ワールドカップ(まだまだあるでよ)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/30(木)  21:47

素晴らしいプレーの数々
ようござんした
関連記事

ワールドカップなう

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/30(木)  19:31

がんばれー
関連記事

浦和2-0清水

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/25(土)  20:00
本日、たった今から
青は「勝利」の色!






ただしオヒサルの中の人は減給な

オヒサル真面目に仕事しろ とか言ってたらPKゲット... on Twitpic オヒサルの中の人は減給していいレベル!!! on Twitpic


関連記事

夏の山サイクリング(3)

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/24(金)  20:00
勢い余って、日本国道最高地点の渋峠までノコノコ出かけてきました。


群馬の山並みを目で楽しみながら長野原まで車で行き、そこからスタート。普通は旧志賀草津道路を草津に向かって直登するわけですが、ヘタレな俺は傾斜のなだらかな、そして行き交う車も自転車もない、花敷温泉経由の登坂ルートを選択します。小休止を1回、2回、3回・・・33km走って高度を600m稼いで標高1,270m地点の志賀草津道路に合流。そこで4回目の休息ののち、本格的な登坂開始。

志賀草津道路は整備された観光道路とは言っても路肩が狭い部分もあり、左ヘアピンでは死角になることもあって後続車には気を使います。殺生河原は鼻呼吸禁止。
そして1,790m地点でまた休息。真っ青な空。森林限界を超えた山肌。苦しんで登ってきた道、登ろうとする道が全部見えて、景色がなんかツールみたいで、なんか辛いのに嬉しくなっちゃって・・・w

この景色の向こうに湯釜があり、さらに見えない高みに渋峠があります。
P1000137x.jpg

1,890mの右ヘアピンで6回目の休み。ほぼ限界。が、ここから先は傾斜が緩くなり、万座への分岐と山田峠で束の間のダウンヒルを楽しんで、4時間以上かけて(遅い!)遂に標高2,172m地点に到達です。グロッキー!

写真を撮ってもらったお姉さんには「埼玉からですか~?」と訊かれちゃった><
P1000135.jpg

群馬/長野県境に立つ渋峠ホテルでカレーを食い、水を補給し、日時・シリアルナンバー付きの「日本国道最高地点到達証明」をゲットして・・・

予定では長野側に5kmほど降りて北側の登りも堪能する予定でしたが、メシ食ったら人心地ついちゃったし、いい思い出がつらい思い出になってもアレなんで、絶景を堪能しつつ、途中で写真撮ったり(携帯じゃ駄目だねw)温泉まんじゅう買ったりしながら、復路は1時間ちょっとでさっくり下りてきました。

天気に恵まれた、本当によい1日でした。

関連記事

夏の山サイクリング(2)

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/22(水)  20:00
金山志賀坂林道を走ってみました。いわゆる「ニッチツ」の道ですね。


横瀬の某所からスタート。秩父の街の中にはめんまちゃんがあちこちにいて和みます。R299も東電の施設があるあたりまでは快走路です。そこから先は道が細くなり、志賀坂峠は5%強の傾斜が5kmほど。志賀坂トンネルをくぐって群馬側に下りたくなるのですが、貧脚はここで我慢して予定通り金山志賀坂林道へ。

林道ですから道は荒れています。林業や林道整備の人が作業をしているので、そこはもう「スミマセーン・・・」と頭を下げて通させて頂くしかありません。
木が切られているのでつづら折りが見えるのが気持ちを萎えさせます。(左下から登って手前の道を奥から来て、写真の背後を右に巻いて左へ登り、右へ登り、左へ登り・・・雲の中に消えていく)
2012081109310000.jpg

標高1,200mの八丁トンネルまで来れば、あとは下り。(写真は北側。南側は中から白い霧がモワ~と出ていて不気味)
2012081110000000.jpg

ニッチツや、真っ暗で怖い素掘りの雁掛トンネルをくぐり・・・そこでチューブが大音響とともに破裂! ここからが本日のメインイベントorz 以下は翌日のツイッターから。

昨日のパンク。サイドがザックリ。こうなるとチューブを替えてもダメ。... on Twitpic昨日のパンク。サイドがザックリ。こうなるとチューブを替えてもダメ。

そこで破断したチューブをちぎり、替えたチューブとの間に噛ます。が、これだけではチューブがはみ出てきた(危うく2本目のパンク... on Twitpicそこで破断したチューブをちぎり、替えたチューブとの間に噛ます。が、これだけではチューブがはみ出てきた(危うく2本目のパンク)ので、チューブ切れ端+パッチで固定+チューブ切れ端、とする。(これは家に帰ってきてからの写真)

これでもチューブが中から飛び出しそうになったので、思案した揚句、携帯を背中に入れるためのジップロックを引き裂いて、畳んで、... on Twitpicこれでもチューブが中から飛び出しそうになったので、思案した揚句、携帯を背中に入れるためのジップロックを引き裂いて、畳んで、チューブとタイヤの間に入れる。

空気圧を上げるとこんな風にタイヤが膨らんでしまうので、3気圧くらいしか入れられず、段差ではリム打ちが怖かったが、この状態で... on Twitpic空気圧を上げるとこんな風にタイヤが膨らんでしまうので、3気圧くらいしか入れられず、段差ではリム打ちが怖かったが、この状態で40kmほど走る。戻って来たらタイヤがネットリしそうなくらい熱かった。

自転車遊びはなんだかんだ人を逞しくさせますなw
(ちなみにバースト対策としては、ガムテープを何かに巻きつけて持参する、お札を使う、などがあるとフォロワーさんに教えて頂きました)


関連記事

夏の山サイクリング(1)

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/20(月)  20:00
今年の夏も暑い平地を避けて山に行っています。
貧脚なんで、100km前後の距離を、這うような速度で・・・(^_^;)

武甲山周回(有馬峠)


有馬の観光釣り場から先、斜度10%が6kmほど続きます。俺にはキツすぎでした。ダメージでかかったです。
荒れた路面と落石にも要注意です。見晴らしもあまりよくありませんが、それでも、ピークの有馬峠から登り口の有馬ダムを見下ろすと達成感はあります。
2012071412000000.jpg

下りの寄国土トンネルでこんなものに出会ってギョッとする。(これは南側。北側はもっとすごいデザインらしい。振り返らなかったのが返す返すも残念)
2012071412370000.jpg

トンネルは都合4本ありましたが、前日の雨の影響か中は水浸し。体中が泥だらけになり、結膜炎になりましたorz

その後、秩父でコンビニ飯を食ってR299から山伏峠経由でデポ地の豊水橋にリターン。北側から登る山伏峠は、先行の女性ライダーが100メートル離れていても聴こえるような大声で
んはぁっ ひぎぃ~ もうだめしぬ~ あぎゃぁぁぁあああっっ
ってわめいていて、抜かしていいものかどうか凄く迷った以外は短く平凡な坂でした。


関連記事

ワールドカップなう

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/19(日)  14:41

カテ3ヤバい日陰ない><
関連記事

鹿島戦@埼スタ

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/18(土)  18:45

オフサイドは見逃しまへんで~
関連記事

ブエルタ2012プレビュー

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/17(金)  22:00
今年最後のグランツール、ブエルタ・ア・エスパーニャが18日から始まります。

例年、コース設定がドSMなブエルタ。今年は全21ステージ中10ステージが頂上ゴールとのことで、激っ速のプロがヨレヨレと登っていく姿を観て喜ぶというドSMなロードレースファンの期待を裏切らないシチュエーションが用意されました。(まあ、実際に15%とか体験すると、それでも登っていく選手を観て笑うなんて絶対できないンすけどね)

山岳ステージだらけなので見所を絞りようがないのですが、
従来の道に最大勾配25%の坂を付加した9/3(月)
下り上り往復+セメント路面の激坂ゴールの9/8(土)
あたりが一級品です。猟奇的な意味で。

・・・が、ブエルタはだいたい現地17時半から18時頃(日本時間0時半から1時頃)のゴールタイムなので、ちょっと時間が遅いんだなこれが・・・(たまに予定より全然早くゴールしちゃうこともあるんだけど)
オリンピック観戦疲れ、夏休み疲れに加え、来週からは仕事疲れ+土日の自転車疲れで三重苦、四重苦では、早寝のオヤジはスルーせざるを得ないかしら。(疲)

ブエルタ・ア・エスパーニャ2012コース紹介・第1ステージ〜第11ステージ
ブエルタ・ア・エスパーニャ2012コース紹介・第12ステージ〜第21ステージ
J SPORTSでの放送予定

関連記事

ロンドンオリンピックまとめ

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/14(火)  12:00
所感を徒然なるままに。
  • 大会前にJOCが「金メダルの数で5位(15個程度)が目標」てなことを発表していたけど、そういうのは4年前に言うべきことで、直前に言うのは「予想」とか「皮算用」と呼ぶのでは・・・?(不勉強故、JOCって何やってるのか実態が良くわからない・・・)

  • 結果は金銀銅合わせて史上最多。いわゆるスポーツ大国と比べて大したスポーツ予算も付けてない国なのに、こんだけ色んな競技でまんべんなく上位に入ってくるなんて、大したもんだと思います。いやホント。(予算の多寡と目的は別の話として)

  • 大会期間中、たぶん1日も欠かさずメダル獲得。毎日毎日いい気分にさせてくれた選手(含む外国人スタッフ)に感謝。そしてメダルは別にして、出場した選手が「やりきった」と思える大会であればいいなぁ、と思います。

  • ネット中継万歳。乗馬と自転車全般はほとんどネットで観戦。アメリカでは全競技がネット中継されたらしいが、日本も4年後にはそうなるのかな。なるといいな。でも民放が邪魔するんだろうな。(今回、民放は1秒も見ず。スポーツに芸能人はいらんよ・・・)

  • 全力で、国名の前に「バ」を付けたがる国がある。「大人の対応」をして反省したためしがないよね、、、(勿論、ここでの論点は所有権ではなく「五輪の場で馬鹿な事をするな!」の一点に絞るのが正論なのではあろうが・・・)

  • 開会式、閉会式でのイギリスの「音楽力」に溜息。日本だと初音ミクに歌わせ、「アニメ力」「萌え力」「オタク力」などを前面に押し出すのだろうか。小林幸子が自らを巨大聖火台としてデコレートするのだろうか、などと妄想。(でも意外と嫌じゃない自分)

関連記事

ロンドン五輪女子アメリカ戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/10(金)  06:40
カナダの選手も、日本の選手も、アメリカの選手も、凄くいい笑顔で、朝からとてもいい気分です。

優勝狙うって公言しながら決勝まで進んだことで、決勝の結果如何に関わらず、この冒険は成功だと思います。「惜しくも銀」ではなく「見事な銀」と感じます。

銀メダルおめでとう!


関連記事

ロンドン五輪女子ブラジル戦/男子エジプト戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/08/04(土)  22:30
ブラジルの監督からアンチフットボール認定頂いちゃったらしいですねw

確かにブラジルの低い位置からのドリドリは威力があったし、サイドからのミドルレンジのクロスから決定機も作られたけど、崩されたかというとそんな感じもなく、むしろ相手の守備をバタバタさせたのは先制点の前の10分間ぐらい、人数を掛けて左右に選手が飛び込んで行った日本の方のような気も。要するに、完勝。
まあ、クロスを入れて頭に合わせるのが、なんとかワロスみたいな名前の監督さんの考えるスペクタクルフットボールというのなら、まあいいんじゃね?

そもそもワールドカップでも「格上」として優勝したわけでもない、相手が厳しければ厳しいなりに凌いでいくのが女子代表のスタイルだと思うんで、次のフランス戦でもまた苦しみながら逞しく進んでくれたらいいな。




開始直後の清武ドフリーヘッドに始まりブギーゴール→負傷退場までの15分と、そのあとの流れのあまりの変わりっぷりに、最終予選が終わってからほとんどこのチームの試合を見ていない俺は

ああ、「戦術はブギー」なのね、これはヤバいわ\(◎o◎)/!

と思ってしまい、それはあながち間違いでもないと思うんだけど、守勢に回っているときも決定機はほとんど(全然?)与えなかったし、エジプトの守備ラインのスピードの無さは、日本のアタッカーにとっては与し易かったのかなーとも思います。
まあ、あの一発レッドはちょっと厳しかったと思うけどなー・・・

というわけで

頑張れ、関塚以外ジャパン


関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ