いいとこ探しも難しい横浜戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/06/21(日)  20:00
敗因とか悪かったことをポイント絞って挙げろと言われても、それは無理。ダメダメっぷりが連鎖していく様は、戦術浸透度が云々ではなくて、要するに今日は『ダメなプレー、ダメな試合』をやってしまった、ということだ。残念だが。

横浜は4バックに、3枚の中盤のうち2枚をサイドに使って、なおかつ渡邉の両脇に2枚いるというカタチで、つまりサイドからアタックしてくることは明白で、それに対して暢久と細貝がどういう対応をするのか非常に興味があった。
試合が始まると、主導権が握れたのは、元気がキープできて暢久が先手を打って上がっていった前半の20分程度。暢久を走らせる啓太のパスが1本、2本と外れ、暢久が不満げな顔をし始めたあたりで攻撃の匂いが徐々に消えていった。
もっとも問題なのは、こういった「勝負に行った結果、ラインを割る」ようなパスミスではなく、相手に渡してしまうパスミス。今日はいったい何本のショートカウンターをパスミスから浴びたことか。これではボランチが上がることは出来ず、前は裏を取る動きどころか戻って組み立てに加わることに汲々とするかあるいは孤立し、チームとしてボールキープできず、人の配置がアンバランスで人数をかけてボールを奪いに行くことも適わず・・・絵に描いたような悪循環である。

もうひとつの注目点だった「闘莉王の入ったディフェンスライン」は、試合が始まってしばらくはかなり高めの設定だったように思う。が、これも時間とともに下がっていった。下がるから中盤があいたのか、カウンターを浴びるから上げられなかったのかは不明だが、浦和がいまだカウンターに対しては脆弱であることを証明してしまった。そして焦った闘莉王が上がって攻撃のスペースを消し、カウンターを浴びてもジョギングで戻り・・・これはもういつもの悪い流れのパターン。
一方、最初はオフサイドに引っかかっていた横浜が、それでも闘莉王と坪井のギャップをついて執拗に裏に飛び込む動きを見せていたのは、(キムリーニョはそうとは言わないが)入念にスカウティングされていたのかな、という気はする。

まあ、0-3、0-4で負ける可能性も少なくなかったね・・・。

フィンケの試合前日コメントがなにやら示唆的だが、練習で実力を証明する必要のない代表組が、試合でもそのポテンシャルを発揮したとは全くもって言いがたい。
代表組が離脱している間に次のフェーズに入った4バックの守備の再確認、疲労を抱えている選手に代えてナビスコで結果を出した選手をリーグ戦でも登用すること、この2つを自分は望んでいる。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ