韓国戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/01/26(水)  20:10
思いがけず静かな韓国の立ち上がり。それには多分に「中2日」という状況が関わっていたことは確実で、双方がHP満タンだったらどうだったのかはわかりませんが、それにしても半年でこうも変わるのか、というくらいに小気味よい前半45分間の日本の攻め。細貝のゴールや川島のPKストップよりも、それがとにかく印象に残りました。

まあ、南アフリカでの日本は(悪い言い方をすると)その場凌ぎ的な戦いをチョイスしたわけで、それと比べると今の姿は実に正常進化形だとは思いますが、それにしてもあれだけ縦に速くて強いパスが出て、サイドアタックからの120点満点のクロスがあって、裏への走り込みがあって(でも決して縦ポンではなくて)というバリエーションの豊富さにはただただテレビの前で喜ぶばかり。ああ、こんな攻撃が浦(r

一方の守備は、守備自体が悪いのか、それとも審判が酷いだけなのかは、よくわかりません。それよりも興味深かったのは、韓国戦での交代のカードの切り方。
前田→伊野波への交代による5バックへの変更は、イタリア的な引いて守るという選択肢だったのだろうか。中沢と田中闘がいない今の代表は放り込みや高さ勝負には不安がある。後ろの人数を増やすことで空中戦よりも、地上戦のこぼれ球に備えるという考え方なのかもしれないが、日本という国に「守り切る文化」とそのスキルが充分にあるかというと疑問。それを理解したうえでの5バックか、そうでないのか、今後同じようなシチュエーションになったときにどういう動きになるのか、とても興味深いです。
まー、ちょっと知った風なこと書きましたが、内田の足が止まってたと思うんで、ぶっちゃけ内田→伊野波が正解、あの交代は失着じゃないの? と思ったわけですけどねw

決勝ですが・・・対アジアだけを考えるのなら、中沢・田中闘不在でオーストラリアとやるるのは、キツイぶん、非常にいい練習になるのでは、とは思います。コンフェデの出場権を得られればベストですが、どうかな~。
でも、オーストラリアが勝ってしまうとアジアカップではなくなるという気もするので、ここは全アジアを代表して日本が勝つべきでしょう!
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ