スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも聞こえてくる愚案

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/29(土)  20:00
あれれ、という記事が出てきました。
淡々と紹介しているというスタンスなのか、観測気球なのかわかりませんが・・・

サッカー版クライマックスシリーズは実現すべきか

なんでも、システム案が3つあるんですって。

その記事の中の
J1を3つのカンファレンス(東西などの地域)に分け
をそのまま鵜呑みにして、これを18クラブ制になった2005年以降のJリーグに当てはめると、こうなりますわね。(↓クリックで拡大)

20130629_1.png

あかリーグみどリーグの境界線が、年によって江戸川だったり(08,09,12)、多摩川だったり(10)、甲州街道だったり(05)、国道1号線で南武線をくぐったあたり(06)になったりするわけですネ。

みどリーグあおリーグで言えば、境界線が東名高速宇利トンネルの年(05,09-12)もあれば、比叡山まで西に行っちゃう年(06)もあれば、大井川あたりで静岡ダービーをぶった切っちゃう年(07,08,13)とかあるわけですね。

あれだけ安定(収縮)経営サイドに制度を振っておいて、年ごとに収入も経費も全然変わってくるような不安定な制度とか、真面目に候補に挙げるわけないですよね。
ていうか、これ、2ステージがマシだと思わせるための噛ませ案だろうが!
フラットな状態で提示されている
って、こんな案みせられるこっちが恥ずかしいわ・・・!

仕組みで解決を図るっていうことを一概に否定はしないけど、それにしても、山ほどあるはずのリーグとクラブの個々の取り組みや改善の話がほとんど出てこないで、リーグシステムとカレンダーという仕組みの話しか聞こえてこないのは、本当に不思議。
いや、今聞こえてくるどの方式にしても、プレーオフ的なイベントありき、ということで考えれば不思議でもなんでもないんだけど・・・

(溜息)
関連記事
スポンサーサイト

100回ツールのプレビューを書こうと思ったら

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/28(金)  20:00
驚いた!

いちいち書き出さないけど、俺がJスポーツでツールを見始めてからの優勝がほとんど「ドーピングでタイトル剥奪、優勝者なし」「優勝者がドーピングで失格、2位が繰り上げ」「タイトルは剥奪されていないが選手自身が事後にドーピングを告白」というステータスなのだ。
色んな要因はあるのでしょうが、まあ、この競技自体がまともじゃないことは確かなようにも思われます。「この競技は良い方に向かっている」とかの理屈は、やっぱり無理がある・・・まあ、「レジェンド」でも描かれていたけど、ツールの歴史は薬物使用の歴史、競技ぐるみで全員やってると思って観れば、そんなもんかとも思いますが。

ということとは全く関係ないですが、(毎年言ってる気もしますが)この時期は「テレビで観るより乗る季節」だと思いますので、俺としては日常の会社員生活と休日のマイバイクライフ優先でいきます。

あ、日本チャンピオンジャージの幸也が逃げた日は別です。
それと、7/14(日)の第15ステージ、モンバントゥーの頂上ゴールは、こんなシーンが期待できますよ!(できません)

up35231.jpg
関連記事

元気の件に対する俺の心情(評論ではなく)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/24(月)  21:15
直近の試合も終わったことだし、今さらなんだけど、この件について書いていいよな。

客観的に誰が悪い何が悪いっていう話ではなく、俺の心情を書きます。
言いたいことが上手く伝わるように書けるかわかんないんだけど。

×  ×  ×

俺は「ゴールしてくれれば何でもいい」という考えの持ち主ではないので、元気の件は、「ホントがっかり」が正直なところ。
チームとして良い中断期間を過ごせたみたいだし、怪我人も戻ってきたし、チームとして一体感がガーッって高まってきていたはずのところに、なんでそうなのかな、って。

だけど、彼の言動を客観的に断罪する気にもなれないのですよ。
「よくない行為である」「ダメな行為にペナルティを課すべきである」
っていうのは、非常に正しくって、反論なんかしたら逆に叩かれそうな勢いではあるんだけど、正直、ここぞとばかりに「相手が反論できない正しいこと」を、相手の手が届かない場所から言い続けるのもどうなのかな?っていう・・・まあ、一人一人は自分の意見を1回表明しているだけなのかもしれないんだけどさ。
(他チームのサポ・ファンに対する批判なんかでも同じ事が言えると常々思っていたりする)

適切な例えじゃないんだろうけどさ、俺らだってプロジェクト立ち上げの直前に担当者同士で喧嘩になって上司が「今夜飲み行っか」みたいな事を夜ごと夜ごとに繰り広げているわけじゃないですか、っていうのは半分冗談ですが(まあプロは練習とはいえ客に見せているから違うっちゃ違うわね)、それにしたってサポ風情が選手を「断罪」することが本当に正しいのかどうか、俺には自信がないんですよね。
「悪いのはこの行動、この発言。だからこうしよう」って、相手を直接諭すことができる立場なら、わかるんですよ。だけど俺らはそういう意味では選手と直接の関係なんてないわけで、そんな俺らが外野から悪さ加減を評論したり断罪したりすることが、いったい何になるのかという・・・

俺も昔はそうだったと思うんだけど(今もか?)、高見の評論家や裁判官の如く断罪したりする時って、自分、嫌な顔になってるんじゃないかなぁ、って。
選手と直接の関係を持ち得ないサポーターたる自分らが、怒りや悔しさのマグマをネガティブなカタチで噴火させてしまう若い選手に対してどうやって接すればいいんだろうと考えた時に、「バカな親」「役に立たぬ上司」として悩み深い今の自分としては、「間違いを間違いと断罪すれば物事が解決するとは限らないのでは?」と、こんな風に感じています。

(このエントリーが単なる「容認論」のように受け止められませんように)
関連記事

メキシコ戦(録画)

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/23(日)  09:00
立ち上がり、香川がシュートをGKに当てたり岡崎のリトルゴールがオフサイドと判定されたあたりまでは、回転数の高い、いいときの日本のサッカーをやっていて、得点は時間の問題だと思ったのですが・・・

何が悪いんですかね? 3試合9失点(プラス1PK失敗)・・・やっぱ守備?
最近、セットプレーでよく失点しますよね。
逆サイじゃなくて同サイのサイドバックがペナエリアに引きずり込まれる場面も良く見るような気がします。

シュート撃たないよなぁ、とは思ったり。
遠藤なんかバイタルでフリーで持ってるのにね。

いや、「戦術がー」とか「マーキングがー」とか言う気は全っっっ然ないですが。

「もう経験がどうとか、世界を体感したとか、そういうレベルじゃないでしょう」っていうのは、ファンの思い上がりなのかな?


関連記事

イタリア戦(録画)

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/20(木)  22:00
うーん。

試合内容と、試合の周辺の情報(例えばザッケローニが長谷部に、長谷部がチームにメッセージを伝えた、みたいなストーリー)を考え合わせると、

・日本が勇気を取り戻す分岐点になるはず!
・世界でもパスサッカーをやり遂げるという宣言!


みたいなポジティブな意味づけをすべき試合なのかもしれないけど、中2日のコンディションがサッカーを一段も二段も動きの悪いものにガラリと変えてしまうということも何度も見てきているわけで、

・そういう状況の相手に4失点とは、どういうこっちゃ・・・!
・て言うか2試合7失点って完全に<蚊帳の外>的なスコアじゃねーか・・・!


という気持ちの方が強いです。少なくとも去年10月のブラジル戦4失点とは受け止め方が自分の中では違います。
まあ、自分は馬鹿試合より0-0,1-0が好きな性分ということもあるので・・・。
(それは浦和の試合でも同じ)

凄絶に散る可能性をも内包しながら「Aシードの国とも正面から撃ち合う」っていう姿勢で行くなら尚のこと、W杯本大会でベスト16の常連だけどベスト8には行けないメキシコレベルの国(って言っても現在のFIFAランクはブラジルより上!)からは勝ち点3を取らないと話になりません。

相変わらずの「世界との距離感が云々」というインタビューに対して「距離感がどうとかじゃなくて、勝ち切らないと何にも残らない」という香川の言葉がありましたが、そこは凄く期待しています。
今の代表は、攻めの気持ちを見せてもらったら「感動をありがとう」と満足できてしまうようなチームじゃないと思うので。


関連記事

選手別・得失点への関与(数字遊び)-3

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/19(水)  20:00
1回目2回目
チームとしての1試合平均が2.11得点/1.32失点ということを念頭に入れつつ。

柏木 1,667分 30得点/20失点 1試合換算1.72得点/1.14失点
マルシオ 936分 21得点/16失点 1試合換算2.14得点/1.63失点
柏木は得点力を減退させている、という数字です。ムアントン戦、磐田戦、柏戦などで交代後に点がパカスカ入ったからなのですが、「動き悪いな~・・・疲れてる?」っていう試合が結構あったような印象があって、それが上記の試合だったかどうか今となっては定かではないけど、この傾向は気になります。
で、柏木のサブ的な位置付けのマルシオはどうかっていうと、こちらは平均的な数字を残しています。でもこれは鳥栖戦・柏戦の影響(僅か47分間の出場で6得点)が大きくて、それを除外すると平均以下になってしまうんですね。

そんなわけで、柏木であれマルシオであれ、左の元気と並び立つ形で右シャドウにもゴールゲッター的な役割ができれば(あるいはそういう選手がいれば)・・・というのが、よくある「チャンスはあるけど勝ち切れない試合」を見た後の感想だったりします。
まあ、この数字は「その選手が出場しているときにどのくらい点が獲れるか」を示す数字であって、「その選手が点を獲っているか」を示す数字ではないのだけれど。
(それにそもそも今の監督が現実的に柏木を外すことはないだろう)

阪野 121分 1得点/4失点 1試合換算0.79得点/3.15失点
今季初戦の広州恒大戦で、途中出場後すぐ好機に絡んで一気に期待度を高めた阪野ですが、数字上は残念ながら終盤の攻撃の起爆剤にはなっていない。守備力を高める結果にもなっていない。出場時間が短いから極端な数字になりやすいんですけど、試合終盤のグダグダの象徴みたいな結果になっています。
決定的なのを枠に当てたり外したりしてるから、それを自ら決めていればこの数字は全然違ったものになっているんでしょうけどね。

山田暢 28分 3得点/0失点 1試合換算10.22得点/0.00失点
暢久を出しておけば
毎試合10-0で勝てる!
ヒ━ウィ━(゚∀゚)━ゴ━!!



①集計値・・・各選手の出場時間(AT込み)と、その間の得失点数
②比率・・・チームの試合時間、総得失点に対する比率
③1試合平均換算・・・①の数値をチームの平均試合時間95.4分に換算しての数値
平均差は、チーム平均2.11得点/1.32失点との差。青セルは得点↑、赤セルは失点↓(つまり貢献度大の方向)を表す
④不在時・・・不出場時間帯における1試合換算の得失点。③の裏の数値


関連記事

Jリーグの日程発表時期に疑問あり

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/18(火)  20:00
2013Jリーグ 後半日程発表について

ご存じのとおり、9月14日以降の試合の開始時刻等は8月1日に発表されます。

直近の試合から見ると、44日前の発表です。
ちなみに春先の一発目の発表は、第1節から僅か29日前の発表でした。

毎度毎度のことですが、発表を引っ張るのはなぜでしょうね。

昇降格があるし、専用スタジアムの野球ほど日程組みが簡単ではないのは理解できるんですが。でも、決まったところから順次リリースすれば良いと思うんですけどね。
例えば飛行機なら搭乗日の2か月前から前売りの格安チケットを入手することができますよね。土日固定でわかりやすい(w)とか寝ボケた理屈より、よっぽどサポーターの利益になることなんですけどね。
TV放送の予定も一緒に発表されますけど、スカパーの編成会議に引っ張られてるんですかね。ていうか日程発表とTV放送予定が連動する意味がわからない・・・。誰得?

もっとも、一覧の表記は開始時刻順でグルーピングされていて、同一時刻の中ではホームチームの地域順に掲載されるので、例えば下記の例なんかだと上から5番目の鳥栖ホームと6番目の仙台ホームのところで地域順がひっくり返っているので、「浦和の試合は少なくとも13時開始じゃねーな。夜かな?」 なんて想像はつくんですけどね。
というか、これ、現時点で地域順表記じゃないってことは、

もう開始時刻も決まってんだろ!?

20130617.png
関連記事

選手別・得失点への関与(数字遊び)-2

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/17(月)  20:00
前回の続き。
チームとしての1試合平均は2.11得点/1.32失点ということを念頭に入れつつ。

原口 1,244分 33得点/20失点 1試合換算2.53得点/1.53失点
平均を大きく上回る得点力! 時間ベースで69%も出場していてこれだけの差があるわけですから、これは有意の差と見ていいんじゃないでしょうか。逆の見方をすると、彼がピッチにいないと1.17得点。大宮戦や清水戦を思い出せば・・・
それと、「あの元気が今年は守備の手を抜かない」(槙野談)ということのようですが、不在の方が失点も少ないという数字が出ています。1.53失点はレギュラークラス最悪。

梅崎 1,065分 31得点/16失点 1試合換算2.78得点/1.43失点
レギュラークラスで最も得点力を活性化させていると言えそうなのが梅崎。彼も出場時間59%ですから、意味のある違いに思えます。右と左でどう違うかまでは、わからないっすけどね。

宇賀神 1,200分 17得点/12失点 1試合換算1.35得点/0.95失点
梅崎出場時に点が入っているということになると、彼が出ていないときに左サイドで出場しているはずの宇賀神は、この集計方法だとやっぱり得点への関与が少ない選手、という結果になってしまいます。まあ、鹿島戦後半から始まったゴールラッシュに不在だったから、「怪我が残念だったね」で終わるのかもしれません。
もひとつフォローすると、レギュラークラスで1試合換算失点が1を切るのは宇賀神だけ。4バックの左でスコスコ抜かれていた姿が印象に残る者としては胸熱。

興梠 1,573分 38得点/17失点 1試合換算2.31得点/1.03失点
得点力UPは概ね予想通りですが、彼の特筆したい部分は元気や梅崎と違って出場時間帯の失点が目に見えて少ないということ。これは3失点の広州戦に不出場、全北戦でも1失点しか関係していないことが主な要因なんですが、あの柔軟な(時に変態チックな)キープとポストプレーが上記の2試合でフルに発揮されていればどうだったか・・・興味は尽きません。

あと1回続きます。

①集計値・・・各選手の出場時間(AT込み)と、その間の得失点数
②比率・・・チームの試合時間、総得失点に対する比率
③1試合平均換算・・・①の数値をチームの平均試合時間95.4分に換算しての数値
平均差は、チーム平均2.11得点/1.32失点との差。青セルは得点↑、赤セルは失点↓(つまり貢献度大の方向)を表す
④不在時・・・不出場時間帯における1試合換算の得失点。③の裏の数値


関連記事

ブラジル戦(録画)

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/16(日)  20:00
晴れた土曜日に家の中でゴロゴロ、雨の午前中にローラー、晴れてきた午後に昼寝・・・そんなダメ生活を過ごしている私ですが、みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

2130616_1.jpg 2130616_2.jpg

「このスタジアム、原始時代のお金みたいだなー・・・」とか思いつつ、昼メシのインスタントラーメンの汁が噴きこぼれそうになって台所にすっ飛んで行ってリビングに戻ってきたら最初の失点を喰らっていました。
後半開始の失点はハーフタイムからの流れで新聞を読んでいて、アディショナルタイムの失点は「さーてシャワーでも浴びるか・・・あれ?」という具合で、そんな俺が「集中力ねーぞ!」とか言えるはずもなく・・・

フッキは反則。あのデカいケツと黄色いキットの組合せは、魔改造されたアヒル隊長を想起して戦慄を覚えたわ。
あの最凶グリズリーを妖精とかキャンチョメが止めるってのは辛いわ。

×  ×  ×

1年後に考え得る最悪のアウェイ環境(=本戦のシミュレーションとしては最高の環境)で、前線の組合せに変化をつけてきたところからも、もしかすると日本らしいパスゲームではなくガチ守備+カウンター的な思考で勝ち点1を獲りに行く・・・的なゲームを勝手に想像していたのですが、残念ながらそうはならず、かといってここ数試合のマンネリ感を打破するような攻撃の冴えも見られませんでした。
まあ、仮に本大会用に戦い方を切り替えようにも、メンバーは変わらず試合間隔は短く、昨日の今日でスパッと変わるわけもないのですけれど。

とか書いてたら、自転車に乗らない、国立のチャリティマッチも駒場のトレーニングマッチも見てない自分が負け組に思えてきたorz


関連記事

選手別・得失点への関与(数字遊び)-1

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/15(土)  15:00
批判的な話ばかりだとアレな気分になるので、得失点への関与という観点で数字遊びをしてみました。

※この企画の焼き直し
2005レッズ 選手別貢献度を振り返る


ACLとリーグ戦の計19試合で1,813分、40得点、25失点。
平均すると1試合で95.4分、2.11得点/1.32失点
この数字がスタートです。
※試合時間に関しては、アディショナルタイムを加算しています。基本的には4thオフィシャルが掲示した時間を加算していますが、5/11の鹿島戦前半ATだけは(確か掲示は+1分だったけど)宇賀神の負傷で4分加算しています。

「選手別・得失点への関与」というのは、それぞれの選手が、ゴールに至る流れの中でボールタッチしたとか、失点時にペナエリアの中にいたとか言う難しい話じゃなくて、単純に「その時出場していたかどうか」というだけのハナシ。各選手の出場時間帯における得失点を集計し、それを1試合(95.4分)に換算して、上記の平均値と比べてどうか、という考え方を採りました。

個々の選手に対する俺自身のコメントは別途上げさせてもらうとして、まずは生の数字を載せておきましょう。
①集計値・・・各選手の出場時間(AT込み)と、その間の得失点数
②比率・・・チームの試合時間、総得失点に対する比率
③1試合平均換算・・・①の数値をチームの平均試合時間95.4分に換算しての数値
平均差は、チーム平均2.11得点/1.32失点との差。青セルは得点↑、赤セルは失点↓(つまり貢献度大の方向)を表す
④不在時・・・不出場時間帯における1試合換算の得失点。③の裏の数値



関連記事

Jリーグが公式に発表しました

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/13(木)  20:10
シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて

説明したいのは、それかい!

まあ、シーズン移行の説明をするってこと自体は、いいんです。
個人的には
雪国への影響とか、
事実上の新規参入の障壁じゃね?とか、
「JFA、Jリーグ、Jクラブが協力して」と言ってるけど自治体に金出せっていう話じゃないの?とか、
他のカテゴリーとの関係はどうするの?とか、
4月始まりが基本の日本社会の中で新卒さんとの契約はどうすんの?とか、
ステージ制とかのリーグシステムの話よりも、もっともっと社会的インパクトが大きい話ですからね。

でも、そういうことにおいてすら

メリットあるっつってんだろ
やんねーとか寝ボケた報道すんなや

(意訳)

というリリースしか出さないわけですから、まあ、Jリーグっていうのは、説明をするところじゃないんだな、そういうところなんだな、という気持ちばかりが強くなっていきます。

悲しいっていうか、情けないですね。


関連記事

2ステージ制(2013/6/12時点)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/12(水)  23:35
掲題の件、7月の理事会に結論先送りということで、とりあえず「今日の時点では」本郷3丁目に行って、とあるビルの9階方面を向いて「バカヤロー」と独り言を言ったりする必要は、なくなったわけです。やれやれ。

が、抱き合わせ議論のような気もする秋春制のことも含めて、誰のための何のための変更なのかということが説明されていないというステータスに変わりはないわけです。
Jリーグにはオフィシャルサイトがあるし、FacebookだのYoutubeだのにもアカウントを持っているわけだし、ニコ動なんかでやるのもよし、とにかくちゃんとこっちを見て説明して下さいよ、と。別に俺たち古参を最優先に考えろとは言わないよ、将来に向けての理があれば、いうところも含めて俺の言いたいことも昨日までと変わりありません。

まあ、本音としては、報じられている部分だけでもツッコミどころは沢山あるんです。
けど、所詮は「報じられている部分」のみの話で、表面的なハナシに反応して色々批判するのはフェアじゃないと思うし、背景がわからないところで批判に踏みこむと俺の性格的に「ダメ出しのための評論」になりそうで、だけど批判ロジックを考える作業というのは(2010年から2011年にかけてがそうだったんだけど)凄くマイナスのエネルギーに包まれる作業なので、それはイヤ・・・

×  ×  ×


それと、Jリーグに対する批判は批判としてあるとして、今回の騒ぎを契機に俺らの側もちょっと変わった方がいいんじゃないかなって、モヤモヤっと思うこともあります。そもそも集客の仕組みを考えるのはリーグじゃなくってクラブの側(=俺たちの側)だと思うんでね。それはステージ制度とは関係なく。

(考えをまとめるエネルギーが、今日はない・・・)


関連記事

【再掲】2ステージ制

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/06(木)  20:00
最初に言っておきますが、俺は2ステージ制なんてイヤです。
本質的な良し悪しとかわかりません。巷に溢れる「ダメな理由」が正しいのかどうかもわかりません。わかりませんので、あくまでも「気持ちとして」ということです。

報道によると「集客の回復や新規スポンサーの獲得、地上波テレビ放送の増加などを狙い」とのことですが正直、何が狙いで何が手段なのか、よくわからないんですよね。

リーグを繁栄させたいの?
仮にそうだとして、それって「公益社団法人日本プロサッカーリーグ」の繁栄?
それとも、クラブや企業やサポーターやファンも含めた広い意味でのJリーグの繁栄?
繁栄って、収入を増やすこと? 「幸福」とか「喜び」の追及? 「文化」の醸成?

っていう根源的なところが全然わかんないんです、俺には。
そして多分、誰もわかっていない。そりゃそうです。説明がないんだもの。分かったようなフリをして、推測で反対したり、概念論や観念論に終始するしかない。

個人的には、老害みたいなことは言いたくないなぁ、という気持ちもあるんですよ。
仮に、将来の繁栄と今のコアサポを満足させることが相反するっていう判断があるんだったら、俺ら古株の言うことをハイハイって聞いてるようじゃ逆にまずいわけです。なので、考え抜いた結果が俺らの考えと逆を行くんだったら、それはそれで(少なくとも俺は)「ああそうか」って、納得はできなくても理解はするわけです。
「ラーメン屋を継いで欲しかったけど、サラリーマンになるのか」って。
「かじられるためにあったスネなんだから、まあ捨て石でもいいか」って。(笑)

(笑)なんて書いてますけど、ストレートに言うと「ちゃんと言えよ」って気持ちです。
「わかりやすいから」とか「初心に帰って」とかの理由にならない理由じゃなくってね。
あだっちーに「盛り上がりますね!」とか言わせて終わりじゃなくってね。
100%正しい理屈なのか?とか、100%正しい将来見込みなのか? なんて事はあんまり言うつもりないんです。必ずしも「俺らが納得できる理屈」でなくてもいいんです。きちんとこっちを向いて、合理的な理由を説明してくれよ、と。そういうことなんです。
秋春制、若手育成、クラブの黒字化、国際標準、代表との関係・・・等々、俺らにはわからない山積する課題や選択肢があって、それらをひっくるめてリーグが脳に汗をかいて考えに考え抜いたソリューションの一つが2ステージ制なんだよ、と。

あるんでしょ? 大義が。語るべき理由が。

いや、ないのかなぁ・・・

この件、ワールドカップ予選の裏で開催される6月11、12日のJ1、J2合同実行委員会に諮られるようですが、きちんと説明をすることなく強行突破なんてことになったら、俺はJリーグを・・・落胆とともに、ちょっと軽蔑しちゃいます。
万が一、企画会社の提案のままにこの施策を打ち出しているようなら、浦和の断幕じゃないですけど、それこそ「体は大人、頭脳は子供」っていう逆コナン君状態に呆れるだけなんですけどね。
勿論、俺はJリーグを軽蔑したいわけでも呆れて馬鹿にしたいわけでもないので、そういうことにはならないで欲しいと願い、そのための一つの方策(※)として、微力ながら駄文をここにこうして書き連ねた次第です。

続きを読む

関連記事

この1日で思ったこと

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/05(水)  21:30
「聖地埼スタにゴミを捨てる代表サポは云々、それに比べて浦和は」
みたいなハナシが一部で盛り上がっていたみたいだけど、浦和だってタバコの吸殻だの酒瓶ラッパ飲みだのあるんだからさ、そんなことで優位に立った気分でプライド満足させるのは、どうかしらね?
清掃作業員だって雇ってるんだしさ・・・

「渋谷で騒いでる奴らはサッカーを愛してるわけでもなんでもなく云々」
まあそうだよなと納得が2割、サッカーファンってホント自分たちの流儀と違うものに厳しいよな、との思いが8割。
誰がどう楽しもうが、ましてやその精神構造にまでいちゃもん付けるなよ、と思っちゃうわ。Jリーグ観に来ないで代表でだけ騒いでる人を悪人扱いかよ、って。

「日本のJリーグがさらにレベルアップして活性化していくことが不可欠」
って大仁さんが言ったのは、まあそうなんだけど、これを読んだ時に「活性化のために2ステージ?」とか脊髄反応しちゃって、まあこれは言いがかりレベルかw 
でも、コンフェデのメンバーを見て、帯同するJ1リーガーが前田のみであることを知ると、J1中断は何のため? Jリーグってなんなの? とか思っちゃって正直萎え萎え・・・
(でも、そういう選考をしたザッケローニを批判するのは筋違いだと思うよ)


関連記事

W杯最終予選オーストラリア戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/04(火)  22:30
ドーハだのジョホールバルだのを知っている加齢世代の俺としては、こんなに冷静にワールドカップ出場決定を眺めていていいのか?とも思うわけですが、時代は変わりましたよねぇ・・・(しみじみ)



ニュートラルな感じで観つつ日本を応援していましたが、オーストラリアにとっては全くもってモッタイナイ試合だったのではないでしょうか。
とは言ってもオーストラリアの得点もいわゆる「シュータリング」だったので、まあ引き分けが妥当な結果だったのかな、という気もします。

試合直後の日本の選手の表情が物語っていたようにも思えるのですが、どうも攻撃がオナサイばかりというか、引き出しが少ないというか、いつものメンバーが
「あなたぁ~ん どうするの?」
「うーん疲れてるんだよ・・・」
ってな感じの倦怠期の夫婦みたいな感じで、、、いや実際、本田と岡崎は疲れていたんだろうけど。

別に代表のサッカーにスペクタクル的なモノを俺は求めていない(浦和サポ・ファンがよく浦和のサッカーの方が面白い的な感じで引き合いに出すけど、そもそもアレはアジアのグループリーグを突破できていない・・・)のですが、観ていて面白いかどうかは別にしても、メンバー的にもリフレッシュするところはリフレッシュしていいんじゃないかなぁ、などと思うわけです。
まあ、「誰それ使って欲しい」って意見ほど無責任なものはないのですけどねw

でもでも、Jリーグにも今の4231に当てはまる良い選手、いると思うんだけどなぁ。

ていうか、Jリーグで、うおおおおおって騒ぎたいわぁ・・・


関連記事

絶対に負けられないとまでは言えない戦いが、そこにはある

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/03(月)  22:30
散々既出だとは思うんですが、一応、W杯の出場条件をおさらい。

20130603.png

残試合
6月4日 オマーンxイラク    日本xオーストラリア
6月11日 イラクx日本      オーストラリアxヨルダン
6月18日 オーストラリアxイラク ヨルダンxオマーン


  • ヨルダンは残り2試合連勝で勝ち点13で日本と並ぶ可能性がある。
    • オーストラリアはヨルダン戦を残しているので残り3試合で最大2勝=勝ち点12までしか伸ばせず、この場合にオーストラリア戦を残しているイラクも残り3試合で最大2勝=勝ち点11なので日本の上には行けない。
      →日本とヨルダンが1位、2位となる。
    • イラクが3連勝すると勝ち点14の可能性があるが、この場合はイラク戦を残しているオーストラリアがやっぱり残り3試合で最大2勝=勝ち点12が限度。
      →イラクが勝ち点14で1位、日本とヨルダンが勝ち点13で2位、3位となり得失点差の争いとなる。得失点差は日本が+10、ヨルダンが-6。日本が0-4,0-4、ヨルダンが4-0,4-0でようやく追い付くが、現実的ではない。

  • オーストラリアは3連勝すると勝ち点15で日本の上を行く。
    →ヨルダンは最大10、イラクは最大11で日本に追いつけず、オーストラリアと日本が1位、2位となる。
  • オーストラリアが2勝1分けだと勝ち点13で日本と並ぶ可能性がある。
    →引き分けの相手がヨルダンならヨルダン、イラクとも最大勝ち点11で日本に追いつけない。
    →引き分けの相手がイラクだとヨルダン10、イラク11が最大でやはり日本に追いつけない。

  • イラクが3連勝すると勝ち点14で日本の上を行く。
    →イラク戦を残しているオーストラリアは最大12なので日本の上には行けない。
    →ヨルダンが同時に勝ち点13で日本と並ぶ可能性があるが、その場合は日本との得失点差が以下同文

  • オマーンは最大12なので日本に並ぶ可能性はない。


まとめると、
日本が2連敗(確率1/9)かつ
ヨルダンが2連勝(確率1/9)かつ
イラクが3連勝(確率1/27)かつ
ヨルダンとの得失点差16が2試合でひっくり返る

という事態にならないとプレーオフに回ることすらできません。
ん? 厳密には日本の連敗とイラクの連勝は確率的にカブってるのかな? 馬鹿な文系だからわかんないやw

どう頑張っても出場を逃すことは難しい!
ということを念頭に入れて、まあビールでも飲みながらテレビ見ましょうかね


関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。