スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旗でも作って盛り上げっか!

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/31(金)  12:00
北海道でオーロラだってね。なんでも14年ぶりだそうな。
ニュースに登場した「陸別町」ってのは、俺の実家から車で1時間ぐらいかなぁ・・・。14年前の俺は既に埼玉の人(いや、横浜の人だったか? とにかく関東在住だね)。つまり、俺は「北海道では」オーロラなんぞ見た事がないのだ。アラスカでバカでかいっつーか派手派手なオーロラを見たという事に優越感を持っている・・・というか、あれを見た時の感動は墓まで持って行けると確信している俺としては、お膝元でアレが見られたというのは、実に面白くない!

似たような、いや、似ても似つかないのではあるが、「すっげーーーーーっ!」って意味で同じように感動的なのは、満員のサッカースタジアム。

・ウズベキスタン戦の「紙吹雪」。(ただただ凄かった)
・駒場の市原戦での「発炎筒」。(残留争い、初クルヴァの記憶とセットで)
・去年のナビスコ決勝の「旗の海」。(高揚して、涙が出た)

俺的には、これがベスト3かなぁ。
いや、その時の喜怒哀楽という意味では、感動よりは「落胆したスタジアム」の方が記憶に残ってるんだよな。クラブの歴史的に、無理もないんだけど。バインのPK失敗、柳沢のVゴール、そして去年。思い返すと、全部国立で体験してるんだよなぁ。本当に、ポジティブに考えるのが難しい。

という気持ちを振り切るために、ゲート旗つくるぞ!
関連記事
スポンサーサイト

ポジティブシンキングできるか?

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/29(水)  12:00
(From名古屋)
こないだ、ホテルのテレビで見ていて思ったんだけど。
ダイエーの王監督が優勝を決めた後のインタビューで「阪神は強かった」みたいなニュアンスの事を言って、それを聞いた阪神ファンが拍手する・・・みたいな図式がね、俺には信じられないのよ。
例えばね、ナビスコ決勝で万が一(億が一)負けたとしてですよ? で、試合直後に鹿島の髭痔監督が敗者を称えるコメントなんかを吐いたとしてさ、それがまた国立のオーロラビジョンに音声付で流れたなんて事を想像するとですよ、どうですか? はらわた煮え繰り返りませんか?
基本的に俺って負け犬根性が染み付いてるからさぁ、そういう場面をいとも簡単に想像できちゃうんだよね。

それに引き換え、うちのカミさんはポジティブシンキング大王っぷりを遺憾なく発揮していて、羨ましい事この上ないのよ。
「勝ったら新宿で飲むしかないね」みたいな話をしたら、それが早速、その夜の夢になったらしいんだよね。優勝したぞ、と。新宿に繰り出したぞ、と。なのにお酒は飲んでないぞ、と。なんでだ、と。そんな夢を見たんだそうな。

そんな風に「普通に」期待できるっていう意味では、「手垢のついていないレッズサポ」なんかね、うちのカミさんは。いいねぇ。
関連記事

地に足をつけて

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/26(日)  12:00
昼間晴れると夜寒い。
北海道生まれの俺には体に染み付いてるんだけど、それにしても日が陰ってから(いいトシして)膝小僧丸出しスタイルは寒い。その分、家に帰り着いてからの風呂は格別だったんだが。

今日、試合の後にナビスコ決勝についての話し合いがあったんだけど、そこに一貫して流れていたのは、浮き足立たない、特別なことをしない、いつもどおりに・・・・・・一言で言えば「地に足をつけて」って事で、まぁそのへんは1年前に「毅然としたオヤジサポであれ」と書きながら、慣れない進行(と周囲の無言、あるいはピンチでの悲鳴・・・こんなの、駒場の東側じゃ考えられないから)に戸惑いを禁じえなかった俺的には、我が意を得たりと言うか、やっぱ考える事はみんな同じなのねと言うか、何を言いたいかっつーと、「だからお前は試合前日までキッチリ仕事しれ」って駄目押しされたみたいで、なんかな~。(笑)

つーわけで、名古屋出張シリーズの締めくくり(本当の締めくくりはナビスコ後になるんだけど)で、月曜日の夜から名古屋入り。最悪、試合当日にスーツ姿で国立に入る悪寒つーか予感・・・。
関連記事

ファンなら寒くても

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/23(木)  12:00
木枯らし1号だってね。
こんな日に野球観戦は寒いだろうね。試合がいつ終わるかわかんないのにね。俺はTVだからいいんだけど。
連日いい試合をやってるようなんで(俺も今見てるけど)、好きな人には堪らんのだろうね。まあ、タイガースだろうがホークスだろうが、ファン気質ってのは、興味のない人から見ると別世界の住人ですから、俺が何を書いても野暮なんだよな。

と、書いたところでタイガースがサヨナラ勝ち。

いいなぁ~、タイガースファン・・・(しみじみ)
関連記事

U-17アジア予選

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/20(月)  12:00
前から「?」と思っていた事。読者の方から質問のメールを頂いたりもしたんだけど(この方はこのページを見てくれているんでしょうな)、U-17のアジア予選って、どうなったんだろう・・・?
つーわけで、AFCサイトをExcite翻訳で覗いてみました。

7月18日のビジョン・アジアは、AFC青年出来事修飾語のためのフォーマットを励起しました。では、こうです。

>> AFC U-20ホスト・マレーシアおよびU-17ホスト日本は決勝ラウンドの中で引き寄せられました。
>> また、それらがグループの頂部を覆う場合、第2置かれたチームは資格を得るでしょう。

これって、日本が予選でグループ首位の場合は、同グループの2位が日本での本大会に進出できるって事だよな。つまり、予選を戦う前提。


同じページを読み進んでいくと、こうも書かれている。

>> グループ14:日本、DPR朝鮮(モンゴル)


モンゴルがなんで括弧表示になるのかわからんが、この3カ国でグループ14を戦うという事だね。


ところが、今月になると、表現が変わっている。例えば10月17日のAFC U-17選手権、日本の2004へのカタール・クレーム切符だと、

>> ホスト日本を加えた9つの他の国々に加わって(以下略)
>> 決勝ラウンド中の15のグループからの合計15のチームが、次のyear?s AFC U-17選手権の中でホスト日本に加わるでしょう。


「ホスト日本に加わるでしょう」って、なんだか日本は予選シードのような表現にも取れる。
だいたい、原文が "joining nine other countries plus hosts Japan" っていうんだから、どうなんでしょ?

で、このコラムを書いている時点でのCompetitionだと、グループ14にはDPR朝鮮とモンゴルしかいない(ちなみにグループ9の東ティモールも消えている)のだが、結局何が言いたいのかと言うと、恐らく日本はシードされて予選免除なんではなかろうかとは想像するものの、確信がもてない、という事だ。俺って使えねー(笑)。

まぁ、アジアってのは当事国同士の話し合いでどうにでもなっちゃう地域だからねー。JFAのニュースリリースにも疎俺らしい情報はないし、真相はわからん・・・。
関連記事

抽選とか面倒だし・・・

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/19(日)  12:00
は~あ、日曜日の新幹線は空いてていいね・・・っとくらぁ。

出張の間にすっかりナビスコ前日抽選の話題に乗り遅れたぞ。
土曜日の夜は、この件で携帯に3通(帰ってきてメールチェックしたら自宅にも3通)のメールが届いていたが、その頃の自分はと言えば、それに構っている状況じゃなかったし、断片的な伝聞情報なんでよくわからんし、そもそも試合前日は(それどころか当日の朝まで?)こっちにいるかもわからん状況だし。わからん事だらけだが、まぁ、次のホームゲームは日曜日なので、なんとか埼スタに行くべ。そしたらわかるべ。

つか、お前が前日抽選に行け。お前が点呼に行け>カミさん(と小声で言ってみるテスト)
関連記事

インターネット=野次馬

サイト運営 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/14(火)  12:00
なんかさ、レッズ系サイトのあちこちで

_| ̄|○

ってのを見かけるよね。ま、一番でかいサイズだったのはこのサイトだという自信はあるんだけど(笑)。

それだけ今回のチケット争奪戦は凄かったって事なんだろうけど、概ねどのレッズ系サイトもカウンターの回りがいいみたいですね。ここも例外ではない。まぁ最近は頻繁に更新しているんでアンテナ経由でお客さんが戻ってきているのかもしれないんだけど・・・。
サイト運営なんかしていたって、サポーター的には偉いわけでも何でもないし、そもそもリアルの駒場では2万人の中の一人に過ぎないわけで、そんな俺(や○○サイトのAさんや□□サイトのBさんや・・・XXサイトのXさん)を野次馬根性みたいな目で見ていても楽しいのかしらん?
(・・・インターネットと言う媒体自体が野次馬根性増幅器なのかもしれんが)

ところで。
トップにも告知させて頂きましたが、容量オーバーの危機に見舞われていましたので、一発限りの画像や、もはや公開していてもなんら意味を成さないページは大胆にネット上から葬り去りました(勿論、PC内には貯蔵されてますけど)。15MBが5MBですから、まあスッキリしたものです。ごみデータって、やーね。これであと10年は持つぞ?
何らかの不具合とかデッドリンクとかがあったら、ご連絡をお願いします~。
関連記事

束の間の余裕

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/12(日)  12:00
疲労は溜まっているものの、精神的にはいくらか開放され、そうするとレッズのリーグ戦・カップ戦での躍進が何にもまして心を沸き立たせる。
そんなわけでここ数日の当サイトは頻繁に更新しております。いやぁ、束の間の余裕って、心を贅沢にさせるなぁ(笑)。

今日は何ヶ月ぶりかの2連休の1日目という事もあり、子供たちと公園で大汗をかいて遊びまわり、久しぶりにロードバイクにまたがってまとまった距離を走り、生まれて初めてフットサルなるものにも触れてまいりました。
最初に「束の間の余裕」って書いたけど、そう、これから暇な毎日が続くというわけでは全っ然ないので、時間のあるうちに、これまでやりたくてもできなかった事をまとめてやっちまおうって算段です。そういう意味じゃ、全然贅沢でも何でもない、むしろ「貧乏暇なし」を地で行っているのかと。

フットサルは顔を出すだけのつもりだったんですが、ご参加の皆さんのご好意でプレーさせて頂きました。初体験の感想としてはですね・・・
「人は7分では死なない、しかし人は8分で死ぬかもしれない」 ってところでしょうか(謎)。
一応、乳酸を溜めないような運動方法やクールダウンとか、アフターのストレッチとか、それなりのノウハウはあるんだけど、久しぶりに体を動かしたから、今回は・・・尻の裏、ふくらはぎあたりに早くも筋肉痛が。でもまぁ、早めに筋肉痛が出たら喜ぶべき歳なんだけどな。
関連記事

決勝になると出てくる論調

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/11(土)  12:00
去年は昼過ぎまで残っていたチケットが30分ぐらい?で完売。ある意味、予想通りだよね。
11日21時の時点でヤフオクを「ナビ」で検索かけると515件。「ナビ 予約」でも151件。予約開始前から出品されてるんだから、何をか言わんや・・・ですな。しかしね、ゲッター業者が新兵器を投入したってわけじゃないだろうから、こりゃやっぱり実売枚数が少なかったと考えるのが妥当なわけで。実売されないチケットの行き先なんて詮索するだけ野暮。
まぁ、夢を売る商売だろうがなんだろうが、ビジネスってのは「大人って、きたない!」ってな世界なわけで、このトシになると、そんな事にいちいち憤りを覚える事もないんだが。

もうひとつ予想通りなのは、やっぱり出た! 「真のサポーターが行けないのはおかしい」というヤツだよな。ワールドカップの時にも散々書いた覚えがあるんだけど、もう、俺、こういう論調って大っ嫌い。まぁ、やっぱりそれは、俺には負け犬の遠吠えだと思うけどな。今回は俺も負け犬なんだけど。つーか、「負け俺」?(笑)
スタジアムでの調達は今の俺には難しいので(次の味スタは仕事だし、埼スタまで余ってるとは思えないからね)負け俺のまま当日を迎えてしまいそうな趨勢だが、まぁ、今年の俺はほとんどスタジアムに参戦できていないので、「真のサポーター」どころか「決勝だけ観に行くヤツ」っていう方の定義にストライクだかんね~・・・。
(と、サポーターとしての自分の価値に自信が持てない俺だったりする)
関連記事

駒場の力!

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/10(金)  12:00
「『マルクス闘莉王ユウジ・ムルザニ田中』って誰だ?」 と面食らっている皆様、如何お過ごし?
私はレッズ系サイトを巡回して喜びを反芻している最中ですが、その中で、選手のコメントなんかもあちこちにあって・・・、こう、俺的にうなずいたものを無断転載(しかも勝手に編集)してしまおう。

浦和側
>>「決勝の舞台でなければ、あの悔しさを晴らす事はできない。ずっと決勝の舞台にもう一度立つ事を想ってここまで戦ってきた」(坪井)
>>「戦う前からスタンドの様子がいつもと違った」(坪井)
>>「生きるか死ぬかの戦い。勝ちたくて仕方ない気持ちがそう言わせたんです。きょうの闘争心はマックスを超えてました」(平川)

清水側
>>「まあ恥ずかしかったかな。ああいうドカチンのシュートを決められたときっていうのは、どうすりゃ良かったんだろうって本気で思うし」(森岡)
>>「何か駒場にやられたなってのもちょっと思うし。相手の選手に与えてた力は、やっぱりすごいでかいものがあるのかなっていうか」(森岡)
>>「6点取られてから急に、向こうへの笛の吹き方が変わったんですよ」(森岡)

試合前の感情、それをぶつけたサポート、試合展開から審判様の印象に至るまで、実に我々の感覚と一致してるというか、
・選手と自分たちが同じ気持ちでいたこと
・それが「ホーム感」を生み出して味方に勇気を、敵に恐れを与える事ができたこと
っていうのは、本当にサポーター冥利に尽きる試合だったんじゃないですかね。6点取ったとかそういう事は抜きにしてね。スタジアムにロクに通っていない自分が言うのはアレなんですけどね。
関連記事

こんな毎日じゃダメだとは思うけど・・・

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/07(火)  18:00
このへんを柱の影からコソーリ眺めてると、みんな公私に渡って充実している様子が伺えて実に何とも羨ましいのだが(この場合の「公」はスタジアム内、「私」はスタジアム外でのサッカーライフを指す)、くっそー、俺も何とか時間作れねぇかなー。時間と、あと下がりまくった体力の増強ね。自転車なんか全然乗ってねぇもん。調べてみたら6月29日に荒川まで行って帰ってきて以来、汗かくほどの距離も乗ってない。お小遣いをはたいてホイールを新調してからたったの68kmしか走ってましぇん。通勤のお父さん以下。ペダルをビンディングに変えて以降はと言えば、近所の公園でのペダル脱着練習と、子供のサッカー練習場までの数キロ・・・記録するのもあほらしくて記録してませんが、ダメだこりゃ・・・。
こんな状態で「スーツでクルヴァの階段」じゃあ・・・やっぱだめか?(笑)

こんな駄文を書いてる暇があったら外に出ろって? おっしゃるとおり。でもさ、1日たっぷり休みってのがないと心身が持たないのよ、マジでさ。
今日は休みを取ってるんだけど、カミさんとランチしに行って、そのままアテもなく新車でプラプラして、メシ代とガソリン代を消費するだけの、何の目的もない、何も生み出さない1日・・・これが今の俺には最高の贅沢。

でもさ、仮にも「サポーター」を名乗るのなら、今のままでいいはずがないよな。むー。
関連記事

35日間で25泊30日

出張の日々 ] TB:- | CM:- | 編集  2003/10/07(火)  12:00
  1
自宅
2
ホテル
3
ホテル
4
ホテル
5
ホテル
6
自宅
7
自宅
8
自宅
9
ホテル
10
ホテル
11
ホテル
12
ホテル
13
自宅
14
自宅
15
ホテル
16
ホテル
17
ホテル
18
ホテル
19
ホテル
20
ホテル
21
自宅
22
自宅
23
ホテル
24
ホテル
25
ホテル
26
自宅
27
自宅
28
自宅
29
ホテル
30
ホテル
1
ホテル
2
ホテル
3
ホテル
4
ホテル
5
ホテル
6
自宅
         

10月3日に本番稼動のシステムを立ち上げて、7泊8日名古屋ツアーから帰ってまいりました。ホントは日曜日のうちに帰ってくる予定だったんだけど、まぁそれなりにトラブルもあり、一応(原因責任はないけど)結果については責任ある立場なんで、この1週間で眉間の皺が深くなった気が・・・(笑)
右のカレンダーでいうと、35日間で名古屋に25泊。実際には、名古屋から戻ってくる当日はいつも夜8時台の新幹線に乗って深夜帰宅だったわけで、そうすると実質的には「35日間で25泊30日の出張、家にいたのは5日間」ですか。凄いね、こりゃ。

そりゃ体がボロボロにもなりますよ。肩凝りはピップエレキバン(情けない)で治ったんだが、背中の中心、背骨の中(に感じられる)が痛くて辛くて・・・
注意力も散漫になるのか、日曜日の朝はホテルの冷蔵庫にエクレア(いやほら、疲れてると甘いものを食べたくなるでしょーが)を忘れてチェックアウトしてしまい、月曜日の朝はヨーグルトとタバコとライターを忘れ、タクシーで料金を多く払い(運転手が良心的で、走って追いかけてきて届けてくれたんだけど)・・・。

体力は確実に落ちてるし、だいぶ肌寒くなってきたんで、体調に気をつけないとね。
だからさっさと寝ないとイカンとは思うのだが、チャンネルを回してたらセレッソ戦をやってるじゃありませんか。
これを見ずして寝られるか?
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2003/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。