トレーニングマッチ 中央大学戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/02/14(土)  21:00
今日は、もともとは車で山の麓まで行って、久しぶりに峠を楽しもうと思っていたのだが・・・天気予報では「午前中は嵐のような暴風雨、午後から強い北風で一気に気温が下がって寒くなる」って言うから、バイクに乗るのは無理だろうと思って仕事に行ったら・・・

朝から晩まで一貫してピカリン 晴れ
半そでで山を走れたのではなかろうか

天気予報は市ね

腹が立ったので、仕事を途中で切り上げて大原に行ってきた。中央大学とのトレーニングマッチ。


先発組はとにかくショートパスでのゲーム構築を意識している感じだった。
一人一人のキープ時間が短く、トップに当てるようなロングボールは皆無。無理なクロスも入れない。ごり押しせず外を使って丁寧につなぐ感じ。噂のGKロングフィード禁止縛りもあった(見ていて結構もどかしいw)。ただしその結果として、行き詰るとバックパスもかなり多い。
その中で、野田は周囲とうまくコンビネーションを構築できそう。

ただし守備は裏を良く取られ危ないシーンも何度か。
ラインは高かったですが、押し込んでいる時間が長かったので、意図的なものかは不明です。そのラインと呼応する形で、山岸のポジションは去年の釣男並に高かったですね。
というか、明確なラインディフェンスというか統制は特に感じられませんでしたが、リトリートから、相手を追い掛け回す守備に変更になるようなので、暫くは守備が不安定な時期が続くのではないでしょうか。

全体的に、戦術的な意図はまだまだ感じられないが、去年までとは違う意識は感じ取れた気がする。
手数をかけない早い攻めというより、ポゼッション志向?

いずれにせよ、先発組を60分まで引っ張ったことから、チーム作りは新たな段階に進みつつある気はします。

交代出場組は、先発組とは違う指示があったかもしれない。GKからのフィードが解禁、前線へのロングボールもあり。ただ、これでボールを失うともの凄くイライラしたw
セルタカ原口+峻希で即興的な攻撃が一気に活性化。特にセルは別格の動きだったが、ボールがないところでの歩きっぷりも別格。あれが監督に認められるかどうかは・・・
逆に元気は実にフレッシュな動きっぷりでした。


まあ、自分でレポ書いといてあれですが、監督の設定した意図なり課題なりに対してどうだったか、が問題なので、俺がガラにもなく何を書いたところで、ただの感想文ですねw

2009021417410000_1.jpg
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ