スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オヤジ・サポの矜持

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/29(火)  12:00
国立のシート貼りは凄い事になっているようだ。

数の多さもさることながら、「徹夜は禁止なの?自粛なの?」とか「何時に行けばどのへんに座れるの?」とか「南4門から自由席に行けるの?」とか「そもそもシート貼りって有効なの?」とか、ネット中に教えて君が増殖している。
ま、初めての事なので勝手がわからないという点では俺も同じなのだが、それにしても君たち一体何をオタオタしてんだ? と思ったり。
「試合では、あれは歌わない方がいい」とか「これ歌え」とか「メガホンは?」とか「赤着る? 白着る?」とか、この期に及んでテクニック論を戦わせている奴もいるが、君たち一体今までどうやってサポートしてきたんだ? と思ったり。

要は、他人の(仲間の、と言うべきか)腹を探っている暇があったら、一人一人の「俺」が、「俺の考えるレッズサポーターとしてのアイデンティティー」をベースにして、いつものように「試合に勝つためにやれる事は全てやればいい」だけの話。
腹を据えて行こう。降格の危機に瀕していた99年に、俺は書いた。立場は全く変わったが、その時と同じ事を、もう一度書こう。

「毅然とした態度であれ。悠然とした態度であれ。どっしりと構えたオヤジ・サポであれ。」
関連記事
スポンサーサイト

さてどうするナビ決

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/27(日)  12:00
昨日(土曜日)は休日出勤。
昼間っからビールを飲んで(って、ボランティア出勤の時って、やりません?)、仕事の後にさらにお疲れ会と称して飲みに行って、今日はもう体がバキバキってんで家でダラダラしてました。天気も良かったのに自転車で出かけるわけでもなく。

っていうか、こんなチーム状況なのにスタジアムに行かないってどういうわけ?
このページの上の方の「Not Only on the Web」ってのはただの看板かい? と自分で自分にツッコミを入れてしまおうか(笑)。

まあ、正直に言うと2ndのチケットは持ってないんですわ。休日出勤が恒常化しそうなんでね。リーグ戦に関しては、最終戦以外は本気で探せばどこかにあるもんだし。
そう言えば、今日の試合は、NHK-BSの中継のハーフタイムにやってる「BSサポサポ」って謎のコーナーの収録があるとかで、前の出演者(注:「おばちゃん」ではない)から「出ない?」なんて紹介があってねぇ。出るんだったらチケットはなんとかするよって言われていたんだけど・・・丁重にご辞退申し上げました。はい。

それでもまぁ、ナビスコのチケットはおかげ様で確保してまして。カミさんは既にパートを休む事も決まってるんだけど、何しろ(自分で言うのもなんだけど)「あの」浦和サポーターが、初めてのファイナルで、ファミリー席や招待券のおかげで国立の狭いエリアに押し込まれて、結果がどちらに転んでも、何が起きるかわからない。ゴールの瞬間に人が降ってこないとも限らない。いずれにせよ、子連れスタジアム参戦にはフランス予選並みの警戒が必要かと思うわけで。実際、ウチのマンションにいるご家族は、危険防止のためにファミリー席を選んだとか。でも、我らが夫婦には、そういう選択肢は、最初っから選ぶ気がない!(断言)

娘はカミさんの実家に預かってもらう話が付いていて、解決済み。
問題は、手拍子・コール・飛び跳ねをひととおりこなす息子。試合の価値を薄々ながら感じ取っているようで、これに連れて行かないと「なんでオレを連れてってくれなかったの」って後々まで言われるか、あるいは泣かれるか。
すでに代々木門と青山門では順番取りが始まっているようだけど、そんな試合のゴール裏に6歳の子供を連れて行っていいものかどうか・・・。
関連記事

醍醐味

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/23(水)  12:00
遠方のアウェイとか平日開催とか、そういう時にいつも思うんだけど、現地でサポートしてくれる奴らってのは、ホントありがたいというか頭が下がるというか、いや、別に彼らは誰かのためにやってるんじゃなくて、自分の信念でやってるわけだけど、ある意味、この10年間でいろんな物を投げうってサポートを続けてきた(そして報われる事のなかった)奴らの事を考えると、「行ける所まで行け! 突っ走れ!」と、ひと括りにすれば同じサポーターという枠組みの立場ではあるけれど、思っちゃうんだよね。
まあ、基本的には行動派とは言い難いヘタレな俺ですら、ラジオを聴きながら念を送るのは難しく、もどかしく、ましてやウルトラ諸氏がそんな境遇に我が身を置くわけもなく、だからこれは俺の一方的な思い込みであり杞憂でもあるのだが。

しかし、ウルトラだろうが穏健派だろうが、秋が心休まらぬ季節という事には変わりがない。残留・昇格争いは、当事者にとっては本当に気が休まる事のない、地獄の数週間でもある。このへん、浦和のサポーターは骨身に染みている。その一方でここ数年は、タイトル争いの充実感を感じる事ができるのは数チームのサポーターに限られ、優勝も残留も昇格も関係がない大多数のチームのサポーターにとっては、まったくもって「秋風が吹く」季節なのだ。そういう意味では、過去3年間で「降格」「昇格」「残留争い」「元日一歩手前」を体験し、今年に至っては「残留争い」と同時進行で遂に初の「ファイナリスト」となり、さらにはリーグ戦の「優勝争い」に加わるという日替わり(年替わり?)メニューを経験できている浦和サポーターは、ある意味で幸福・・・とまでは言わないが、すくなくとも充実はしているのかも。
なぜって、個人的な心情を吐露し、堪え切れずに感情を上下左右に振り乱し、あるいは爆発させ、それらの喜怒哀楽をスタジアム内外の仲間と共有しながらサッカーに関わっていくのがサポーターライフの醍醐味だと思うから。

だからと言って、例えば1点リードされただけで涙ぐんで目をつぶって胸の前で手を組んで祈っちゃったりするようなタイプの方には、絶対に浦和のサポーターは勤まらないんですけど。いや、「だからこそ」と言うべきかな?

なんか自慢してるのか自爆しちゃったのか、よ~わからん事を書いてるな、今日の俺は。
まあ、こんな季節でこんな状況だから、酔ってるのかも、俺。
関連記事

健康オタ

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/20(日)  12:00
ちょっと一息ついていた忙しさが先週から一気に爆発。「終電」→「飲み会」→「終電」と続くと、三十代後半の私にはそれなりに辛いものがあり、夜中にふくらはぎがつったりしています。
で、その翌日にゴール裏で跳ねるってのは、これまた結構ツラいんだよね。体力的にも、ふくらはぎの筋肉的にも。
自転車を始めたおかげで、ある程度の時間の有酸素運動なら(スポーツの「ス」の字もなかった数年前に比べると)こなせるようになってきたんだけど、筋肉を使ったり心拍が上がるような運動はどうもね。っていうか、仕事で疲れるとか、そんな時に限って夜中に足がつるっていうのは、どういう種類の疲労をいうんだろうか。スポーツと関係ない疲れ、筋肉痛ってのは、どう防げばよいのか?

って、なんか健康オタクになってきたか?(笑)

でもねぇ、ここ数週間は忙しい毎日が続くだろうから、心配なんだよね。やっぱ、11月4日には最高のコンディションで臨みたいし。
いや、それどころか、11月あたまの3連休が全部仕事になるとかの危険性もあるしね。まぁ、4日は、誰かを危篤にしてでも国立に向かう事は確実なわけなんですが。

続きを読む

関連記事

なんて下らない実況なんだ!

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/17(木)  12:00

「ファッションが違いますよ」
「ジーコさんがおっしゃっていた」


120%予想できた事だけど、馬鹿馬鹿しいほどの持ち上げぶりに萎え。そして、個人的に、今年のワースト流行語候補ナンバーワンにノミネートしたのは・・・

「なんておもしろいサッカーなんだ!」



無理やり誘導するなコラ!
関連記事

節操ないんだよマスコミは

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/12(土)  12:00
いやー、今日は日差しが強かった。サングラスの跡がついちまっただよ。でも、ビールが美味かった。
で、今日は、ビール片手にTVで見たアジア大会のU-21の話でも。あまりにも昨日のコラムがサッカーとはかけ離れているので(笑)。

下らんキャッチフレーズが好きなマスコミの方々が、事もあろうに自国の代表チームに対して「谷間の世代」なんていうネガティブキャンペーンを張って下さったおかげで、何をやってもヘタレとして扱われてしまう不憫なチーム。
私自身はこの目で(TVですら)見た事がなかったんで先入観を持たずに見る事ができたと思うんですが、イランの雄々しいサッカーに触発されたのか、前半は実にアクティブで、勇気があって、ポテンシャルを感じる45分間。楽しいゲームでした。最終的に、ベンチ・選手・審判が揃って挙動不審ぶりを発揮して負けた訳ですけど、これで優勝したりすると掌を返したように「最強世代」とか言いかねないのがマスコミの方々ですから、まぁ悔しさが胸に残る結果というのも悪くはないと思うんですけどね、ワタシ的には。

そんで、水曜日にはまた「黄金の中盤」一色になるわけでしょ? それどころか、スポーツニュースなんか、この週末の時点でリーグ戦の結果を差し置いて、やれブルースだのなんだの。メリハリも節操もなさすぎ。

もうね、ワールドカップ以降、マスコミの方々の言葉を見たり聞いたりすると、それだけで嘘っぽく思えちゃって、ダメ。萎え~。
関連記事

「見沼区」問題

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/11(金)  12:00
今日は幼稚園年長の息子の運動会。先週の娘@小学校と続いて2週連続です。
幼稚園の運動会自体は、娘と息子が3歳違いで共に年少からなので、実に6年連続。いい加減飽きましたが、歴代の担任が粒ぞろいに可愛いくて萌え~なので許す(笑)。
つーか、そういう楽しみは今年で終わりかい・・・残念。今年は最後っていう事もあるし、役員をやってるカミさんの顔も立てなきゃならないので、場内警備なんて役目も自ら立候補してやっちゃったりして。まぁ、普段は家と会社の往復だから、たまには地域で顔を売るのも悪くないし。カミさん曰く「あんたはサングラスして腕組んで立ってればいいから」って、アンタねぇ・・・。
でも、子供と一緒にやる競技で、その買って間もないアディダスのサングラスを落としてレンズを傷付けちゃってさぁ・・・レンズだけで3,000円だよ・・・鬱。

「地域」で思い出したけど、私の住む地域は来年から「さいたま市見沼区」になる予定です。文字自体になんら意味のない「さいたま市」というネーミングに愛着など湧くはずもないんだけど・・・。
ここに引っ越してから色々と調べたんだけど、「見沼」っていうのは文字どおり沼でして、それも随分と昔からある名前のようなんですね。縄文時代後期には、既に沼の周辺をベースとした集落があったとか。江戸時代以降は、付近を流れる利根川や荒川、それに沼自体の氾濫による水没を繰り返しながら(これはこの地域に限った話じゃなくて、関東自体がそういう場所なんだよな)、新田開発のためにその沼を人工的に溜池として造成し、さらに治水と干拓の必要性から先進の技術で用水路を整備し、関東有数の穀倉地=江戸の食料庫としての役割を担いながら、結果的には首都圏としては貴重な自然を残すに至った、いわばこの土地の自然と歴史の中心にある、アイデンティティーを持つ名前なんですね。
ところが、この「見沼」という名前を区名にすると「沼地のようなイメージで敬遠される」という妙な理由で、区名変更を求める署名活動が起きてるんだとか。イメージも何も、もともと沼地であった事は事実だし、この辺一帯が現時点で流麗華美なイメージがあるわけじゃなし。うちなんか、輪をかけて「小深作」ですからね。これはさすがに引くけど(笑)。
それにしても、そんなに沼がダサいか? 田舎臭いのか? 先人の歴史を愛せないか? この地ではよそ者の私ですけど、過去の歴史を知るうちに、この名前に、誇り得るもの、守るべきもの、後世に引き継ぐべきものみたいなイメージを感じるようになったけどなぁ。歴史の浅い北海道の人間だから、かえってそう思うのかも。
で、この地域を表す妙案があるかというと、その代案がなんとも味も素っ気もない「東区」。そりゃあ無味乾燥な名前にしとけば「イメージが悪くて不動産価値が下落する」って事は(おっと、これ以上書くと名誉毀損で訴えられかねないので以下省略)。

「さいたまレッズ」「さいたまアルディージャ」ではなく「浦和レッズ」「大宮アルディージャ」を守りたいと思う人なら、(その語感に対する好き嫌いはともかく)「見沼」の名前を無碍に否定されたくない、という私の気持ちもお分かり頂けるのではないでしょうか。
関連記事

生理的にダメ

日本代表 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/07(月)  12:00
他のサイトもニュースも見ていないので、もしかして俺だけ全然的外れの感想かもしれないけど、正直に書きます。一試合も見てないのにジーコマンセーもジーコくそったれも何もないんで、非常にピュアな感想という事で(笑)。 ⇒ジーコ会見全文(スポナビ)

「もし明日試合を行うとするならば、楢崎、名良橋、秋田~(中略)~という形でやろうと思っています。」
「前の中盤は海外組みの4人となってしまいますが(名波も)十分なレベルではあります。」

1試合も、1分の練習もしていないのに、もうスタメン発表ですか。他の選手は控えですか。やる前からこういう事を言いますか。アホか。


「(山田は)名良橋選手と競い合いながら、同じことができると考えています。」


同じ事しかできねぇと思ってんのかよ!


「また、今の浦和レッズの好調さの要因も、彼の貢献が大きいと思っています。」

本当に試合見てんのかよ!


「最後のシュートのところでどうしても慌ててしまうところが、日本人ストライカーの欠点だと思います。」
「私も攻撃的な選手でしたから、今までの経験を代表選手たちにいろいろとアドバイスしていこうと思っています。アントラーズにいたころには選手たちに伝えていたつもりです。」
「(柳沢は)確かにチャンスに恵まれていないという面はあるかもしれませんが、いい動きをしていたと思います。」

あなたが教えた柳沢ですが、慌てる以前にシュートを打ちません。馬鹿も休み休み言って下さい。


「“代表選手に選ばれた自分の存在”というものがどうあるべきか、という話をしてあげたいと思います。」

だから、本当に山田にそんな事を言って効果が(以下略)。


浦和絡みの部分は冗談半分なので読み捨てて下さい。
それにしても、正直言って、ダメだ。ジーコの発言にロジックを感じ取れない。野望も感じられない。いきなり先発メンバーを言っちゃうところなんか、生理的に拒否反応が・・・。「鹿島の息のかかった人間のコメントだから」という、浦和サポ的な視野の狭さか? ジーコ擁立の経緯が胡散臭かったので、ジーコ自体をも胡散臭く感じているのか?サイトを更新したら、あちこちの意見を覗いてみよう・・・。
関連記事

夢に出るほどの快感

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/06(日)  12:00
マイライフの中での、もう一つの「ワクワクドキドキ」を堪能するべく自転車を引っ張り出してきてタイヤに空気を入れようと思ったら、空気入れが壊れてた(泣)。快晴の江戸川が呼んでいたのになー。
そんなわけで、バーテープの交換作業をしながら(たいした興味もない)横浜と京都の試合をTVで見るしかないツマラン日曜日なのだが・・・。

それにしても、昨夜のレッズの試合は印象に残るものだった。息子の証言によると、俺、夜中に叫んでいたらしい。「まじかよー、んっはっはっは」と。俺は全く覚えていないのだが、楽しくレッズの夢でも見ていたのだろうという事で家族の意見は一致。累積警告とアジア大会で主要メンバー3人が欠けて、中2日で、なのに休養充分の神戸に3トップの完璧な3ゴールと坪井の相変わらずの活躍で、今季(ここ数年で?)最高の快勝。岡野とアリソンまで見れて(おまけにアリソンの警告まで・・・笑)、夢に出ないほうがおかしい。夢に出るほど夢のような試合だったわけだが、夢ではなくて現実なんだな、これは。
関連記事

1ヶ月間楽しめる

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/05(土)  12:00
さいたま市内の小学校。秋の大運動会。晴れ渡った空。元気に走り回る子供たち。子供以上に熱くなって声援を送る父親の姿。そして校庭の隅で携帯と格闘する、赤い服を着たお母さん方の集団(笑)。
(※事情のわからない方へ・・・本日はナビスコカップ決勝のチケット発売日でした。)

スポンサーには申し訳ないんだが、まぁ、世間一般的には・・・いや、サッカー好きの間ですら、ナビスコ決勝なんてものは、それほど興味がある事じゃないわけで。タイトルの重みという点でも、「J>天皇杯>ナビスコ」という図式がほぼ共通の認識じゃないですかね。現に自分も、過去のナビスコ決勝はテレビですら見ていないし、「初タイトルはJか元日の天皇杯」なんて事をず~っと思っていたわけだし。
なのに、いざ自分たちが決勝進出の当事者となってみると、チケット確保だけでこんなに血圧が上がってしまう・・・ま、レッズサポーターはこういう境遇に身を置く事に(自分も含めて)慣れてないからね(笑)。

試合当日のゴール裏に立てば、嫌でも「何が何でもタイトル獲る!」モードになるだろうから、それまでの1ヶ月間は、初めて体験する「嬉し恥ずかし」「ワクワクドキドキソワソワ」を楽しんじゃおうかな。
関連記事

手放しで喜ぶわけにもいかず・・・

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/10/02(水)  12:00
年間総合順位が11位→1位or2位→7位と乱高下し、残留争いと2nd上位争いとナビスコファイナル進出が同時進行。99年の悪夢が遠く感じられる、2試合連続のVゴールによる逆転勝利・・・。なかなか心の平安を保ちにくい(←勿論いい意味で)1週間。

思わず浮かれてしまいそうだが、自分に染み付いた負け犬根性?というのがなかなか払拭できない。正直、今のサッカーがそれほど素晴らしい物だとも思えず、それでも結果は着実に付いてきていて、今の状態が「内容を伴わない結果」ではないのかという疑念が拭い去れないのだ。実際、公式戦7連勝とか初のファイナル進出とかは、レッズが「万年へたれ」から脱却した事の証明にはならないのだ・・・。

うーん、イカン、もっと楽しまなくちゃイカンぞ>自分!(いやぁ、勝ち慣れていないもので・・・)
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
09 | 2002/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。