審判「問題」

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/12/26(水)  20:00
敢えて「問題」ってカギ括弧付きにしたけど、何が問題なんだろう? というところから考えを巡らせてみました。

俺らがテレビやスタンドから観る風景と審判がピッチで見ている風景は確実に異なりますよね。俺たちの方が審判よりもよく見えているというケースが皆無とは言わないけど、まあ素直に考えて、見えてない。俺、乱視入ってるしw
それ以前に「俺らの方が判断もルール解釈も正しい」という前提が成り立たない。よほど自分の見る目と知識に自信がない限りは。
「これだけの批判があるのだから審判問題の改善は必須」みたいな第三者の意見を論拠とする人もいるけど、ブログだのツイッターだので展開される批判的意見の持ち主がどれだけの知識と経験を持っているのかわからないのに、それを論拠にするのも自分的には抵抗がある。

あれ? 問題ないじゃんw

そもそも俺らは(少なくとも浦和のゲームに関しては)どうしても浦和に肩入れして観るわけですから、フラットな見方なんてできないですよ。「浦和はいつも不利な判定をされている」という人もいますが、まーそういうのは陰謀論好きの人ですかね?
たぶんリーグには色んな声が届いているとは思うんですが、浦和に限らず特定クラブのファンから「あの判定おかしいじゃねーか! なんで退場じゃねーんだ!」みたいな苦情が聞こえてきても、リーグはそんなもんは無視してればいいと思いますよ。(まあ、苦情入れようにもJリーグは連絡先が非公表なんだけどね)

もっとも、「だから一切文句言うな、審判の判定は絶対なんだ、それがサッカーなんだ」っていう解釈もあまりに教条的なハナシで、そんなことを言うつもりはないです。俺も腹立ちまぎれに罵ったり愚痴ったりするわけで。まあ、俺らは「細かいルールはよく知らない素人の愚痴」ってことをわきまえて文句垂れていればいいのではないでしょうか。実際、手にボールが当たっても「意図的」でなければ反則にはならない、という事を知らない人も多いようで・・・。
同じような意味で、選手や監督のコメントもね、「俺たちは生活が掛ってるんだ」とか「自分たちに不利な判定だから言うのではない。日本サッカーのことを思って言うのだ」とか、それは真実のこともあるだろうし、彼らは俺らとは違ってプロのスキルがあるから正しいことを言っている可能性は俺らの戯言より圧倒的に高いわけですけど、その一方で利害関係も強い(というか当事者)ので恣意的に嘘をつく確率も高い。嘘じゃないにしても、試合後のコメントなんて感情の高ぶりの中で発せられるんだから。それがスポーツ新聞なんていうトンデモメディアを経由したら、どう考えてもスキャンダラスな方向に話が進みますよね。

(話が長いので続く)


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ