今年初めて走ったところまとめ

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/28(土)  10:02
どうやら今年も6,000kmの壁をギリギリ超えることができそうな情勢ですが、備忘として、今年初めて走ったところを紹介しておく。何かの拍子にこのエントリーを見た人が「おお、こんなオッサンが走れるなら俺も行けるで!」と思ってくれることを願ってw

4/14 自宅→鬼怒川0km→鬼怒川CR→宇都宮
20130414.jpg

4/20 自宅→利根川CR→榛名湖
20130420.jpg

6/8 日光→旧R122細尾峠→足尾→粕尾峠→小金井
20130608.jpg

7/14 自宅→都幾川→馬生林道→自宅
20130714.jpg

7/21 横瀬→志賀坂峠→上野村→神流湖→横瀬
20130721.jpg

8/13 上野村→R299通行止→矢弓沢林道→十石峠→小海→ぶどう峠→上野村
20130813.jpg

8/16 豊水橋→奥多摩湖→都民の森→豊水橋
20130816.jpg

10/19 自宅→カシマスタジアム
20131019.jpg

2014年は、「利根川で銚子まで」「富士山周辺一周」「妙義・南牧方面」「山梨方面」「乗鞍」「東京湾一周」といったあたりにチャレンジしたいものです・・・(ほどほどに)

12/29追記:ぎっくり腰でコルセット装着中。今年の走行距離は去年を下回る5,951kmで終了の公算・・・無念!
関連記事

来年のこと

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/20(金)  12:00
のっけから心配性な事を言っていいですか?

もうね、監督からして「言い訳はできない」なんて事を言うのはやめた方がいいって!
だってこれ、人によっては「退路を断ってる」って思うよ?
「優勝以外は責任取って辞任する」って意味に解釈する人が絶対に出てくるよ?

それでね、サポの側も「来季は結果を問われる年になる」とか「守備の立て直しができなければ批判は免れないだろう」みたいな、ミシャを明示しない主語にした第三者的な?モノ言いの方もいますけど、それって意識してか無意識かはわからないけど、まるで目に見えぬ多数世論とやらがそうであるかのように装うという意味では、充分にネガティブキャンペーンになってますぜ?
それとも、「俺は来季は結果を問うぜ、○位以下なら辞めてもらう!」とか「複数失点したら俺は批判するからね!」って、自分を主語にして堂々と言えない人なのかな?

俺ですか? 俺は2013年と一緒です。

1)優勝争いして欲しいなー
2)ACL出場権はぜひとも欲しい!
3)チーム全体が同じベクトルを向いて戦って欲しいぞ(^_^)

優勝しかない!なんて事を言うつもりはありません。

まあ、好きに意見を言えと言われれば、エルゴラの浦和特集号で小見さんが言ってたことが俺の意見に近いですが、要求する立場でなく応援する立場で何か言えと言われれば、同じ号のエルゴラで「おとめちゃんさん」(w)が書いていた、これにつきます。

「失点に動じず、自分たちを信頼すること」

それには、おそらく精神論ではなくて、きちんとした戦術面での約束事も必要になってくるのだろうと思います。(守備戦術が構築できないからこそ、「失点に動じない」ハートが必要になってくるのかもしれませんがw)

多分、来年は色んなところから「強い意見」が出てくるのでしょう。最終戦では、そのへんの予告もゴール裏から出てたもんね。
でも俺は、高圧的な態度やべき論で良い結果が出るとは思っていないので、来年も引き続き肩の力を抜いて、柔らかく応援したいと思います。


関連記事

清水戦のこと

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/19(木)  12:00
蒸し返します。
清水エスパルス戦前の出来事に関して(第4報)
制裁決定について

「あれは一部の人間のやったことだ」
「あんなのはサポーターじゃない」

実に魅力的な意見です。

でも、「We」をコールし、「We」を歌い、「We」をゲーフラに掲げていた自分にしてみると、そうは割り切れないのが本当のところ。

じゃあ、あの事件を自分のこととして捉えるとして、いったい俺は何をするの?
問題の発生を喰い止めようにも、いつ問題が起きるかわからないのに待ち構えているわけにもいかない。
駅前で啓発ビラでも配りますか? いや、ないない。

何年もスタジアムに通っていれば、一度や二度は目にしたことがあるはずの光景。
例えばアウェイで、警備員に絡んでいる強面の兄さんたち。
例えば埼スタで、持ち込めないはずの酒瓶ラッパ飲みの皮ジャンオヤジ。
「やめろよ」と俺は言えるか?
多分言えない、というか言わない。今までだって、見て見ぬ振りをしてきた。だって、正しいとか正しくないとか以前に、トラブルいやだもん。

そういう自分のズルさみたいなものを俺はわかっているつもりなので、一概に「あいつらは悪、俺は善」って言えない。

そもそも、無菌状態ではないからこその魅力もあるサッカーのスタジアムで、サポーターライフの中で、どうやって善悪を線引きするんだろう。(法律とか規則の問題は別にして)
今回の事件は川の対岸の出来事だとみんな思っているフシがあるけど、野次、ブーイング、挑発的な文言のゲーフラ、審判への脅し文句、ミスや敗戦への罵詈雑言、入場前にたむろしてビールの空き缶や吸い殻を撒き散らかして行ったり、日常のサラリーマンライフじゃ絶対着ないようなマッチョな服装でいきがってみたり、差別用語を大声で叫んだり・・・っていうことの延長線上、シームレスにつながったところで、歯止めが利かなくなって問題行動が起きるんだと俺は思っています。
(上げ足取られたくないから敢えて書いておくけど、上に書いたことはセーフ、って言ってるわけじゃないからね)

俺にも(そして多分ほとんどの人にも)そういうことを起こす可能性が、素地がある。

そう考えてしまうと、ほとんどの方と同じように「1,000万円も取られて! Jリーグにこんなことまで言われて!」「あの馬鹿を許せない!」という気持ちがありつつも、バッサリ切る側に回れない自分。

すみません、自分の中でも決着がつかない、読まされる方にとっては「だからどうした」というハナシでしたね、すみません。

(続く)
関連記事

仙台戦のこと

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/18(水)  12:00
今季の分岐点はどこかと聞かれたら、俺は「アウェイ仙台戦の3失点目」と答えます。あれはショックな瞬間でした。
まあ、ほとんどアウェイに行くことがない俺がたまたま行った試合だったというのもあるんでしょうけどね。

なんでいきなり仙台行きを思い立ったかと言えば、ナビスコ決勝の敗戦が(俺自身は決勝に進んだことでほぼ満足だったのでタイトルへの執着はなかったし、実際チケ獲りも放棄したんだけど)選手にとってショックだろうなぁという気持ちがあったからで・・・
試合は、前半立ち上がりの失点を逆転して、後半立ち上がりの失点を跳ね返して・・・あれで勝ち切れば「ショックに打ちひしがれる浦和」「ひ弱な浦和」が「強靭な浦和」に脱皮した試合として今季のハイライトになるべき展開だったと思いますが、それだけにアディショナルタイムで追い付かれてのドローという結果がショックに輪を掛けることになったのは想像に難くないし、実際、仙台戦について言及してる選手もいるようですしね。

まあ、こういうこともあります。

で、言いたいのは、試合内容のことではなくて。

この試合は、試合前にある横断幕が(ピッチではなく)ゴール裏に向けて掲げられました。「こいつを見せつけようぜ」っていうね。
だけど、試合終盤の肝心なところで、その横断幕のキーワードに呼応する「決めチャント」は遂に歌われなかったんですよね。ロングのチャント(アイーダだったかなぁ…)を、アディショナルタイムに入る前から続けっぱなしでね。

色んな考え方があるので何がベストの選択だったかなんて言えないし、そもそも絶対に勝ち点を獲れる「魔法の歌」や「絶対のサポート」なんてものはないわけだけれど、あそこで集中力を一段上げられなかったことはすごく残念だったし、結果的にベストとは言えない(というのは俺の個人的な考えに過ぎませんが)表現を選択をした俺たちが最終戦後に腹立ちまぎれに「運任せの監督」なんていう横断幕を出したのは、全く納得がいくものではありません。

(続く)
関連記事

今年1年のこと

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/17(火)  12:00
今年のレッズを、どう捉えればいいんだろう?

評価なんて偉そうなもんじゃないけど、振り返り的なことを何回かに分けて、つらつらと書きます。


俺が開幕前に希望したのは、以下の3つです。

1)優勝争いして欲しいなー
2)ACL出場権はぜひとも欲しい!
3)チーム全体が同じベクトルを向いて戦って欲しいぞ(^_^)

1)について
ここ数年は毎年こんな目標(希望)です。要するに「常に安定して優勝争いできる実力があれば、歯車がうまく噛み合った年は優勝もできるよね」って考えです。
んじゃあ「優勝争い」って何かって言うと、リーグ戦なら「最終節に優勝の可能性が(数字上だけでもいいから)残っていること」、カップ戦なら「決勝戦に進出すること」です。そこまで行けば、最後の最後は時の運。結果的に優勝できなくても、まあしゃあない、ということです。
そういう意味では、ナビスコで目標達成。でも肝心のリーグ戦は1節を残して優勝の目がなくなってしまいました。微妙ですね・・・

2)について
「優勝争い」と微妙に被る希望ですが、これは残念。非常に残念です!!

3)について
そしてこれが一番大事、というか「オジェックvs闘莉王」の頃からの切なる願いみたいなものなのですが・・・これはどうでしょう?
選手のコメントが攻撃に寄ったり守備に寄ったり、刹那的に攻撃し過ぎたり、攻撃の選手が3点4点獲れなくてごめんなさいなんてことを言ったり、セットプレーで3失点喰らった次の試合でGKを代えられたり、(これは調子が悪い時の常套句みたいなもんですが)進む方向に間違いはない的なコメントが頻発したりするようなところから推し量るに、選手の気持ちが揺れ動くようなところはあったんじゃないでしょうか。それは多分、守備のこととか守備のこととかでw。「守れないサッカー」を信じきれない。それはすなわち、「守れない味方」「守らせることができない監督」を信じきれないということにつながりかねません。
それと、選手起用が固定化してるっていうのも、その良し悪しは別にして、チームマネジメント的には難しい状況にあるのではないかと邪推します。選手全員に好かれる監督なんているわけないので。

というわけで、俺はチームに波風を立てるつもりはこれっぽっちもありませんが(て言うか、ここで何を書いたからって影響はないと思いますが)、思うほどには平和な状態じゃないと思いますよ。だからこそ、スタジアムではピリピリ感じゃなくて「懐の深い雰囲気を作り出したい」ってシーズン終盤にここに書いたんですけどね。

(続く)
関連記事

16歳

サイト運営 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/12(木)  19:55
「めおとサポーター奮戦記」今日で満16歳です。

なげぇよw


関連記事

<浦和レッズ戦歴データベース>更新しました

サイト運営 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/09(月)  22:30
<浦和レッズ戦歴データベース>更新しました
__________________________________

浦和レッズ初年度から2013シーズン最終戦までの試合ごとの明細記録を、エクセル(xlsx形式)と、Googleドキュメントのスプレッドシート形式で公開しています。
※シーズン中は、だいたい試合の翌日あたりにデータが追加されます。(Googleドキュメントの方は、気が向いたら)

各選手の出場試合数のカウントもしていますが、山田暢久については出場試合数が1試合あいません。(多分、J1で1試合、誤字か記載漏れでカウントされていない)
まあ、そんな程度の精度のデータですので、割り引いてご覧下さい。

関連記事

↑昇格↓降格まとめ2013まとめ(12/8現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/08(日)  20:50
サッカーファンの皆様、1年間お疲れ様でした。備忘として、昇降格のまとめを。
前回はこちら


(クリックすると拡大します)
updown2013_1208.png
関連記事

【再掲】懐深く

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/07(土)  07:00
残念ながら、先週の土曜日の試合は望んだ結果を得ることはできませんでした。
楽しむどころか、焦り、力みかえり、悪循環に陥るチームの姿があるばかりでした。

自分は(守備の固いサッカーが好きという個人的な好みを差し引けば)「このチームは攻めてナンボ」と考えています。だけど、それにしても刹那的に攻めてしまいますよね。1点2点獲られたって、「90分あれば3点は獲れるぜ」とでも考えて、自分たちに自信を持って悠然と攻めればよいのに、何か強迫観念のように。
夏場の「引いて守らねば」のときもそうでしたけど、特に後ろの方の選手が一途過ぎる。そして普段騒がしい選手は、劣勢になると顔つき目つきが怪しくなってくる。なんで遠くを見ているの? なんで眉間に皺を寄せてプレーしているの?

こういうのを「メンタルが弱い」と言えば、ああそうなのかな、と思わないでもありません。
ですが、「自分たちがやってきたことを信じてやるだけ」とか「方向性は間違ってない」っていうコメントが出てくるということは、そもそもそこに疑いを持っているということの証でもあります。

降格寸前のチームが、2年連続して可能性のある状況で33節を迎えることができていて、結果的に去年はACL権を獲って、今年も自力で権利を奪い取ることができる。
そういう状況にありながら、なぜそこまで自分たちを追い込むのか? 何が選手のプレッシャーとなっているのか?

そんなことを考えると、
埼スタでの最終節は、懐の深い雰囲気を作り出したい、
選手を安心させ自信を持たせる5万分の一の要素になりたい、

自分はそう思います。

関連記事

試合の日がこなければいいのに

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/06(金)  12:00
俺は、『誰それを気持ちよく送り出すために勝とう』という意見を聞くと、いつも違和感を覚えます。
だって、浦和の選手なら『俺のために』じゃなくって『出番があろうが無かろうが、最後の瞬間までチームに貢献するぞ、チームのために頑張るぞ』って思っているんじゃないかな?って。

だから、何て言うか、試合が終わるまで、普通に応援したいんだよね。
『綺麗な別れ』とか、そういうことを考えないでね。チームのことだけを考えて。
ACLも懸かってるしね。

それで、普通に応援して、じゃあ来年もまた、って。



試合後のセレモニーなんてなければいいのに。



最終戦の日がこなければいいのに。


関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ