思うところ

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/08/09(月)  17:00
神戸戦を受けて、思うところを3つ書きます。

ここ何回かと同じような趣旨のことですが、今回は、もっとはっきりと書きます。果たして今、こういうナイーヴな事を書くべきなのか迷いましたし、俺の考えが間違っているかもしれませんが、自戒も込めて、書きます。

批判をするなら自主性を持って
悪意と偏見に満ちた一部メディアの刺激的な文章や、立ち位置がよくわからないOBのツイートなど、ネガティブな情報に触れて不安に思うのはわかりますが、そういう周辺の情報の取捨選択や自分なりの咀嚼も含めて、最終的には「自分がどう考えるか」が問われているときだと思います。
自分の言葉がなく、新聞記事のコピペ引用やリツイートで間接的に意思表示をするだけというのは、自主性に欠けた子供じみた行為だと俺は思います。また、スタジアムで、ゴール裏の中心がブーイングするから自分も罵声を再生産というのも、全く同じ理由で俺は賛同できません。周囲に流され尻馬に乗るのは、勝ち馬に乗るよりも慎むべきことだと考えます。

想像での批判は理不尽
結果や内容といった「事実」を批判するのではなく、想像・空想で考えたことを批判するのも、全くおかしな話だと思います。
「選手たちは、やる気がない」「監督は、勝てないのは選手のせいだと思っている」
などと考えたり言ったりするところまでは自由だと思いますが、それが「○○イラネ」や監督解任の理由に繋がるのは、全く理不尽な話だと思います。俺も昔、挨拶に来た選手たちに向かって「やる気ないならやめちまえ!」などと叫んだことがあります。しかし、想像で罵倒するなんてことは、あってはいけないと今は思います。

サポーター間のレッテル貼りは意味がない
上の文章と矛盾しているように見えるかもしれませんが、考え方が違うからと言って
「あの人は残念な側の人」「楽しみたいだけ、気持ち良くなりたいだけのヤツは不要」
などとレッテル貼りやランク付けをすることに、何の意味があるのでしょう。自分の位置を高く置いておきたいのでしょうか。心情的に全くわからないでもないけど、意見や考え方の相違で人間を否定するのは、違うと思います。こんな時だからこそ、違う意見を受け止めつつ「一枚岩」を心がけたいと、俺は思います。

ぐちゃぐちゃ書いたけど、自分のイライラを相手にぶつけるのはやめようよ、ケンカ腰はやめようよ、ってだけの話かもしれませんね。選手もサポも仲間なんだからさ・・・。

なんだか、人のことばかりになってしまいました。俺自身の考えは・・・また別のエントリーにします。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ