スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州遠征

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/09(水)  21:45
オランダ戦は後半から観戦。とは言っても、晩メシ前にワインをがばがば飲んで酔っ払って寝て起きた直後なので、実はほとんど記憶がない。失点シーンなんて全然覚えていないもの。
印象として残っているのは、激しいプレスをかけてボールは奪えるが攻撃が連続せず落ち着かないパチンコのような試合になっていたということ。そして「足が止まったなぁ」「本田動かないなぁ」ということ・・・。

それにしても、それを試合後のTVインタビューで言うっていうのは、どうなのかね。中村。上から目線というか・・・最初に相手に対してじゃなくてマスコミに言うっていうのは、浦和もそういうこと多々あるけど、何かいいことあるのだろうか。聞く方も悪いと思うんだけどね。

x x x

ガーナ戦は前半20分くらいから、やはり「ながら見」程度。3失点は実力。4得点は(オランダ戦とは全く立場が逆になったが)ガーナの足が止まった故といっても、自らを卑下したことにはならないだろう。まー、シュートを打つから点が入る、と肯定的に見ることももちろん出来るのだけど。

ところで、中村交代後に立て続けに3点入ったのは偶然ですよね・・・
「奔放なプレーでガーナを疲弊させ、後半の大逆転劇を演出した」とか書かれるのかなw

x x x

岡田監督が今やろうとしていること(そしてフィンケのそれも?)は、非常に実装が困難なハナシだと思うが、言ってることが間違ってるとは思わない。それだけに、現実論との接点をどこに見つけるのだろうか、というのは興味深く、結果的に一方的にボコられたオランダ戦は現実論への転換のスタート地点となるかとも思ったが、ガーナ戦の結果を鵜呑みにして変に自信を付けちゃったりすると危険だなぁ、とも。

平日ゴールデンの時間帯に試合。オランダとの時差は7時間? まあ日本企業の看板の多さからしても随分と無理やり感の漂う(そして財政的には持ち出しの多い)マッチメイクだったように思うが、アウェイでボコられるというのはある意味願ってもないことなので、「実り多かった」と言えるように、監督も選手一人一人も、課題を持ち帰ってくれればなぁ、と思う。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。