五輪最終予選男子@シリア戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/28(月)  22:45
試合が始まってすぐに、こりゃバーレーンとはモノが違うなぁーという感じでした。
特に相手の7番のセットプレーと、ゴリ押しする10番。

で、20分くらいして、ようやく日本のペースも上がってきたかなというところで、

酸欠か貧血か、クソでかい欠伸を連発。
その後、なぜか突然の吐き気地獄で、トイレで沈没>俺
濱田のゴールは見ておりません。

ハーフタイムにトイレから戻って布団に直行>俺
慌てふためくバックラインは見ておりません。
「遂に」という感じの失点も見ておりません。
当然ながら、大津の決勝ゴールも、見ておりません。

いやあ、いいゲームでしたね(棒)
関連記事

熱さは喉元を過ぎたか?

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/26(土)  20:30
現地の人は緊張と弛緩でチビってないかな?w


まあ、真面目なハナシ、サポーターとして残留を経験した、チームを残留させたっていうのは大きな大きな財産だと思うんで、99年にそれができなかった、落ちた現場しか体験していない自分としては、今回福岡に行った人はリスペクトせざるを得ないというか、一生頭が上がんない気がします。





さて。

(事実上の)残留決定の喜び、安堵感、いい気分に水を差すようなことを書きます・・・。



続きを読む

関連記事

降格・残留パターン

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/25(金)  21:50
※1 得失点差はひっくり返らない前提。
※2 グレーアウトは結果に関係なく残留が決まるパターン。

数字上は圧倒的有利です。

81パターン中、降格するのは僅か6パターンに過ぎません。

数字上は。

数字だけで語ることができないのが昇格・残留争い。

福岡に行かれる方は、武者震いが止まらないような、緊張で顔がこわばり腹ん中がキュンキュンするような感覚を、是非とも味わってきて頂きたい。
ジジイどもに99年の話を百回聞くよりナンボか、マゾヒスティックな快感が骨身に染みてわかるぞフフフ…
関連記事

五輪最終予選男子@バーレーン戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/23(水)  21:30
勝ち点3を「最低限」という監督は初めてだw

それにしても、以外とスキルフルだったり、日本のパスサッカーを崩す戦略に長けているチームがあったりして、一昔前の(オフトの頃に、バヒトサードが走るor遠目からバカシュート撃つだけのUAEみたいな)「ボカスカ蹴るだけ」という中東勢に対する印象が個人的には薄くなっていたんだけど、劣勢になると自制心が消えて下手な後方タックル(人はそれを悪質なラフプレーと呼ぶ)に歯止めがかからなくなるというアジアンサッカーの悪い一面を久々に見たというか、そんなもん懐かしくもなんともないわ、てか全く見たくないわ、というレベルの試合。GKの下手さ加減と合わせて、なんでこんなチームが最終予選に・・・。

というか、普通、人は、あんなに簡単に人の顔を踏めるもんか?
顔を踏むという行為は無意識に避けようとしないか?

だからあれは・・・意識的じゃないよな、故意じゃないよな・・・(と信じたい)

救いは、試合後のインタビューで、酒井の顔が面白いということを発見したことくらいだ。
面白いというか、みんなを笑わせるクラスの人気者みたいな風貌だ。正直なごんだw
関連記事

警告・退場について

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/19(土)  21:35
〈警告累積〉
  • 退場による出場停止
    • 退場による出場停止についてはJリーグ規律委員会で処分が決定されますが、処分が決まる前でも退場を受けた次の1試合は自動的に出場停止となります。
  • 一つの試合で複数の処分を受けた場合
    • 1試合に2回の警告を受けた場合、この警告は累積には算入されません。
    • 1試合で警告を受けた後にさらに退場処分を受けた場合は、この警告は累積に算入されます。
  • 警告累積による出場停止の当該試合
    • 警告累積による出場停止は、当該大会以外には適用されません。
  • 警告累積による出場停止と他の出場停止の関係
    • 警告累積による出場停止と退場(1試合警告2回による退場含まず)による出場停止は同時に科されます。たとえば、J1リーグ戦のある試合で、累積4回目となる警告を受け、さらに退場処分を受けた場合、出場停止となる試合数は、"警告累積による1試合、および退場処分に対する停止試合数"となります。
    • 警告累積による出場停止と退場(1試合警告2回による退場含まず)による出場停止が同時に科された場合は、退場による出場停止が先に適用されます。ただし、大会の残り試合よりも出場停止の試合数が多い場合は、Jリーグ規律委員会で審議されます。

〈退場(1試合警告2回による退場を含む)による出場停止〉
  • 退場による出場停止
    • 退場による出場停止についてはJリーグ規律委員会で処分が決定されますが、処分が決まる前でも退場を受けた次の1試合は自動的に出場停止となります。

Jリーグ公式サイト>about J>大会ルール>警告・退場について


関連記事

川勝監督に捧ぐ

浦和ライフ ] TB:0 | CM:1 | 編集  2011/11/16(水)  20:55
どうぞどうぞ
こちらでお帰り下さい

関連記事

W杯3次予選男子@北朝鮮戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/16(水)  11:50
北朝鮮は、この試合に存在意義を賭けるような、激しい激しい戦いぶりでしたねぇ。
ボールホルダーへのプレッシャーが半端ない。(日本に怪我人は出てないよね?)
奪うとシンプルに前に当てるんだけど、前線の納まりがまた素晴らしい。
今時のサッカーじゃないけど意思統一されていて、前への推進力もあって・・・ああいうサッカーは、俺は嫌いじゃないです。
あれだけ厳しく来る相手に対して、それを技巧で交わすか、より激しく行くか・・・そのどちらもできなければ、やっぱり完敗ですよね。



うん、完敗という以外の言葉が思い浮かびません。
予選突破を決めた状況でよかった。
「負けてもよい状況」で負けて、おかしなプレッシャーから解放されて、課題形成できるきっかけを得ることができて本当によかった。
その「課題」っていうのが、「遠藤抜きのゲームメイク」なのか「本田の代役」なのか「3人目のセンターバック」なのか「3-4-3」なのか「アウェイで戦うハート」なのか・・・は、わからないですけど。



だいたいですね、君が代に大騒ぎするような(ある意味で)わかりやすい行動をとりつつ、銀紙を貼った手作りのメガホンをうち振って喜ぶ市民の姿を見ちゃったら、国としてはアレだけど、この試合に限っては、まあしょうがないかっていう気にもなりますよ・・・
(と、これはサッカー的なモノの見方じゃないですけどね)
関連記事

W杯3次予選男子@タジキスタン戦

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/12(土)  09:30
わたしゃ勝つにしてもホームの時のような大勝はナシ、スコア的には2-1か3-1と予想していたんですが、終わってみれば4-0。4得点はともかくとして、無失点というのは正直予想外でした。

ほら、アジアのアウェイの試合って、俺は所詮テレビでしか味わったことがないですが、中央アジアにせよ東南アジアにせよ、あるいは中東でもそうですけど、相手がボールを持ってガーッとドリブルしていくと、大したチャンス(日本にとってのピンチ)でもないのに

・・・ぅぉぁああああああああ

って盛り上がっていく感じっていうんですかね。そういうのが、ピッチコンディションと相まって日本のプレーを挙動不審に陥らせ、遂には失点・・・! というシナリオを予想していたのですがw

しかし、ああいう雰囲気を目にすると、歌いっぱなしのスタジアムってのもどうかな? と個人的には思います。もっとも浦和の場合、歌がないと「前に行けよ!」って怒号だけになるという意見には反論できない説得力がありますが・・・。
関連記事

さっさと忘れましょう

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/11/03(木)  21:30
いくら冷静ぶって敗因を分析してみたところで
いくら冷静ぶって選手起用を考えてみたところで
いくら冷静ぶって改善ポイントを指摘してみたところで

浦和レッズは色々と「弱い」という事実。

これに尽きます。




とにかくひどい試合でしたから、とりあえず今夜のところは理屈っぽいことでも言って自分を納得させないと眠れないという人も多いかもしれませんが、これから2週間以上もそんな事を考えていたら精神が参ります。
無理やり前向きになったり無理やり理屈づけたりを続けていると、「あ、俺は無理してる」っていうことに気が付いた時に反動がきますので、「弱い」ことを認めて、ひとしきり嘆いて文句を言い終わったら、今日の試合のことはさっさと忘れることだ・・・と、99年の自分の精神状態を思い起こしながら愚考する次第です。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ