サプリに逃げる

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/31(月)  12:00
昨晩の「あるある大辞典」を見て、にがりダイエットを開始した。(実は既にガルシニアエキスとかいうのを服用していたりするんだが・・・)
関連記事

浮き輪装着はもうイヤ・・・

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/30(日)  12:00
前回のこのコラム(土曜日の試合の後の日曜日)で、「筋肉痛がひどい」「翌日に痛くなるだけマシ」と書いたが、その後、月曜日の夜の時点でふくらはぎの形が変わるぐらいに筋肉がコチコチに固まってしまって、満足に歩けないぐらいに筋肉痛が酷くなってしまった・・・_| ̄|○  いやもう、辛かった。というか情けなかった。
で、金曜日には、またひとつプチ失敗。帰宅時に新宿で埼京線に乗って、赤羽で座って、戸田公園あたりでウトウトして、気が付いたら戸田公園。・・・・・・・・・戸田公園??? そう、寝過ごして大宮折り返しで戻ってきてしまったのだ。ほとんど1時間の爆睡。酒を飲んでいないのに寝過ごしたのは初めてだ。まぁ、寝過ごした事はいいんだが、普通、終点で誰かが起こしてくれるよな? というか、俺はそうしてるぞ? まったく、人情のない世の中というか・・・。

ことほど左様に基礎体力の低下と疲労が見受けられるわけで、この土日は(実に久しぶりの連休、しかも好天に恵まれているのに)床屋に行っただけで、あとは2日間ごろごろ。せっかく買った(衝動買いした)新しいジャージとレーパンの出番もない。自転車用のウェアってのは基本的に体の線が出るから、
「これ着て走るの、恥ずかしい」→「やっぱ走るのやめよう」→「走らないから痩せない」→「痩せないから(以下ループ)」
となる悪循環である。走れば気持ちがいい事はわかっているんだが・・・。今のところ体重増加には一応の歯止めが掛かったようだが、体重よりもシェイプをどうにかしないと、夏なのにジャージどころかTシャツも着られない。
腹回りに2段浮き輪を装備してロードバイク、腹回りに2段浮き輪を装備してクルヴァ、いずれにしても最低だ。

が、6月第1週も北海道ツアーである。窮屈な移動と、ストレスと、夜の酒である。
関連記事

ハートフルスクール#6

ハートフルスクール ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/27(木)  22:00
20040527_1.jpg

倒れたプレイヤーに手を差し伸べる・・・
スタジアムでもよく観る、そんな光景にも似ていますが、さて、いったい何をしているところでしょうか。

正解は、「尻タッチ」。
2人1組で手をつなぎつつ、『相手の尻に触ったら勝ち』という、地方のクラブでコンパニオンを呼んだらやってくれそうなゲーム、もとい、プロフェッショナルが選んだ練習メニューです。素人の俺にはサッパリわからんですが、俊敏性とかバランスとかを養う意図があるのかな?(類似品に「つま先タッチ」というのもある)

20040527_2.jpg

で、右の写真が、決着のついた瞬間。尻にタッチされた子が負け。
まぁ、俺の息子のわけだが(笑)。

あとのメニューは「ボールコントロール」「1対1」「ゲーム形式」といったところ。

20040527_3.jpg

このショットは1対1の1場面なんだけど・・・こうやって見ると、芝生の中に子供がポツーン・・・って感じで、子供特有の「そこにいるだけ」という素朴な雰囲気が、なんとも味がありますな。
実に閑散としているというか、贅沢な土地の使い方というか、まぁ、普段は狭い土のグランドでわらわらわらわら・・・・・・と練習しているわけで、こんなカットになるのも、それなりの広さのあるピッチに小学2年生の子供が(少なくともこの瞬間は)2人っきりで独占しているからでして。
そうそう、息子、今回は守備側できっちり相手ボールをカットしております。
(緑ビブス)

さて、色々と仕込みには余念がないコーチ陣。試合形式の練習では、今回はカップ戦形式を持ち込んできました。その名も

「 こ い の ぼ り カ ッ プ 」

子供だましと笑っちゃいけませんよ。勝ったオレンジビブスチームに季節外れの鯉のぼりがプレゼントされたわけですが、まぁ、嬉しそうな顔しちゃってますからね。
息子は「2位だったからもらえなかったけど、あんなのいらないよ!」なんて言ってましたが、そんな強がりを言う事自体が「ホントは欲しかった」気持ちの裏返しなわけで。

次はどんな手を使って子供のモチベーションを高めてくれるのか、楽しみです。
関連記事

筋肉痛

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/23(日)  12:00
しかし、この筋肉痛、どうにかならんもんか。
昨日は試合開始5分でふくらはぎ痙攣状態で非常にやばかったんだが(自転車で国立や横浜に行った時よりもキツい・・・体重増加がモロに影響しているのだろう)、久々の声出しによる腹筋痛と合わせて、日常生活に支障来たしまくりである。「翌日に」筋肉痛になるだけマシなのだろうが。
まぁ、あと1ヶ月ちょっとで三十代最後の年齢になるわけで、上の写真のような「1列の席に2列の人、178cmの俺ですら前が見えなくなるような環境」でやるのは、正直キツいよな。まだ5月だってぇのに、早くも汗臭いし(笑)。
そういう意味では、「並び撤廃」の方向性っていうのはありがたいよね。行ける時間に体一つでスタジアムに行って、それでも自分に合った位置に行けて、やる事やって、サクっと撤収する・・・と。

そう言えば、昨日は仕事経由だったんでゲート旗も持って行かなかったんだが、自分の前が(去年のナビスコ決勝の時から気になってたんだけど)この旗の人だった。シャイな俺は話しかける事もなかったんだが、なんか奇遇~。
関連記事

ダメ男

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/21(金)  12:00
『世界一エネルギッシュな俺の同級生』ペトロビッチの引退試合が恙無く行われたようだ。
ホーム最終戦でロスタイムの同点ゴールを決め、ユニを脱いで号泣したそうだが、それは別段「引退する男の特別なドラマ」というわけでもなく、最後のシーズンもコンスタントに素晴らしい活躍を見せ、引退を惜しむ声も多いと聞く。

それに比べてこの俺は、なんとも冴えない毎日を送っている。最近は「忙しいから」「疲れているから」という理由で運動もしていないし・・・そもそも、仕事にも全く情熱を感じる事がない。4年半も同じテーマをやってきて、それがあと1年(それも、今までよりキツい事はわかり切っている)続くという状況に正直うんざり。モチベーションの低下と言えば聞こえはいいが、単純にやる気が出ない。仕事にも趣味にも全力投球できない、要は典型的なダメ男。なんとも自己嫌悪である。

ペトロと同じエンジンを、とは言わないが、俺にもペトロのハートがあればなぁ・・・とは思う。
関連記事

ハートフルスクール#5

ハートフルスクール ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/20(木)  22:00
20040520_1.jpg

『絶っっっっっ対に行く!』

これ、前日の夜に、「明日、台風が来て土砂降りでも行く?」と訊いた時の、息子の答え。何もそんなに目を見開かなくとも・・・というぐらいの気合でした。
そこで思い出すのが、初回の時の、ノブコーチの説明。

『お休みの際は、連絡は不要です。ただし、雨が降っても台風でも、コーチはグランドに来てます。』

まぁ、これだけの大人数相手にいちいち連絡なんかしていられないだろうし、問合せなんかを受けた日にゃ、クラブの通常業務にも支障をきたすだろう。でも、パソコン音痴のカミさんに代わって地元のクラブの連絡網を作らされている私には、連絡がないっていうだけで素晴らしく思えてしまう(笑)。
真面目な話、どんな天気であろうと、子供が「やりたい!」と思えばそこにコーチと芝の環境が約束されているというのは、実際、素晴らしい環境ですよ。だってね、大多数のアマチュアプレイヤーは、「一雨降ったら泥んこ」のグランドですから。まあ、実際には、ピッチの半分は水が浮いちゃっていたんだけど。
でも、雨だとさすがに参加者が少なくて、子供たちは3学年合わせて20人ちょっと。そんなわけで、状態のいい方のピッチで1年から3年までが一緒に練習。そこにコーチが6人という、ある意味、非常に贅沢な状況でした。

20040520_2.jpg

20040520_3.jpg

練習の最初のメニューは、なんていうか、デカいボールを使っての5分ぐらいの試合(そのまんまやん)を2本。ウォームアップみたいなもん?
それから、『ボール出し』っていう・・・あるエリアを決めて、その中で全員が一斉にドリブルしながらボールをキープする。キープしながら他のプレイヤーに無作為にアタックに行って、アタックされた方はボールをエリアの外に出されたらアウト。『ボール出し』とは言っても、他のプレイヤーのボールを出す事が目的ではなくて、あくまでもキープが目的みたいですね。1対Nの中でどこまでキープできるかを競う、という感じでしょうか。
で、あとは4組に分かれて、ひたすらゲーム。

ところで、小学校低学年のゲームを観て楽しめるか? 結論から言うと、「ボールに群がらないレベル」なら、私自身は充分に「サッカーを観る楽しさ」を感じる事ができます。
何しろ今回の練習は少人数。コーチを入れても1チーム6人ぐらいなので適度にスペースがあって、そこに走り込むヤツと出すヤツという関係が随所に見られて、結構イケるんですよね、これが。足首一つでドリブルのコースを変えて敵をブチ抜きつつ自陣ゴール前から上がっていってシュートするリベロ属性の小僧とかもいて、これまた実に萌え萌え。それにイケイケ推奨なので、当然ながら決定機も多い。

20040520_4.jpg

つうわけで、比較的前目でプレーしていた息子も何ゴールか獲っていましたが、親バカの私としては、やはりゴールシーンを掲載してしまおう。前回が1対1で競り負ける場面だったからね・・・(笑)

20040520_5.jpg

練習が終わる頃には、照明に灯が入っていました。
関連記事

激しく寝不足

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/18(火)  12:00
北海道ネタに反応した友人と読者に伝言。
◎俺が北海道に行くのは出張のため。飲み会のためではない(笑)。出張日を早く教えろと急かすのはやめれ。
◎私の出身地は旭川ではなく北見・・・の隣の端野っつーとこです。まぁ、39号線で一本ですね。

それにしても、激しく寝不足。旭川から帰ってきた夜に(つーか翌朝の3時まで)電車男の物語を読んでいたから・・・というレッズサポーターは、俺以外にはたして何人いるのだろうかしらん。
関連記事

和む旭川

出張の日々 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/16(日)  12:00
昨日の旭川は、心地よい風が吹く、晴れた1日。
畑の茶色、牧草の緑、木蓮の白、黄色いタンポポ、淡いピンクの桜、濃いピンクのツツジ、真っ赤なチューリップが一斉に目に飛び込んでくるという、まさに「北海道の春」状態を満喫してきました。空気は綺麗だし、食い物は美味いし・・・
つーか、やっぱり生まれ故郷の風景・風土っつーのは、和みますわ。こんな事を思うのは、俺がそれなりにトシをとったって事なのはわかってるんだけどね。
んで、スシ食ってビール飲んでホテルに帰ってきてTV付けたら・・・もう唖然ですわ。気分ぶち壊しもいいとこ。

というわけで、旭川から帰ってまいりましたが、あまりにもムカっ腹が立ったので、旬を過ぎたネタを吼えてみました。
関連記事

読んで頂けるだけで幸甚

サイト運営 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/14(金)  12:00
予告どおり、土日は一泊ニ日で旭川。旭山公園の桜は今日、満開宣言がされた模様。行く時間はないだろうが、通りすがりの車窓から街中の桜見物くらいはできるだろう。

ところで、浦和の公式戦がなかった2月にはなぜか1日平均1,000件程度のアクセスがあったようだが、最近は再びジリ貧傾向。とは言うものの、積み重ねというのはありがたいもので、画面最下部のカウンターは、このコラムを書いている時点では「976,862」を指している。今のペースで行くと、100万到達は俺の誕生日前後になりそう・・・。
自分から知り合いにこのホームページの存在を知らせる事はほとんどないが、なぜか同じマンションの方やカミさんの友達が「めおとサポ」を知っていたりする事も多いようだ。長くやっていれば、内容はともかくとして認知度はあがるものなのかもしれない。今でも何日かに一回は感想メールを頂いたりする。最近は「ハートフルサッカー」に反応してくれる方が何名かいた。
サイトの知名度アップより現場でサポートしたい・・・という気持ちがある一方で、忙しい中で更新した文章を読んでもらえるという事は、サイト運営者としては何物にも代え難い喜びでもある。
関連記事

ハートフルスクール#4

ハートフルスクール ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/13(木)  22:00
息子に訊いてみた。

20040512_1.jpg

---このバスケみたいな練習、地元のチームではやるの?
うん、やるよ。たまーにね。
膝とかお尻でボールを止めるやつも、やったことあるよ。でも、たまーにしかやらないけど。


なるほど、ボールと戯れるような練習メニューっていうのは、小学校低学年では定番なのかな。でも、頻度はレッズの方が圧倒的に多いみたいだ。
しかしそれは、他のスポーツクラブとレッズのそれとの「練習メニューの質」の一言で片付けるようなものではないようだ。

そのことに気がついたのは、次の質問だった。

20040512_2.jpg

---これは何やってるの?
ゴールキーパーの時、体で止めるじゃん? それで取られないようにする練習。
---これはやったことある?
砂利のグランドじゃ、痛いじゃん!

つまり、(人工とはいえ)芝生のグラウンドであるということで、できるバリエーションというのがあるのだ。
ここに載せた2枚の写真は、いずれも「ボールコントロール」のさわりの部分であり、小石交じりのグラウンドでは「蹴って終わり」=体力・走力勝負になるが、状態のいいピッチであれば、個人技がモノを言う(はず)。逆に言えば、技術的な事は芝生でなければ教えにくい(覚えにくい)のだろう。だって、石ころがあっちゃ、プレーに不確定要素が多すぎるもんね。

そんなわけで、『楽しむ事が第一』と謳うハートフルスクールだが、やってるメニューは技術系志向(のような気がする)。例えばゲーム一つ取っても、「キープ」「フェイント」「切り返し」なんて言葉がポンポン出てくる。上手い子は(残念ながらうちの息子じゃないが)「ああいう場面は、ここでもうひとつフェイントを入れれば、もっといいぞ」なんて声を掛けてもらってたりするのだ。

いや、技術というよりは、一つ一つのプレーに目的意識を持たせようとしているっていう方が適切かな。個人戦術の基礎っていうか。「1対1」の練習でノブコーチから発せられる声は、

「言葉は悪いんだけどー・・・相手をだますんだよ!」

これはもちろん言葉のアヤで、実は試合形式でも1対1でもゴールが複数置かれているのですが、これは、常に複数の選択肢を念頭に置いてプレーすること、その選択肢を最大限活用すること、守る方には顕在化していない危機を察知する事が求められるわけで、書いていてだんだん気がついてきたが、実はかなり内容の濃い事をやってるんじゃなかろうか?
(と、素人の俺が言うのはおこがましいが)

20040512_3.jpg

で、オレンジのビブスをつけて守っているのがうちの息子なのだが、騙すのは苦手なわけで(笑)。
関連記事

不満があるのはこっちだヴォケ

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/10(月)  12:00
朝5時半に起きて、システムの納入先に朝8時から夜10時過ぎまで張り付いて、深夜2時頃に寝る生活を1週間続けて、とりあえず今日は意味のない社内の進捗会議以外に予定がなかったので、自宅で休養を取っております。だって次の土日も出勤なんだもん。一泊ニ日の旭川。
その旭川には他部署(つーか主管部署)の担当者が同行して、要は彼から(端から見れば単なる関連部署の)俺に担当が引き継がれるんだけど、その彼に「今日は休むから」って電話したら「会議の後に色々話す事もあったんだけど・・・」って不満そうな声を出され・・・
主管部署がロクでもねぇから俺が担当すんだろーがヴォケ
「出身地」という理由のみで相談もなく北海道を担当さすなヴォケ
40過ぎて独身のお前と違って俺には家族があるんだヴォケ

などとジェントルな俺が思うはずもなく、「今週はどこかで時間作りますから~」と笑顔で答える私ですた。

あーホント早くサラリーマンをリタイヤして老後を迎えたい・・・などと思ったりして。
関連記事

ハートフルスクール#3

ハートフルスクール ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/06(木)  22:00
連休中は1回休みのハートフルスクール。2週間ぶり3回目の今回、仕事中の俺にカミさんからこんなメールが。

20040506_1.jpg









20040506_2.jpg

そう、『福田コーチ』の登場である。
ミスターレッズの福田ではなく、あくまでも『福田コーチ』なのであります。コーチとしての参加なので、当然ながら福田も子供に声を掛け、一緒にサッカーをやっておりました。
相変わらず飛ばしまくるノブコーチに対し、福田コーチは落ち着いたもの。
カミさん曰く『ギャーギャー騒ぐ事はなかったね』。それは即ち、ノブコーチはギャーギャー騒いでいるという事なのだが(笑)、ノブコーチと比べたら誰でも落ち着いているわけで、福田コーチが静かなのはあくまでもキャラクター的なもの。

というか、コーチ3人が全員ノブ的キャラだったら疲れるわな・・・。

さて、小学2年生にとっては『福田コーチ』なんだが、大人にとっては『ミスターレッズ』。舞い上がって色めき立ったのは、親である。
誰かが一緒に写真を撮りだし、サインを貰ったりしていたのだが、そのうち人が群がってしまい写真撮影は中止・・・。ま、うちも携帯でバシャバシャやっていたようなのでアレなんだが、少なくとも練習場の中では「コーチとプレイヤー」の関係が主であって、「カリスマ選手とサポーター」の関係を金網の中に持ち込まないよう、これは我々親の方が自制しなけりゃイカンでしょうな。

練習は、個人技練習も組み込まれだしました。カミさんの説明から推察するに、足の裏を使ったボールコントロールの練習みたいですが・・・寝そべって足でボールを持ち上げる練習で「♪スタイリ~スタイリ~」とうるさいノブコーチに、福田コーチがクスっと笑いながら「今の子供にわかんねーよ」みたいなノリといえば、福田コーチの雰囲気がお分かり頂けるか?
試合形式の練習では、全体を6チームに分け、福田コーチがつく『J1』、ノブコーチの『J2』、アキコーチの『サテライト』の3ヶ所に別れてのゲーム。勝ったチームが昇格、負けたチームが降格という、俺の感覚では結構えげつないルールで競争意識を煽った模様。もっとも、息子が組み分けされたチームは激弱で、最後までサテライトにとどまってしまった模様・・・。

で、練習も終わって気がつくと、そこにはユースの広瀬コーチが・・・。
こちらの方は無事カメラに収まってくれたのでした。

20040506_3.jpg
関連記事

今後の見通し

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/05(水)  12:00
明日は自分が担当している取引先のシステムの立ち上げ。それが片付いたら、札幌・旭川。さらに茨城・和歌山・徳島と回って、年度末に釧路・帯広というわけで、これからの10ヶ月間で何度飛行機と新幹線に乗るのか見当も付かないが、まぁ一言で言って「忙しい」のは間違いない。だからスタジアムに通う見通しも全然立たない。つーか、担当する先は全部J1と関係がないっつーのが何とも(笑)。

今日の埼スタに駆けつける事ができなかった俺は、レッズサポーター的には「負け組み」。でも、いいやね。チームが勝てば。仕事にも張りが出るってもんさね。スッキリとね。
関連記事

カミさんと利根大堰までサイクリング

自転車とトレーニング ] TB:- | CM:- | 編集  2004/05/02(日)  12:00
世の中は5連休。
勤務先は29日からの7連休。
俺、1日から3日までの3連休。
いやいや、休みが少ないって文句を言ってるんじゃなくて、せっかくゲットした贅沢な3連休ですから有意義に使ってますよって事で。

で、今日はカミさんと利根大堰までサイクリングしてきたんだが、右の写真はそのひとこま。
家を出た直後にコケたカミさん(変速しようとして前ブレーキをガツンと握った←本当)でしたが、なんとか往復80km弱を走りきりました。サイクリングの醍醐味である『帰り道のコンビニで買う栗むし羊羹』も堪能しました。あ、カミさんは『梅しば』も。
が、たぶん今夜はふくらはぎ・尻・肩あたりの筋肉痛と転倒の打ち身のダブルパンチで悶絶する事でしょう。
うっひっひ。

まぁ、遠征に行かない俺は、サポ的には日和ってるって言い方もあるんだろうけど、カミさんや家族との時間を優先したっていう事で勘弁。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
04 | 2004/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ