スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

274@走り納め5

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/31(土)  14:26

窓の向こうに、世界クラブ選手権決勝の舞台、横国を望む。

明日が、世界への第一歩を刻む日でありますように。







(これが言いたかった)
関連記事
スポンサーサイト

273@走り納め4

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/31(土)  12:52

大師橋より
後ろは羽田
関連記事

272@走り納め3

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/31(土)  12:33

昭和島からでられない><
関連記事

271@走り納め2

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/31(土)  11:43

都内うろうろ


良い子は行っちゃダメだぞ!絶対だぞ!
関連記事

270@走り納め1

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/31(土)  10:51

9時に家を出発。
9時半にボルテージで知人と待ち合わせ。
10時半。葛西橋で小休止中。
関連記事

269@元日の予定

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/30(金)  18:20















     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ チケが手に入ったのじゃ!!! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///:: <   _,ノ`' 、ヽ、_ ノ  ;;;ヽ  //
///// /::::   (y○')`ヽ) ( ´(y○')    ;;|  /
// //,|:::     ( ( /    ヽ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )|~ ̄ ̄~.|( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (||||! i: |||! !| |) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U | |||| !! !!||| :U   ;;; ;;;| ///
////|:::::       | |!!||l ll|| !! !!| |    ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::       | ! || | ||!!|    ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :   | `ー-----' |__////

こんな私のことを気にかけて下さった方、ありがとうございます。
言うまでもなく、戦力としてがんがります。
関連記事

268@準決勝その後&決勝は?

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/30(金)  09:19
俺自身の復帰緒戦の準々決勝ではデカい口を叩いたが(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=67439048&owner_id=198387)、準決勝を実際に120分戦って一夜明けた今日のおいらは、筋肉痛と張りで、満足に歩けない。
(皇帝ペンギンを思い出してくれればよい)

特に膝の上の内側(大腿四頭筋の内側広筋)と、ふくらはぎ(下腿三頭筋)が酷い。昨夜は、夜中に左のふくらはぎが攣って泣きそうになった。てか、ちょっと泣いたw
国立のゴール裏は足の置き場所が前後方向に短いので、サポートの流れの中で、片足を前の椅子に乗せるような体勢になる事が多い。この「半身の体勢」が腰には悪い。右腸腰筋が再びうずきだした。肩凝りが激しいのは、Go West の延々と続く頭上での手拍子のせいだろうな。

今日は1日休養に努め、マッサージとストレッチとウォーキングでリハビリだ。と言っても、カミさんが車で実家に戻っているので、自転車に乗らないと飯も食いに行けない。アクティブリハビリを兼ねて、ってことでいいかな。

明日は(たぶん)自転車で、カミさんの実家がある横浜へ。疲労の抜け具合・残り具合によって、60kmの都内縦断最短ルートか、100kmの荒川→東京湾ルートかを選ぼう。

元日、アテは、まだ全くない。

-------------------------------------------

天皇杯の決勝は、毎年毎年カミさんの分と合わせて2枚のチケットを事前に確保してきていた。夫婦の恒例行事だったわけですよ、元日国立。
でも、今年は俺もカミさんも仕事絡みで大きなストレスやトラブルを抱えていて、事前に希望ムンムンでチケットを用意しておく、そんな気分にはならず、全くの無準備。
まあ、リーグ戦の大半を欠席した時点で、タイトルがかかった試合に行く資格はないのかもしれない。結果的に「美味しいとこ取り」になることに変わりはないからね。(そう思って、リーグ戦終盤も大人しくしてたわけですが)
俺は準々決勝から参戦を再開しているけれども、そんな無防備?な年に限って決勝に行ってしまうのだから、、、、

まあ、この巡り合わせの悪さも It's my life なんだろうな。
関連記事

267@準決勝3: 疲労・・・

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/29(木)  21:06

延長後半のアイーダでふくらはぎが逝ってしまいました。
まー、それなりにはできたかな。でも疲れた。



元日は、チケなしで体ひとつで行ってみるか! どーにかなるべ!?
関連記事

266@準決勝2: 防寒その2

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/29(木)  13:57

ぁゃιぃ
関連記事

265@準決勝1: 防寒

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/29(木)  12:43

タイツあたたかい(^з^)-☆
関連記事

264@激動の1年終了間際

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/28(水)  21:58
どうやら、体も心も壊れる事なく、2005年を終える事が出来そうだ。

あとは、寝て、国立に行って、全力でヤって、結果を出して、3回寝て、1日の14時までにチケットを探し出すだけだ。
自分の責任で、自分の力で、自分に出来ることをやるだけ。
人の責任を背負い込む必要のない、自己責任の世界。

やっぱり心地がいいね、サポートってやつは。





あ、年賀状を印刷しなきゃ ><
関連記事

263@これから病院なんだが(その後)

虚弱自慢 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/24(土)  22:07

病院前についでに(?)寄った埼スタ。
なぜか足は209に勝手に向かう。あー腰を痛めてるのにぃー。

ゴール裏での実戦は実に7ヶ月ぶり。その間に体重は7kgほど落ち、少しは脚力も付き、心肺機能も気持ち向上している・・・はず。
その甲斐あってか、跳ねると体が軽い軽い! 寒いから心拍もそれほど上がらず、これならロングコールでも全然いけそう。ピョンピョンピョン!
一方、声の方は以前の7割程度。腹筋を鍛えたからか喉を潰すような事はなかったが、うーん、戦力にはなり切れていない。いくら跳ねる事が出来ても、声が出せなきゃね・・・。

岡野がやたらとフリーになるとは思ったが、相手に退場者が出ていた事を知ったのは先制点を取ってから。あほや俺。

怪我から復帰した選手のように感慨を感じることもなくw、試合後、そそくさと駐車場へ向かい、そのまま大和田に向かう。
それにしても道が込んでたー。

-------------------------------------------------
まず、皮膚科。
脂肪腫切除の術後の経過は「極めて良好」との事。再発していないかどうかを見極めるため、「1ヵ月後、1月末にまた来て下さいね~」と。ま、「診て終わり」で380円コースだろうから、いいんだけどね。

-------------------------------------------------
次に、整形外科。
腰の治療だが、こちらは面白かった。過去2回の担当の方は不在のため、今日は別の整体師さんが担当してくれたんだが・・・。

俺の症状(右腰の腸腰筋捻挫)や申し送り事項が書かれていると思しきカルテを見ながら俺の腰に手を当て、なにやら怪訝な顔をしている。
「うーん・・・・・・・」(さわ)
「・・・・・・・」(さわさわ)
「・・・・・・・」(もみ)
「・・・・・・・」(もみもみもみ)
「・・・・・・・」(おっぺーーーーし)
「立ちっぱなしでお仕事とか、されてきました?」
「ああ、はいw」
カルテに記録されている症状と、その時の俺の体の状態が全く違うので「あれ?」と思ったらしい。それで、背中の筋肉の張りを手で触っただけで、俺が長時間立っていた事を一発で見抜くわけである。プロはすごい。嘘はつけない。(ついてないけど)

カイロは、これまた別の整体師さん。
俺の体の弱点は「とにかく固い」との事で、ストレッチについて色々と教えて頂いた。どこをどう伸ばせばよいか。適度な負荷をかけるにはどういう方法を取ればいいか、日常生活の中でいかにストレッチを取り入れていくか、鍛えたい部分を的確に鍛える筋トレの方法、等々。

で、この整体師さんによると、どうやら、俺の体は「筋肉なし男クン」というわけではないらしい。ブルワーカーの広告を見て笑えずにいたコンプレックス持ちの俺にとっては朗報である。口がうまいよなーw
話の中で、最近バイクに乗ると頻発する「膝の裏のスジの張り」についても質問してみたところ、「もともと固くて可動域が小さい上に、筋肉量が増えて負担が増大したから。筋トレしたら、それと同じだけ柔軟度も上げなきゃダメですよ」とのこと。なるほど、そりゃそうだ。
「せっかく時間を使ってトレーニングするんですから、自分の体のことをもっと知りましょう」とも。

結局、なんだかんだで30分ほどレクチャーを受けてきました。治療というよりストレッチ講座ですな。
「症状は緩和してるので自信を持っていい。体を鍛えようとチャレンジしているのも素晴らしい。体のメンテでわからない事があったら来て下さい」とのことなので、治療という意味では、もう行かなくていいんだろうな。
関連記事

263@これから病院なんだが

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/24(土)  12:11

その前に、チョッと寄ってみた
関連記事

262@リハビリラン

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/23(金)  17:24

「トレーニングは駄目ですよ」

そんな風に理学療法士には言われているのだが、こんな快晴無風の日(しかも3連休の初日)にバイクに乗らないなんて、あり得ない。
温かい格好で、ストレッチを念入りにして、負担をかけないように軽いギアで、短距離ならいいのだ。
トレーニングじゃないもん。

というわけで出発しようとしたら、なんと!前輪のサイドに傷が入って、その部分だけタイヤが盛り上がっている。バーストのリスクを抱えて走るのはバカらしいので、前輪だけチェンジ。(僅か2,000kmの命でした・・・)
銘柄は、ライン装着と同じミシュランのプロ2レース。色は赤。

[左]フレームも前が赤なので、完全に「前後ツートン」だ。これでバーテープも赤にしたら、クドイだろうな・・・

見沼代用水東縁から総持院を抜けてプラプラと、ママチャリ並の速度で、まずは埼スタへ。
人が沢山いる。「あれ今日試合だっけ?」

美園の駅の裏から463バイパスに入り、料金所の手前で再び見沼代用水東縁へ。そのまま帰るのは物足りなさ過ぎなので、見沼大橋の先で西縁に入り大原へ。
厚化粧っぽい女性数名。パス。

せっかく体が温まってきたのに帰るのは勿体無い。
|-`)o0(・・・ショップでも寄るか
そこで、旧16号で大宮市内に向かう。が、流れに乗った勢いでショップをスルー。大栄橋を越え、中仙道もバイパスも越え、治水橋で荒川サイクリングロード左岸にIN。そのまま上流へ。

上江橋、開平橋をパス。榎本牧場でジェラートアイスを食う。262円とハンパな値段だが、おいしいです。
http://www.os.rim.or.jp/~enomoto/
ここで、持参の薄皮あんぱんをついでに1個補給。

太郎右衛門橋もパス。その先で舗装が途切れるが、しぶとく進む。が、ついに行き止まり。

[中]そこに、こんな恐ろしい看板が・・・!
((;゚Д゚)ガクガクブルブル

[右]しかし、俺の目を奪ったのは、立入禁止区域内にある、この看板。
なぜにセーラー服を着た女子高生なんじゃい・・・

その後、太郎右衛門橋まで戻り荒川を離脱。桶川から菖蒲まで一旦北上し、三たび見沼代用水東縁に合流。
走りながら2個目の薄皮あんぱんを食いつつ、帰宅。76.7km。
帰ってきてからも念入りにストレッチしたし、大した距離じゃないから、いいよな。
関連記事

261@サッカーに別れはない

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/22(木)  19:01
って、本当なんだね。
彼に会いたいです。

http://www.bellmare.co.jp/whatsnew.htm#wn_magenta.xml.1135244140.12.22
関連記事

260@棚からラーメン

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/20(火)  14:29
もう2ヶ月くらい前のことかな?
「どーもペダリングがヘタだな、俺」
そう思った俺は、踏み込みで踵が落ちないように、シューズのクリートの位置を少し後ろにずらした。
その直後の走りで右腰に違和感を感じたのだが、その後は沈静化の方向で、あまり気にしていなかったんだが・・・。

日曜日、強烈な向かい風に逆らって走った。こう、グイグイと、腰から踏むような感覚で。
そしたら、その日の午後から右腰が激しく痛くなってしまった。月曜日には歩くのも困難な状況に。
そこで、今日は午前中が大宮での会議だったので、仕事を午前中で切り上げて近所(大和田)の整形外科に行ったんだが、診察券に書かれている午前中の受付時間である12時半前に到着したのにも関わらず、入口には無情にも「午前中の受付は終わりました」の札がぶら下がっていた。

診察・治療を受ける気マンマンだったのに、門前払い。それに気が付いた瞬間、無性に腹が減ってきたので、メシを食うために岩槻に向かう。
それにしても、ここは浦和とも大宮とも違うよなぁ。同じマチである文化的必然性が感じられん。そんな事を、岩槻の旧街道に林立する人形屋の看板やノボリを見ながら、シミジミ思う。

シミジミだけでは腹は満たされないので、以前から行こうと思っていた線路脇の蘭蘭っていうラーメン屋に入る。
トーフラーメン(正確には「とうふらあめん」と表記すべきらしい)は、実に旨かった。大き目の豆腐であんかけの量は少なめ。「麻婆豆腐をかけたラーメン」とは明らかに違い、さっぱりしたスープが、澄んだまま最後まで味わえる。ごま油の風味かなんかも、食欲をそそるね。
セットでついてくるギョーザは、「ギョーザの形をした捧ギョーザ」の風味と食感だった。(微妙な表現だなこりゃ)

岩槻・蘭蘭のとうふらあめん>七里・紅蘭のダロー麺>大和田・天風>>>>>>>>大和田・蛍(魚きつすぎ)
関連記事

2005総括 生活・浦和・ネット

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/19(月)  12:00
一言で言って、「仕事が大変」。この一言で尽きてしまうのが、自分にとっての2005年だった。

数年を費やした大規模プロジェクトが春先に終わりを告げ「やっと人間の暮らしが出来る」と安堵したのも束の間、7月には子会社に出向になり、そこで30人近い部下を持つ、組織ラインの中のマネージャーになった。2年前から管理職の資格は持っていた俺だが、実際に組織ラインの中の「課長」として部下を持つのは初めての経験であり、「組織は人が構成する」ということを改めて感じる毎日である。もっとブッチャけて言えば、俺の厳しさで会社をやめる人間が出てくる、あるいは俺の匙加減ひとつで「リストラ」される人間が出てくる可能性がある、そんな毎日は、精神的に、とてもキツい。
だからと言って、俺は「仕事はもういいよ」とは全然思っていない。体力的には全く問題はなく、精神的なキャパシティもまだあると思っているし、自分というものに改善の余地が残っているとも思っている。それに、この世知辛い状況でバンザイしてしまうと、自分が切られてしまうという恐怖感もある。サラリーマン的に考えると、俺の会社で、俺の年齢で、今の俺が任されている仕事、俺が置かれた状況は、少なくとも負け組のそれではない。しかし、自分が常に「統制する側」でいられると思うほど自分は自惚れてはいないつもりだ。

そして、そんな事を思いつつ、自信と意欲と不安と後悔がごちゃまぜになりながら、毎日を過ごす。

つまり、単的に言って。
休みの日ぐらい、頭の中を空っぽにしたいのだ。休みの日にサッカーをどうこう思う余裕がないのだ。
レッズについて、あるいはサポートについて、「濃い」話をするのは疲れる。スタジアムで知り合いと会話するのも億劫だ。何を話そうか、とか相手の話に合わせなきゃ、とか。早い話が、ヒキコモリである。

そんなわけで、課長着任を内示された頃から、スタジアムでサポートすることへの情熱は、しぼんでいった。代わりに俺のストレスを解消してくれたのが、自転車(おニューのカーボンバイク)である。
 ⇒ 充実の週末 with ニューバイク (2005/06/05)
バイクに乗っている間は、何も考えない。「暑い」「寒い」すら、言語ではなく感覚で感じるのみである。青い空。白い雲。頭の中がスッカラカンの真っ白になる。2時間、3時間、4時間、5時間・・・・・・心の中の澱が消えていく。生き返っていく。仕事のストレスが溜まれば溜まるほど、週末のバイク比率は高まり、浦和の事を思う時間は減っていく。
そりゃそうだ、と我ながら思う。自分のことでいっぱいいっぱいなのに、1年間に二千万円も三千万円も貰って好きな事をやっている人のサポートをやっている精神的余裕はないよ、と。

で、レッズそっちのけで、バイクで富士スバルラインを上ったり、
 ⇒ 富士は日本一の山 (2005/08/09)
荒川サイクリングロードで転んだり、
 ⇒ 湿潤療法 お勧めです
このへんはサイトでも紹介済であるが、それ以外の部分で、この1年を振り返ってみよう。(mixiの方では紹介済のネタばかりであるが)

まず、ダイエットを始めた。某所から俺の文章を抜き出して、勝手に転載してみる。

(省略)

春先の79kg超(瞬間的には、体重計に乗っていない時に80kgを超えていたかもしれない)に対し、今は時間帯によって68kg台~69kg台である。BMIで言えば22。「標準体重」になったのは、結婚後初めてだと思う。(つまり10年ぶり以上というわけだ)
夏場から測定を始めた体脂肪率は、同じ時間帯で比べると3%程度減少した。と言うよりは、3%程度しか減っていないと言う方が正しいのだろう。

そこで、筋トレを始めた。
と言ってもジムで機械を使うわけではなく、自宅で自重でのトレーニングである。TARZANを買ってみたり、スロートレーニングの本を立ち読みしたりというレベルだ。
現在は、腿や脹脛を中心に、見た目的にも手触り的にも、なんとなく「筋肉の兆し」みたいなものはある。人生40年にして、これは初めてのことでもあるw


それから、左腰の脂肪腫を手術で取った。やはり某所から(略

(省略)



さらにさらに、禁煙を始めた。

1ヶ月以上を経過したが、こいつはツラかった。
いや、今も時折「吸いてーーーーーーー!!!!」という感じで感情が暴発しそうになる。
特に辛いのは酒の席。飲めない俺はタバコで間を持たせるわけだが、それができない。故に、飲めない酒を飲む。あるいは腹がきついのに何か食う。いずれにしても、楽しい席が苦痛になる。
また、口寂しさを紛らわせるためにガムを噛むわけだが、虫歯が怖いのでキシリトールガムを噛むと、おなかがゴロピーになるのが・・・。

まあダイエットも筋トレもそうなんだが、全てはロードバイク乗りとして恥ずかしくない程度に走りたいというオッサンなりのアレだ、つまらぬプライドだ。努力したって遅いものは遅いんだけどナ。でも何もやらないよりはマシなのは確実だからな。
来年、あるレース(のようなもの)に参加しようかと思っている。少なくとも、その日までは禁煙を続行する予定である。


さて。



このように、自らの体を直接の体験媒体とする「一次的体験」にハマってしまうと、(そのネタが何であろうが)「体験を伴わない脳内作業」、あるいは「体験を反芻して改めて書き起こすという二次的作業」であるサイト運営など、自分の中ではまったく意味を持たないものになってしまう。今年の自分が、レッズネタをどのようにして書けると言うのだろうか。肌で感じる事がないのに檄文で読者を煽ることなど絶対に出来ないし、スタジアムにも行かずに戦評が書けるわけがない。
嘘を書くぐらいなら、書かないほうがいいのは自明の理だ。これが、サイトをほぼ(日程系のページはマメに更新してたんですぜ)放置している理由の一つ目。

二つ目の理由は、HTMLをいじくるのが面倒という単純な理由。
mixiでは、今でも週に2~3回の日記をアップしている。blog形式にすれば、たぶんそれなりに更新の頻度が上がるんだとは思う。(読者の方にとって有益な情報になるかどうかは別問題だけど)
誰か俺のために独自ドメインとレンタルスペース取得手続きと簡単なblogツール導入をしてくだちい。報酬は焼(ry

三つ目は、俺が書く「私見」を、無条件で正しいと受け入れかねない人が少なからず存在する(可能性がある)こと。
・俺は、全ての俺の文章に対して全責任を負う
・俺は、俺の文章を読んだ方の判断の全てから、全くの自由である
いわば、書くのも読むのも自己責任。それが俺のネット上での唯一最大のポリシーであるわけだが、これは現実に俺の文章に影響を受ける人がいるかどうかはどうでもよくて(理解してもらおう、同意してもらおうと思って文章を書くのは「影響を与える」ことに他ならないからね)、「あなたの意見だから正しいと思います」と公言する方がいる状況で書き続けることは、俺のポリシーの逆を行くタイプ「ネット上では無責任マン」を増殖させるだけで非常に空しい、と。まあ、ぶっちゃけそういうことですな。(誤解されるといけないので書くけど、別に実害を被った事はないですよ)
こう考えると、仮にサイト更新の頻度が再び上がるとしても、浦和色(というか浦和に関するオピニオン)は薄くなるんだろうな。mixiでも、浦和のことは全然書いていない。皆レッズ系のつながりだから、今じゃ誰も読みやしないw

サイト運営について自分自身の興味が減ってくると、他のサイトやblogについても、それを読み下す熱意は減ってくる。いや、たとえ熱意があるとしても、今のレッズ系blogを全部読むことは不可能である。単純に、数が多すぎる。blogというコミュニケーションツールの敷居の低さがこの状況に一役買っているわけだが、数の多さは、一般的に三つのネガティブな事象を引き起こすと個人的には考えている。
一つは、量の増加に伴う質の低下。二つ目は、特定のオピニオンリーダーと、その取り巻きであるフォロワーによる世論形成。三つ目は、ウェブとサポートの乖離である。

質の低下などと書くと非常に傲慢な物言いになってしまうのだが、単純に「文章力がモノを書く水準に達していない」という問題よりも、むしろ、ネット上で意見を書く事の責任とか覚悟を持たない人が増えてきたということだ。この手の話は、実は物事が普及する段階では必ず見られる現象(例えばゴール裏が薄くなるとかいうのと本質的に同じ問題)なので、これを「低下」と呼ぶのは適切ではないのかもしれない。
しかしながら、これは、リーダーの「右向け右」の掛け声でフォロワーが一斉に右を向いてしまう状況を可能にする。すなわち二番目の問題に直結するのだ。穿った見方をすれば、意図的に世論操作をするなんてことも可能であるし、その意図がなくても結果的にミスリーディングしてしまうこともあるだろう。幸いなことに、今はリードする(と目される)側の意識が高いので問題にはならないが、フォロワー側の「付和雷同」体質には、常に危険が内在している。今、「レッズ&ピース」に関する一連のネット上での動きについて、自らの問題として振り返ることの出来る人がどれだけいるのだろうか?
そして、その構図は「ネットカリスマ」を生み出し、カリスマはウェブを通じてサポートを強化することではなく有名になる事を望み、サポートは建前となり、「We are REDS !」はレッズサポーター相手に商売をするための魔法の呪文となり・・・・・・




いや、もうやめよう。あまりにも悲観的な未来だ。

いや、それが「悲観的な未来」などではなく、「必然的な未来」だとしても、それがどうしたというのだろう。
時代が変わり、人が変わり、考え方が変わる。駆逐されるのは、常に古い世代の側なのだから・・・。
関連記事

259@大原

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/18(日)  10:03

風強すぎ。
工事現場からの土埃凄すぎ。
もう並んでる人は、信じられなさすぎw

【追記】
強風で靄が晴れ、空の青と山の稜線がとても綺麗だった
関連記事

258@カミさんと忘年会

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/17(土)  21:34

ウマー
関連記事

257@エビ(グロ注意、見るな)

虚弱自慢 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/13(火)  22:57

11月22日に切除した脂肪腫の跡、今はこんな感じ。

傷跡は3.5cm。以前の日記で「5cm程度?」と書いたが、それよりも全然小さかった。
脂肪腫の膨らみが 8cmx4cm だったことを考えると、これしか切開せずに脂肪の塊を取ってしまったお医者のセンセイの腕は、さすがに本人が
「うん、キレイになってる。傷も小さいし。中もきっちり取れてる」
と、自慢するだけの事はある。

縫った跡は6箇所。
まだちょっとグリグリした感触がある。

そう言えば、組織検査の結果は「ただの脂肪」だったとのこと。
それがはっきりしただけでも、手術してよかったかな。
関連記事

256@寒々とした1日

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/11(日)  14:49

きのうは晴々とした1日(http://mixi.jp/view_diary.pl?id=62640666&owner_id=198387)だったんだが、今日は寒々しい1日だ。というか、実際に寒い(らしい)。

なぜ(らしい)なのか。

今日は、土曜日のカレーライス+日曜日のスパゲティという黄金コンボによる体重増加の回避および手持ちのウェアでこの冬を乗り切れるかどうかを確認する(これまで、冬は毎年ほとんど乗らなかったから・・・)という意味で、50kmほど走ってきた。
で、結果は、ウェアの防寒性能は上々で、今日のような天候(気温6~7度、日差しなし、ほぼ無風)だと全く問題なし。そんなわけで、空気の冷たさは体感してきたが寒さは感じる事がなかったので(らしい)なのだ。

--------------------------------------------------------
ただ漫然と走ってもツマラナイので、いつもの見沼代用水「ヘルシーロード」を下流に向かいつつ、プチ探検をしてみた。

[左]ヘルシーロードの終点(川口・新井宿付近)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=MapionBB&nl=35/50/15.221&el=139/43/55.117&scl=25000&bid=Mlink
自転車乗りは、普通はここで走り終えるわけだが・・・

[中]文化放送送信所(川口・首都高新郷と安行の間あたり)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=MapionBB&nl=35/49/19.770&el=139/45/29.516&scl=25000&bid=Mlink
さらに見沼代用水を南下すると、こんな施設がある。

[右]見沼代親水公園(足立区・舎人と竹の塚の間あたり)
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=MapionBB&nl=35/48/09.066&el=139/46/56.375&scl=70000&bid=Mlink
一般的に「見沼代用水の終縁」と言われるところ。ここまで走って、ようやく「お腹いっぱい」
※だと思って満足して帰ってきたのだが、実は、ここより北側に見沼代用水東縁の終末があるというハナシもあり、事実を確認中・・・
関連記事

255@晴々とした1日

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/10(土)  22:20

今日は、ちょっとした暑さを感じるような陽気の1日だった。
まあ、天気予報を1日見間違えて、長袖3枚重ねで家を出たのが悪かったのだが。
そんなわけで、(心拍計がご機嫌斜めで実際の心拍はよくわからんかったのだが)軽く軽く流すことに。
ただ流すのも面白くないので、走り慣れた荒川の、しかし今まで走ったことのない場所を選んで走ってみた。

上尾経由で開平橋と入間大橋の間まで・・・がいつもの荒川攻略ルートだが、今日はそこまで行かず、その手前の開平橋の袂(川岸屋という定食屋?がある場所)から左岸で下流に向かう。
ここはいつも、サイクリングロードをロストしてしまい、大宮国際CCを通り抜けるコースに入ってしまう。それでも埼京線の踏切の手前に出られるのだが、今日はサイクリングロードを辿ることにこだわり、左岸堤防上から上江橋の袂に抜けるルートを探し探し走ってみた。
→結論:非常に快適。次からはこっちを走ろうっと。

次に、上江橋で右岸に渡ってみる。ここから秋ケ瀬橋までの右岸ルートも未体験ゾーン。
こちらは、同じ地域の左岸に比べてサイクリストの数は圧倒的に少ない。それもそのはず、路面が非常に悪いのである。堤防の重み自体で堤防がひび割れているような(いやこれ思いっきり推測)、暗くなったらロードで走るのは勘弁して欲しくなるような、そんな状態である。メリットがあるとすれば、秋ケ瀬公園内を走る鬱陶しさがないだけかな?

このあと鹿浜橋まで下り、そこから新芝川、見沼代用水東縁、大和田の「天風」経由で84.7kmのサイクリングでした。

ちなみに通過自治体は、さいたま(見沼区)→上尾→蓮田→伊奈→上尾→さいたま(西区)→川越→富士見→志木→朝霞→和光→板橋区→北区→川口→北区→足立区→川口→足立区→川口→足立区→川口→鳩ヶ谷→川口→さいたま(緑区)→川口→さいたま(緑区)→さいたま(見沼区)
川沿いって、その昔と川筋が違っちゃってるからか、住所がホント入り組んでて分かりにくいっす。

左の写真は荒川右岸、新河岸川の支流であるびん沼川が流れ込む南畑排水機場。住所的には富士見市?
こういう場所に出会うと、「最後の鍵があれば開くのに・・・!」と思ってしまう俺はドラクエが大好きです。
これよりさらに下流にある秋ケ瀬取水堰なんか、まさにゲームの終盤に訪れたら最後の鍵を使って宝箱を取れちゃう感がプンプンします。(長い)

右の写真は、10時半頃の南の空。文字通り、雲ひとつなかった。
地球が押しつぶされそうなほどに輝く太陽・・・
関連記事

254@手術痕(見ないことを推奨)

虚弱自慢 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/12/06(火)  21:55

タイトルで脅かしてみたが、実は手術痕は絆創膏で見えない。





と、新しい携帯の画像編集機能のテストを兼ねて、画像をうpしてみる。
(編集しないとティン毛とか写っちゃうからwww)
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
11 | 2005/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。