イエメン戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/01/07(木)  20:00
内容については紙芝居動画なのでさっぱりわからない。
結果については、置いておこう。

このタイミングでイエメンで試合をやったことについて
結果的には何もなくてよかったね、ということなのだろうが・・・やはり不安だったし、釈然としないものが残った。日本協会がどのような交渉をし、どのような心証を得て試合開催に同意したのか・・・細部は知る由もないが、イエメン代表や日本という国がいかにイエメン国内で尊敬されていようと、いかに街中に安穏とした空気が流れているように見えようとも、それは国際テロ組織の理屈や倫理観とは全く別のものではないのだろうか。
「AFCの指示なので」という理屈で安全を委ねるようなことだけは、ないと信じたい。

そもそもの代表日程について
結局、アジアカップ予選の日程は当初予定通りで、目論んでいた「W杯へ向けた強化の道筋」は、少なくともマッチメイクの面では満点とはいかない情勢だ。何を言いたいかというと、犬飼会長は、クラブのやり方に口を出す前に自分のところのマッチメイクきちんとしなさいよ、ってこと・・・
それに、メインのメンバーを休ませるために代表経験のない若手をAマッチで使ったことを監督が公言してるんだから、Jの方で、水曜日のカップ戦でターンオーバーしてお咎めがあったらおかしいですよね・・・

相変わらずの報道について
シャレにならないリスク含みの状況の中で、スポーツ新聞が選手のシリアスなコメントを切り出して報道するのには全く呆れた。テロの不安さえ「売るネタ」なのか。
そんな中で宇都宮徹壱氏がtwitterで現地の情勢というか肌で感じる空気感のようなものを伝えてくれたのは実にありがたく、俺の不安が爆発状態にならなかったのはひとえに彼のレポートのおかげだ。

山田直輝が受けたファウルについて
小野のときも思ったが、アジアのサッカーには騎士道も武士道もへったくれもない、本当にただただ下手糞で危険で汚いだけのファウルと目ん玉の代わりにビー球が入っている審判がセットでついてくる。

と、ここまで書いて続報が来た。現地での診断は、右腓骨(ひこつ)亀裂骨折とのことだ。



最悪だ・・・・・・・・・・・・。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ