Bill Bruford 現役引退

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/01/27(火)  21:20
http://www.billbruford.com/

ビルは公演から引退します。
シドによって掲示されます: 2009年1月26日月曜日

音楽における衝撃のパルスを動かして、一般に、人々の脈を上げた41年間の後に、ビル・ブラッフォードは公演から引退を発表しました、2009年1月1日から、有効です。


知っている人には説明不要だし、知らない人にはいくら説明しても説明できないので割愛するが、Bill Brufordとはロック/ジャズドラマーである。時代により演奏スタイルは異なるが、どの時期でも「この人にしかない、固有の手くせ」があるドラマーです。Youtubeあたりを探ると、彼のドラムクリニックの動画とかがザクザク出てきますが、甲高いスネアのキレは、俺的にはもうたまりません。

俺が生でBill Brufordを観たのは

  • 83年のゴールデンウィーク、King Crimsonの一員として"Three of a Perfect Pair"発表後の日本ツアー(確かクリムゾン結成15周年とかっていう妙なノリだったときだ)の五反田簡易保険ホールと中野サンプラザのライブ
  • 87年5月、渡辺香津美の"Spice of Life"のライブ@中野サンプラザ
  • 91年か92年頃、渋谷のクアトロだったかな? "Earthworks"名義のステージ
  • 95年の10月、ダブルトリオ編成のKing Crimsonを、中野で最前列かぶりつき&大宮ソニック

と、都合6回かな?
どのライブも本当に印象深くて、おそらく83年のライブは一生忘れないはずだ。72年~74年の彼を体験できなかったのは残念だが、まあ生まれる時代は自分にはコントロールできないからなw

60歳となるのでライブ活動はやめたということらしいが、スタジオ活動は継続するらしい。
彼は圧倒的にライブ>スタジオワークというタイプのミュージシャンだと思うが、なんというか、彼の思うままに、できる範囲で活動を続けてもらえればと思う・・・。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ