大宮戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/30(金)  20:00
大宮はたぶん下から2番目ですが、最下位の京都ほど簡単には、負けてはくれません。
「下位との対戦が続くから、ここで一気に連勝を」なんて簡単なもんじゃありません。

チケットは相変わらず余裕で残っています。
現地で当日券でも、セブンイレブンで買って行ってもOK。
ここを見ている人には言うまでもないですかね。

暑い?

そりゃ夏ですもの。
なーに、暑いっていったって、たかが知れています。(ということにしよう)
とは言っても、炎天下で何時間も並ぶのはちょっと危ない気もするので、ゆっくり来て、日が陰ってからおもむろに着席すれば良いと思います。

試合後の雷雨も、多分ないでしょ?

負けられないダービー、埼スタに赤い風を吹かせよう
Jリーグ第16節vs大宮アルディージャ
31日(土)埼スタにご来場いただく皆様へ
集中して試合に臨む準備ができた
『クラブとしての総力を見せる1戦になる』

美園のマイカルの前で
客引きするなよ!
絶対にするなよ!!


大人の事情があるんだろうけどさ
関連記事

京都戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/27(火)  22:00
最下位相手にやっちゃうのがウチだとか

このタイミングで相手の監督が変わったからいやだとか

そんなネガティブなことばかり言ってるんじゃないよ若い衆



悪い予感を書き連ねたって、なーーーんにもいいことない

それとも「ほらやっぱり負けた」って言いたい?


そうじゃない皆さん、さあご一緒に

勝つ!
関連記事

広島戦

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/23(金)  20:00
ガンバ戦はショックでかかったですよね。前半ロスタイムのパスミスで失点、オウンゴール、後半ロスタイムに追いついた直後の失点ですから。
正直、俺は思いました。

ふざけんな

って。いや、思っただけじゃなくて、口に出して言いました。何度も。


ですが、あれが悪いこれが悪いとグチったり、ネット上でいくら事細かに書いても、負の感情が積っていくだけで、精神衛生上よろしくないと思います。
直接伝えることが大事だと思います。

頑張れ! いけ!  でも  バカヤロー!  でも。

応援も文句も、まずは埼スタに行ってからのハナシ!
勝てば当然嬉しく気分がいい!! 「俺の力で勝った!」と思えます。
負けても直接文句を言えます。(言いたい人は、ネットでネチネチ言うよりいいんじゃない?)
チケットは売るほど残っています。セブンイレブンで買うもよし、電子チケぴで場所を確認の上で購入しファミマで引き取るもよし(でも手数料かかる)、レッドボルテージや現地で当日券を買うもよし。
バックアッパーはたぶん空いていて、風通しも良くて涼しいですよ・・・
水分たっぷり持参&雨対策を。(雨を浴びるのも、それはそれで涼しいか・・・?)

熱戦は必至、ホーム勝利で浮上への後押しを
『久々のホーム、勝利しか考えていない』
優れた形で前節からの反応を示し、勝利という結果を
Jリーグ第14節vsサンフレッチェ広島
関連記事

ツール2週目

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/21(水)  22:00
2週目というか・・・今年のツールは2週目が8日間ある変則スケジュールでしたが、とりあえず今日が2度目の(=最後の)休息日で、ほとんど趨勢は決まっています。

ここまでの成績
1 Alberto Contador Velasco (Spa) Astana
2 Andy Schleck (Lux) Team Saxo Bank 0:00:08
3 Samuel Sánchez Gonzalez (Spa) Euskaltel - Euskadi 0:02:00
4 Denis Menchov (Rus) Rabobank 0:02:13
5 Jurgen Van Den Broeck (Bel) Omega Pharma-Lotto 0:03:39
6 Robert Gesink (Ned) Rabobank 0:05:01
7 Levi Leipheimer (USA) Team Radioshack 0:05:25
8 Joaquin Rodriguez (Spa) Team Katusha 0:05:45
9 Alexander Vinokourov (Kaz) Astana 0:07:12
10 Ryder Hesjedal (Can) Garmin - Transitions 0:07:51

エバンスは落車で骨折→大ブレーキで脱落(でもまだ走っています。見上げた根性)。サストレ、バッソもピレネーで脱落。Sサンチェスは存在感あるがパンチに欠け、メンショフは気配が薄くw、VDBも「一発」はない。というわけで、予想どおりにコンタとAシュレックの一騎打ち。6日間にわたって黄色ジャージを着たアンディですが、コンタに1分、2分の差を付けるアタック力はなく、珍しく先手を打ってアタックしたらチェーンが外れてコンタにカウンターをかまされ逆に8秒を追い掛ける展開。苦手の下りで追う場面は見応えありましたけどね。
ちなみにコンタのアタックは、俺は「アリ」だと思います。だってチェーンが外れた瞬間、アンディはアタックを掛けていたんだもの。"the race was really on"です。サクソバンクはその時の(自分たちの)都合でレースを止めたり進めたりしたので、プロトンの中であまり尊重されていないのではという気もしますが、まあこれは完全に俺の妄言です。

残る勝負ステージは2つのみ。
木曜日の第17ステージは、火曜日に走ったツールマレーの下りを登ります。マリーブランク(9.3km@7.6%)スーロール(11.9km@7.8%)の後に登場するツールマレー頂上ゴール(18.6km@7.5%)のコンビは最凶ですな。ここでアンディが1分半、2分差を付けたりしたら面白いですが、アンディも、サクソバンクというチームも、前ではなく、総合3位のSサンチェス、4位メンショフをマークしそうな気がします。

となると、土曜日の第19ステージ(52kmの個人TT)は、3位争いしかないのかな・・・
関連記事

J再開にあたって2

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/17(土)  10:00
今の浦和に対するスタンス・・・?

頭の中を整理してみた。

主力級の攻撃的MFが2枚復帰し、数人が移籍out、さらには公式未発表だが監督が公然と移籍outを語る選手がいて、オーストリアで合宿し、連動性を高める練習と合わせて新フォメが試され、草津に負けて水原と引き分けて・・・と、まあ話題には事欠かない。ある種の人にとっては、ネガティブに語れる要素が満載で、嬉々として叩く材料が揃っている状況。これで後半戦の立ち上がりに失敗しようものなら
「出す一方で勝つ気があるのか」「クラブは何も変わっちゃいない」
といった論調がきっと噴き出すんだろうなぁ、と想像します。出場機会のない選手を移籍させることがなんで悪いのか、俺にはさっぱり分からないんですが・・・。(むしろ素晴らしいとすら思う)

話がズレました。

別に移籍がいいとか悪いとか個別の事象について主張をしたいのではありません。
何があっても、考え方は人それぞれなので、どう考えてもよいと思います。ネガティブな捉え方が悪い、というのもおかしな話ですし、俺もそういう論調になるかもしれません。(ちなみに今はクラブに対してもチームに対してもネガティブな事は全く思っていません。念の為)
でも、安易に「信じているけど」という枕詞を付けて批判するようなことはしたくない。
これはおかしい、こんなやり方では信じられないと思ったら、独裁政治や宗教じゃないんだから堂々と「おかしい」と言えばいいし、信じているならゴチャゴチャ言わない。

「なんか知らない人が、お前は浮気してるって道端でわめいてるぞ!?
 お前のことは信じてるけど、あの人が言うとおりなら、許さんそ!」


とか普通、言わないでしょ?


(いや、言うか・・・?)
関連記事

J再開にあたって1

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/16(金)  22:00
Jを観る人を増やす・・・?

考えてみた。

■自分

集客だのJの盛り上がりだのを第三者的に言う前に、まず自分が観に行く回数を増やないとハナシになりません。
「できる範囲」でありますが、これは今季に入って細々と実行中です。よく覚えていないけど、去年は夫婦でのべ7試合(たったの!)、今年はここまでのべ12試合+日程既発表分で予定5試合。階段バリバリの頃でもめったなことでは行かなかった平日夜のナビスコにも2試合行くなど、我ながらどうしちゃったのという感じですが、それもこれも、俺を心配させるチームが悪いw
1年半後にダブル受験を控える親の立場としてはそうそう趣味にお金をかけてもいられませんが、俺もカミさんも、趣味でストレス発散しないとツライというのもまた事実。体調や時間と相談しながらスタジアムに行ける時は行きます。はい。

■周囲への働きかけ

あとは、今回のW杯は自分の周囲では過去にないほど話題になりましたから、身近なところで、サッカーではなく会社や自転車の人脈で地道に宣伝するだけです。話題が出たらノッてあげる。ナマの試合に興味があるなら指定席で招待するとか、それがちょっとイヤらしいのならビールとMDPをさりげなくつけてあげるとか、「陸の孤島・埼スタ」まで案内してあげるとか、そんな程度ですけどね。3万人の固定客が一人ずつ新規顧客を開拓したら、それだけで今季の動員が3万人増えます。4万7千人が5万人です。1億増収です。すごいですよ?
あ、長谷部の言うように「Jリーグ」という括りなら、埼スタじゃなくても、浦和の試合じゃなくてもいいんです。宇都宮のやつに「清原の工業団地にサッカー場あるだろ? キャノンの工場にも停められるみたいよ」と教えてあげたら驚かれましたがw

■ネット

いちブロガーとしては、エントリーはなるべくポジティブにしようと思うくらいで、具体的な手立ては何も考えていません。
ここを見に来る人はおそらく固定メンバー(浦和な人)で決まっていて、その方々はそもそも成績に関係なくスタに行き応援する人だと思うからです。勝ち馬に乗っていたい人、流行で浦和を応援していた人を呼び戻す力など俺にはないし、不特定多数の浮動層を呼び込むのは集客力のあるポータル的なサイトの役目でしょ。
関連記事

ツール1週目

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/13(火)  12:00
W杯の終盤と同時進行だったツール1週目。
だいたいにおいて、ツールの序盤は「勝負はかからないけど、勝手に脱落する選手はポロポロ出てくる」というのが通例。

今年の場合は、プロローグ、第2ステージ(雨の下りで落車続出)、第3ステージ(石畳で再び大落車大会)で順位が動きましたが、ほとんどの有力選手が「色々あったけど結局はほとんどチャラ」という状況。
そんな中、最大の驚きは、今年初の頂上ゴールとなった第8ステージで、なんとランスが前代未聞の11分45秒遅れで総合争いから完全に脱落したこと。何だかんだ睨みを利かせつつ、5分差以内でピレネーに行くと思っていましたが、山岳2日で消えるとは・・・

ここまでの成績
1 Cadel Evans (Aus) BMC Racing Team
2 Andy Schleck (Lux) Team Saxo Bank 0:00:20
3 Alberto Contador Velasco (Spa) Astana 0:01:01
4 Jurgen Van Den Broeck (Bel) Omega Pharma-Lotto 0:01:03
5 Denis Menchov (Rus) Rabobank 0:01:10
6 Ryder Hesjedal (Can) Garmin - Transitions 0:01:11
7 Roman Kreuziger (Cze) Liquigas-Doimo 0:01:45
8 Levi Leipheimer (USA) Team Radioshack 0:02:14
9 Samuel Sánchez Gonzalez (Spa) Euskaltel - Euskadi 0:02:15
10 Michael Rogers (Aus) Team HTC - Columbia 0:02:31

3分差以内に14人(ヘーシンク、サストレ、バッソ、ウィギンス)、5分差以内に19人。
エバンスやコンタドールがコンサバな走りを見せ、メンショフが気配を消している(それはいつもか・・・w)中で、若さ丸出しで絶好調宣言をしちゃってるアンディ・シュレックは、変なフラグ立てちゃったんじゃないの・・・

さて次の1週間ですが・・・
火曜日はコロンビエール→マドレーヌのコンビネーションですが、マドレーヌの後の下りがクロイツィゲルやWサンチェスの攻撃のチャンス。シュレックやバッソはここが鬼門になる可能性も?(ただし下り後に平地が13kmある)
水曜日の下り基調ゴール、金曜日の短距離急坂ゴールを経て、次の日曜日の終盤に登場するパイレール→ボナクルは破壊力があります。
新城が逃げそうなのは土曜日かな・・・

レース予定、中継予定はブログ左上をご参照下さいw
関連記事

W杯 俺的まとめ2

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/12(月)  22:00
岡田さんの評価と次期日本代表監督
俺の感想は『直前で「リアリスト岡田」が戻りGL突破を手繰り寄せたが、数カ月と数人の選考を無駄にした。就任期間を通じ、選手選考・起用には気配りなさ過ぎ』。
俺の感想はさておき、JFAには「良かった良かった」ではなく、「日本人のサッカー」や、やろうとしたこと、できなかったこと、継続すべきことをきちんと評価・検証して欲しい。そのうえで次期監督を決めて欲しい・・・が、難し過ぎるリクエストかな。カリスマ性とマスコミ受け、哲学があるが頑固じゃないという矛盾する条件が必要らしいので・・・。

謝罪ブーム
一時期、岡田さんに対して謝るのが流行みたいになっていたけど、ダメだと思うならダメと言えばいいし、仮に批判が的外れだったとしても、自らの見識のなさを恥じるならわかるけど、謝罪とか意味ない。謝るのも自由と言えば自由なんだけど、twitterに #okachan_sorry なんてハッシュタグまで登場するのには引いた。謝罪が流行する、即ち流行で批判する人がいるということを示しているわけで・・・呆れるほどに無責任。

「アンチフットボール」なる批判
全く想像だが、勝手に「僕のにっぽんだいひょう」を妄想して、それと違うからといって「アンチフットボール」なる言葉を持ち出し卑下してまで自説に固執し、自らが高い位置にいると証明したがっているようにしか思えない「評論家」なる人種がいる。そういう意見、別に謝らなくてもいいけど、負けろ、というのは論外だ。悲しい思考回路に同情します。

手のひら返しのマスコミ
そんなもんでしょ。別に腹も立たんわ。あと数日は「秘話」とかで感動の再生産作業をするのだろうけど、好きに消費してくれればいいと思うわ。

Jリーグサポーターとしての代表
負けが込むことで至った考えだが・・・興味がないのも、早く負けて帰ってこいと願うのも、それを公言するのも自由。でも、興味や応援の意思の有無に関わらず、代表チームはサポーターや贔屓チームを含めた、まさに「日本のサッカーの代表」であるという事実は覆すことができない。代表が負ける=Jリーグが負けるということで、その代表を軽んじて、浦和だけがアジアを、世界を席巻するなんてことはない。他人事じゃないのよ。

にわかサポーター
「騒ぎたいだけの人をサポーターとは呼びたくない」というのは実にもっともなんだけど、4年に1回、オリンピック並み(それ以上?)に激しく盛り上がってくれる浮動ファン層なんだから、そんなに目くじら立てなくても・・・と思います。それに、渋谷の騒乱なんかを報道するマスコミは、サポーターとファンの違いなんかわかってないと思うしw

新しいファン層の獲得
長谷部の咄嗟のコメントに対し、肝心のリーグのトップが幸せ症候群みたいなことしか言えないのは残念だった。あっと、それは言い過ぎか。「Jリーグ特命PR部員」なる企画を始めましたね。俺はブログもtwitterも浦和な人が購読者の中心層(=固定客ばかり)なので新規顧客開拓という点では意味がないから手を出しませんが、どうやればあれを内輪のチャットではなく外向きの発信にできますかね。 #j_toku と付ければ皆がJに興味を持つだろうと思ってはイカンよね。
いずれにしても、「にわか」の人には寛容の精神で。スタには来い、だけど俺らの流儀には従え・・・なんて勝手な理屈は通じません。

脈絡なく書いたが、俺は何をするかと言えば、地道に周りの人間を誘うしかないです。
とりあえず広島戦は2名様ご来場確定。普通の感覚では、埼スタは陸の孤島。もうちょっとオフィシャルには頑張って欲しいんだがなァ・・・
関連記事

W杯 俺的まとめ1

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/12(月)  12:00
スペインは数字を見ると7試合8得点2失点。R16以降の4試合は全て1-0。「これなんてイタリア?」というスコアが並びましたが、「スペイン=攻撃サッカー」という看板(色眼鏡)を外して見ると、なるほど、ボールポゼッションで守備のリスクを減らすということは現実にできるものなんだなぁ、と改めて感嘆。
海外サッカーには全く疎いので、ユーロ優勝→監督交替・・・という表面的な流れは知っていても、そこに継続性があったのかなかったのかはわかりませんが、日本も一定の成果を収めた後で監督が変わるわけで、継続するものは継続して、失敗したことは反省して、前に進んで欲しいと思います。(日本代表のことは後で別に書くかも・・・)

一方のオランダには、最後まで良い印象を持てずに終わりました。少なくとも決勝でのゲームプランは目算通りだったのでしょうし、守備の圧力には驚きましたが、ロッベンの一発に期待する以外の攻撃意図が、俺の節穴の目にはわからんかった!
(本田ワントップの日本と何が違うのか・・・)

でも、みんながみんなスペインモデルの4-2-3-1のパスサッカーになるのは勘弁。北欧が体のでかさを生かしたサッカーをしたり、ブラジル・アルゼンチン両国から勝ち点を掠め取らなければならない南米諸国が狡猾なプレーを見せたりと、色んな国が全く違うサッカーを志向するから面白いわけで。
もっと正直に書きます。評論家という肩書きの人が、守備的なサッカー、ブロック守備やカウンター戦術を下等なもののように言うのを聞いたり書くのを読んだりするのは耐え難いです。守備的・受動的な戦略を「アンチフットボール」などと呼ばなくても、攻撃的・能動的なサッカーを称賛することは充分に可能だと思うのですが・・・。

それと、凄い凄いと思考停止するのは民放の芸能人ゲストだけでいいです。(彼らは俺らと同レベルなのでどうでもいいです)
「ここからが本当の」「技術だけじゃここには来れない」「人間力が問われます」
等、ワールドカップの凄さの全てを知り尽くした賢者ぶる解説は、公演会向けにネタ帳に仕込んでおいたフレーズの叩き売りでしょうか? タコの方がよっぽど(略



観た試合は30試合弱。(ながら見も多いですが)半分近く見たっていうのは我ながら凄いです。サッカー覚えたて&ドーハの傷口癒しでアメリカ大会はのめり込んで観ましたが、それ以来かなぁ。前回大会なんて、日本の2試合以外は全く記憶がないのに!

・・・唯一の無敗国は、最弱国と思われていたニュージーランド。唯一の全勝は「タコ」。
よくよく思い返してみれば、おかしな大会でしたw
関連記事

まだ青い埼スタ・・・

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/11(日)  16:00
もうすぐW杯が終わっちゃうわけですが・・・

おそらくは、パブリックビューイングをきっかけに埼スタに誂えたバナー。12月まで活動が続くW杯招致バナーはともかく、JFAバナーはそろそろ外してもいいんじゃないかと思うわけです。心情的には。
浦和の次のホームゲームが24日と考えればまだまだ2週間も先ではありますが、リーグ戦は1週間後の17日、いや、ACL出場チームは僅か3日後の14日には未消化のリーグ戦を消化するために先行して再開するわけで・・・

早く「赤い埼スタ」と再開したいなァ。

ï¼·æ�¯æ��è�´ã��ã��ã�¼ã�¯ã�¨ã��ã��ã��ã��JFAã��ã��ã�¼ã�¯å... on Twitpic
関連記事

準決勝まで見終えて

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/10(土)  18:00
ようやく準決勝2試合を見終わりました。
で、思うのは、俺って世の中の主流の見方と全然違う(=見る目がない!?)のね・・・ってことです。
  • スペイン
    この手のサッカーって、俺の好みではありません。(あくまでも好みの問題なので「偉そうに」とか思わないで下さい><)
    浦和がこういうサッカーを目指して取り組むなら見守りますが、他の、何の思い入れもないチームの細かいパス回しはあまり見る気がせず、かと言って食わず嫌いではイカンのでじっくりとテレビ画面を見るものの、やっぱりじれったくなってきます。確かにパス回しは群を抜いて流麗ですが、俺は結論が出ないサッカー、結論を出そうとしないプレーが好きになれないんだよね・・・というか、「フィニッシュに向かうサッカーが好き」と言った方がいいかな。
    でも、普段はサッカーの話などしない同僚が今回尾のW杯を観て「スペインはパスがつながって面白いねぇ~」と言うので、もしかすると俺の目にバイアスがかかっているのかもしれません。
    「Jリーグにもペナルティエリアの周りでパス回すのが得意なチームがあるよォ」
    と誘ってみましたが、埼スタに来てくれるかなぁw
  • オランダ
    「オランダは攻撃的なサッカー」っていうけど、そうですかねぇ?
    少なくとも、組織的に攻撃的という感じは全然しません。ロッベンが開き気味の位置からガーーーっと行って取られて、またガーーーっと行って取られて、また(略
    スペインが超高性能版浦和(いや、普通は逆の言い方をするよな・・・)なら、オランダは超高性能版原口のいる浦和というか・・・
  • ドイツ
    今思うとあんまり守備のよろしくないイングランド・アルゼンチンから4点獲ったことでバイアスがかかっているかもしれませんが、硬軟織り交ぜて、技巧的にも速攻もエキサイティングで、非常に魅力を感じました。少なくともクローゼのワンタッチ頼み、ヤンカーの頭のみ、ではないですよね。なぜそうなったのか理由はわからないけれども、準決勝の消極的な試合運びが何とも残念です。
    監督がセーターを綺麗なものに代えてノープレッシャーでやれば、3決はまた大爆発するのではという気もしますし、4年後はまた凄いチームになるのでは。
  • ウルグアイ
    俺は速攻が好きなんだよ!
    フォルランがベストイレブンに選ばれなかったら、俺は泣くぞ。(ベストイレブンって、あったっけ)
関連記事

準々決勝4

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/04(日)  10:15
パラグアイは持ち味を出したいい試合だったと思うけどなぁ。

バルデスはオフサイドポジションじゃないと思うんだけどなぁ。

コルドソのPKはスペインの選手が先に入ってるでしょうに。




ああ、残念だ・・・
関連記事

準々決勝3

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/04(日)  01:00
ドイツは強い!


死角がない感じがします。
次はスペインから4点獲るんですかね・・・

メッシはさておき、マラドーナの姿が見られなくなるのは残念です。


~~~~~
とりあえず延長なしでよかった。
スペイン対パラグアイを(ツールも)見る元気はありません。というわけで、また情報遮断モードで、明日録画を観ることにしよう・・・
関連記事

準々決勝2

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/03(土)  17:15
やっと見終わった。

延長後半15分過ぎから見ればよかったのかw

行くときと行かないときのメリハリ、行くとなったらゴールまで猪突猛進で貫徹するその素敵なカウンター、ウルグアイは開幕日に見てから一気に好きになりました。
(その昔の、レコバが中心だった時はこんなに印象的なサッカーだったっけ?)

ガーナの前半30分の右サイドからのカウンターなんかが典型的なんだけど、敵ゴールが近づいた時の勇気っていうんですかね、崩しきる前に、いちばん早くて一番危険なところからガツンと撃つ、撃たなきゃ点は入らねぇぜ、みたいな闘争心溢れる攻撃が、どうにも現状の浦和の姿と比べるに、本能レベル・遺伝子レベルで違うというか、やっぱ俺は「そこでまた平川に戻すわけ?」というサッカーよりは縦に早くフィニッシュするサッカーが好きだなぁ、と思うわけで。

あ、次はスアレス出場停止か・・・

~~~~~
さて今夜はアルゼンチン対ドイツ。
カミさんはアルゼンチンが優勝すると騒いでいます。
一方、俺は守備から速攻が仕掛けられるドイツ有利と見ています。で、決勝はドイツ対ブラジルで、ブラジルが普通に優勝しちゃって、なんだツマンネ、となるという予想だったんですが、早くもそれが外れてニワカっぷりを露呈してしまいましたので、この流れで行くとカミさんの予想の方が当たるのかな^_^;
関連記事

準々決勝1

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/03(土)  01:00
意外な結果だ。

俺は、パスを回す従来のブラジルよりは、縦に早い今のブラジルの方が全然好ましい。どこが守備的なの? このサッカーに文句付けるブラジル国民って何なの? って思う。(果たしてこれがブラジルである意味があるの? という意見はわからなくもないけど)

なので、ブラジルが1点獲って、オランダはロッベンが何もできないのを見て、前半終わって寝ようかと思ったぐらい。
しかし、オウンゴールの影響なのか、笛に神経質になったのか。後半は趨勢がガラリと変わって、ブラジルが2点目、3点目を獲って勝つと思っていた俺には全く予想外の結果。「さあ風呂でも入るか」のAAのような展開・・・。
ロッベンは、相手をイラつかせることに関してはこの試合、大成功だったよなぁ。

ところで、西村主神の笛は、カードに関しては正しかったと思うが、あのピピピピピってのは、本当にやめてもらいたい。ブブゼラが響き渡る中である程度やむを得ないとは思うが、本当に気に障った。
まあ大変な試合だったとは思いますが・・・

~~~~~
さあ、3時半の試合はギャンとかフォルラン・スアレスとかカウンターの撃ちあいがすごく楽しみだけど、寝る!
情報遮断して明日録画で・・・
関連記事

ツール2010

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2010/07/01(木)  20:00
7月3日に開幕するツール。ワールドカップと重ならないように開催を1週間遅らせるわけには・・・いかないんだろうな、やっぱり。フランス大会の時は、ずらしたらしいけどね。
とは言え、ワールドカップの終盤は明け方の試合が中心になるので、日付が変わる頃にゴールするツールと時間帯までバッティングするのは、7/3のプロローグ(23:15~翌2:42)と準々決勝マッチNo59(23:00~延長PKでも最大で翌2時)の1試合のみ。プロローグの有力選手登場は午前2時過ぎなので、事実上無問題です。
(両方見たら死ねますけど)

総合に影響しそうなところだけ、ざっと。

7/06 (火) #03 ワンズ~アランベール・ポルト・ドゥ・エノー 213km/石畳
7/10 (土) #07 ★トゥルニュ~レ・ルッス 165.5km/中級山岳/山頂ゴール
7/11 (日) #08 ★レ・ルッス~モルジヌ・アヴォリアズ 189km/上級山岳/山頂ゴール
7/13 (火) #09 ★モルジヌ・アヴォリアズ~モリエンヌ 204.5km/上級山岳
7/18 (日) #14 ルヴェル~Ax3ドメーヌ 184.5km/上級山岳/山頂ゴール
7/19 (月) #15 パミエ~バニエール・ド・ルション 187.5km上級山岳
7/20 (火) #16 ★バニエール・ド・ルション~ポー 199.5km/上級山岳
7/22 (木) #17 ★ポー~トゥールマレー 174km/上級山岳/山頂ゴール
7/24 (土) #19 ボルドー~ポイヤック 52km/ITT

★・・・レース開始から中継が入る日

で、上記以外の日こそが、新城が逃げる日!

シクロワイアード/ツール・ド・フランス2010コース紹介・プロローグ~第10ステージ
シクロワイアード/ツール・ド・フランス2010コース紹介・第11~第20ステージ
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
06 | 2010/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ