スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[速報]さいたま市中学校新人体育大会 サッカーの部

家庭ネタ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/10/03(日)  12:40
息子中は4-1-4-1。つなぐサッカーが身上で最終ラインが高い。息子は左SBで先発。
相手中はたぶん4-2-3-1。比較的蹴ってきて、体の大きな子を使って最後はゴリゴリ。
ともに1トップ4バックで、最終ラインの人数ギャップをどう攻めて守るか、という試合。

前半1分、こちらの右CB(スピラ相当の守備の柱)が右コーナー脇のマンツーマンで転倒時に負傷退場。(骨折の疑いあり)

序盤から敵の左サイド9番のマークが甘く捕まえられずにエリアを押し込まれ、その9番に決められて早々に失点。

サッカーの質は息子中の方が高そうなんだが、その後も動きは相手より少なく、コーチングの声もあまりなく、チーム全体に元気が今ひとつ感じられない。
時折10番とサイドMFのコンビの崩しでチャンスを迎えかけるが決定機というほどのものはなく、概ね相手中盤の大柄な6番にゲームを支配される形で前半を0-1で終了。

後半に入り動きが良くなり、トップから少し引き気味に構えた10番が相手DFで渋滞気味の最終ラインを抜け出し相手GKとの1対1を2発決めて逆転。4バックを1トップで崩す見本のような形。
しかし3度目の決定機は枠に飛ばず試合を決めるまでには至らず。

終盤、GKがボールをキャッチし即フィードしたところで、謎の一発レッドで退場。危険なプレーでは全くないところで・・・何があったのか?

その後、押し込まれ、一旦クリアしたが、角度のないところでフリーにしてしまった相手にサイドネットに放り込まれ同点。

延長になると双方エネルギー切れで中盤が消失するありがちの展開。最後は後ろを1枚外して前を厚くしたが押しきれず、2-2で試合終了。

相手中 ○○○○○
息子中 ○×○○


2得点の10番がPKを失敗という「This is Football」な試合でした。

練習試合で大勝していた相手を舐めてかかっての敗退。
号泣する子供たちを見て、これが苦い薬になればいい、と思わずにはいられません。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。