価値あるゴール(1999-2000)

浦和ライフ/ゴールの価値 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/01/09(日)  12:00
■1999年(対象=34試合)
降格したシーズンだということは言うまでもないですよね。

福田 価値ゴール7(勝ち越し6/同点1) 決勝ゴール2
チキ 価値ゴール4(勝ち越し4)     決勝ゴール2
永井 価値ゴール3(勝ち越し3)     決勝ゴール2


福田が95,97年に続いて3度目のトップですが、価値ゴール率はかろうじて20%を超える21%。絶対値としてはさびしい数字です。それでも、この年の浦和の中では相対的に優れた数字であることは確かで、それを最終戦でも見事に証明したわけですが・・・まあ今さら言ってもしょうがない話ではあります。
あ、そうそう。永井に続く価値ゴール2にはオウンゴール選手がランキングされています。



■2000年(対象=42試合)
J2で過ごしたシーズンは、リーグ戦40試合+ナビスコ2試合が対象になります。この年は「試合を決めるエース」が不在の年だったといっても差し支えないでしょう。

永井   価値ゴール6(勝ち越し6)     決勝ゴール6
阿部敏  価値ゴール6(勝ち越し6)     決勝ゴール4
クビツァ 価値ゴール6(勝ち越し3/同点3) 決勝ゴール2


3人が価値ゴール数6で並びましたが、勝ち越しゴール、決勝ゴールの数で上記のようなランク付けをしました。3人の価値ゴール率は14%ですが、これは93年水内の12%よりちょっとだけマシ、というレベルの数字です。00年はオウンゴール選手を含め20人ものスコアラーがいる(例年は15人前後)ので価値ゴールも平準化しているのかもしれませんが、よくこれで昇格したなぁ、と思わずにはいられません。
初代阿部ちゃんが印象に残るゴールを決めていた記憶はありますが、正直、アンジーは意外だったなw
福田の価値ゴールはわずか1でした。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ