スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審判「問題」その2

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/12/27(木)  20:00
前回の続きです。

審判が「問題」だなんて言えないんじゃね? っていうのが前回の内容なんですけど、ホントに?っていうと、問題かどうかはわかりませんが、少なくとも俺の中でモヤモヤするものはあります。

審判や判定にまつわる色々な事がもっとオープンになればいいな、とは思います。

相手や審判を騙す選手がいたり、危険なプレーをする選手がいたり、ルールも知らずに的外れな批判をするファン・サポーターがいたりする中で、審判だけが一切間違いのない判定をする・・・そんなことは無理だし、求める方が間違っている。だけど、とても大事な役割を背負った審判という人たちがどういう評価システムのもとで研鑽しているのか、誤審をなくすためにどういう取り組みがなされているのか、そこがほとんどわからないんですよね。「無期限の出場停止処分になった」みたいな結論だけが断片的に漏れ伝わってくる以外には。
「選手には警告や退場という罰則があるんだから、審判だって裁かれるべきだ」みたいな論もありますが、審判の世界の懲罰システムとはどういうものなのか、いや、あるのかないのかすらわからない。だから、一足飛びに「審判に罰を!」っていうよりは、今やっていることを俺らにまずは教えて下さいよ、というのが俺の小さな望みです。

具体的には、こういうことになるのかな。
・クラブが出した抗議文の公開
・それに対してリーグがとった対応(受理か不受理か、受理したらどの部署がどう扱ったのか、結論としてどういう判断なのか、判定に問題があったなら審判に対する処分の有無と内容、恒久対策としての指導・通達・取り組み等の内容など)の公開
※ゲキサカの「No Referee,No Football」はJFAの前審判委員長である松崎康弘氏による貴重なテキスト群ですが、立ち位置が不明なので、あれはチョット違うかな、と

知れば、無駄な憎しみって減るもんだと思うんですよね。

俺の中での「審判問題」は、こんなところです。
書いていて気が付きましたが、審判問題というより、情報公開の問題ですな、こりゃ。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。