壁紙

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/30(水)  12:00
20090916.jpg壁紙も変えてみた・・・


バ・・・バレバレか
我ながら最悪だな カミさんの視線が痛い
関連記事

ウィジェット

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/29(火)  15:30
風邪で早引けしてきた。
熱があるのか、寒くなったり暑くなったり大変だ。喉も痛いし、薬を飲んで寝るか・・・・


というときに書くほどのネタじゃないのだが。


20090916-2.jpg先日から、天気予報のウィジェットをデスクトップ上で動かしているのだが、俺のパソコンの貧弱なスペックじゃ重くて空冷ファンがうるさくてダメだこりゃ。
と思っていたのだが、10日ほど放置していたら、なんと今日から名前を呼んでくれる設定になったので、これは捨てられないなw
いや、ホントは放置なんかしてないんだけど(*^_^*)


ではおやすみなさい・・・
関連記事

谷垣総裁

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/28(月)  21:20
政治のハナシじゃないよ・・・

自民党の谷垣さんと言えば知る人ぞ知る自転車好き。というか結構乗れる人らしい。
その谷垣さんがこのタイミングで自民党総裁に。

果たしてこれは自転車的に言うとエースなのかアシストなのか微妙なところだ。
ロードに乗る総理なんてのも面白いので、ここで引くだけ引いてリタイアなどせぬよう・・・
関連記事

万年2位脱却

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/28(月)  01:00
エバンスここで勝つか!







(実況スレより)

オーストラリアはザルツバーガーとオグレディの引きが実ったね。
チーム戦の醍醐味。

ちなみに別府は完走し57位。新城と西谷は不明・・・

牽制だらけにならず、よいレースでした。おやすみなさい。
関連記事

新城逃げ中@世界戦

プロロードレース ] TB:0 | CM:2 | 編集  2009/09/27(日)  20:30
ちょw 世界戦でそのリラックスぶりw



(実況スレより)

おととしだっけ?
別府が集団の前の方でテレビに写っただけで大騒ぎしていたのが嘘のよう。

一時は逃げとメイン集団で10分以上の差がつきましたが今は7分差程度。
19週のうち、やっと8週が終わりました・・・長いよ。
関連記事

横浜戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:1 | 編集  2009/09/27(日)  18:00
もったいない試合だったなぁ・・・という印象。

立ち上がりはバタついたがチーム全体としてコンパクトなエリアができていて(坪井は坂田に完勝)、攻→守の切り替えは早く、中盤での人数をかけた積極的なボール奪取ができて、高い位置での右SBの攻撃参加を交えたショートカウンターを何度も発動、さらに相手ペナエリア付近でのポゼッションでは変化(縦の楔)と、ボランチ(特に啓太)の敵ゴール前への侵入を混ぜた攻撃・・・おお、いいじゃん、理想と現実が融合してきたのかなぁ、それともやっぱり単純に暑いとダメなだけ?などと思って見ていた。
それだけに、中沢を離してしまった開始3分のセットプレーと、ロスタイムでの危険地域での啓太のやや甘いプレーが失点に繋がってしまったのは本当に残念だった。後半の出来がアレなので世論的にはダメ出しの嵐なのかもしれないが、出来が良かった前半でリードを奪っていれば全く違う展開も開けてきたと思うのだが。。。

ま、これは「たられば」であって、「もったいない」と思える出来だったのは2失点目まで。後半は全くコンビネーションサッカーの体をなさない状態になってしまった。
マリノスが、カウンター主体から、田中はゆま←移籍しましたよね・・・田中裕介の間違いです。指摘してくれた方、ありがとうございます。・河合あたりも含めた人数をかけた攻めに転換したからだろうか? 中盤から後ろが揃ってバタバタし、落ち着いて前目にボールを運ぶことができなくなってしまった。そしてロビーの体力的&メンタル的ガス欠と共に攻撃から柔軟性は失われた。復帰の直輝は当然ながらトップコンディションには遠く、さらにフリーに動くことで良さが活きる直輝の繋ぎのポジションでの起用は素人目には「?」。2ライン気味になりカウンターを浴びまくる一因となった気も。

うーむ、難しいのう・・・。



横浜の渡邉千真は、その風貌からなんとなく高松のようなもっさり系FWだと勝手に思い込んでいたが、スピード「感」ではなく実際に坪井をチギるスピードを持つ選手とは。彼はなぜ代表で試されないのでしょうか。
関連記事

09世界選手権RR

プロロードレース ] TB:0 | CM:2 | 編集  2009/09/27(日)  00:00
今日は世界戦ロード!

世界戦ロードといえば、1年でもっとも豪華な顔が揃います。
スタートリスト(PDF)

2つの短く急な上りがあるコースを19周回、トータルで262km、獲得標高4,655m、レイアウトにするとこういうコースらしいです。

20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg20090927.jpg

まず、スプリンターは最終勝負に参加できないと思います。じゃあ純クライマーがいいかと言うと、一つ一つの上りは短いので、持久力と瞬発力を兼ね備えた選手向き。普通に考えれば下馬評どおりクネゴ・バッラン・バルベルデ・・・といった選手が強いでしょう。でも、最有力扱いのクネゴはブエルタでピークを迎えてしまった気もするし、なによりそんなにうまくいくわけがない、彼に限ってはw。
あるいは、下りとのコンビネーションで、ダウンヒラー、スピードマンにも勝機があるかもしれません。

いずれにしても、逃げやスプリント勝負にはならないので、終盤に展開が活性化する中で、揺さぶり、マーク、追走と贅沢に駒を使える国が強いですよね。(だからシュレックやカンチェラーラは難しいと思う)

ワンデーレースの常で、仕事を終えたアシスト、勝機のなくなったエースは続々とレースを去っていくことでしょう。壮絶なサバイバルレース、果たして日本の3人は完走なるか?(難しいだろうなぁ)

※J sports Plus 18:30~
関連記事

忘れ物?

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/26(土)  10:00
ところで日曜日は埼スタでの試合ですが・・・

バックスタンドアッパー南寄りでGショック落とした人いない?
604入り口の手すりに巻かれてましたよ・・・


関連記事

燃費@ふぉれ☆すた 2

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/25(金)  18:00
不正確なメーター読みとはいえ、SH5はリッター18km以上も走るんだぁ☆

P1000076.jpg

1人乗車、エアコンオフ、下道5km(プチ渋滞)+東北道岩槻→鹿沼、遅いタンクローリーの後ろで80km/hクルコン使用
(写真を取ってる間に18.2から18.1になってしまった)
関連記事

地球人最強

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/25(金)  00:00
TTで足止めてバンザイゴールって初めて見た!









(実況板より)
関連記事

09世界選手権TT

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/24(木)  20:00
さーって世界戦が始まっております!

今夜はエリート個人タイムトライアル。
スタートリスト(PDF)

ラング・タフト・ウィギンス・カンチェラーラ・グラブシュといったあたりが優勝候補かと思いますが、タイムが出ないとわかった時点で日曜日のロードに向けて温存する選手も出てきそうなので、序盤タイムが注目。例えば山が走れるようになったウィギンスなんかはロードを狙っていそうな気もしますし、最後から2番目(日本時間22時42分出走)のカンチェラーラは「俺はロードを狙うぜ」と公言しているので、はて?という気もします。
しかしまあ母国スイスで開催される世界戦のTTで彼が手を抜くとは思えないので、やっぱり本命はカンチェラーラなんだろうなぁ。

(J sports plusで21時から生中継)
関連記事

新?アイウェア

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/23(水)  20:00
20090829.jpg愛用のアイウェア(adidas/a151・白)が壊れた話は先月書きましたが、ようやく新しいのを購入しました。

色違いのadidas/a151・黒ですw

a151はロングセラーのgazelleシリーズと違ってフレームやパーツだけ買い足すということができず全く新しい機種を検討していましたが、狙っているモデル(お手頃価格のOGKのビナート系)を試着できるショップを見つけることができず、試着しないでもフィットすることがわかっている同モデルを買い直した次第。
が、この2年半の間にa151は廃版になっていた>< アッパーフレームがないタイプって、常に上目遣いの自転車には最適だと思うんだけどなぁ。
あちこちネットで探したらamazonに黒がひとつだけ残っていたので月曜日に速攻でポチり。火曜日には配送完了である。

が、火水は仕事なので試せない。(試さなくてもわかってるんだけど)

手持ちの2枚のレンズのうち、スモーク系はコーティングが剥がれているので(買ったやつともダブるので)廃却。曇天用オレンジレンズはそのまま流用。
関連記事

化粧直し

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/22(火)  20:00
近所を(というか家の裏を)流れる見沼代用水。
サイクリングロードの看板が新しいものになりつつある。



ピカピカのコバトンに誘導される横断歩道ならぜひ渡ってみたい。(大まじ)
関連記事

スタンスと違和感

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/21(月)  20:00
シーズン終盤を迎えても、実は結構多くの人が『何を主眼に、何を目的に今季の浦和を応援するか』という事を整理できていないのではないだろうか。
あるいは、自分の中で折り合いが付いていても、それがクラブの方針と一緒だという確信が持てない人は、これは確実にいると思う。なぜならクラブが「誰にも明確な方針」を打ち出していないからだ。「土台づくり」という言葉が、いったい何をもって到達度を測るのか、その物差しがない。まあ、いまさらそれが良い悪いという話はここではしない。

が、クラブがどういう打ち出し方をしたとしても、サポーターの側がどう考えるかはこれまた自由。「優勝以外は無価値」は極端だとしても、「優勝を狙う」「ACL出場権獲得を狙う」と言わないことで、歯がゆく思う人がいるのも事実。
俺自身は今季のクラブのスタンスに概ね(全面的に、ではない)賛同してきたわけだが、より浦和に対する感受性の強い人であれば、今季の浦和に「勝利への渇望」とか「勝敗に対する重み」のようなものが今ひとつ感じ取れないというような感覚を持つこともあるのだろうなぁと、これはネットで様々な意見に触れたり、浦和系の友人知人と飲みに行ったりした時に、感じるわけです。ぶっちゃけ、信藤氏やフィンケは何度か「言い回しが気に障る」「捉え方によっては言い訳に聞こえる」コメントをしているしね。

なんでこんな連敗中みたいなネタを空気読まずに今頃書いているかというと、お馴染み清尾淳氏のコラムが、ちょっと引っかかったからだ。

Weps うち明け話#197 温室効果ガス削減と浦和レッズ

(前段略) 今季から新しいサッカースタイルを浸透させるために、ここまでやってきたのはなんのため?今年の優勝のためじゃない。来年、再来年以降に、人もボールも動くワクワクするサッカーをしながら優勝争いに絡むチームを作るためだ。そういう話をずっとしてきたつもり(後段略)


Weps うち明け話#189 優勝したいですか?

(前段略)「何故優勝を目標にしない?」と追及するのはどうなのだろう。それもサポーターをダシにして。そう思って聞いていたのだが、よく考えるとこのタイミングで、あらためて監督の口から、優勝についての考えを語られるのはよいことだったかもしれない。中断以降、また一つになって闘うために。(後段略)


俺自身は似た感覚だから異論反論はないのだが、息をするようにクラブサポートライフを満喫する人ならともかく、「今年はいいから」と実も蓋もなくハッキリ言われるとガッカリという人も、またいるわけで。
「サポーター」とひとくくりにしてコンセンサスを論じることは、少なくとも今季の浦和については非常に無理があると思う。そこがたぶん違和感のもと。これを「誘導」と言っては穿った見方に過ぎるとは思うが、こういったクラブが言いにくい事は、だからこそ、氏が代弁するのではなく、クラブがきちんと自ら発信すべきことのように思う。
(余談だが、明確な数値目標がない中で"All Come Together”は無理があるよ)

とは言うものの、代弁しているなどとはどこにも書いていないし、そもそもこのコラムは個人の意見という立て付け。スポーツ新聞のように断片的な引用で断じる意図はないので、読んでいない方はぜひ一読することをお勧めします。「勝利至上」寄りの方も、「土台優先」寄りの方も。
関連記事

食前酒タイム

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/21(月)  18:30
お酒を飲まない我が家には、ワインクーラーなどというしゃれたものはありません。



冷えればいいんです。
関連記事

架空請求

日常雑感 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/20(日)  21:30
へんなことを思い出した!

===引用開始===

(株)アースシステム
03-3486-0623
担当の中山と申します
早速ですが、本題に入らせて頂きます。
現在お客様がご使用中の携帯電話端末より、認証ネットワーク事業者センターを介し以前にお客様がご登録されました
『有料情報サイト』
『特典付きメルマガ』
『懸賞付きサイト』
等における無料期間内等で退会手続きが完了されていない為、ご登録料金及びご利用料金が発生しており現状で料金未払いとなった状態のまま長期間の放置が続いております。
当社はサイト運営会社より依頼を受けまして、
料金滞納者の個人調査、悪質滞納者の身辺調査などを主に行っております。本通知メール到着より翌営業日(営業時間内)までにご連絡を頂けない場合には、ご利用規約に伴い。①個人調査の開始(悪質な場合は身辺調査の開始)②各信用情報機関に対して個人信用情報の登録、③法的書類を準備作成の上、即刻法的手続(強制執行対象者等)の開始、
以上の手続きに入らせて頂きますので予めご了承下さい。
※退会手続の再開、お支払いのご相談等をご希望のお客様は、担当中山までお問い合わせ下さい。尚、本通知は最終通告となります。
営業時間、月曜~金曜
午前10時~午後7時迄土曜午前10時~午後6時迄、日曜日=休日

===引用終了===

8月18日にメールを受信したので、翌営業日(8月19日)に連絡しなかった(それどころか1ヶ月も放置していた)俺は、今頃探偵に身辺を探られたり、ブラック登録されていたり、訴えられる準備を進められているのだろう。

あードキドキする(棒読み)

参考<架空請求の注意喚起サイト>
架空請求データベース
架空請求メール・迷惑メール情報
STOP!架空請求!
関連記事

リアルな川崎戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/19(土)  22:00
さて、川崎戦のエントリー。

うーむ! 思いがけずと言ってはいけないんだろうけど、こういう大人な試合で勝つとは思わなかった。いい意味で。

フィンケは「前半だって守備的な試合ではなかった」と言っていたが(まあ、彼はそう言うわなw)、ジュニーニョやテセを充分にリスペクトして、守備ブロックを下げて、不用意にボールホルダーに行かずスペースを埋める形の守備は、「かつての浦和」を見るようだった。が、現在の力関係と戦術的な相関から言って、ワーワーと人数をかけてパスパスやっていたらドカーンと一発食らうという展開は多くのサポが危惧していたところ。そこを、前半を攻め急がず無失点で終えるというのは、俺は結構好きな展開だったかも・・・。

ロビーのセットプレーは精度が低く何本かのCKを無駄にした感じだったが・・・そのロビーのセットプレーから生まれた先制点は正直ラッキーかな、と。でも、情熱的にゴール裏に駆け寄りエンブレムにキスを繰り返すのを見ると、プレー精度とかどうでもよくなってしまう自分もあるわけで・・・
啓太のゴールシーンは、春先から何度も何度も反復練習しているものが形になって現れた好ゴールだったと思います。(その直前のバックパスミスは残念なプレーだったけどね)

これまで垣間見せてきた「理想のコンビネーションサッカー」の影があまり見えなかったという感想もアリでしょう。もっとも、今日の試合自体があまり動きのない展開に見えたとしたら、それは川崎のパフォーマンスが低かったからかもしれません。いつものような迫力に欠け、選手交代もあまり意図がわからなかった・・・
関連記事

09ブエルタ 20st

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/19(土)  21:00
ここまでのおさらい
1 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne 83:34:03
2 Samuel Sánchez (Spa) Euskaltel-Euskadi 0:01:26
3 Ivan Basso (Ita) Liquigas 0:01:45
4 Cadel Evans (Aus) Silence-Lotto 0:01:59
5 Ezequiel Mosquera (Spa) Xacobeo Galicia 0:02:11

昨日はヘーシンク脱落、バルベルデがうまくまとめて差を広げ、今日の個人TT。
今大会の(不思議なほどに安定した)バルベルデが28km弱の短いコースで1分26秒差をひっくり返されるとは考えにくく、2位3位争いが注目かと思います。モスケーラはTTが速くないので3位浮上は困難。よって見所は

サンチェス<<19秒<<バッソ<<14秒<<エバンス

の戦い。昨日、登りではシュミットに引かれているだけ、下りは恐る恐る走っていたバッソは、まあ4位が妥当じゃないでしょうか。
関連記事

09ブエルタ 19st

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/18(金)  20:20
ここまでのおさらい
1 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne 78:56:42
2 Robert Gesink (Ned) Rabobank 0:00:32
3 Samuel Sánchez (Spa) Euskaltel-Euskadi 0:01:10
4 Ivan Basso (Ita) Liquigas 0:01:29
5 Cadel Evans (Aus) Silence-Lotto 0:01:51
6 Ezequiel Mosquera (Spa) Xacobeo Galicia 0:01:55

恒例の「世界選手権に向けてリタイヤする有力選手が続出」のブエルタですが、さすがにこの6人はリタイヤしないでしょう。2分以内に6人というのはなかなかの接戦です。

そして今日は、これまたよくある山岳周回コース。最後の(2回目の)ナバセラーダ峠は、12kmという登板距離よりも、ゴールまで18kmのダウンヒルが危険な匂い。
15ステージでバルベルデの怒りを買った下りアタックを試みたダウンヒラーのサンチェスが、再び喧嘩を売るか。TTに強いエバンスが差を詰めようと上りで勝負を賭けるか、表彰台を狙うバッソとモスケーラが攻めるか。

まあ、最後の登りも下りも、ケスデパーニュが前で仕切るだろうな。
関連記事

東京ヴェルディ

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/17(木)  21:30
東京ヴェルディ 株式譲渡承認の件
「東京ヴェルディ 株式譲渡承認」についての鬼武チェアマンコメント

設定された株式譲渡条件「スポンサー料収入5億4千万円について11/16までに契約確定、計画の金額を満たす」が、事業計画として申告したものなのだから大丈夫だろうと見るのか、信憑性に欠けるから条件としたのかよくわからないが、チェアマンコメント中に「存続」という言葉が出てくるあたりが、コトの深刻さを物語っている。
このご時世、簡単に・・・計画通りにお金が集まってくるということさえ、非常に難しいことのようにも思う。

今でこそ「俺たちはJの盟主」とか自分で言っちゃう浦和サポがいるようだが、たった15年、20年の歴史を紐解いてみれば、Jの黎明期を人気面で支え、いや、それ以前に読売クラブの時代から日本サッカーの強化に大きな貢献を果たしてきたクラブだと言っても過言ではないだろう。
その取り組みは当時は他より10年は進んでいたと今にして思うが、Jの理念がどうこうという観念論は別にしても、Jに移行するときに残念ながら時代を読み違えたのだろうか。
移転という禁じ手を一度使ってはみたものの、結局のところ、その地域を基盤として飯が食えるだけの存在にはなり得ず、そこにサッカー素人による経営や無理な補強などのツケが重なり転落の途・・・ということなのだろうか。

何より気の毒なのは、そういったことに振り回されるファン、サポーター。
サポの人数少ないからいいじゃん、とかいう意見はまったく聞くに堪えない。
関連記事

家庭ネタ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/16(水)  20:00
マンション5階の我が家のベランダから手が届きそうな栗。
あーマジックハンドが欲しい・・・









とか思っていたら


今日、木が切られた


。・゚・(ノД`)・゚・。
関連記事

雨天ノーゲームの顛末

サッカー全般 ] TB:0 | CM:2 | 編集  2009/09/15(火)  20:00
ルールや前例を盾にとって四角四面な結論が出るのかなぁとも思っていましたが、落ち着くべきところに落ち着いた感じがします。

「鹿島―川崎」後半29分から再開

この試合を担当した岡田主審は、プレーに対するジャッジ・走力・視力といった「レフェリーとしてのスキル」以前のところで判断力が鈍っているのではないでしょうか。
関連記事

山形戦

拙い観戦記 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/14(月)  22:00
昨夜は嬉しくて酒飲んで酔っ払って8時に寝てしまったので「遅ればせながら」ですが・・・
色々な変化が、リフレッシュの結果として、あるいは具体的なプレーのチョイスとして現れた試合だったように思います。

自分が感じた変化とは
  • 闘莉王からエジへのシンプルなロングフィードの増加
  • 後方での時間稼ぎにも似たゆっくりとしたキープ(前線もお付き合いして休む)
  • アグレッシブなパスカット狙い(=1点目につながる)
  • 阿部ちゃんが高い位置をキープしコンパクトな中盤を実現
  • 萌のファーストシュートに象徴される思い切りのよいシュート
  • 前線は後ろを待たず積極的に単騎勝負
などなど・・・

これが、戦術的に意図したものなのか、単にリフレッシュして元気の突破力やエジのキープ力、阿部や啓太の運動量として現れたものなのかはわかりません。わかりませんが、ショートパスコンビネーションの呪縛から解き放たれたようなところが随所に垣間見えた。得点は個人力のシュート、PK、オウンゴールですが、(自分も勘違いしがちなのですが)「ショートショートロング」なんていうキーワードを引用するまでもなく、得点の瞬間までがショートパスコンビネーションサッカーである必要はないわけで・・・
さらに、萌の3点目は、同サイドに固まりがちだった攻撃が、密集から開いた左サイドに走りこむ形での得点ということで、今まで見られない形だったけれども、これもフィンケの志向するコンビネーションだったのではないでしょうか。

もっとも守備面でのエアポケットに落ち込んだような瞬間が頻発するのは相変わらず。
失点シーンは人が揃っているのにマークを外しているし、前半は右サイドの裏がお留守という場面がありました。ロビーと阿部のミスコミュニケーション、ロスタイムに闘莉王があがってピンチになるあたりは、いったい何をやっているのかという気も・・・

というわけで、神戸戦から上向いてきたチーム状態ですが、攻撃はともかく、集中力と、要所でゴリゴリっとした一発が飛んでくる(全盛期の浦和のよう・・・!)の川崎相手に守りきれるかというと、山形戦の内容ではなかなか厳しいものがある、というのが正直な感想です。
それだけに、今週のトレーニングでひとつずつ確実に課題を消化してほしい。
関連記事

09ブエルタ 14st

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/13(日)  12:30
ここまでのおさらい
1 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne 56:23:08
2 Robert Gesink (Ned) Rabobank 0:00:27
3 Ivan Basso (Ita) Liquigas 0:01:02
4 Samuel Sánchez (Spa) Euskaltel-Euskadi 0:01:32
5 Cadel Evans (Aus) Silence-Lotto 0:01:33
6 Ezequiel Mosquera (Spa) Xacobeo Galicia 0:02:06

昨日もバルベルデは3位ボーナス8秒獲得。こんなに手堅いバルベルデはバルベルデじゃないみたい。
ヘーシンクとバッソはバルベルデに1秒後着で、差が9秒広がりました。
バッソは9秒失い、サンチェスは遅れを29秒に留め、エバンスはパンクで1分25秒を失いました・・・。
モスケーラは24秒先行+2位ボーナス4秒で合計28秒詰めたはずですが2:14→2:06の8秒しか詰まっていない。20秒はどこいった? ま、細かいことはいいか・・・ブエルタだし

今日が頂上ゴール3連戦の最終日。バッソが3位狙いで勝負を落ち着かせようとするんだろうな。エバンスがかき回せば面白いんだけど・・・
いい気分で見られるかフテ寝するかは、今日の試合の結果次第でしょうか。
行ってきまー
関連記事

Jリーグ規約(備忘)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:2 | 編集  2009/09/12(土)  21:50
Jリーグ規約(pdf)

第62条〔試合の中止の決定〕
試合の中止は,主審が,マッチコミッショナーおよびホームクラブの実行委員と協議のうえ決定する.ただし,主審が到着する前にやむを得ない事情により試合を中止する場合は,マッチコミッショナーおよびホームクラブの実行委員が協議のうえ決定する.

第63条〔不可抗力による開催不能または中止〕
公式試合が,悪天候,地震等の天災地変または公共交通機関の不通その他いずれのチームの責にも帰すべからざる事由(以下「不可抗力」という)により開催不能または中止となった場合には,原則として再試合を行う.



ちなみに去年までの第63条は

第63条〔不可抗力による開催不能または中止〕
公式試合が,悪天候,地震等の天災地変または公共交通機関の不通その他いずれのチームの責にも帰すべからざる事由(以下「不可抗力」という)により開催不能または中止となった場合には,その勝敗の決定方法は,理事会において協議のうえ決定する.


※下線部は当サイト
関連記事

09ブエルタ 13st

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/12(土)  18:00
ここまでのおさらい
1 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne 51:12:38
2 Cadel Evans (Aus) Silence-Lotto 0:00:07
3 Robert Gesink (Ned) Rabobank 0:00:18
4 Tom Danielson (USA) Garmin-Slipstream 0:00:51
5 Ivan Basso (Ita) Liquigas 0:00:53
6 Samuel Sánchez (Spa) Euskaltel-Euskadi 0:01:03
7 Damiano Cunego (Ita) Lampre-NGC 0:02:13
8 Ezequiel Mosquera (Spa) Xacobeo Galicia 0:02:14

昨日はヘーシンクとモスケーラが10秒先着。ヘーシンクはボーナスタイム込みで18秒詰めました。ちなみに俺はボーナスタイム大好き派。(バルベルデも第9ステージで3位8秒ゲットして総合トップにいるわけですが・・・)

今日は終盤の1級+山頂ゴールのコンビネーションが勝負どころ。2つの登りの最中に3箇所、それぞれ30秒とか1分程度の短い下りがあるようなんですが、これはもう26km以上の長い長い登りと考えてよいでしょう。
それにしてもブエルタのコースプロフィールを見ると、ああ、プロ選手ってのは本当に凄いものだと思ってしまう。雨が降ってる+疲れが溜まってるという理由で1日中ゴロゴロしている(なのに朝は納豆卵かけご飯、昼にカップラーメン、おやつにケーキを食べて、昼寝して、目覚めてビール飲んで、このあと晩飯で大好きな大好きなカレーを2杯半食うことが経験上確定している)俺の劣等感を著しく刺激しますね・・・。
関連記事

09ブエルタ 12st

プロロードレース ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/11(金)  22:00
ここまでのおさらい
1 Alejandro Valverde (Spa) Caisse d'Epargne 45:37:51
2 Cadel Evans (Aus) Silence-Lotto 0:00:07
3 Robert Gesink (Ned) Rabobank 0:00:36
4 Tom Danielson (USA) Garmin-Slipstream 0:00:51
5 Ivan Basso (Ita) Liquigas 0:00:53
6 Samuel Sánchez (Spa) Euskaltel-Euskadi 0:01:03
7 Damiano Cunego (Ita) Lampre-NGC 0:02:13
8 Ezequiel Mosquera (Spa) Xacobeo Galicia 0:02:24
9 Haimar Zubeldia (Spa) Astana 0:03:10
10 Tadej Valjavec (Slo) AG2R La Mondiale 0:03:13

で、今日のコースは・・・えーとなになに・・・

↑1,700m ↓1,100m ↑1,300m ↓1,000m ↑300m ↓600m ↑1,200m

なにこの拷問w


でも例によって放送開始の頃には最後の下りを下ってるあたりかな?
関連記事

アジアプレーオフ

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/11(金)  19:00
1日遅れの話題ですが・・・

ドーハみたいなもんだよな・・・

KSA 1-0 BAH 13 ALSHAMRANI, NASSIR ALI N (KSA)
KSA 1-1 BAH 42 JAYCEE JOHN OKWUNWANNE (BAH)
KSA 2-1 BAH 90+1 ALMONTASHARI, HAMAD MOHSEN H (KSA)
KSA 2-2 BAH 90+3 ISMAEEL ABDULATIF ISMAEEL HASAN (BAH)

サウジアラビア


バーレーン
関連記事

残留ライン

浦和ライフ ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/10(木)  20:00
このサイトの華麗な読者の方の中には、99年の残留争い(と降格)を経験されている方も多いと思うのだけど、それを知らない、再昇格後のチッタピッタ時のgdgdも、オフトの時の2年越しの11連敗も知らないという方は、まあ、そういうのに慣れていないよね。

そういう人の神経を逆なでするような検証をしてみよう。ふふふ・・・




いくつ勝てば残留できるのか?

15位の現在の勝ち点は22。残10試合なので最大勝ち点は22+30=52。今の浦和の勝ち点は34なので、あと19取れば52を上回る。すなわち残り10試合で6勝1分で残留確定・・・なんていう計算も出来ないことはないけど、たぶんこれは論理的に間違ってます。
本格的に残留勝ち点を見積もるには、各節で下位3チームが必ず勝ち、14位から上のチームは常に下位のほうが負けるというようなこと(要するに必ず下位が混戦となる方向)を繰り返してシミュレートしないと実際の残留勝ち点は分からない。
あ、残り10試合で6勝1分とか有り得ないという意見はわかるけど、却下よw

より現実的な見方としては、過去の経験等をもとにざっくり残留ラインを見積もる方法がある。
で、俺の見方は「1試合勝ち点1=34」が降格残留のボーダーライン。ちなみに18チームになってからの過去4年(サンプル数が少ないので統計学的な意味はない)の16位の勝ち点は
・05=35(柏)
・06=27(福岡)
・07=32(広島)
・08=37(磐田)
ということで当たらずも遠からずなのだが、ダントツ最下位のチームがいると残留ラインは上がるんだよね・・・
いずれにせよ、この経験則で行くと、あと1勝1分で38に乗せればまず大丈夫、8敗も出来る!という計算になります。

最近の各チームの勢いを加味すると、どうだろう?
ということで、直近4試合(=お盆のリーグ戦再開後)の勝ち点を平均して次節の勝ち点を見積もってみた。最後の方は「予測勝ち点をもとに予測する」みたいな形になっちゃって予測精度が高いとはお世辞にも言えないと思うんだけど、まあ、お遊びですから・・・

↓結果がこれ。(恣意的なものではないので過剰反応しないでくださいね)



  • 現時点で18位の大分は、過去4試合の勝ち点が0なので、この計算方式ではこれ以上勝ち点が増えないのでアウト。
  • 現在16位の千葉が、最終勝ち点30の17位に順位を下げてアウト。
  • 現在17位の柏は最終的に勝ち点36まで積み上げて降格圏から無事脱出。
    代わりに降格ゾーンに入ってしまうのが現時点で15位の山形。予想勝ち点は33。
  • そして我らが浦和は、この計算方式では今後も負け続けることになってしまうわけだが、既に勝ち点34をゲットしているので全敗でも山形を上回り残留という・・・結果としては何ともマッチポンプな結果にw


要するに、これ、次節で山形に万が一負けると浦和が降(ry


まあ、10年前に僕らも恐怖でいっぱいいっぱいになりましたから、今度は若い人が怖さを味わうのもいいんじゃないですか?(うひひひ)
関連記事

欧州遠征

日本代表 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2009/09/09(水)  21:45
オランダ戦は後半から観戦。とは言っても、晩メシ前にワインをがばがば飲んで酔っ払って寝て起きた直後なので、実はほとんど記憶がない。失点シーンなんて全然覚えていないもの。
印象として残っているのは、激しいプレスをかけてボールは奪えるが攻撃が連続せず落ち着かないパチンコのような試合になっていたということ。そして「足が止まったなぁ」「本田動かないなぁ」ということ・・・。

それにしても、それを試合後のTVインタビューで言うっていうのは、どうなのかね。中村。上から目線というか・・・最初に相手に対してじゃなくてマスコミに言うっていうのは、浦和もそういうこと多々あるけど、何かいいことあるのだろうか。聞く方も悪いと思うんだけどね。

x x x

ガーナ戦は前半20分くらいから、やはり「ながら見」程度。3失点は実力。4得点は(オランダ戦とは全く立場が逆になったが)ガーナの足が止まった故といっても、自らを卑下したことにはならないだろう。まー、シュートを打つから点が入る、と肯定的に見ることももちろん出来るのだけど。

ところで、中村交代後に立て続けに3点入ったのは偶然ですよね・・・
「奔放なプレーでガーナを疲弊させ、後半の大逆転劇を演出した」とか書かれるのかなw

x x x

岡田監督が今やろうとしていること(そしてフィンケのそれも?)は、非常に実装が困難なハナシだと思うが、言ってることが間違ってるとは思わない。それだけに、現実論との接点をどこに見つけるのだろうか、というのは興味深く、結果的に一方的にボコられたオランダ戦は現実論への転換のスタート地点となるかとも思ったが、ガーナ戦の結果を鵜呑みにして変に自信を付けちゃったりすると危険だなぁ、とも。

平日ゴールデンの時間帯に試合。オランダとの時差は7時間? まあ日本企業の看板の多さからしても随分と無理やり感の漂う(そして財政的には持ち出しの多い)マッチメイクだったように思うが、アウェイでボコられるというのはある意味願ってもないことなので、「実り多かった」と言えるように、監督も選手一人一人も、課題を持ち帰ってくれればなぁ、と思う。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ