スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

選手のみんな、ゴメンなさい

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/11/21(土)  18:00
久しぶりに勝って涙が出た・・・。

実は、途中までは醒めた目で見ていたんです。
醒めているといっても、別にダメ出ししていたわけじゃなくて、むしろサッカーの内容的には逆で、横パスのオンパレードじゃなくって縦に楔が入って中盤が前を向ける、裏に走り込む選手にそこからボールが入る、磐田は縦にロングボールを蹴ってきてはいたけれどサイドバックが慌てさせられることもない、得点は多分に偶発的な感じもあったけど、総じて今年の「いい浦和」だと思ってはいたのです。
でも、なんとなく「綺麗なサッカー」で、磐田が前がかりになると一気に決壊して2失点。このひ弱な感じもデジャブ・・・お前ら草食系かよ! っていう・・・

萌→暢久の交代が機だったか。啓太→セルが勝負手だったのか。磐田の左サイド(船なんとか?)が弱かったのか。
よくわからないけど、終盤の浦和は右を中心に重戦車のような攻撃だった。というかセルが重戦車なのか。右からセルがゴリゴリ、クロス、エリア内に殺到、跳ね返りを暢久キープ、つないでセルがドリブル、クロス、シュート・・・ピッチ上の選手から発散される攻撃の意思がスタジアム中に充満してくるような雰囲気。選手も、見てる方も、前のめりになってくるような感覚。
その内容が果たして今季目指していたものかはわからないのだけれど、勝とうとする気合こそが俺の見たいものなわけで・・・

同点になったあたりで、俺はこの試合の結果がどうであれ、選手がこういう「戦う意思」を見せられるなら来年も信じられる、と思っていたのです。冷静になって振り返ってみるとバカですよね。大バカです。来年の前に、今を信じろってハナシですよね。

選手のみんな、ゴメンなさい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。