スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山形戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/14(月)  22:00
昨夜は嬉しくて酒飲んで酔っ払って8時に寝てしまったので「遅ればせながら」ですが・・・
色々な変化が、リフレッシュの結果として、あるいは具体的なプレーのチョイスとして現れた試合だったように思います。

自分が感じた変化とは
  • 闘莉王からエジへのシンプルなロングフィードの増加
  • 後方での時間稼ぎにも似たゆっくりとしたキープ(前線もお付き合いして休む)
  • アグレッシブなパスカット狙い(=1点目につながる)
  • 阿部ちゃんが高い位置をキープしコンパクトな中盤を実現
  • 萌のファーストシュートに象徴される思い切りのよいシュート
  • 前線は後ろを待たず積極的に単騎勝負
などなど・・・

これが、戦術的に意図したものなのか、単にリフレッシュして元気の突破力やエジのキープ力、阿部や啓太の運動量として現れたものなのかはわかりません。わかりませんが、ショートパスコンビネーションの呪縛から解き放たれたようなところが随所に垣間見えた。得点は個人力のシュート、PK、オウンゴールですが、(自分も勘違いしがちなのですが)「ショートショートロング」なんていうキーワードを引用するまでもなく、得点の瞬間までがショートパスコンビネーションサッカーである必要はないわけで・・・
さらに、萌の3点目は、同サイドに固まりがちだった攻撃が、密集から開いた左サイドに走りこむ形での得点ということで、今まで見られない形だったけれども、これもフィンケの志向するコンビネーションだったのではないでしょうか。

もっとも守備面でのエアポケットに落ち込んだような瞬間が頻発するのは相変わらず。
失点シーンは人が揃っているのにマークを外しているし、前半は右サイドの裏がお留守という場面がありました。ロビーと阿部のミスコミュニケーション、ロスタイムに闘莉王があがってピンチになるあたりは、いったい何をやっているのかという気も・・・

というわけで、神戸戦から上向いてきたチーム状態ですが、攻撃はともかく、集中力と、要所でゴリゴリっとした一発が飛んでくる(全盛期の浦和のよう・・・!)の川崎相手に守りきれるかというと、山形戦の内容ではなかなか厳しいものがある、というのが正直な感想です。
それだけに、今週のトレーニングでひとつずつ確実に課題を消化してほしい。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。