スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栃木戦(TV)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/27(日)  18:45
勝った試合が、いままで一番、内容的にアレに見えるっていうのもなかなか...w

これ、「内容が悪い」と見るより、

去年との違いが大きくなっていく

2年間で身に付けた色んなものを捨て去りつつある

ペトロのサッカーに近付いている

という見方が正しい・・・って、無理やりですかねw

いや、まあ、戦術ボードのマグネットみたいな動きを目指してるはずはないんだけど、なにしろ「ショートパス」って言ったらショートパスしかやらない選手の集まりなんですから、戦術的に去年までのやり方との親和性がない状態なら、こういう不格好なカタチになるのは、必然だと思います、残念ながら。
全く個人的な考えですけど、1週間で修正どうこうというレベルじゃないと思っています。ゼロから作るんだかから。何カ月かかるかな?っていうレベルかと。

まあ、そこは監督・コーチと選手たちに頑張ってもらうしかないわね。


クラブの偉い人が「今年は結果を求める!キリッ」なんて言っちゃったせいか、その気になってる人もいるようですけど、大して社長やGMの事を信じてもいないくせに、自分の願望と一致するときだけはそれに乗っかって「勝ちたい」→「勝てそう」→「勝て」→「勝たなきゃダメ」って勝手にハードルを上げていくのは、俺からすると、おかしなハナシです。

開幕戦は、支え甲斐のある、サポーター冥利に尽きる試合じゃないですか?

「勝てなさそうだから神戸行きたくない」って人をネットで見かけちゃったけど、今からでも遅くないから俺に新幹線の切符を譲るべきだと思うよw
関連記事
スポンサーサイト

ネーミングライツ4

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/26(土)  11:40
最終回、四国九州いってみます。

  • ニンスタ(ニンジニアスタジアム)=愛媛県総合運動公園陸上競技場
    申し訳ないのですが、四国に足を踏み入れたことのない俺にとって、愛媛自体が印象薄いというか・・・昔、ここで代表戦もやっているんですよね。ましてやニンスタとか言われても、正直、ハットリ君のしゃべりとか人参とか、そういうものしか思い浮かびません。すみません。ニンジニアネットワークは「オフィス用品・紙製品などのカタログ通信販売、オンラインショッピングサイトの運営」ということ。四国のコクヨみたいなもんですかね

  • 鳴門大塚(鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)=徳島県鳴門総合運動公園陸上競技場
    Jリーグでは「鳴門大塚」という略称になっていて、四国音痴のこんな俺でも徳島の本拠だという想像は付くのですが、大塚が地名なのか企業名なのかわかりにくく、いっそ「ポカスタ」とでもしてくれた方がわかりやすい。ポカリと言えば徳島創業の大塚製薬。熱が出たときにお医者さんがポカリを勧めるのは病院で扱う大塚の製品だから・・・という話を聞いたことがありますが、真偽のほどは知りませんw

  • レベスタ(レベルファイブスタジアム)=東平尾公園博多の森球技場
    「レベ」が「レベルファイブ」というのは認知していますが、ユアスタ、ベアスタあたりと区別が付いていません。博多の森のことだということを今知りました・・・。
    レベル低っ! つかゲームかよ! と思っていたら、レベルファイブって本当にゲーム開発の会社だったのですね。なんでレベル50とかにしなかったんだろう。「ひのきのぼう」と「こんぼう」の違いくらいしかないよ・・・

  • ベアスタ(ベストアメニティスタジアム)=鳥栖スタジアム
    今回のプレシーズンマッチのことを忘れなければ「ベアスタ=鳥栖」という神経回路がつながりそうですが、それはさておきベストアメニティは久留米が本社の食品卸売・レストラン事業・旅館等を営んでいる会社。「アメニティ」(=快適な環境、の意)であって、アニメティではありません。しかし、この社名を果たして「ベア」と略しますかね? 個人的には、レッドダイヤモンズをレダって略すような強烈な違和感があるんですが・・・いやまあ社長さんや社員さんが良ければ私が言うことじゃないんですが。

  • 大銀ド(大分銀行ドーム)=大分スポーツ公園総合競技場
    ググると京都の食堂が出てくるんですが、当然ながらそんなはずはなく、普通に大分銀行。山梨中銀も鳥銀もそうなんですが、金貸し業が本業以外に費用をかけているのは個人的には好きじゃありません。自動車メーカーの広告宣伝費が価格に上乗せされても売れなくなるだけですが、金利や貸し剥がしに上乗せされたらたまったもんじゃないと思うのは世間知らずの戯言でしょうか。リーグから借金している大分の場合、回りまわって返済に充てられるようなスキームならいいんですけどね。

おわり
関連記事

大ショック 語る会

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/25(金)  11:40
現地で聞いてきました。
個人の感想をつらつらと書き連ねておきます。(話の内容に関する説明は省きます)
  • 「話題作りが不足、マスコミにもオープンに」業界の方がいたらスミマセンが、練習を見たって罰ゲームネタしか書けない相手にオープンもくそもないわけですが、裏付けもせず、誤報に謝罪も訂正もせず、それどころかネガキャン・・・というタチの悪い相手に対して下手(したて)に出なきゃならないのも社会の常。公の場で「スポーツ新聞は馬鹿」とか言えるはずもなく、現場が迷惑しない範囲でうまく機嫌とって下さい・・・。
  • 「来場者に対するホスピタリティ向上」それ以前に、問題はどうやって来場してもらうかだと思うんだが、それについては従来の方策+新しいチケットカテゴリーの話のみ。営業の本気というか、土下座してでも来てもらう!みたいな本気度はあまり感じ取れなかった。(土下座しろって言ってるわけじゃないですよ)
  • 「経営は今期も厳しい」でも選択と集中の話はなく、あれもこれもがんばります、チームには金をかけます、それ以外の部分で経費圧縮します、というトーンの話に終始。世の中、非常事態とか再建とかの事態に陥ってる会社って、もっと切羽詰まった具体的な取り組み内容を説明すると思うんだが、拍子抜け。
  • 「レッズスタイル=イニシアチブを持って攻撃的に」そういう話が浦マガに出ていたので、特にどうという感想はナシ。一方的にクラブに定義を求めるものでもないし。
    でも、そんな程度の定義じゃ。ユースまでもが右往左往する。浦マガインタビューを読んで以来、俺も気になっていますが、そのへんを懸念する趣旨の質問あり。でも、ピントのずれた回答しかなかった。
  • 「ACLが目標、では中途半端」だと? 世界につながる明確な目標だと思うが!?
  • 「結果が全てではない」そりゃそうです。それをダブルスタンダードとは思いません。
  • 「継続」社長は株主の意向で決まる云々の回答・・・正直、もういいです。子会社っていうのは、親会社の役定ポストなんです。定期的に変わることにこそ意義があるのです。世の中、そういうもんです。レッズは親会社のものじゃないとかいうのは、幻想に過ぎません。ペトロが最も的確に「継続」に関するコメントをしているように感じました。
  • 「見える闘志」プロスポーツなので、そういうのを求める人がいることは理解します。勿論、俺の感覚はペトロ寄りなんだけれどね。
  • 「増刊号なし!Reds Tommorowの方が配布多いから」だったら朝日新聞以外にも折り込むのか? 引き続き与野フードとかにも置くのだろうか?
非常にショックだったのは、エジにダメ出しする質問者がいたこと。それに対して場内から拍手が起きたことです。
いやまあ、酒の席での話ならアリだと思いますよ。でもね、サッカーのプロに対して「あのFWはどうなんだ」的な事を言えちゃう神経はさておき、自分たちの選手を公の場でダメ出ししてしまう、それに拍手するという思考回路は、全く、全く理解できません。
ああいう意見や感覚をも「自分たち」と受け入れなきゃならないのか、と思うと、スタジアムに行く気すら奪われそうです。そういうものの一部になるのかと思うと・・・

いやマジで、本当にショックです。
関連記事

ネーミングライツ3

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/24(木)  11:40
本州(中部西日本方面)を一気に。

  • 東北電ス(東北電力ビッグスワンスタジアム)=新潟スタジアム
    ビッグスワンまで書かれれば新潟というのは明白。東北電力でもイメージできるようにはなりましたが、そもそも「東北」電力なのに新潟県って? と思って調べたら、東北6県プラス新潟県が東北電力のカバーする地域なんですね。でも本社は仙台なわけで、この情報を断片的に覚えておくと、宮城スタジアムや仙台スタジアムとごっちゃになるという諸刃の剣w

  • アウスタ(アウトソーシングスタジアム日本平)=日本平スタジアム
    アウトソーシングは静岡に本社のある人材派遣会社。地元では知られているのかもしれませんが、正式名称の「日本平」まで書いてもらわないことには、どこのスタジアムのことかよくわかりません。それでも、企業名だけの名称よりはわかりやすいのかもしれませんが。

  • 長良川(岐阜メモリアルセンター長良川競技場)
    すみません。ここは命名権とは関係ないのですね。葬儀場かと思っていました・・・

  • 豊田ス(豊田スタジアム)
    ここもネーミングライツではない。が、「トヨタスタジアム」でない事の方が不自然です。

  • 金鳥スタ(キンチョウスタジアム)=長居球技場
    長居第2かと思っていたら「球技場」の方なんですね。メインの長居に名前がつかないのに球技場にお金を支払ってくれる事情とは何なのでしょうか。それにしても、略称が漢字で「金鳥」、正式名称がカタカナで「キンチョウ」というのはどうしたわけでしょう。商標の使い分けに関しては、大日本除虫菊のサイトを見てもよくわかりません。まあ、どっちにしても強力なブランドですよね。会社名よりブランド名が有名という・・・

  • ホームズ(ホームズスタジアム神戸)=神戸ウイングスタジアム
    やっと「古い方がユニバ、新しい方がウイング」って覚えたのに、ホームズだのホムスタだの言われても・・・。ネクストという会社が運営するHOME'Sっていう不動産・住宅情報ポータルサイトが命名権のもとネタらしいです。よくわかんないですけど神戸じゃ三井のリハウスみたいな感じなんですかね。

  • とりスタ(とりぎんバードスタジアム)=鳥取市営サッカー場バードスタジアム
    「とり」って付くから鳥取だと想像付きます。企業名も想像通り鳥取銀行で、何のひねりもありません。勿論、ひねらずに連想できる方がよいわけです。
    なお、グーグル先生に「もしかして:鳥ぎん」と言われますが、違いますw

  • どらパー(どらやきドラマチックパーク米子陸上競技場)=米子市営東山陸上競技場
    これはJFLで使うスタジアムなんですが・・・破壊力があります。そもそも「どらやきドラマチックパーク」とは? 丸京製菓っていうどら焼き会社が運動公園丸ごと命名した模様。単なる「どらやき」ではなく「どらやきドラマチック」っていうのがミソなのでしょう(たぶん)

  • カンスタ(kankoスタジアム)=岡山県陸上競技場桃太郎スタジアム
    カンコー学生服の尾崎商事という会社がスポンサー。ローマ字表記がブランドになっているようですが、「kanko」でググると関係ない会社が最初に来てしまうという残念な状態。岡山が本社、創業はなんと安政元年!ということを知りましたが、このスタジアムはもともと「桃太郎」という強力な県ブランド名称を使っていたので、県外人である俺の場合、個人的にはわかりにくくなってしまったという気がします。

続く
関連記事

King Crimson 1974.06.30 Palace Theatre, Providence, RI

King Crimson ] TB:1 | CM:0 | 編集  2011/02/22(火)  20:00
kc197406301974年6月30日 ロードアイランド州プロヴィデンス/パレス・シアター

1) Larks' Tongues in Aspic (Part II)
2) Lament
3) Exiles
4) Improv (A Voyage To The Centre of the Cosmos)
5) Easy Money
~6) Improv (Providence)
7) Fracture
8) Starless
9) 21st Century Schizoid Man


アズベリー・パーク公演と並ぶ、いや、それをも上回る名演の夜。

「状況は行き付くところまで行き付いている」「もう帰りたい」とロバート・フリップ自身が日記に記すほど消耗した状態であるにも関わらず、既存曲の円熟度合いは最高点に到達し、このバンドの生命力を表すインプロの出来具合は筆舌に尽くしがたい。創造力の源泉となるエネルギーは全く失っておらず、目をつぶって音空間に身を委ねると、そこにはまさに"A Voyage To The Centre of the Cosmos"という感じの光景が脳裡を支配する。こういうものを連夜演奏できる精神構造とか音楽的素養の広がりとかが俺には全く想像もつかない。
メンバーの一人をクビにすることが翌日には決まってしまうようなシチュエーションなのに、コンビネーションには一点の陰りもない。一時は酷かったベースの音量問題も、このツアーの最後の数日は許容範囲に収まっている。

が、冷静に聞き込むと、終盤にはかなりヨレやミスも目立ってくる。それがこのバンドの演奏内容の価値を下げるものではないのだけれど、自らのパワーに演奏者の心身が堪えられないような演奏をするバンド、それがこの時期のクリムゾンだということは言えるかもしれません。


続きを読む

関連記事

大宮戦(TV)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/20(日)  16:45
えーと。

クラブが何をどう言おうが、監督が代わって、今までのコンセプトを全部捨てて、全く違うやり方して、それでもなんとかなるチームじゃないんですよね、浦和は。というか、石油王がオーナーじゃないとそんなことは土台無理なんですがw

崩した積み木を一から積んでいくんだから、最初はうまくいくわけないのです。

それが浦和の選んだ道
今やってるサッカーが浦和のサッカー


だから、語る会で「これが浦和、というサッカーが見たい!」とか、「継続していない!」とか責めても、意味ないですよー・・・。


パス回してばっかりじゃねーかと言っていた人には、今のサッカーは「勝負っ!」って叫べるポイントが沢山あっていいんじゃないかなw


まじめに振り返ると。
42分くらいだったかな。
左から右に振ってからの、達也がドリブル突破を図りつつショートパスを挟んで崩そうとした数秒間。「積み重ね」を感じた瞬間だったんだけどなぁ。

個人的には、プレシーズンマッチはいくら負けてもいいから、ペトロは焦らずチームを作ればよいと思います。
おかしなプレッシャーがかかりませんように・・・
関連記事

ネーミングライツ2

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/19(土)  11:40
今日は関東近辺いってみましょうか。

  • フクアリ(フクダ電子アリーナ)=千葉市蘇我球技場
    フクダ電子は医療機器専門メーカーだということを今知りました。で、行ったことないので場所のイメージができませんでした。オリジナルのスタジアム名称が思い出せないと思ったら、日本初の「オープン時からネーミングライツ」のスタジアムなんですね。そもそも「蘇我」が千葉のどこにあるか分からない...orz

  • NACK(NACK5スタジアム大宮)=大宮公園サッカー場
    埼玉県人なのでNACK5が何なのかも場所もわかりますが、個人的には「大宮公園」以外の呼び名は許したくない。というか朝のラジオを思い出すと気分がよくない。あと、桜の木を切ったのはもったいなかった!

  • 味スタ(味の素スタジアム)=東京スタジアム
    元祖だから、即わかるわいw というか味スタというのが既に脳内のデフォになってます。隣のアミノバイタルフィールド味の素の商品名。で、さらに調べたら、西が丘のトレセンにも名前を付けてるんですね。

  • 日産ス(日産スタジアム)=横浜国際総合競技場
    ここも日産=横浜国際という認識が頭の中で出来上がっています。EVの開発費にあれだけ投資してもまだ看板代を払うことができるとは・・・

  • ニッパ球(ニッパツ三ツ沢球技場)=三ツ沢球技場
    神奈川県を中心とした日本発条という会社の存在を知っているので脳内回路が三ツ沢に直結しますが、ニッパツ自体があんまり日常生活的に馴染みのある企業じゃないと思うので、「ニッパ球」って略称はどうかと・・・ 「ニッパダマ」とか「ふたっぱきゅう」って読んじゃう人、いると思うんだけど・・・神奈川県民はこれでもピンとくるのかな。NHKの方が馴染むんじゃないのかな?

  • 中銀スタ(山梨中銀スタジアム)=小瀬スポーツ公園陸上競技場
    山梨で「中銀」と言えば、黙っていても山梨中央銀行と相場は決まっているのでしょうか。山梨を知らない俺は、中銀と言えば中央銀行なんですが・・・w 「山梨中銀」と書いてくれれば小瀬を思い出しますが、「中銀」だけでは覚えるまで苦労しそう。「小瀬」って風情のある名前が好きだったんだけどなぁ

続く
関連記事

ネーミングライツ1

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/17(木)  11:40
先日の浦和のプレシーズンマッチで思ったこと。
「ベアスタって、どこ?」
ネーミングライツによって土地の名前がスタジアム名から消えると、じーっくり考えたり改めて調べたりしないと、どこのことかピンとこないよ、おじさんは。。。略称だと肝心の企業名もわからないし・・・。

というわけで、自分がどれだけわかっているか確かめてみた。(権利を買っている各企業をディスる意図はありません。むしろ自分の無知を笑う企画ですので誤解なきよう)

  • 宮の沢白い恋人サッカー場
    いきなり公式戦に使わないスタジアムでサーセンw これはわかります。あえて石屋製菓と言わなくてもブランド名でわかる。札幌の練習場だよね。

  • ユアスタ(ユアテックスタジアム仙台)=仙台スタジアム
    それでなくても宮城スタジアムと間違いやすいのに、ユアスタと言われるとあの宝石箱のようなスタジアムの記憶も一気に消し飛んでしまいます。「ユア」で連想するのはユアサバッテリー湯浅健二かってぐらいなもんですが、ユアテックは東北地方の電気工事会社らしいので知らなくてもしょうがないですよね・・・

  • NDスタ(NDソフトスタジアム山形)=山形県総合運動公園陸上競技場
    山形かな? 違ったか? というレベル。自信がありません。エヌ・デーソフトウェアという会社自体も山形の企業なので無知な埼玉人の俺にはピンときません。なんで社名そのままのNDソフトウェアスタジアム」にしなかったのかな?

  • Ksスタ(ケーズデンキスタジアム水戸)=水戸市立競技場
    近所にあるのはコジマデンキだけど、そんな俺でもケーズデンキは知ってます! でも、それが水戸かどうかと訊かれると・・・調べたら、胸スポンサーもケーズデンキなのね。俺の中では、水戸=Netzで記憶が止まってるんです・・・(あほ)

  • 正田スタ(正田醤油スタジアム群馬)=群馬県立敷島公園陸上競技場
    俺の中では「正田」と言えば美智子さまのご実家の正田家の正田醤油のイメージがありますし、敷島だということも認識できていました。
    ところで敷島は前橋で、そこをホームにしているのは草津で、なんかおかしーじゃねーか!・・・とここまで書いて念のため調べたら、草津のホームタウンは「草津町、前橋市を中心とする群馬県全県」なのね。勉強不足です・・・

続く
関連記事

King Crimson 1974.06.29 Penn State University, University Park, PA

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/15(火)  20:00
kc197406291974年6月29日 ペンシルベニア州ユニバーシティ・パーク/州立大学

1) Larks' Tongues in Aspic (Part II)
2) Lament
3) Exiles
4) Improv (Is There Life Out There)
5) Easy Money
6) Fracture
7) Starless


189回目のライブは、ロバート・フリップが下痢で苦しんだことを日記で告白している日の演奏です。(前の晩、アズベリー・パーク公演の後に食ったはまぐり6個が原因)
音質的には、全体にややフランジャーというか浅いリバーブがかかったような感じだが、それがかえって音のカドを削ることで深みを醸し出している・・・かも。まあ、ベースやドラムのキックが音量的に出しゃばり過ぎることさえなければ、この時期の演奏は安定して聴けるのです。

なにしろ移動の合間に演奏をするような状況。音楽的な充電の機会もなく連夜に渡ってステージが続くライブツアーとあって、セットリストは前日と同じもの。ただし下痢で消耗していたせいで(?)アンコールがキャンセルされています。ロバート・フリップの体調の問題が尾を引いているのか、全体的に大人し目の演奏かもしれません。


続きを読む

関連記事

鳥栖戦(TV)

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/13(日)  17:00
結果はともかく、内容・・・というかプレースタイルの志向(?)は練習試合で見たとおりの印象。サイドの張り方&使い方、サイドで勝てない時の懸念、選手間の距離、前線の守備などは多くの方が思っているであろうことと同じだと思います。
※プロは大学生ほど引かないから特徴がより出やすかったかも?

たぶん、チームとしてやろうとしていることの大枠は理解されていて、ある程度まではプレーで表現もできているとは思うんですよね。で、言われたことをみんなが素直に真面目にやっているな~・・・という印象。生まれたての雛というか、主旋律だけでアレンジのない楽譜というか、フォントが装飾されていないテキストデータというか・・・いずれにしてもチーム作りの初期の姿だとは思います。(かなり遠慮した表現)
こういう「構築始めました」みたいな印象を持つのは、2年前のフィンケの時と一緒です。まあ、あと3週間ありますから、なんとかこなれてくると良いなぁ、と、これはもう祈るしかありません。
関連記事

King Crimson 1974.06.28 Casino, Asbury Park, NJ

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/08(火)  20:00
kc197406281974年6月28日 ニュージャージー州アズベリー・パーク/カジノ

1) Larks' Tongues in Aspic (Part II)
2) Lament
3) Exiles
4) Improv (Asbury Park)
5) Easy Money
6) Fracture
7) Starless
8) 21st Century Schizoid Man


188回目のライブは、バンドが解散した直後(75年当時)から"USA"として世に知られている伝説のアズベリー・パーク公演。演奏はとにかく凄いの一言。ダイレクトで骨太で、輪郭がはっきりした、74年アメリカツアー終盤の(すなわち解散直前の)クリムゾンの集大成とでも言える演奏です。72年のバンドとは、もはや完全に別物です。

それにしても、この時期のメンバーのストレスは相当なものだったようです。新しい音楽を生み出す喜びよりも、長い長いツアーの疲労(このライブの前夜はゴキブリだらけのおんぼろ宿に泊まらざるを得ない状況に陥りかけたらしい)とメンバー間の嫌悪感、音楽的志向や性格の違いの顕在化、究極的にはデヴィッド・クロスをクビにするかどうか・・・といったことを考えざるを得ない状況がもたらすストレス・・・そんなものを抱えながら73年秋以来の頂点に向かって突き進んでいくクリムゾン。もしかすると、様々なマイナス要因があったからこそ、この時期のクリムゾンが、ただの大音量のヘビメタお化けにならずに済み、不安定な状況の中でもバランスを保っていたのかな・・・なんて妄想もしてしまいます。


続きを読む

関連記事

TM東海大戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/05(土)  22:25
第一印象ですが・・・宇賀神の黒髪、達也の短髪、三菱車が減った駐車場等々、ピッチの中も外も去年とはガラリと様変わりです。冗談ですが、でも素直な印象ですw

で、試合内容ですが・・・継続が云々とかの先入観念は取っ払ったつもりの感想です。
(ちなみに前半攻めた方のゴール真裏から観戦)

「去年までと真逆」

いや、真逆までは言い過ぎか。
  • ボールサイドで人数をかけてのポゼッションは消滅。「ポゼッションでペースを掴む、相手に攻撃させない」ではなく、ペトロ本人が言う通りに「シンプルにフィニッシュまで持ち込むこと」を最初に意識づける、という考え方のようです。手数をかけずにクロスなりシュートを撃つという意識はかなり徹底されているように感じました。

  • サイドからボールを運ぶ点は同じ(というか常套)ですが、攻撃は渋滞を起こさないように、むしろ少人数で・・・今日の前半であれば、左は宇賀神&マゾーラ、右は平川&達也で攻めて、そこにトップ下のセルが加わることで破壊力を増す。逆サイドから選手感の距離を詰めるということはあまりなく、むしろ横方向に広がって薄いサイドを突くという感じ。「オフトっぽい」と言っていた人がいたけど、何となくわかります。
    エメをフォローしないとか、先にスペースに入ってはいけないとかって、渋滞防止の戦略ですよね。

  • フィニッシュに至らない場合は、それはもうあっけないぐらいにあっさりと逆サイドにまわしてリトライする。逆サイドではSBもサイドMFも余っている・・・という流れです。なので相手ペナエリアの周囲でU字にボールが動くということはあまりない。そうやって回せるほど(相手が戻りきってしまうほど)人数をかけない。
    それがものすごく良い形で出たのが3点目。左サイドが低い位置で詰まるとCBを経由せず右で構えるセルに一気に展開し、そこで一瞬溜めて平川のオーバーラップを誘発、その平川がトップスピードでクロスを上げてエリア内に入っていた達也の得点に直結。人数が揃ってから放りこんでカウンターの餌食になっていた去年との対比では象徴的なシーンです。

  • これも既報通りですが、スルーパスを入れます。前半の高崎はそれで生き生きとしていました。それから長いパスも入れます。CBの堤が前の3枚を走らせる長いパスを出していましたが、なんかこう、久しぶりに見たなぁ、という感じですw
ペトロには非常に失礼な書き方になりますが、引いて守るだけ守ってロングボールであとヨロシク、というサッカーではありませんでした。スピードとかシンプルと言っても、一か八かの放り込みという印象は、個人的には皆無です。念のため申し添えておきます。

以下、大学生相手ではわからない点(心配)
  • 去年は中盤のセンターがエンジンでしたが、今年はサイドが過労になりそうです。ピンポンダッシュを何回できるか!みたいな感じで・・・。

  • 特に後半はボランチが「第一守備人」「攻撃の経由点」という感じでしたので、柏木とか直紀とかのセントラルMFは親和性どうなんだろう、という気はしないでもないです。もっとも、前半にそのポジションを務めていた暢久はよく前線に顔を出していましたから、守備専的な制約はないとは思いますが・・・。

  • カウンターを受けた時にどういう守り方をするんだろう?

  • マゾーラは、エメ的というよりは、スピードのあるアジエルという感じw
    ド派手なシザース連発するなど楽しんでいましたが、基本は「楽しみながらテクと緩急で抜く」タイプに思えました。ボディフェイントやボールの置き場所ひとつで相手を抜いたりするテクを色々持っていそうですが、J1のマーカーと審判を相手にした時、要するに「イライラする」時にどういうプレーなのかなぁ、というところに興味が尽きません。
    関連記事

King Crimson 1974.06.27 Kennedy Centre, Washington D.C.

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2011/02/01(火)  20:00
kc197406271974年6月27日 ワシントンDC/ケネディ・センター

1) Lament
2) Improv
~3) Exiles
4) Easy Money
~5) Improv
6) Fracture
7) Starless


カナダからアメリカに戻ってきて、187回目のライブは首都ワシントンDCの、大規模総合文化施設(なにしろ、wikiによると年間で3,000以上のミュージカル、演劇、バレェ、オーケストラ、ジャズ、ポピュラー音楽等の公演があるという)での演奏。
全体的に言えることは、ワシントンの翌日のライブ、即ち35年前から世の中に"USA"として出回っているアズベリー・パークでの演奏のスタイルに明らかに酷似していて、ツアーの終局に向けて、この時期のパワフルな演奏が一つの完成形を形作り大団円を迎えつつあるということ。もちろん、大団円と言っても必ずしも平和なそれではなく、パフォーマンスが踏みにじられつつあるデヴィッド・クロスの存在などは、その演奏だけでなく存在そのもの自体がバンド全体のフラストレーションとなり、極限まで高まったイライラがリズム隊の爆音と、ヒアリングが困難な状況の中でのメロディー隊の迷走を誘発しているような気すらしてきます。我ながら実に下らぬ妄想ですが・・・そう関連付けたくなるほどに、ベースの爆音ぶりは受忍限度を超えています。うるさい。

公式音源は完全版ではなく、ここで紹介する7曲以外に少なくとも"LTiA2"を「嵐のように」演奏したことがロバート・フリップの日記で明らかにされていますが、ブートがないため全貌はわからない公演日でもあります。


続きを読む

関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。