King Crimson 1974.06.07 Fairground Arena, Oklahoma City, OK

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/12/23(木)  20:00
kc197406071974年6月7日 オクラホマシティ/フェアグラウンド・アリーナ

1) The Great Deceiver
2) Lament
3) Improv
~4) Exiles
5) Fracture
6) Starless
7) Improv
8) The Talking Drum
9) Larks' Tongues in Aspic (Part II)


174回目のライブはオクラホマ。基本的には前日のフォートワースの流れを踏襲し、プラスアルファの曲を後半に並べている形式。

ちょっと凄いなと思うのが、定型曲の冒頭に付く短い繋ぎのインプロとはいいながらも、マンネリ化したり、単なる「雰囲気」的な曲に流れず、前日と違うパターンで緊張感に溢れる演奏がなされている事。"TD"の驚くほどのスピードや、"Starless"、"LTiA2"の分厚いアンサンブルなどと考え合わせると、この時期のクリムゾンのパワーは既に凄まじいばかりに膨れ上がっていて、半月後の長尺インプロの連発は、地下のマグマが溢れ出るが如く、必然だったのかもしれない。


1) The Great Deceiver 冒頭が欠落してカットイン。バイオリンの細部がスタジオ収録バージョンよりよくわかるという貴重なテイク。終盤は例によってヴォーカルが乱れる。

2) Lament 前日同様にストレートな演奏。ファズ・エレピの喚き声が前面にかつてないほどに押し出され、それだけでこの曲のソリッド感が3割増しになる。

3) Improv よくある"Exiles"連結インプロのパターンだが、警告音のような不気味で無機質な短音を鳴らし続けるギターを下敷きに、大袈裟に不安を煽るベースが喚き散らし、そこにヴァイオリンの狂乱が加わる様は、崖の上の朽ち果てた洋館が脳裏の裏に浮かぶような、なんとも劇的な演奏だ。

4) Exiles リズム隊が出しゃばらないので普通に聴ける。1回目のギターソロはハイトーン。2回目は逆に控え目に入り、おもむろに表に出て来て、感情の高まりに堪え切れない様に一気に魂を昂ぶらせて音を紡ぐようなあたりは、実に感動的な場面だ。

5) Fracture とがったところはないが、曲の進行とともにアンサンブルがまとまり、盛り上がっていく。

6) Starless この日の"Starless"はブ厚く、そして熱い。説得力と情感あふれるヴォーカルパートに始まり、中間部ではこれでもかと言わんばかりに不安感を煽るベースのシーケンスが曲を支配。ジャズロックセクションではDCがキーボードでソロをとる新しいパターンを聴かせ、ギターは悲鳴を上げながらもノーミスで大団円に向かう。いつもはメロトロンを背後にギターがフィードバックを唸らせて終わるところを、この日は演奏が終わる直前の最後の一瞬だけ、短いギターソロが付く。これは腸に効く。ズギュっと来る!

7) Improv ガリガリとしたベースを軸とした騒乱にDCの歪んだエレピとヴァイオリンが狂気を加え、そこに全くアンマッチな童謡のようなフルートメロトロンが不可思議な感覚を生み出す、一風変わったDmの"TD"連結インプロ。

8) The Talking Drum 前半はかなり長くスタカンスタカンとハンドドラム。この入りがまたメチャっ速で、この日も最高速♪=175で疾走することになる。前日といいこの日といい、全く別物のパフォーマンスは見事だが、ギターのリフが入る前にテープが切れてしまう・・・(この公式音源では、別の日の音源と繋げている)

9) Larks' Tongues in Aspic (Part II) ということで、この曲も残念ながら前半が欠落。25連打以降、ヴァイオリンソロは気違いじみて、ベースはチョッパー!が入り、終盤のアンサンブルの分厚さは半端なく、強力な演奏が最後まで持続していたことは明らかである。おそらくJWと思われる"Thank You!"という声を聞くだけで昇天しそうになるほど、炎のようなバージョンだ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ