King Crimson 1974.06.29 Penn State University, University Park, PA

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/15(火)  20:00
kc197406291974年6月29日 ペンシルベニア州ユニバーシティ・パーク/州立大学

1) Larks' Tongues in Aspic (Part II)
2) Lament
3) Exiles
4) Improv (Is There Life Out There)
5) Easy Money
6) Fracture
7) Starless


189回目のライブは、ロバート・フリップが下痢で苦しんだことを日記で告白している日の演奏です。(前の晩、アズベリー・パーク公演の後に食ったはまぐり6個が原因)
音質的には、全体にややフランジャーというか浅いリバーブがかかったような感じだが、それがかえって音のカドを削ることで深みを醸し出している・・・かも。まあ、ベースやドラムのキックが音量的に出しゃばり過ぎることさえなければ、この時期の演奏は安定して聴けるのです。

なにしろ移動の合間に演奏をするような状況。音楽的な充電の機会もなく連夜に渡ってステージが続くライブツアーとあって、セットリストは前日と同じもの。ただし下痢で消耗していたせいで(?)アンコールがキャンセルされています。ロバート・フリップの体調の問題が尾を引いているのか、全体的に大人し目の演奏かもしれません。


1) Larks' Tongues in Aspic (Part II) いつもより深みのある音色のカッティングとホイッスルで開始。聞き苦しくない程度にガリガリ喚くベースと、いつもながらのドラム。ヴァイオリンの主張も無理やり感がなく、骨太な演奏が楽しめます。
↓押すと音が出ます 注意


2) Lament この曲も完熟した安定感。中間部では暴れ過ぎず、しかしマンネリに陥らないのは、よく聞くと最終ヴァースのギターがいつもと全然違ったりするところ。最後のユニゾンのハジケ方も気持ちいい。

3) Exiles メロトロンのチューニングからいつの間にか流れで(w)始まるこの日の"Exiles"は、ドラムの入りもさりげなく、大袈裟さを感じさせない序盤。ギターソロは渋めの低音から甘く哭く高音まで抑えた情感で心地よい。

4) Improv (Is There Life Out There) 「そこに命はあるかい?」みたいな小難しく長いMCの後にドラムから始まるFmのインプロ。前日の"Asbury Park"と同じ系統で、前日の曲の後半パートと言われても違和感がない。途中でJWのソロを挟むなどしつつ、曲調は何度も変化していくが、各メンバーが紡ぎだすフレーズには明らかに「相手の音を聴いている」という同調感があり、DCを踏みにじるような乱暴なパフォーマンスという感じはない。あるいは、インプロとは言いながらも(JWも後に「何を演っているか大部分はわかっていた」と言っているが)かなりの部分がリハーサルで準備されたリフで構成されているということなのかもしれない。そうでなければ、10分超のインプロをそう毎日続けられるものではないだろう・・・?

5) Easy Money 前日同様に、インストパートから元曲に戻らない構成。終盤はジャズっぽい雰囲気の中でヴァイオリンが主導権を握るが、前日ほどの感動はない・・・かな。

6) Fracture RFは終始ややヨレ気味。19連打前の猫の鳴き声パートでドラムがリズムを刻むという聞きなれない展開にもトライしているが、終盤は生き急ぐと言うか、もっとハッキリ言うと、早く終わりたがって雑になってしまっているような演奏。

7) Starless 元気なJWが朗々と謳い上げるヴォーカルパートから一転、中間部はなんだか寂しく苦しい。ドラムが入り、キーボードがベースとユニゾンを張るあたりからいつもの雰囲気が戻ってきて、いつものようにドラムに打ちのめされてしまう私・・・。コーダでRFがヨレヨレになってはいるけれど、それはいつものことなので(゚ε゚)キニシナイ!!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ