スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

King Crimson 1974.06.24 Massey Hall, Toronto, Ontario

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/30(金)  11:50
kc197406241974年6月24日 トロント/マッセイ・ホール

1) Larks' Tongues in Aspic (Part II)
2) Lament
3) Exiles

4) Improv (The Golden Walnut)
5) The Night Watch
6) Fracture
7) Improv (Clueless and Slightly Slack)
8) Easy Money
9) Starless
10) 21st Century Schizoid Man


最後の北米ツアーもいよいよ終盤。相変わらずリズム隊が暴走する傾向にはあるものの、デヴィッド・クロスがうまくハマったときの演奏の破壊力は半端なく、伝説的なインプロを次々と生み出していきます。

ツアー終盤の典型的なセットリスト("LTiA2"で始まり"Schizoid Man"で締めくくる)が展開される6月24日のトロント公演は多数のブートレッグが存在しますが、オフィシャル音源としては92年にリリースされた4枚組ボックスセット"The Great Deceiver"の中の4曲のみ。ここではその4曲を紹介しますが、かなり長めのインプロ2曲を含む超絶な演奏が展開されています。完全版の公開が待たれるところですが、それは、たぶんフリップが金に困ったときなんだろうな・・・。

2011/12/30追記 フリップが金に困ったのかどうかは定かではありませんが、2011年に完全版がCDでのみリリースされています。赤文字の曲が追加分。レビューも追加しています。

蛇足ですが、これだけの凄い演奏をしておきながら、客からは「宮殿」を催促されるあたりは忸怩たる思いがあったのかもしれませんね・・・。


続きを読む

関連記事
スポンサーサイト

King Crimson 1974.04.01, Stadthalle, Kassel

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/28(水)  11:50
1974年4月1日 カッセル/シュタットハッレ

1) The Great Deceiver
2) Improv
~3) Doctor Diamond
4) Improv
~5) Exiles
6) The Night Watch
7) Lament
8) Starless
9) Improv
10) Easy Money
~11) Fracture


152回目のライブ。前日とほぼ同様のセットリスト、インプロも同様のもの。デヴィッド・クロスの影の薄さやリズム隊の骨太感も含めて、目新しいものはない。
それにしてもこの日の演奏では、前日の不調が嘘のように、ジョン・ウェットンのヴォーカルが素晴らしい。


続きを読む

関連記事

2011年シーズン終了

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/24(土)  18:00
暖かく見守る人
激しく応援する人
冷ややかに見つめる人

勝って欲しいと願う人
勝たせるために何かをする人
勝てと一方的に要求する人
こんな内容じゃ勝ってもしょうがないと思う人
むしろ負けちまえと考える人

リズムあるサッカーを観たい人
バックパスに拍手をする人
縦に行かないだけで怒りだす人
狙いがあるのなら、速攻でも遅攻でも構わない人
どんなプレーでも、自分の希望通りでなければ野次る人

粘り強く意思表示する人
意思表示を諦めてしまった人
意思表示が行き過ぎて現場に介入する人
ラジオで聞いたこと、スポ新で見たことが自分の意志だと思ってしまう人

「悪いのは人。だから人を代えろ」と考える人
「悪いのはやり方。だからやり方を代えろ」と考える人

合理的な選択や判断を尊重する人
合理的な選択や判断ができない人
合理的な選択や判断を許さない人
合理的な選択や判断より、愛や情熱や覚悟やプライドといった言葉が好きな人

浦和は弱いことを認める人
浦和は強いはずだと思う人
浦和が強くないと商売にならないので困る人

好き嫌い、認める認めないは別にして
みんなまとめて "THIS IS URAWA"
それがわかっただけの1年。
関連記事

新監督選びに思うこと

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/10(土)  09:00
岡田さんじゃイヤだとか、
西野さんじゃ若手を干すだろうとか、
長谷川さんなんて「清水の香り」でしょうとか、
バルス!とか、
色々とかまびすしい今日この頃ですが。

どういう理由で、どういうプロセスで、って話が伝わってきませんよね。
まあ、プロセスが伝わったら伝わったで問題なんで、そのことで殊更にレッズを悪者仕立てにする気もないのですが、悪意も肩入れもせずニュートラルに考えても、
まあ、実績ある有名人ならいいんでしょ?
という風に見えます。

サッカーどころという割にはサッカーの中身に関しては特にポリシーはなくて、
「丸投げするけどサポートしない」のが不動のレッズスタイルで、
そういう本質的な部分は変わるはずもないわけで、別にそれでいいです。
いや、よくないけど、今さら変わるとも思えないので。

けど、まーた新たな誰かに迷惑をかけるくらいなら、もう外部の血を入れてとか何とか「できもしないこと」を考えるよりは、浦和レッズ、あるいは三菱サッカー部出身の身内を監督に、要職も全て身内にした方が良いのではないかと、私は愚考する次第であります。

浦和に所縁のある人であればあるほど、不幸な結末が待っている。
モグラとサポーターの両方から誹謗中傷の集中砲火を浴びる。
そんな気がしてなりません。
関連記事

↓降格↑昇格2011まとめ(12/4現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/04(日)  21:45
今季の降格・昇格レースは事実上決着しました。
来週、JFL町田のJ2昇格と、地域からYSCCのJFL昇格が確定します。
JFLから地域への降格はなし、ということになります。

クリックすると拡大します

updown2011_5.jpg
関連記事

2011年のリーグ戦を終えて

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/03(土)  19:45
腕組んでしかめっ面して怒号浴びせても何が変わるってもんでもないし、溜飲が下がるわけでもないし、そんな光景を眺めている気もないので、ホイッスルと同時にさっさと席を立って、飯を食いに行って、家に帰ってきました。

なので、クラブからどんな言葉が発せられ、ファン・サポーターがどんな言葉を浴びせているのか知る由もありませんし、あまり知りたいとも思いません。
まあ、予想は付きますが。

ひとつだけ個人的な希望を言わせてもらうなら、
「覚悟」だとか「愛」だとか「誇り」だとか
そういう言葉を弄して相手を責めたり、逃げようとしたりするのはやめて欲しいです。


なーーーーーんの根本解決にもならない。



クラブの側も、ファン・サポーターの側もね。
関連記事

2011年Jリーグ最終節を迎えて

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/12/03(土)  12:05
いきり立つ試合前にふさわしくない話題かもしれませんが。

今年は日本という国そのものが非常に厳しい1年だったわけですが、
その中でJが最終節を無事に迎える事が出来て、本当に良かったと、今さらながら思います。

多くの方の我慢や苦労や努力が、そこにあったと思います。

感謝したいですね。






(試合後は多分ささくれ立ってると思うので、心穏やかな今、書きましたw)
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。