残り6節展望2

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/10/06(火)  20:00
残り6試合+天皇杯。今日は主観的な話をしよう。
(頭の中がまとまってるとは言いがたいので、長いよ)


連敗中、そして直近の千葉戦などでも感じるのは、昨年ほどではないにせよ、どうにもプレーに活気が感じられないこと。(感じられないことを感じるとは、変な言い回しだが)
これ、要するに動いてないって事なんだと思うが、10ヶ月に渡って仕込んできたコンセプトの根幹を成す部分がいまだにチームとして表現できないというのはいかがなものか。これでは、Jリーグで勝つという第一の目的に対してフィンケのサッカーがマルなのかバツなのか、マルだけど実行できない選手が悪いのか、あるいはやらせることができない指導力の問題なのか・・・正直よくわからんのである。

・・・RPなどで言われるように、川崎戦で昨年までの戦い方と成功体験を思い出しちゃった、取り組んでいる戦い方に疑問を持つ選手がいるっていうのは、実際あるのかね? 俺はカウンターがポゼッションより下だとは全然思わないのでチームでコンセンサスが得られているなら何だってかまわないんだけど、取り組んできたことを(微修正する、現実的なところで折り合いを付けるっていうレベルを超えて)仮に「投げ出す」っていうんだったら、それはもうこのチームは永遠に監督の言うことなんか聞かない、モラルの欠片もないチームに成り下がるってことであり、物差しを投げ捨てる行為であり、そういうのは絶対に見たくない。
というか、そもそも見ている俺たちも過大に期待というか、ある意味誤解しているのかもしれないのだけれど、ポゼッション/カウンター、ショートパス/ロングパス、プレス/リトリート、高いゾーン/低いゾーン・・・そういう手段にかかわらず、豊富な運動量をベースにピッチの上で優れた共同作業を実践することが目指すところで、そのコンセプトを放棄する選手がいるなんて思えないんですけどね。例えば、ワシントン任せはダメよ、闘莉王は何でも自分でやろうと思っちゃダメよ、って、それだけじゃないかと。あくまでも例ですよw
だから、個人的には「実行できない選手」「実行しようとしない選手」の問題ではないかと勝手に推測(邪推?)しているのだが・・・。

フィンケは来季に向けた編成の進展を匂わせるコメントを残している。クラブがこれをそのまま掲載するっていうことは(戦いが残っている時期にそれを言うのはKYだと個人的には思うが)クラブもその方向性を肯定しているわけで、オフト就任前のような大胆な見極め、入れ替えがあるのかなぁとも思う。
だけど、チーム全体が(口で言うだけでなく)コンセプトに共感・理解しているところが見えないと「浦和は世界標準のサッカーを目ざす」などと言っても絵空事になるし、ある程度の結果を残さないとこのまま進んで良いということにもならないし、指導力の問題にだってなりかねない。

というわけで、3位になるか4位で終わるかということもあるけれど、「来年はもっと良くなるんだよ」というところをきっちり見せてほしいというのが俺の希望の根っこ。
動き方がわからないなら学べばよいけど、動こうとしないことで周囲をも沈黙させ、あるいは勝手に動くことで周囲を混乱させる、そういうことが1年経っても見受けられるようでは、幻滅の気持ちが生じるだろうなーというのが偽らざる心境です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ