スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信頼がゼロになった日

浦和ライフ ] TB:0 | CM:2 | 編集  2010/11/29(月)  21:40
今からたった2年前。
クラブは、自分たちのサッカーにしっかりと一本の筋を通すことを宣言し、俺は、じゃあ見守ろう、ビッグクラブなんていう妄想のお化けを捨て去って支えよう、と思った。

その時、「期限は2年」なんてことは露ほども思わなかった。
鹿島も、磐田も、あるいはかつてのヴェルディだって、何年も何年も愚直にやり続けて、誰もが認める確固たるスタイルを確立し、昇り詰め、尊敬を勝ち得たはずだ。
クラブの風土や文化にまで踏み込む「土台作り」ってのは、そういう事だと思っていた。
たとえ短期的に失うもの(成績、賞金、人気、観客動員等々)があっても、そういう崇高なものを目指すのだと、俺は思っていた。だからこそ「支え」が必要だとも。
だいたい、スタイルが一朝一夕になんかできるものか!

だから、クラブが掲げた今期の目標も、「監督の契約更新のためのノルマ」ではなく、あくまでも「目指す目標」だと捉えた。

個人的に、縦に速いサッカーが好きという事もあって、正直、じれったかった。
でも、フィンケはブレない。選手はブレない。愚直なまでに。だから、信頼できた。
俺自身も、オフトの時の経験があるから、そうヒステリックになる事もなかった。
3歩進んで2歩下がる。ゆっくりとだけれど、チームは着実に前に進んでいると感じていた。的確な補強や何かのきっかけで、ブレークすると信じて疑わなかった。(今も)

「夏場での敗戦」?
そんなもん、俺は豊田でふっ切ってきた。現場には社長の姿もあった。だから、クラブ史上かつてないこの挑戦に、クラブとチームとサポーターが一緒に取り組んでいるのだ・・・と思っていた。「一体となっているからこそ、平日19時、雨が降る陸の孤島に12,000人もの大家族が集まるのだ」と! 滑稽なことに!

が、クラブは、そうではなかった。積み木崩しをしているだけだった。

サッカーの土台云々以前のレベルの話として、クラブとして、情報漏洩を防止する事も、先行する報道から現場を守ることも、きちんとクラブの見解を出すこともできない。
なぜ監督を代えるのか、いや、誰が決定権を持ち、誰が意見具申するのか、それすら、もうわからない。組織の体を成していない。

そんな奴らが『「レッズスタイルづくりの次のステージ』なんて空虚な言葉を使ったところで、『定期的に積み木を崩す』としか聞こえない。
これから先、クラブがいかなる美辞麗句でビジョンや憲法を語ったところで、もはや姿の見えない「彼ら」の言葉なんて、俺は信頼しない。

でも、そんなの、家族って言えるだろうか?
家族でいる意味って、あるんだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

川崎戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/11/26(金)  20:00
チームの方は、ここにきて全員が通常メニューになったようです。
そして、2年前にスポ新の紙面を賑わせた内紛の類は聞こえてきません。
チームは健全です。

こんな状況なので、なんかカッコいいこと書こうと思いましたが、既に3日間に渡って寝込んでいるような状態なので、気の効いた事をゴチャゴチャ書く元気はありません。

なので清尾さんの言葉を引用します。

たとえ、今のレッズが勝つと面白くないと思っている人が相手チーム関係者以外にいたとしても、その力は試合中のピッチにまでは届かない。試合が始まってしまえば、ベンチを含めたチームとスタンドから応援するサポーターだけが勝敗に関われる。


A4サイズの魂の代わりとは言いませんがw、等々力に行かれる方はチームへの「応援」を、くれぐれもよろしくお願い致します。

お願い致します。
関連記事

G大阪戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/11/19(金)  20:00
日→水→土と来ると、1週間が早いねw


天皇杯準々決勝の前哨戦として叩いておきたい・・・という意見もあるけど、

3位ガンバとの差を「残り3試合で6」に縮める最後のチャンスなわけです。
負けると「残り3試合で12」で、3位の可能性ゼロですから。
4位以内に入ることだって大事なんですから。

天皇杯云々じゃなくて、目の前の試合に、勝ちたい。

「ネガ感情はこの際置いといて」「功労者であるロビーのために」的な事を公共の電波で垂れ流してるアンチ浦和の相撲ファンのおっさんもいるようですが

浦和の勝利のために
全ての選手とスタッフを応援するのが
クラブのサポーターってもんだと
俺は思いますがね。


まー、あのおっさんはサポーターじゃないからほっとけばいいんだけど
過去の貢献度で残留云々という意見こそが非常に失礼なことだと俺は思うんで、つい反応を・・・




トップチームトピックス
10.11.19/Jリーグ第31節vsガンバ大阪
10.11.18/3位ガンバを打ち破り、埼スタ3連勝を
10.11.19/何があっても勝ち点3を取る

クラブインフォメーション
10.11.19/阿部勇樹メモリアルグッズ発売!
10.11.19/試合の必需品『マッチデー・プログラム(MDP)』

ホームゲームイベント情報

関連記事

某サイトに捧ぐ

浦和ライフ ] TB:0 | CM:2 | 編集  2010/11/17(水)  21:10


A4サイズの魂どすw
関連記事

磐田戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:2 | 編集  2010/11/16(火)  20:45
こりゃ絶対に天皇杯を勝ちあがらないといかん!!
しかし平日埼スタじゃあ新宿勤務の俺は無理!?

という人のため(範囲せまっ!)の情報!
  • シャトルバスは浦和から30分、浦和美園から5分
    (ただし乗車待ち10分、降りてから席まで5分)
  • 浦和美園経由
    新宿1759山手線⇒駒込乗換⇒浦和美園1849
    1910頃にスタ内に到着
  • 浦和経由
    新宿1805埼京線⇒赤羽乗換⇒浦和1833
    1920頃にスタ内に到着
  • どちらの経路が財布に優しいかは通勤定期の区間による。南北線や埼玉高速鉄道沿線住人以外は、たぶん圧倒的に浦和経由が安い。
というわけで試算上は浦和美園経由が早そうですが、五・十日でもない水曜日、渋滞はないと思うので、金額も所要時間も浦和経由がよいかも。
ただし、雨が降った場合は道が混むので浦和美園がお勧め。
雨は大丈夫だよなぁ…(;´Д`)

あと、一応PETボトルはだめ。

それから大事なのが、火曜日中にチケを買えば、指定席は当日券より1,000円、自由席は500円安いでです。自由席なら1,500円です。
ほれ、ローソン行け、今行け、ほれw



真面目な話、大切な試合です。



トップチームトピックス
10.11.15/京都戦勝利の自信を持続させ勝ち続ける
10.11.16/『苦手意識はないし、勝たないといけない』
10.11.16/第90回天皇杯、4回戦vsジュビロ磐田
10.11.16/私たちが次のラウンドに進出する
関連記事

京都戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/11/13(土)  20:00
先週は色々あり、一息ついたら今週は体調不良で、更新が乗り気じゃない俺です。
いまのところ、喉の痛みMAX、視界は変だが熱はナシ、体の芯からだるく、晩飯の匂いで吐きそう、という状況でござんす・・・(´Д`;)

おまけに明日は、後半戦で唯一の、カミさんの休みと重なるホームゲームだというのに、娘の吹奏楽部の演奏会があり(出番は13時には終わるらしいが、場所は久喜だし、カミさんは両親と飯食うとか言ってるし・・・)、果たして体調が許すとしても、いち家庭人的に埼スタに行けるかどうか?

という個人的事情はさておき、今、思うところは

相手のことより、自分のこと
来季のことより、目の前の試合


ということに尽きます。

明日は温かいらしいですね。
日曜日の午後、テレビで見ようかなぁという方は、埼スタで観るのがベターかと。ヤマTの再販もあるし。

家で責任論とか補強のことばっか考えてるより健全でっせ



トップチームトピックス
10.11.09/埼玉県民の日、ホーム埼スタで一丸となり勝利を
10.11.13/『ピッチ上で年齢は関係ない。ホームで、勝ち点3を掴む』
10.11.13/勇気と自信をもって、前向きな姿勢で試合に臨む
10.11.13/Jリーグ第30節vs京都サンガF.C.
クラブインフォメーション
10.11.13/試合の必需品『マッチデー・プログラム(MDP)』
10.11.13/埼スタにてウインターセールを開催!!
10.11.13/『ユニフォームパック』販売!!
10.11.13/『山田暢久記念Tシャツ』追加販売!!
関連記事

King Crimson 1974.03.31 Jahnhalle, Pforzheim

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/11/09(火)  20:00
1974年3月31日 フォルツハイム/ジャーンハッレ

1) The Great Deceiver
2) Improv
~3) Doctor Diamond
4) Improv
~5) Exiles
6) The Night Watch
7) Lament
8) Starless
9) Easy Money
~10) Fracture


74年春の欧州ツアーも終盤。151回目のライブは、相変わらず嵐が吹き荒れる。コンクリートの瓦礫が一緒に飛んできそうな、重い重い嵐だ。それは、演奏で微妙なニュアンスを表現するというようなものではなく、バランスを崩す一歩手前のリズム隊の音量(単に音がデカ過ぎとも言う)によって主にもたらされているようでもあり、ディフェンスとフォワードが入れ替わったようなアンサンブルによるもののようでもある。ジョン・ウェットンって今思うと闘莉王みたいだなw
冗談はさておき、なぜこんなにもバックラインが前に出たがったのか、わからないが、それはやっぱりバンド内の力関係とか人間関係とかが影響していたのだろうなぁ、と思うところはある。あるいは単にフロントの2人が疲れ切っていたとか。それでいて、必ずしも破綻しているというわけでもなく、音量に頼らなくても輝く瞬間もあるのだ。


続きを読む

関連記事

King Crimson 1974.03.30 Elzer Hof, Mainz

King Crimson ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/11/02(火)  20:00
kc197403301974年3月30日 マインツ/エルツァーホフ

1) Improv
~2) Doctor Diamond
3) Improv
~4) Exiles
5) Improv
~6) The Night Watch
7) Starless
8) Lament
9) Improv (Trio)
10) Easy Money


ハイデルブルクの翌日、150回目のライブはマインツ。基本的にはセットリストも含めて前日のパフォーマンスを踏襲して、ヘヴィー。ひたすらヘヴィー。もっとも、前日の演奏から乱暴な部分は微妙に修正が図られているようで、混沌とした暴走ではなく、計算づくの荒ぶりパフォーマンスという気はする。

なお、終盤には"Fracture"と、冒頭に"TD"がくっついていない"LTiA2"が演奏されているはずだが、公式音源では収録されていない。


続きを読む

関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。