スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

価値あるゴール(1992-1994)

浦和ライフ/ゴールの価値 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/01/03(月)  12:00
■1992年(対象=9試合)
この年はカップ戦のみの開催。と言っても2003年までの天皇杯は時系列スコアがわからないので除外せざるを得ず、ナビスコ9試合のみが考察の対象です。

価値ゴールのトップ3は以下の3人。

柱谷 価値ゴール6(勝ち越し5/同点1) 決勝ゴール2
福田 価値ゴール4(勝ち越し2/同点2) 決勝ゴール1
堀  価値ゴール2(勝ち越し2)     決勝ゴール2


最近話題のw柱谷が初年度の価値ゴール得点王。9試合6価値ゴール(=価値ゴール率67%)というのは、実はかなり高い数値です。どのくらい良い数値かと言うと、その後の福田、エメ、ワシントン、エジミウソンといったエースを圧倒的に凌駕しているのです。と言っても試合数が少ないので、まあこれは参考記録でしょうか。



■1993年(対象=41試合)
この年からリーグ戦とナビスコが対象です。

水内 価値ゴール5(勝ち越し4/同点1) 決勝ゴール3
福田 価値ゴール3(勝ち越し1/同点2)
望月 価値ゴール2(勝ち越し2)


41試合で価値ゴール5って、要するにどんだけ弱かったのっていうハナシです(:_;)
価値ゴール率12%は歴代のチーム内価値ゴール王(長いなw)で最下位ですが、弱かったんだから当然で、水内をディスる理由にはなりません。むしろ、孤軍奮闘を褒めたたえるべきです。




■1994年(対象=46試合)

ルンメニゲ 価値ゴール8(勝ち越し6/同点2) 決勝ゴール2
ルル    価値ゴール6(勝ち越し3/同点3) 決勝ゴール2
佐藤慶   価値ゴール5(勝ち越し5)     決勝ゴール2


「人違い」とか酷い言われようだったルンメニゲですが、こうしてみると、それなりに良い点の取り方をしています。価値ゴール率にすると17%に過ぎませんが・・・ルルにしてもそうだけど、この2人がフルに出場できていれば、チームとしてもうちょっと違う結果だったかもしれません。
ちなみにこの年の福田の価値ゴール数は2です。

それにしても、涙なしではこの頃を振り返れませんな。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。