スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:1 | 編集  2009/09/27(日)  18:00
もったいない試合だったなぁ・・・という印象。

立ち上がりはバタついたがチーム全体としてコンパクトなエリアができていて(坪井は坂田に完勝)、攻→守の切り替えは早く、中盤での人数をかけた積極的なボール奪取ができて、高い位置での右SBの攻撃参加を交えたショートカウンターを何度も発動、さらに相手ペナエリア付近でのポゼッションでは変化(縦の楔)と、ボランチ(特に啓太)の敵ゴール前への侵入を混ぜた攻撃・・・おお、いいじゃん、理想と現実が融合してきたのかなぁ、それともやっぱり単純に暑いとダメなだけ?などと思って見ていた。
それだけに、中沢を離してしまった開始3分のセットプレーと、ロスタイムでの危険地域での啓太のやや甘いプレーが失点に繋がってしまったのは本当に残念だった。後半の出来がアレなので世論的にはダメ出しの嵐なのかもしれないが、出来が良かった前半でリードを奪っていれば全く違う展開も開けてきたと思うのだが。。。

ま、これは「たられば」であって、「もったいない」と思える出来だったのは2失点目まで。後半は全くコンビネーションサッカーの体をなさない状態になってしまった。
マリノスが、カウンター主体から、田中はゆま←移籍しましたよね・・・田中裕介の間違いです。指摘してくれた方、ありがとうございます。・河合あたりも含めた人数をかけた攻めに転換したからだろうか? 中盤から後ろが揃ってバタバタし、落ち着いて前目にボールを運ぶことができなくなってしまった。そしてロビーの体力的&メンタル的ガス欠と共に攻撃から柔軟性は失われた。復帰の直輝は当然ながらトップコンディションには遠く、さらにフリーに動くことで良さが活きる直輝の繋ぎのポジションでの起用は素人目には「?」。2ライン気味になりカウンターを浴びまくる一因となった気も。

うーむ、難しいのう・・・。



横浜の渡邉千真は、その風貌からなんとなく高松のようなもっさり系FWだと勝手に思い込んでいたが、スピード「感」ではなく実際に坪井をチギるスピードを持つ選手とは。彼はなぜ代表で試されないのでしょうか。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。