スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

U-20女子ワールドカップ雑感(2)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/09/13(木)  20:00
U-20女子日本代表のサッカーのことを書きます。
普段全然見たことがないカテゴリーなので、メチャクチャ的外れかもしれませんがw

このチーム、ぱっと見の自分が見ても違和感がない、「いわゆる日本のサッカー」だったわけですが、そこに結構キツめのスパイスの存在を感じたのは、一人ひとりがちょっとずつ「良いわがまま」なプレーをするチームだなぁ、ということ。
相手を食いつかせ、スキルフルなターンやドリブルで相手をはがすプレー。このへんが「アピールせよ」という指導へのアンサーなのかは分かりませんが、「貰ったら局面で勝つ」という意識が徹底しているように感じました。なでしこの主力からレギュラーを奪おうとする彼女たちの立ち位置からすると、こういうプレーは自然なのかもしれません。
2年前の僕らが浦和で毎週見ていたのは「貰ったら渡す」でしたが・・・^^;

印象に残った選手は2人。

8猶本 浴衣がよく似合います(断言)が、大会前までは「ならもと」だと思っていましたスミマセン。
細かく動き直して最終ラインからボールを引き出す動きには感心することしきりです。
俺も猶本にバンザイポーズで「ここに出して!」ってアピールされてみたい(殴
機を見た突進とフィニッシュへの絡みは、遠藤が稲本に瞬時に変身するような、スケールのデカさを感じました。「セントラルMF」という呼称が似合う、中盤に君臨する王様(王女様?)になれる選手のように思います。
体力的な問題か?韓国戦をピークにプレーが下降線をたどったようにも見えましたが、スペースだけじゃなくて人にも強く当たれるようになれば?ということと併せて、伸びしろが大きそうなのも楽しみな選手です。

14柴田 心の中で「しゃくれちゃん」と呼んでいたことは内緒。
最初はファンタジスタ系と思って見ていたのですが、実際に生で動きを追いかけてみると、クイックな動きでスペースに動き、裏に抜け、ドリブルで抜き・・・と、攻撃を活性化。スキルのある森島とでも言うか・・・いいアタッカーです!
10番が左でドリブルオンリー、11番も右に張りつく香車系、13番は消えがち・・・な攻撃陣がそれなりに形になったのもセカンドトップでチョロQ的な動きをしてマークをひきつける柴田のプレーがあってこそではないでしょうか。
なんにせよ、俺の目が節穴でよかったです(^^)

ホントは3人。猶本が浴衣なら田中ようこはスク水が良く似合う。というネタは封印しておきます。

2人が浦和所属ということをを知ったのは大会開幕間近だったのですが、よくよく調べたら浦和から大量選出だったのですね。過去何度か見たときには、正直、なんとなく活力やスピード感のないプレーだなぁというイメージしか持てなかった浦和のレディースの試合ですが、若い有望な選手が台頭する様を観ることができると思えば、都合が合えば行ってみようか、という気にもなりますね。我ながら現金なハナシですがw

さしあたっては16日15時から駒場で試合があるみたいですよー。
(お目当ての選手が出場するかどうかは保証の限りではないけどね)


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。