スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

210@プライドオブ見沼

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/28(日)  10:19

実演中
関連記事
スポンサーサイト

209@埼スタ

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/21(日)  16:55

風があるので涼しい。左足4か所、ヤブ蚊にさされて泣きたい。
関連記事

プライド・オブ・○○

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/21(日)  12:00
思い返すと日産スタジアムを最後にゴール裏には行っておらず、バルサ戦以降はスタジアムに足を運ぶ事すらしていない。
リーグ戦にカップ戦、ホームにアウェイ、それぞれに時間と金銭と体力を費やしながら精魂込めて全力を出し尽くすサポーター諸氏を尻目に、俺自身は相変わらずレッズには気持ちが全くと言っていいほど向かぬまま、カレンダーは8月も後半。リーグ戦の再開で気持に変化が起きるかとも思ったが、自分でも全くわけがわからないが、不思議な事に、気持ちが上がって来ることはない。
心身のストレスを解消する術としては、その心身を消耗する「サポート」は、今の俺には全くもって荷が重いという事なのだろうか。

まあ、レッズが自分にとってそんなちっぽけなものであるはずがない、という事については自信を持って言えるので、これも生活のサイクルの中でのバイオリズムの変化みたいなものだろう。
強くなってしまったレッズ、変わりつつあるレッズを取り巻く環境、自分自身の環境の変化、その中で、義務感でサポートをするのもおかしな話なので、これはこれで良いのだと思っている。

閑話休題。

俺は自分の出身や所属に(かっこよく言えば)アイデンティティみたいなものを感じるタイプなので、高校野球で北海道のチームが勝ったりすると、そりゃ嬉しい。優勝なんて想像もできなかったのに、それが2年連続なんて、あまりの凄さっぷりに鳥肌が立ったりもするくらいだ。
逆に言うと、浦和の地に住んだ事のない俺にとって、「プライド・オブ・浦和」という言葉は、「プライド・オブ・浦和レッズ」という読み替えが必要だ。都市としての大宮との鞘当の歴史とか、サッカーの街としての自負とか、そんなものは全く肌で感じるところがない。所詮は外様なのだ。

じゃあ、独身時代も含めて15年住んでいる「大宮」に何かを感じるかというと、残念ながらまだそこまでの愛着を持てずにいる。(ましてや、合併による「さいたま市」などという行政単位に何かを感じろというのは、まったくもって無理な相談である)

しかし、対象をぐーーーーっと絞って、「見沼」となると話は別だ。ここで言う「見沼」は、行政単位としての見沼区の話ではない。地区としての「見沼」である。
「見沼」の名を冠するものの代表格は「見沼田んぼ」と「見沼代用水」であろう。両者は一体不可分のものだが、とりわけ、今となっては普通のコンクリート護岸を持つちっぽけな用水路である見沼代用水は、遥か江戸時代の昔に、当時の世界最先端の技術を駆使して造られた事を考えると、贔屓目に見ても相当に「凄い」部類のものだ。そのハイテクっぷり、農業・商業・治水・自然への貢献は、現代の大宮周辺地域を成立させる上での源泉の存在と言っても過言ではない。

そんな見沼代用水の技術的ハイライトのひとつである「見沼通船堀」で、復刻実演が行われる。
自分が住む地域の成立に大きな影響を与えた施設に触れ、当時の建造努力や生活様式を想像し、心の中の「プライド・オブ・見沼」を刺激してみるのも一興ではないだろうか。
関連記事

208@プチ工作

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/21(日)  11:02

シマノの何がクソって、ブラケットの形状ほどクソなものはない。(カンパのエルゴレバー使ってみたいなぁ)
ブラケットを握った時に、手の平の中心とハンドルが合わないので、手の平の窪みとハンドルの間に隙間ができてしまうというか、手の平の小指側で体重を支えるポジションになってしまうというか・・・
(これを写真ナシで説明するのは、これまた難しい)

これを金をかけずに修正するには、

?ハンドルの幅を狭くして手が内側を向くようにして、ブラケットに対して相対的に手首が外に出るようにしてやり、ハンドルを内側にずらすのと同じ効果を持たせる

?手の幅を広げる ←無理w

が、まずは暫定対策として、ラバーフォームを使ってブラケットの形状を工夫してみた。

<左>オリジナルのブラケット形状
<中>工作は30秒で完了
<右>手前が工作後、奥は工作前

効果は・・・
走ってみないとなんともわかんないけど、この暑いのに外に出たくねぇし!
関連記事

207@Pride of Hokkaido

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/20(土)  15:49
(・∀・)せんだんりーん
(・∀・)せんだんりーん

毎年のように出場して毎年のように守備の乱れで敗れ去り、そのたびに三好監督が「パワーが足りなかった」とズッコケコメントを残していた東海大四のトラウマは深い、そんな北海道民にとって、甲子園の時期に誇らしい気分を味わうなんて俄かには信じられないのだが、それが2年続けてとなると・・・・・・

∩(☆ω☆)∩北海道ばんじゃーい
∩(☆ω☆)∩北海道ばんじゃーい
∩(☆ω☆)∩北海道ばんじゃーい
関連記事

206@夏休みの走り納め

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/15(月)  09:03

自動販売機を当てにしてたのにorz
関連記事

205@西日の大原

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/13(土)  16:25

あついー
関連記事

富士山チャレンジ 富士は日本一の山

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/09(火)  12:00
今までの人生の中で、チャリに乗って出会った最大の坂は中仙道の志村坂だったんですがw、40過ぎて山にチャレンジしてみるのもいいかなーと思い、どうせチャレンジするなら日本一の山がよかろうと、マイカー規制で車の少ない富士スバルラインに行ってきました。

スバルラインは、富士山五合目に上る道としては実は最も楽な坂で、料金所からの距離は23.5km、標高差1,218m、平均斜度5.2%。上りが得意な人にとって、この坂のスペックはそれほど大変なものではなく、1時間半から2時間ほどで大抵の人が上りきってしまいます。ロードで3時間かかると「人として問題」と某スレに書いてあったけどw
で、オイラは目標タイムなどは決めず、「足を付いても何でもいいから、とにかく上まで行くこと」を誓っての挑戦。
リアは27Tというスプロケを準備、フロントは39。もともと73kgあるんで特に軽量化は考えずw、水はたっぷり1.3リットル+補食のようかん、携帯ポンプ等いつものセットを持ってのチャレンジです。

09:35 北麓公園スタート

料金所の手前にそびえたつスバルラインΣ(゚д゚|||)
早くも27Tを使い切ってしまい、泣きたくなる。

09:45 (2.2km)料金所通過

(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
心拍180超える。4kmほど走って、早くも休んでしまう。ちょっと吐く。
剣丸尾駐車場(1合目下)でも10分ほど休む。もう泣きたい。ものすごく後悔する。やめる理由を探す。
やめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたい・・・・・・

??:?? (7.0km)1合目通過

ラップタイムを計測する余裕などない!!w

10:45 (10.4km)2合目通過

暑い。汗が湯水のようにヘルメットから滴る。滅茶苦茶のどが渇く。ボトル一本目が空になる。
早くもケイデンスが60を切り出す。つまり時速10km以下ww 途中の道端で腰を降ろして休む。情けない。
汗とよだれでバイクがキチャナイ!けど気になんかしてられない。
と思ったらガスがかかってくる。今度は寒い。走りながらジャージの胸元を閉めようとするが、足が充分なトルクを発してくれないのでフラつく。樹海台駐車場でアームカバー装着。

11:10 (14.1km)3合目通過

晴れると暑い。曇ると寒い。
ケイデンスは上がらない。心拍も上がらない。当然、高度はなかなかあがらない。なんだか自分が、灰色の世界を彷徨うゾンビのように思えてくる。
精神的に参ってきて、長い直線が現れると泣きたくなる。
大沢駐車場で本格的にストレッチ。ようかん2個を貪り食う。ちょっと復活。「あと10km」の看板を見てから、頭の中が「あと10km」一色になる。

11:50 (19.1km)4合目通過

辛くなってくるとシフトアップしてダンシングで休むわけだが、このへんでついにシフトアップできなくなる。27Tのままでゆっくり足を踏みおろすが、ゆっくり過ぎてケイデンスのセンサーが回転を拾わない。時速4kmとか出てるし orz
奥庭駐車場で「あと2500メートル」の看板発見! 「あと10km」から一気に減ったwwwww
ここから平坦でケイデンス100復活! 5合目直前の坂でヘロヘロになりつつ・・・

12:25 (25.5km)5合目到着

∩( ・ω・)∩ばんじゃーい
スタートから2時間50分。かろうじて人間としての尊厳を保つw。走行時間は2時間23分。
頂上でアクシデント。滅茶苦茶なガチャ踏みで、左足のクリートが外れる。(ネジは見つかったので事なきを得る)

帰りの下り。
時速50kmでバイクが(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク となり、必死に止まる。
以後、40km縛りで下り、47分かけて下山。ブレーキで肩が凝った・・・。

一夜明けて、意外と体にダメージがないわん(・∀・)
ちょっと走ってくる!

あとに続く勇者(キティとも言うw)の光臨きぼん

20050808_1.jpg
関連記事

204@富士山チャレンジまとめ

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/09(火)  10:04
今までの人生の中で、チャリに乗って出会った最大の坂は中仙道の志村坂だったんですがw、40過ぎて山にチャレンジしてみるのもいいかなーと思い、どうせチャレンジするなら日本一の山がよかろうと、マイカー規制で車の少ない富士スバルラインに行ってきました。

スバルラインは、富士山五合目に上る道としては実は最も楽な坂で、料金所からの距離は23.5km、標高差1,218m、平均斜度5.2%。上りが得意な人にとって、この坂のスペックはそれほど大変なものではなく、1時間半から2時間ほどで大抵の人が上りきってしまいます。ロードで3時間かかると「人として問題」と某スレに書いてあったけどw
で、オイラは目標タイムなどは決めず、「足を付いても何でもいいから、とにかく上まで行くこと」を誓っての挑戦。
リアは27Tというスプロケを準備、フロントは39。もともと73kgあるんで特に軽量化は考えずw、水はたっぷり1.3リットル+補食のようかん、携帯ポンプ等いつものセットを持ってのチャレンジです。

---------------------------------
09:35 北麓公園スタート
料金所の手前にそびえたつスバルラインΣ(゚д゚|||)
早くも27Tを使い切ってしまい、泣きたくなる。ものすごく後悔する。

09:45 (2.2km)料金所通過

(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ(;´Д`)ハァハァ
心拍180超える。4kmほど走って、早くも休んでしまう。ちょっと吐く。
剣丸尾駐車場(1合目下)でも10分ほど休む。もう泣きたい。やめる理由を探す。
やめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたいやめたい・・・・・・

??:?? (7.0km)1合目通過

ラップタイムを計測する余裕などない!!w

10:45 (10.4km)2合目通過

暑い。汗が湯水のようにヘルメットから滴る。滅茶苦茶のどが渇く。ボトル一本目が空になる。
早くもケイデンスが60を切り出す。つまり時速10km以下ww 途中の道端で腰を降ろして休む。情けない。
汗とよだれでバイクがキチャナイ!けど気になんかしてられない。
と思ったらガスがかかってくる。今度は寒い。走りながらジャージの胸元を閉めようとするが、足が充分なトルクを発してくれないのでフラつく。樹海台駐車場でアームカバー装着。

11:10 (14.1km)3合目通過

晴れると暑い。曇ると寒い。
ケイデンスは上がらない。心拍も上がらない。当然、高度はなかなかあがらない。なんだか自分が、灰色の世界を彷徨うゾンビのように思えてくる。
精神的に参ってきて、長い直線が現れると泣きたくなる。
大沢駐車場で本格的にストレッチ。ようかん2個を貪り食う。ちょっと復活。「あと10km」の看板を見てから、頭の中が「あと10km」一色になる。

11:50 (19.1km)4合目通過

辛くなってくるとシフトアップしてダンシングで休むわけだが、このへんでついにシフトアップできなくなる。27Tのままでゆっくり足を踏みおろすが、ゆっくり過ぎてケイデンスのセンサーが回転を拾わない。時速4kmとか出てるし orz
奥庭駐車場で「あと2500 メ ー ト ル 」の看板発見! 「あと10km」から一気に減ったwwwww
ここから平坦でケイデンス100復活! 5合目直前の坂でヘロヘロになりつつ・・・

12:25 (25.5km)5合目到着

∩( ・ω・)∩ばんじゃーい
スタートから2時間50分。かろうじて人間としての尊厳を保つw。走行時間は2時間23分。
頂上でアクシデント。滅茶苦茶なガチャ踏みで、左足のクリートが外れる。(ネジは見つかったので事なきを得る)

帰りの下り。
時速50kmでバイクが(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク となり、必死に止まる。
以後、40km縛りで下り、47分かけて下山。ブレーキで肩が凝った・・・。

---------------------------------
一夜明けて、意外と体にダメージがないわん(・∀・)
ちょっと走ってくる!
関連記事

203@富士は日本一の山

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/08(月)  12:52

ちかれた
関連記事

202@レッズと無縁の夏休み

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2005/08/07(日)  15:02
思い返すと日産スタジアムを最後にゴール裏には行っておらず、バルサ戦以降はスタジアムに足を運ぶ事すらしていない。
リーグ戦にカップ戦、ホームにアウェイ、それぞれに時間と金銭と体力を費やしながら精魂込めて全力を出し尽くすサポーター諸氏を尻目に、俺自身は相変わらずレッズには気持ちが全くと言っていいほど向かぬまま、カレンダーは8月。

心身のストレスを解消する術としては、心身を消耗する「サポート」は、今の俺には全くもって荷が重い。

だからと言って、この貴重な夏休みを(強迫観念のない夏休みなんて何年ぶりだよ!)ボーッと呆けて過ごすつもりは毛頭なく、それは全くレッズのサポートとは関係ない事なのだけれども、昨日も今日も、俺は俺のやり方で、心身の充実を図っている。もちろん明日以降も。
ま、百花繚乱の感のあるレッズ系blog群に埋もれるような駄文を書き連ねたりするのに時間を費やすよりは、百万倍健全だよなw

さて明日は早起きだ・・・・・・・・・
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
07 | 2005/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。