トレーニングマッチ 栃木戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/02/15(日)  17:35
昨日も今日も、前半はDF左サイド後半攻撃右サイドで見ました

釣男は叩かれてますねぇ
確かにフィードでボールロストという去年を思い出す場面もありましたが、例えば中盤左寄りで詰まったときにダイレクトでセルまで飛ばすパスとか、効果的なのもあるんですよ(これは去年も同様)
今日は90分を通じてGKのロングフィード禁止縛りもなかったし、ロングフィードを理由に釣男が悪いとは思いませんでした。

もっとも、これまでのチームの流れに対する違和感というか異質さは自分も感じました。
まあ当然といえば当然なんでしょうけどね。

むしろ、守り方の部分で、昨日の坪井濱田コンビに比べると、釣男は明らかにホリに対して下がった位置で、ラインに生じたギャップから栃木のFWに飛び出されるシーンが3~4回あった気がします。
そのほとんどはそのままボールがラインを割って事なきを得たのですが、これが「釣男の特性」として認められるのか、鹿児島キャンプでよりコンパクトなラインを戦術的に強制されるのか、興味深いと思いながら見ていた湯浅なのですフムフム・・・。

攻撃の件

原口はかなりアグレッシブにボール奪取に行ってると思うけどなぁ。
持って前を向けばセルは今日も別格だったけど、奪おうとする動きは原口の方がしてると思う。

タカは中盤での組み立てに参加・・・という言い方もできるが、主観バリバリの書き方をすると前後をフラフラ浮遊するばかりで、ボールを持って前を向くことがほとんどなかった。唯一と言っていい、その機会に、シュートを決めきれず。

エジとロビーを近くでプレーさせるのはよいかもしれん。去年はロビーが右前に流れて、エジタカがゴール前に張って、結局孤立みたいなシーンをよく見た気がするが、今日の後半は、その真逆だった。

守備の件

守備は、なんというか高い位置で前向いて取りに行くときはいいんだ。
(指示でやってるのか分からんが、そういう意識が見えるだけでもwktkした)
その反動でか、後ろに下がりながらの守備ってのが、まだ全然なのよね。

昨日も書いたけど、守備の構築は苦労すると思う。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ