良し悪しがそのまま見える今の浦和

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/09/29(日)  12:00
昨日の清水戦、試合前のメンバー紹介の時(Booooo!)と、交代出場の時(Booooo!)と、その直後のファーストタッチでのロングパスの時(ひやり;)以外は、特にアンポンタンがどうとか思わなかったんですが、帰ってきてスポーツニュースを見たら、どのチャンネルでもアンポンタン一色なんだよね。「浦和対清水」じゃなくて、あくまでも「アンポンタンデビュー」。
予想通りだけど。まぁ、俺のページでもネタにしてたわけだから、同じかもしれんけどね。
ま、たまにはこういうのも刺激があっていいんだけどね。「あ~んぽ~んたぁ~~~~ん」って黄色い声とかね。オッパ隊かってぇの(笑)。

しかし、清水って、いつの間にあんなに単純なミスを繰り返すチームになってしまったんでしょう? 特に前半。
私の中では、清水っていうのは誰が監督でもミスのないサッカーをするチームっていう印象がとても強いんだけど・・・。99年に国立で対戦した時に、清水の良さというより、久しぶりに見る浦和のあまりの酷さに絶句した覚えがあるんだけど、その時の裏返しみたいな感覚に襲われちゃって・・・。
だから清水が降格するかもよ、とかは全然思わないけど、チームのバイオリズムってのは怖いねぇってハナシ。観戦記じゃなくてここに書くと「いい気になりやがって」とか言われそうな気もするんだけど、ま、浦和にしたって、そういうチーム状況の相手に対して90分で勝てないわけでさ。着実な進歩を感じとっているサポーターは多いと思うんだけど、「磐田の次に強い!」とは到底思えないし。(レッズ系サイトの端くれ的には、ナビスコ準決勝の前にこういう事を書いちゃイカンのだが) それでもまぁ、今の浦和は「ここは良くなった」「ここは改善の余地が大いに残っている」ってのがわかるから、見た目の勝ち点や順位に惑わされずに先を見据えていられるんだけどね。
こういう感覚は、95年以来だと思う。
関連記事

それぞれの心の持ち様

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/09/22(日)  12:00
3連休の初日は札幌でのアウェイゲーム。そこまで行く金もTV中継もないというわけで、私は「必勝祈願!激走100キロ走!」と銘打って(打ってない打ってない)、江戸川~利根川~渡良瀬川~見沼代用水とつなげて116キロのサイクリングを楽しんでまいりました。
ストップ&ゴーのないサイクリングロードが大半なので思いのほか楽に走り切れたんですが(でも利根川のバッタの大群には閉口・・・)、帰ってきたら発熱してしまい、浦和の試合を速報サイトで確認する事もなく布団へ・・・。

今日は特に疲れも筋肉痛もなく復活しているんですが。いずれにせよ、大枚をはたいて遠征したサポーターはお疲れ様でした。旨いものを食って楽しんできて欲しいな、と。まぁ、私がこんな事を書くまでもなく、勝って食って最高の遠征になったとは思うんだけれどね。

で、浦和のサポーターが好き勝手をやったっていうんでネット上の一部で盛り上がってますけど、そういう事の是非みたいな事をネット上で議論(?)して、何の意味があるのかねぇ、と。自分の心の中で「これはやらない」と自己規制する、あるいはスタジアムでの行動で表現する、それだけの事でいいんじゃないかな、と。
サポートという私的な表現行為に対して、個人が集団のあるべき論を論じたところで、結論なんか出やしないんだから。

5年前の自分ならまた違う感想を持ったんだろうけど、まぁ、俺がスレちゃったという事かね。
関連記事

変調

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/09/15(日)  12:00
えーーーーっ! 勝ったの!? 見たかったーーーーっ!!

最近、[赤]戦闘記録も更新してないけど、全然ご無沙汰ってわけじゃないのよ。カミさんは息子を連れて駒場に行ってるし、私も先日の埼スタに行ったし。
ネタになりそうな話もチラホラあるんだけど、何しろ忙しいモンで。今日も仕事だったし。今月末の土曜日には埼スタで清水戦があるんだけど、その日も出勤日。なんとか休んで行きたいなぁ。んで、「釜山港へ帰れ」を歌う、と(笑)。
10月に入ると運動会シーズンなので別の意味で忙しそう。自転車に乗る時間も確保したいし、カミさんともサイクリングとか行きたいし。(カミさんがそう思ってるかどうかは別の話)

そうなのよ、遂にカミさんも自転車買っちゃったのよ(ひひひ)。いわゆるクロスバイクってやつなんだけどね。私は自転車で痩せたという実績があるんだけど、それが良かったのかな。毎日毎日デヴ呼ばわりした甲斐があったってもんだ(ぉぃ)。
ところがそのカミさん、それと相前後して体調を崩し気味で、自転車もお預け状態。もはや我々、若くない事を実感しつつありますです・・・。
関連記事

モネールかよ!

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/09/08(日)  12:00
「横浜FCがモネール獲得」のニュースを見て、あぁ、そういえば、あのモネールはどうしてるかなぁと思ったら、あのモネールでした。
またあのケツダンスが見られるんだろうか。そう思うと、いやぁ懐かしい。J2でモネールとビスコンティの1対1とかが見られるっていう訳だね。

しかし、これを懐かしんでしまう自分が歳をとったという事に気がついてしまい、若干、鬱。
って言うか、今どきの人は「さんまさん!さんまさ~ん!」しか知らないのかもね。しかも、モネールが自分より年下という事を知り、こちらは禿しく鬱。選手生活晩年の最後のご奉公(あるいは今後日本で飯を食っていくための準備?)といった性格は否めない移籍なのかもしれないけど、欧州進出のための腰掛けにJでプレーしようとするアン・ポンタンな選手に比べると、黎明期のJを輝かせた選手ってのは、やっぱり愛着度が違うよ、愛着度が。
関連記事

ホーム移転騒動経緯

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2002/09/04(水)  12:00

8/21 朝日 全国版で移転報道
   MDP清尾氏が反論コラム掲載
8/22 埼玉 否定記事掲載
   浦和が状況を報告する声明を発表
8/28 埼玉 練習場整備計画を総括
9/ 3 朝日 埼玉版でトーンダウン記事
   朝日 小学生新聞で移転決定との記述


「なんでマスコミってのはこうもいい加減なのかねぇ」というおハナシを。

なんでこんなお堅い話をするかというと、朝日に『浦和レッズ、ホームグラウンドを埼玉スタジアムに移転』という全国版の記事が出た8月21日以降のマスコミのフォローを注意深く追ってみると、なんともだらしない無責任記事が目に留まってしまったからだ。
朝日の記事に即座に反応したのが埼玉新聞。翌日には『浦和、ホーム移転を否定』という記事を発信し、28日にはそれを補完するように『クラブハウス新築へさいたま市に打診』と報じている。単なるホームスタジアム移転の観点ではなく、練習場やクラブハウスなど、試合以外のサポーターの関心事とも絡めた記事だ。朝日の記事当日の清尾氏のコラムや翌日の浦和の公式発表などと合わせると、現時点で決まっている事、決まってはいないが方向性は出ている事などが浮かび上がってくる。本題ではないが、清尾氏のコラムはいつもながら秀逸だ。が、私が言いたいのは「朝日新聞と埼玉新聞、どっちが正しい?」という話ではない。その後の朝日の迷走ぶりだ。

ほとぼりの醒めた?9月3日には、<ホーム移転事実上決定>から『綱引きに迷う』にトーンダウン(私見)。読み物風の記述で、客観的な事実としては信憑性が感じられない(私見)。しかも、これは埼玉ローカル版での記事で、追加取材によって軌道修正を図ったというよりは、県民からの(そして恐らく浦和からの)問い合わせやクレームに苦慮しての事のように思える(私見)。しかししかし何より私が問題だと思うのは、同日の『朝日小学生新聞』(←娘のために取ってます)では、その記事とも異なる事が書かれているのだ。
当該記事は、『まんがニュース ワカッタくん』。(書いててイタイ・・・) 『きびしいW杯会場のその後』と題して、国内10会場の今後の活用状況について悲観的な見通しを説明しているのだが、その中の埼玉スタジアムに関する記述を見て驚いた。『浦和レッズがホームグラウンドにすることを決めた』と明記してあるのだ!(事実) 身内同士で書いてある事が違うんだから・・・呆れました。相手が子供だからといって、嘘はイカンよ、嘘は。

続きを読む

関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
08 | 2002/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ