させずプロモーションに使いますっていうんだから「あー、こりゃ10億円をメディアと広告代理店で回したいだけなのね」と思ってしまったとしても、邪推とは言えないでしょうよ・・・。

説明したい、ご理解頂きたいと言うけれど、その説明の機会で当たり前の説明ができないっていうことは、結局、説明する内容がないっていうことだよね・・・


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。