スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャンピオンベルト、越中ふんどし、そして艦これ

虚弱自慢 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/08/25(日)  15:00
「虚弱自慢」カテゴリーで書くのも久しぶりだな。
北国出身の限界というか、やっぱり暑い夏は色々とガタがきます。単に「トシ」ってだけかもしれませんが。

×  ×  ×

5月半ばに左の腰近辺がミミズばれみたいになって痒い、手持ちの薬じゃ何も変わらん、バンドエイドを貼ったらかぶれて膿んで・・・というのがケチのつき始め。

放置したままいったん小康状態になったけれど、再び腰のかぶれが悪化したのに加えて胴回り全体が赤くかぶれた状態になったのが6月半ば。それとは別に、ここ数年の持病である角質化した左肘の皮膚がこじれて痛くて肘がつけない状態になったというのもあって、皮膚科にGO。

1週間で落ちついて安心していたら、6月後半から連日の酷い胃もたれに悩まされる。特に食った後は最悪。というか食ってる最中から暑いものがこみあげてくる始末。前年の健康診断で「胃にポリープ」なんて診断結果が出ていたもので、イヤーな感じに・・・

胃を活性化させる薬を飲み始めたら、ゲップが出まくるのには閉口したけれども幸いにして10日ほどで胃もたれ解消。食欲出まくりんぐで元気モリモリ。
ところが、梅雨明けと同時に今季3度目の胴回りかゆいモードに突入。これは2週間継続。ストレスが溜まる。

7月末からは4度目のアレルギー的な症状発生。毎朝毎晩、「効かねえなあ」と思いながら腹回りや腰回りに塗り薬を塗り込む日々。
が、これよりしんどかったのは、同時に発生した頭痛と寒気。自分は汗かきで、例えば朝の通勤で5分も歩いていると肌にはうっすら汗をかいて、その効果で肌の表面に触ると冷たくなっているぐらい(ある意味)冷却性能が高いのですが、その状態で夏休みで空いた冷え冷えの電車に乗り、冷え冷えの職場に8時間座り続け、家でも冷房で、遂にオーバークールに。体温測ったら34度台なんですもの・・・。
頭痛と低体温は1日で収まりましたが、ぬるめの風呂に長めに浸かったり、電車の中では自転車用の防寒アームカバーをしたり、寝るときにはレッグウォーマーしたりと、体を冷やさない工夫は今も続けています。(体幹は適度に冷やしつつ、というのが難しい)

腹回りのアレルギーの方はその後も解消することなく、お盆休み明けにはパンツのゴム跡に沿って(しかしそれより何倍も幅広く)皮膚がかぶれて盛り上がり、赤いチャンピオンベルトを巻いたような状態にまで悪化。かゆみMAX。なぜだか全身にかゆみが飛び火してボリボリとかきむしる状況に。皮膚科の薬に見切りをつけて市販薬に切り替え、出勤前の7時、会社で11時と15時、帰宅後の19時過ぎと1日4回薬を塗布の日々。
この土日に、皮膚を締め付けないように下着をアマゾンで買った越中ふんどしに切り替えて、ようやく改善の兆候が見えてきました。ちょっと疲れもあるんで出歩かず、大人しく艦これやってます。ふんどしで艦これ。ド変態w

でもなんか先週半ばあたりから、普段はおとなしい内痔核君が「ボラギノールちょうだ~い」って騒がしい・・・ ← NEW!
関連記事
スポンサーサイト

「山田暢久のイエロー」の全て

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/08/20(火)  19:45
気の毒なイエローも、そうでないイエローもw

一番右側がイエローを喰らった時間、その隣がイエローを喰らわせた主審
nobuhisayellow.png
関連記事

2015-2016日程仮説検証(ACL変更ありの場合)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/08/18(日)  12:00
Jリーグ 2ステージ制復活&プレーオフ拡大を提案へ!(スポニチ)
ポストシーズン、Jも15年から導入 戦略会議で2案に絞る(スポーツ報知)
「2ステージ制」来月J実行委に提案へ(ニッカン)

リーグ戦方式が変わるとすれば、最短で2015年から。
2015年っていうのは国際Aマッチの試合数が削減される節目の年。そこで、「世界標準」とか「理念」とか「サポーターの声を聞け」とかの感情論交じりのハナシは置いといて、現行方式での日程の成立性という観点で仮説を検証(というか予想)してみた。ただし、それだけじゃ面白くないので、原・中西両氏が秋春制の論拠にする「ACLが秋開幕になると今のカレンダーでは無理」を反証する、という視点も合わせ持ってみました。ACLが2年またぎであることが前提の検証なので、2015-2016の2年間を検証、ということになります。

メチャクチャ縦長の表で見にくくてスミマセン。(表をクリックすると別窓が開きます)
結論だけ読みたい人はこちらをどうぞ

calender2015.png■2015カレンダー作成時の仮定・与件
  • Aマッチデー最優先でカレンダーを埋める。日程はFIFAが発表済
  • 代表召集はAマッチデー期間の-4日~+1日に設定
  • ACLは2015から秋開幕と仮定。年前半は移行期間につき試合なしと想定。欧州CL2012-2013の日程に準拠しつつ、Aマッチと被らないよう微調整(いくらAFCでも、そのくらいは配慮するよね・・・)
  • CWCは日程未発表なので「だいたい今まで通り」程度
  • リーグ戦は基本的に週末に組む。ただしAマッチデー期間+代表召集期間はリーグ戦を開催しない
  • 年前半はACLがないので、ナビスコは全チーム参加、予選は9チームx2組(9節)。代表日程との重複を許容する代わりに、リーグ戦がない週は週末を使う
  • 天皇杯は元日決勝。今年の日程を参考にする
  • 水曜日は仮に使っても隔週。そして7月、8月は水曜開催しない(←大事)
  • リーグ戦は3月第1週~12月第1週に収める(40週)
  • 8週間の休養を確保し、2月1週目に始動する
というわけで出来上がったカレンダー@俺案は、2/28のXEROXを皮切りに、リーグ戦は34節中4節がミッドウイーク、ナビスコは14試合中5試合がミッドウイーク&11試合が代表メンバー不在、という形で12/5にリーグ最終節が収まりました。
※ACL5節は欧州準拠だと11/18だが、Aマッチデー直後なので1週間後ろ倒し

禁を破って2週連続水曜開催としたのはゴールデンウィーク。15日間で5試合という酷さだが、2015年はこういう日程にせよと旗日が語りかけてくるのです。ACLの日程変更がない場合は、こんな日程は難しいでしょうね。
5連休を有効活用した9/23の水曜日(祝日)開催はリーズナブルだと思うけど、納得がいかないのは10/28かな・・・秋から代表とACLが立て込んでくるので他に押し込む場所がない。

リーグ戦のラスト3節の前に2週空くのは興醒めです。が、こればかりはFIFA様がお決めになったことですから、しょうがない。

ただ、代表日程と絡む部分では若干の余裕が出るかもしれません。2015年のAマッチデーは「月曜日~翌火曜日」という設定ですが、実際に試合ができるのは2日間だけですから、試合日を例えば「木・日」にするとか、協会様が試合前の招集期間を3日間に短縮してくれるとか、ホーム開催で試合翌日には各クラブに合流できるとかの条件だと、前の週の土曜日をリーグ戦に使えたり、翌週の水曜日のカップ戦が代表メンバー込みで出来たりします。もちろんそれは協会様の交渉能力次第ということになるのですが。

ACLが現行日程通りなら、春に平日の試合が8試合発生します。一応、ちょうど8週の空きがありますが、そこを埋める=ACL出場クラブは常に週2試合ですから、その場合は例年通りナビスコ予選リーグ免除等の措置が必要ですね。
9月以降は6週で変わりないので、なんとかなるでしょう。今と同タイミングでの決勝ならリーグ戦終盤2節とACLグループリーグ終盤2節が並行ということはないので、むしろ現行日程の方が楽。このへんは確かにリーグサイドが危機感を持つのもわかります。

天皇杯で勝ち残りしなければ、目論見通り8週間の休養は確保できます。
それにしても、天皇杯を他の時期にずらすのも口で言うほど簡単ではないですね。代表日程と重複させるのはそれなりにベターな解にも見えます。ただ、最後まで試合をしたチームが翌年の最初に試合をするっていうのは合理的じゃない。例えば準々決勝以降を翌年春先にXEROXスーパー天皇杯として・・・
calender2016.png■2016カレンダー作成時の仮定・与件
  • 基本的な考え方は前年と同じ
  • ナビスコ予選はACLノックアウトラウンドを避けて開催。予選は6チームx3組のリーグ戦(5節)
    (ホーム開催数に差が出るが)
  • ACL決勝は一発勝負(これも欧州に準拠)
こちらも、2/27のXEROXから12/3のリーグ最終節でカレンダーが収まりました。リーグ戦は前年同様に34節中4節がミッドウイーク、ナビスコは10試合中1試合が平日で、それ以外の9試合は代表メンバー不在での開催です。
※ACL準々決勝#1は欧州準拠だと3/30だが、Aマッチデー直後なので1週間後ろ倒し。そのあおりで#2も欧州CLより1週間後ろ倒し

4月はACLがあるので平日開催ができません。5/21はACL決勝があるのでリーグ戦を日曜日開催として、進出クラブは5/25を代替日に充てます。が、こんな小手先の工夫をしたとしても、そこに辿りつく前に過労死が待っていそうです。ACLの準決勝まで進むクラブは、4/2から5/7まで36日間で11試合!です。
ACLが現行日程通りとなると、グループリーグを突破するとプラス2試合です。こうやって日程面だけを見ると、「ACLは罰ゲーム」と思ってしまう人がいるのも、わからないではない。






◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

この日程をどう考えるか。

Q:現行方式で日程は成立するか?
A:ギリギリ成立する

そりゃそうですw ACLの春と秋を入れ替えただけですから年間での帳尻は合うに決まっています。
言い換えると、プレーオフを入れるとこのままでは成立が難しくなります。

俺の案は「水曜日は仮に使っても隔週。そして7月、8月は水曜開催しない」という縛りを入れているので、春秋が過密日程。逆に言えばAマッチもACLもない真夏の日程は余裕があるとも言えます。なので、例えば夏の水曜開催を2試合入れれば、その分をチャンピオンシップのホーム&アウェイに充当する、なんていうことが可能になります。
ベスメン規定で選手の入替ままならない、給水タイムもない条件下で「動いたら負け」みたいな真夏のサッカーを許容するなら、ですけどね。俺は許容しませんが。

そして、エントリー直前のニュースだったのでこのカレンダーには反映させていませんが、日本代表が2015年のコパアメリカに出場することが決定した模様。
開催期間は2015年7月1日~24日。召集期間と合わせるとリーグ戦は5節分が吹っ飛びます。
2015年からの変更ありきで急いでハナシを進めているようにも見えるけれど、カレンダーのメドは立っているのかしら?


関連記事

梅崎

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/08/06(火)  20:00
右眼窩底骨折のため手術、全治は未定、とのこと。

でもですね、ウメは、大丈夫ですよ。

腰、前十字靭帯、半月板、あとなんかあったっけ?
2年か、それ以上か。

ウメは全部乗り越えたんだよね。

乗り越えられる人間。凄く強い人間。それを俺たちは知ってる。

だから信じて(信じ込むんじゃなくて、信頼して)待っていればいい。
そう俺は確信しています。


関連記事

今日のJリーグ報道

サッカー全般 ] TB:0 | CM:1 | 編集  2013/08/01(木)  18:00
気のせいかもしれないんですが、今朝のテレビ、そして新聞報道とも、昨日のJリーグのことを伝える量が多かった気がしませんか?

朝のNHKは広島と大宮の首位攻防戦を冒頭で紹介しつつも、基本的には東アジア選手権に参加した代表選手たちのサバイバルが云々とか、ザッケローニへのアピールがどうのこうのとかって、選手ごとに切り取った紹介がほとんどで、
選手は代表のためだけに日々のリーグを戦ってんじゃねーんだよ
と考える自分のようなタイプには的外れかつ目ざわり報道と言えない事もないかも。

実際、俺は朝のNHKにもスポーツ新聞のヘッドラインにも、「そういう観方じゃないでしょ」って毒づいちゃったもの。

でも、ですね。

そういう価値観は、Jリーグとか特定のクラブとかに長く深く付き合ってきたからこそ感じること。今スタジアムに来ない人は、そういう視点でアピールしても、それこそ的外れなんですよね。
それに気が付いて、露出の内容をいちいち批判していては、それこそ老害だなーと、自らの頭の固さに思い至ってしまったジジイなのです。orz


関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。