清水戦を完敗で終えて

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/06/18(土)  23:40
以下、若干矛盾している気もしますが。。。書きます。

まず、火中の栗を拾ってくれたペトロには、経験が少ないことや「うまく使われているのでは?」という不安がありましたが、当然ながら期待していました。
しかし、自分が選んだ先発を、まるでただの部品のように交代させるようなことを何度やれば気が済むのか? しかも今度は功労者とも言えるベテラン。
レギュラー不在が痛い?
坪井が入っただけでダメになった?
全員がメンバーと言ったのは他ならぬペトロ自身です。この発言は支持できません。成績云々とは全く別次元の話として。

「あるべき場所に」とか「ビッグクラブにふさわしい」とかは、俺はどうでもいいです。いや、勿論強い方がいいし勝つ方がいい。でも、弱かったら強くなるために等身大で最善を尽すクラブであって欲しいという思いの方が百倍大きいです。
ただ、レッズがそういうクラブであるというその望みが現実のものである確立は、限りなくゼロだと考えてもいます。突然変異でもない限りは。そもそも、クラブがペトロを合理的な理由で選んだとは俺は思っていません。陰謀論みたいなことを言うのは嫌なんですが。なので、合理的な理由で後任を選ぶということにも全く期待していません。50年後も100年後も不変の、これは株式会社三菱自動車フットボールクラブの「血」であり「性」であるとすら思っています。

もっと大切な、俺ら自身の問題としては・・・

「遂に北もブーイングした」とか「去年の仙台で騒いだ奴は今どうしてるんだろうね」「バス返し妖怪は何を想うかね」とか他人事のように言うんじゃなくて、自分自身の考えを、スタジアムでもウエブでもクラブにメールでも街中で社長に会った時でもいいから、堂々と表示すべしと思います。
そもそも、サイレントでは何も伝わらないということを、俺らは去年学んでしまったわけですよね。届くかどうかは全く保証の限りではないし、自分の伝えたいことが正解かどうかもわかりませんが、現状否定にせよ肯定にせよ、他人に責任を委ねないで、各人が声を上げて責任を共有すべきです。

今日スタンドで「死ぬ気でやれー!」という声を聞きました。
その言葉、口から出た瞬間に、「WE」であるはずの自分に跳ね返ってきますよね。バックアッパーでだらりと観ているだけの俺には、なんとも堪える言葉でした。

結局、選手はサッカーしか能がないし、サポは応援するしか能はない。



正解はわからない。以上、あくまでも個人的な考えです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ