対戦成績から探る最終予選プレビュー

日本代表 ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/31(木)  20:00
またつまらん数字を調べてしまった。

この表は、各国の過去の対戦成績を一覧でまとめたものです。(参考:FIFA.com
※クリックすると拡大します

※クリックすると拡大します

こうしてみると、(あくまでも現在の力を無視すれば)最も有力なのが勝利5割以上のイラク、次いで豪州、引き分けが多い日本は数字上は三番手ということになります。ヨルダンは及ばず、オマーンはノーチャンスに思えます。
なので日本としては、「やっちゃった」ということがなければ、最終予選で消えてしまう(=4位以下)ということは考えにくい。最悪でもプレーオフは大丈夫ではないかと思います。

イラク・豪州・日本の力関係でいうと、イラク・日本の両方に勝ち越している豪州が強く、逆に、イラク・豪州に負け越している日本が弱いようにも見えてしまいます。しかし、これはもうほとんど誤差のような違いでしかありません。過去の数字は五分と言っても差し支えないでしょう。
しかし五分と言っても、いやらしいことに、ダークホース以上の存在にはならないであろうヨルダンとも引き分けばかりの五分。(=3分は、1勝1分1敗より悪い)
勝ち越しているのはオマーン戦だけ。そのオマーン相手には負けたことがない。
というのが過去の結果です。

さて、勝ち抜けラインですが、今回と同条件(5か国H&A、2位まで本大会3位がプレーオフ行き)で戦われた前回大会の予選では、
グループA:20,15,10,6,4
グループB:16,12,12,11,1
という結果が残っています。
これを踏まえると、例えば豪州・イラク相手には1勝2分1敗で凌ぎ、ヨルダン・オマーンからは2勝2分、合計勝ち点13あたりでイケる気もしますが、どうでしょう?
(豪州・イラクも同じ事を思ってってるんだろうな)

関連記事

新監督の3カ月(続)

浦和ライフ ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/29(火)  20:00
昨年まとめたエントリーの続編です。

歴代監督の、就任から3カ月・・・3,4,5月の成績(シーズン途中就任の場合は、そのタイミングから3カ月)を引っ張り出してみた。(なので試合数はそれぞれ違う)
昔のJにあった延長は引き分けに修正してあります。最後の数字は1試合平均の勝ち点(これも現行基準換算)です。

森    ●○○○●●○○○        13試合 6勝 .462 (1.69)
横山   ●●●●●○○●●●●○○    17試合 4勝 .235 (0.94)
オジェ  ●○●●●○●     16試合 3勝 .188 (1.00)
ケッペル ○○●○●○●○●●●     16試合 5勝 .313 (1.25)
原    ○○●●○○○●○      15試合 8勝 .533 (1.87)
アデモス ○●●○○         12試合 3勝 .250 (1.25)
斎藤   ○○○○○●○○○●○○○○      15試合12勝 .800 (2.47)(J2)
横山   ○○○●          11試合 6勝 .545 (2.00)(J2)
チッタ  ●○●○●○●●○●         12試合 4勝 .333 (1.17)
ピッタ  ●●●○         12試合 3勝 .250 (1.25)
オフト  ●●●○○○○●        13試合 5勝 .385 (1.46)
ギド   ○●●○●○●○○○○       14試合 7勝 .500 (1.71)
オジェ  ●○○○○○● 20試合 8勝 .400 (1.70)
ゲルト  ●○○○○○○○○●●●     16試合 8勝 .500 (1.75)
フィンケ ●○●○○○○○○○●○    17試合 9勝 .529 (1.88)
ゼペトロ ●○●●●●○       14試合 3勝 .214 (1.07)
堀    ○●●○○●○●             9試合 4勝 .444 (1.44)
ミペトロ ●○○○●○○●●○●○○    17試合 8勝 .471 (1.65) ←New!

  • 森(9~12月)・・・好不調の波激しい
  • 横山・・・ひたすら負けたが、3カ月後にはやや良化の兆し
  • オジェック1回目・・・なかなか上昇気流には乗らず(90分換算では)
  • ケッペル・・・財産を食い潰すように悪化
  • 原・・・安定。緩やかな上昇線
  • アデモス(7~9月)・・・最悪期は脱したものの勝ち切れず
  • 斎藤・・・J2では無双で絶好調!(ただしこのあと急降下して解任)
  • 横山(10~12月)・・・尻あがり
  • チッタ・・・3カ月では全く安定せず夏場に逃走
  • ピッタ(9~11月)・・・最初は勝てなかったが徐々に好転
  • オフト・・・最悪のスタートから徐々に立て直す
  • ギド・・・不安定なスタートだが試合を重ねるごとに安定
  • オジェック2回目・・・降下したというほどでもないが徐々に勝ち切れなく
  • ゲルト・・・勝ちリズムに乗ったかと思いきや急降下
  • フィンケ・・・スロースタートから一転上昇も、のち停滞
  • ゼペトロ(3~6月)・・・意外にもオジェ1回目より良く、負けは減少傾向
  • 堀(10~12月)・・・一進一退も、降格危機のチームとしては及第点
  • ミペトロ・・・一時的に停滞の兆しあるも、着実な戦績を残す ←New!
去年のエントリーでは、1試合勝ち点1ペース(今なら降格騒ぎ)から持ち直したオジェック1回目や、後に没落した斎藤カズオ氏を思い起こしつつ、ゼ・ペトロの現状を念頭に入れながら「1試合の結果で一喜一憂しても始まらん」と書きました。その考えは今も変わっていません。

関連記事

FC東京戦

浦和ライフ ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/27(日)  11:00
「悔しいけどいい試合だった」

「いい試合だったけど悔しい」




人によって感じ方に微妙な差はあるだろうけど、サッカーファンとしては、観終わった後に「ほーっ=3」とため息をつくような、いいものを見たわー・・・という思いです。

一晩経っても反芻できますねw



現地の雰囲気に浸っていれば、さらにそれ以上の感動や心の起伏があったかと思いますが、自分は残念ながら所詮テレビ観戦なんで、これ以上のことは書けません。
(書いても陳腐になるだけだ)


選手、スタッフ、審判、現地に行かれたファン、サポーターの皆様。お疲れ様でした。
そしてありがとうございました。


関連記事

鳥栖

サッカー全般 ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/25(金)  21:30
J1昇格初年度。

アウェイで2-0から引っくり返されての敗戦。

その翌週、アウェイで0-2から引っくり返しての勝利。

しかもラストプレー。



サッカーってスゲェスポーツだよなぁ。

こんな試合に現地で立ち会ったら、120%泣くよなぁ。

サポーターに語り継がれる、鳥栖のクラブ史に残る試合になるんじゃないかなぁ・・・



旨い酒を飲んでくれ。


関連記事

痩せない>< (心拍的考察)

自転車とトレーニング ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/24(木)  20:00
この1カ月で自転車に900km以上乗っている(言うまでもなく俺史上最高ペース)のに、全く痩せない。
食事に理由を求めて「食べ過ぎだよね」という結論を出すのはイヤなので(w)心拍トレーニングの見地でグラフを眺めてみた。

一般的に、脂肪燃焼効果が高い心拍ゾーンはだいたい最大心拍の70%程度まで。(それ以上は筋肉からエネルギーを取り出してしまうらしい)
俺の場合は、安静時心拍が(計ったのは随分前なので本当のところはわからないけれど)たぶん45とかそのぐらい。最大心拍は(実走で180近いということは限界はその先にあるはずなので)たぶん185くらいと仮定すると、70%というのは143とか、そのくらいの数字になります。痩せたきゃ143を上限にしろ、ってことです。

で、実際どうだったかというと・・・

5月1日(205km)

ど平坦なのに、ほとんどの時間帯を140以上で走っています。160超えてるような時間帯は向かい風が強かったからわからないでもないけど。なんでこんなにドキドキしながら走ってんだ?って感じ。(我ながら意外)

5月12日(125km)
hr20120512.jpg
お、結構いい感じで前半は「痩せる心拍」になってるw
中盤の超向かい風区間で越えてるけど、その後の追い風で緩やかに下がって・・・終盤は追い風に乗じてペースアップを図って心拍再上昇。こういう調子乗り走りはダメです。

5月19日(135km)
hr20120519.jpg
序盤はOK、中盤の登りで順調に上がってます。登りでは痩せられないのか?w
下りで回復した後の後半も向かい風基調でちょっと高め。140が上限というより下限という感じです。それなりに安定してるんだけどさ・・・

そんなに頑張ってガシガシ走ったという感覚はありません。
逆に言うと、俺の実力では、心拍70%縛りだとカタツムリ走法になってしまうということがわかりました・゚・(ノД`)・゚・。


関連記事

アゼルバイジャン戦

日本代表 ] TB:1 | CM:1 | 編集  2012/05/23(水)  21:20
どうもマンネリ化してる気がします。

宮市とか酒井とか高橋とか、新しいメンバーを入れることでマンネリを打破しようとしているのでしょうか。

見ている方は、サッカーと関係ないところでフレッシュな発見がありました。
  • 本田、酒井、伊野波、長友、川島あたりが並ぶと、類人猿だなーと実感しました
  • 宮市はホモにモテそうだということで夫婦の意見が一致しました



関連記事

アフシン・ゴトビの発言

浦和ライフ ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/20(日)  20:30
Ghotbi.jpg「浦和のようなプレーをして勝つよりも、清水のような戦い方をして負ける方がいいと思っている」
「ファンというのはホームで11人で守ってカウンターを狙うよりも、我々のような攻撃的なサッカーを見たいと思う」

J's GOALより)

この発言が色々と話題になってますね。
まあ、浦和ファン・サポとしては反応したくなるコメントではあるよね。

でもねぇ、あれは浦和をディスるというより自分とこの選手に向かって言ってるとしか自分には思えないので、負け犬の遠吠え乙とか、清水はそもそもシュートも撃ててないじゃんギャハハとか、そういう返しは意味ないというか的外れだとも思うんだよね。
ひとつのサッカースタイルを追求している過程、それがうまく発揮できない試合があった時に、選手に迷いや揺るぎや綻びを生じさせない、自信を喪失させないために、そのコメントが選手の目にも入るだろうという計算のもとに発言しているのでは?
(勿論これは自分の想像ですが)

少なくとも、去年の浦和の監督の同種のコメントとは全く違う(^_^;)

ましてや、ゴトビ以外(主に、一部のスポーツマスコミ及び清水ファンによるもの)から上がっている「浦和は守備的」という批判に至っては、ゴトビがそう言ったから乗っかってるだけで、アンチフットボール批判的なことを言うとカッコイイというだけの空虚な批判が大半、ゴトビが言わなきゃ気がつかなかったでしょw という感じだし、そんなのを相手して批判に批判で返すのもツマラナイと思いますけど、どうでしょ?

そもそも、守備的とか攻撃的とか、パスをつなぐかカウンターか、どちらが偉いというものでもない。二者択一みたいなモノの見方はツマランと思うけどな。
(それは我々の側にも言えることだけどね)


関連記事

ベスメン規定@川崎戦

浦和ライフ ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/13(日)  21:00
Jリーグ規約第42条に関する前回エントリー

というわけで、4月のセレッソ戦で話題になったベスメン規定ですが、来る水曜日の川崎戦でのベスメン対象は誰か、というハナシです。

まずは、おさらい。ベスメン条件は以下3点。
  • 【条件1】リーグ戦7節~11節の先発出場選手
  • 【条件2】去年または今年、A代表・U-23代表の公式戦に選出
  • 【条件3】外国籍選手
そうすると、リーグ3節の先発によってセレッソ戦で対象だった矢島が消え、代わりに10節で先発を果たした野田が入ってきます。が、大勢に変わりはなし。以下から6名の先発起用が条件。
【条件1】加藤,坪井,永田,槙野,平川,啓太,阿部,梅崎,柏木,原口,野田,ポポ,マルシオ
【条件2】直輝,濱田
【条件3】スピラ,ランコ

たとえば、先日の水戸とのトレーニングマッチのメンバーをベースにして、山岸,濱田,暢久,スピラ,峻鬼,野田,啓太,小島,セル,元気,ランコみたいなメンバー構成でもイケる。(下線付き=ベスメン)

×  ×  ×

それにしても、ここ5試合の先発が13人しかいないという事実には改めてビックリ。故障の梅崎、ポポの代わりに野田、元気が出場したというだけ。
例年の出場傾向を掴まずに感想を呟くと、替えの利かない特殊なサッカーをやってるんだろうなぁ、という気がしないでもないのだけれど・・・。


関連記事

速報!コジマがヤマダを吸収!

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/05/11(金)  19:40
kako-4Wy7OVNVjYWGXknI.jpg
関連記事

GARMIN Edge500 コース機能の弱点(?)

自転車とトレーニング ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/10(木)  20:00
Edge500を所有している人/所有しようとしている人のためのエントリーです。

コース機能はあたかもナビの如く振る舞ってくれる有難い機能なわけですが、往復コースの帰路で「You are off course.」連発になるという事象が発生しました。
最初にお断りしておきますが、再検証していないので再現性は不明です。また、既知の話であったならスミマセン。

具体的には、下記のコースをルートラボから取り込んで実走した際の発生事象です。

往路は快調にナビっていましたが、折り返し地点で設定ルートを微妙に外れてしまったせいか、帰路(地図の「」部分)でコースオフとコース再発見を繰り返しました。コース再発見時には残り距離がどんどん増えていったので、再発見したのはことごとく既にクリアした往路のルートだったようです。かといって逆走ナビを続けてくれるわけでもなく、数秒ですぐにコースオフ・・・。なぜ帰路のルートを普通になぞってくれなかったのか・・・?
もっとも、ルートと自車は表示されているので、実際に迷うことはないわけですが。

往路と帰路の設定ルートが分かれたところ(地図の「」部分)でナビは正常に復帰。その後は往路と同ルートでも正しく帰路のナビをしてくれました。

ところが、いったん帰路の設定ルートを離れてコースオフし再び合流(地図の「」部分、事前設定は往路と帰路が同じコース)すると、再びコースオフとコース再発見の繰り返し。逆走状態に逆戻りです。このばかちんがw



もしこれが往復コースでの普通の症状であるならば、この症状を避けるには、往路と帰路でコースデータを分けるか、折り返し地点は純粋なUターンではなく輪を描くルート設定にする・・・とかが有効なのかもしれません。
関連記事

GARMIN Edge500導入

自転車とトレーニング ] TB:1 | CM:1 | 編集  2012/05/08(火)  20:00
自転車野郎どもに絶大なる支持を得ているGARMIN社のGPSサイコン「Edge500」を導入しました。

2012050413340000.jpg事の発端は、長年愛用していたCATEYE社のCC-CD300DWというサイコンの破損。経年劣化でブラケットに嵌める部分がポッキリ逝ってしまわれて、輪ゴムでブラケットに留める状態に。本体はまだまだ元気だったのですが、5年以上は使っているはずで、もう引退されても良い頃かと思いまして・・・
ちなみに手元にはもう一つ、以前衝動買いしたCC-TR300TWというのも持っているのですが、こやつは色々と不満があり、お蔵入りしたままです。
(そこんところは話が長くなるので割愛)

で、それなりに候補を調べつつ、ほとんど決め打ちでEdge500。後で考えたら、ブラケット自体を輪ゴムでハンドルに留めるサイコンですね、これw
言語については迷わず英語版をチョイス。ネット上に色んな方のノウハウが公開されているので、英語版でも不安要素はほとんどありません。

発注して2週間ほどでキタ━(゚∀゚)━!!   ・・・(゚Д゚)ハァ?

557169885.jpg

今まで引っかかったことはないのですが、今回は関税がズドンと命中しました。が、実はGPSは関税対象ではないのですね。一緒に買ったジャージが引っかかるのです。そして同時に消費税がかかる。と、そういうことのようです。
国際郵便物課税通知書によると、関税200円、消費税+地方消費税700円の納付。それに通関料200円で、合計1,100円が購入代金に加えて余分にかかりました。Edge500だけなら消費税600円+通関料200円だったのかな?

kako-q8lnf1k8cXDg1HGq.jpg

税金はムツカシイネ・・・
関連記事

ジロ2012プレビュー

プロロードレース ] TB:1 | CM:0 | 編集  2012/05/05(土)  10:00
えげつない登りと下りが魅力のジロ・デ・イタリアの季節が今年もやってまいりました。
今夜の個人TTを皮切りに、27日まで3週間21ステージ。個人TT2回、チームTT1回、山岳ステージが11回(難易度低6、高5)です。

「えげつなさが魅力」といいつつ、近年のジロは未舗装のダウンヒルなど「やり過ぎ」と思えるようなところもあったわけですが、今年は普通の(?)コース。それでも、クライマー向けのステージレースということに変わりはありません。サーカスのようなステージがなくても、ツールほど観光道路っぽくなく、ブエルタのような寂寞とした赤土でもなく、秩父あたりにもありそうな鬱蒼とした林道のような九十九折の登りと大迫力の高速ダウンヒルは、とっても魅力的です。

後半に長い登り→下り→登りの14ステージ(5/19)、猛烈な下りゴールの17ステージ(5/23)、標高2,757メートルでの頂上ゴールの20ステージ(5/26)などは必見。
だいたい日本時間で0時前後のゴールになります。さほど夜更かし度がキツくないので、レース終盤の勝負ステージは是非観たいものです。

[シクロワイアード] ジロ・デ・イタリア2012コース紹介・前編 第1〜第11ステージ
[シクロワイアード] ジロ・デ・イタリア2012コース紹介・後編 第12〜第21ステージ
[J-SPORTS] 大会スケジュールとテレビ放映予定
関連記事

横浜戦(試合後)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/05/03(木)  23:30
試合が終わって

酔っ払って

一晩寝たら

新しい1日が始まる!



考えてもみたまえ。敗戦のあとの酒が「絶望酒」になっていないだけでも我々は前進しているのだよ。

ぜつぼうざけ

なんて嫌な響きだったことか!




1歩下がったら2歩進めばいいのだ!


関連記事

横浜戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/05/03(木)  18:49

雨も上がった。よい試合になりますように
関連記事

200km走れたー!

自転車とトレーニング ] TB:0 | CM:0 | 編集  2012/05/02(水)  18:00
温めていた計画を、この連休に実行に移しました。「計画」というのは、1日200km走にチャレンジする、ということです。
自転車の世界では「100km」「100mile」といった目安(素人にとっては、長距離の壁)がありますが、200kmというのはブルベというロングライドイベントの最低距離で、まあここからが長距離認定してもいいのではないか、と個人的に思っている距離です。

荒川江戸川利根川を繋げたお手軽周回コースなんてのも考えたのですが、走り慣れた知ってる道だと最後の方で絶対にダレる(飽きる)ので、コース選定には先人の知恵をお借りしました。具体的には、埼玉のブルベ団体の「アタック霞ヶ浦200」という川口⇔霞ヶ浦往復200kmコースの、川口発着部分を自宅(七里)発着にカスタマイズして、あとはそのまま借用です。
自宅バレしたくないんでコースの生ログ掲載は控えますが、こんな感じのコース。

20120501_1.jpg

決行は昨日。
07:30/ 0.0km 出発。
10:10/ 61.7km ローソンつくば高野店。グレープフルーツ味のエナジージェル。
12:25/105.1km 霞ヶ浦大橋で折り返し、保崎公園。豆大福と缶アイスココア。
そうは見えないけど霞ヶ浦なう。水族館って書いてあるけどとてもそうは見えない。家から100キロ。てことは100キロ走んないと... on Twitpic

14:10/135.6km ミニストップつくば栗原店。カップヌードルと南高梅のおにぎり。
15:50/163.3km ミニストップ水海道坂手町店。アイスカフェオレとみかんゼリー。
17:53/204.1km 自宅到着。
俺乙<br /> on Twitpic

天候は晴れ→曇り。5分ほどの雨に4回遭遇。(1回は土砂降り)
意図的な休憩は上記4回合わせて1時間20分ほど。
ドアtoドアのグロス所要時間は10時間22分。
信号待ちなどを除いたバイクが動いているネット所要時間は8時間15分。
上記以外に水を1.5㍑。消費カロリーは3,931kcal。
渡った主な川は元荒川、大落古利根川、中川、江戸川、利根川、鬼怒川、小貝川、桜川・・・こんなもんかな?

きちんと休憩を取れば意外と行けるもんだなぁ、というのが実感。(もっとも、夜は体のあちこちが痛くて疼いて、熟睡できませんでしたが・・・)
足を止めずにすむコース設定の恩恵も大きいはずで、公開されているノウハウの有難さに改めて感謝です。

それと、今回は半月前に導入したGARMINのEdge500のバーチャルパートナー機能をナビ代わりに使いましたが、これはいい! 地図を見る面倒さ、ミスコースの不安が全くありませんでした。
この機能はナビそのものではない(リルートしないし、そもそも地図がない)ので思い付きでどこにでも行くというわけにはいきませんが、見知らぬ土地で、コースを事前に設定しておくことができる(=今回のようなケース)のなら、必要にして充分以上です。
(ちょっと弱点も見つけたのですが、それはまた別のエントリーで)

とりあえず俺乙。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ