今年も大詰め

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/24(月)  12:00
いやぁ、今日は仙台に行きたかったなぁ~。
クリスマスイブを家族と祝わないわけにはいかないお父さんとしては泣く泣く仙台行きを諦めたわけですが、こんな日をレッズに捧げたサポーター諸氏には、ホント感謝したいね。いやホント。
で、私はBSの他カードを見ながら仙台の試合速報をリロードしまくり。レッズ勝利の報を確認してから速攻で東大宮のローソンへ。もちろん狙いは準決勝@埼スタの自由席。すると・・・

そこには既に埼スタのチケットを狙う3人の先客。私の番になり端末を叩いていくと・・・自由席がない! 私の後ろにいた兄ちゃんも、画面を覗き込みながら『マジですかぁ~?』。そこで、カミさんを蓮田のチケぴ(最近、近所のイズミヤと岩槻サティのチケぴが相次いで廃止になり・・・)に急遽派遣すると、そこにも数人が並んでいて、争うように準決勝のチケットを買っていく。が、指定席はあるものの自由席はここでも完売。うっそでしょぉ~!? その足で蓮田駅に向かい、ここでようやくチケットを確保した、というようなわけでございます。ふぅ~。

いやぁ、2001年の日本サッカーもまさに師走ですなぁ。
関連記事

焦らずに機会を伺えば・・・

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/22(土)  12:00
一部では大騒ぎだったW杯チケットの二次販売も終了して数日が経過しました。少しは落ち着きを取り戻したようにも見えます。

ところで、二次販売のコンセプトは間違っていたのでしょうか?
完全抽選で『全国民に対して公平』であるが故に『真のサッカーファンに対して公平ではない』と不評だった一次販売の事を思い起こすと、事前申込・予約電話番号確認・申込番号・暗証番号等の数々のラチェットを用いたシステムは、『真のサッカーファン以外を排除』する方法としては適切に思えました。ただ、用意した回線数の問題が、事態を最悪なものにしてしまった。私はそういう捉え方をしています。また、一方では、同行者確認の問題や事前予約の縛りをなくした16日からの一般販売が、転売マーケット対策を骨抜きにする可能性があるという制度上の問題は、指摘されて然るべきでしょう。

チケット入手や場所取りに関するモラル論は、需要と供給のバランスが崩れた時に必ずと言っていいほど発生しています。駒場然り、チャンピオンシップでのカシマ然り、代表戦然り・・・。今回も、ある意味では予想どおり問題が発生したわけですが、このように考えると、混乱の要因はJAWOCとは別のところに存在しているわけで、結局のところ、JAWOCの御園業務局長が言うところの『観戦を希望される全員の方にチケットの準備はできません』という言葉に尽きると思う。
それでも私は、『自分が生きてるうちには最初で最後の地元でのW杯を生観戦したい』と考えている人が、半年後の開幕までにチケットを手にする事は、(選り好みさえしなければ)さほど困難な事ではないと思っているのですが・・・いかがでしょうか?
関連記事

悪の相乗効果

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/16(日)  12:00
1コールの処理に10分。200回線。
1人平均3枚の申込で、1日3万枚。3日で9万枚が完売。予約番号優先者にアドバンテージがあるシステム。3日で完売しなければ、4日目には優先者以外の事前登録者の中で先着順。
理屈は通っている。合理的。JAWOCがそう考えたとしても、何ら不思議はない。

現実は、電話が全く繋がらない。繋がると、20分待たされる。あるいは、切れる。結果的には1日の販売枚数は1万枚に満たず、チケットが残っているのに買えないという状況・・・。
電話番号の確認を怠った人は論外だと思うが、優先者はアドバンテージどころか仕事や日常生活に支障をきたす始末であり、電話を掛け続ける事になった人の憤懣やるかたない気持ちは、当然の事だろう。

チケットを確保者と非確保者との間では、妬み、罵り、蔑み合戦の様相を呈している。嬉しいはずのチケット確保を公言できない雰囲気もある。ルールの範囲内であっても、敗者にとっては腹立たしい事なのだろう。フランスW杯の時にも現地ではえげつない状況が発生していたと聞いているが、TV観戦者にとっては対岸の火事だった。絶対的な需要過多は事前に分かり切っている事ではあるが、それが我が身に降りかかった時、我々が冷静に対応できるはずなど、ない。それでなくても、1人の並びに30人が入場し、ガムテープで席取りをしてもなんとも思わない『自分が良ければOK』な輩がゴロゴロいるのが実状なんだから・・・。

全ての責任をJAWOCの悪さ加減に帰するつもりはないし、ダブついたチケットがそのうち出回ってくるとは思うが、それにしても罪作りなシステムを考えたものだ。
関連記事

12月12日は、めおとサポーターの日

サイト運営 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/12(水)  12:00
全国のサッカーファン夫婦の皆様が、仕事や子育てや養育費負担やマンションの借金(笑)に負けずに、いつも楽しく充実したサポーターライフを送れますように。
(GEN&Kinu@4周年)
関連記事

野次が生き甲斐なんて・・・

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/09(日)  12:00
時折冷たい風が吹き付けるものの、晴天に恵まれた天皇杯3回戦。スポーツクラブのイベントで山梨に行っている娘を尻目に、カミさんと息子の3人で、大宮サッカー場に行ってきました。そう言えば、相手は山梨のチームですな。
ここ最近の慣例で、ゴール裏とバックスタンドに分かれての参戦。私もカミさんも1年ぶりの大宮公園で、その素晴らしい環境を存分に楽しんできたわけですが・・・。

息子が、城定と山田の名前を覚えて帰ってきました。

理由は、駒場によく通われる方ならお分かりでしょう。そう、両サイドバックに対する野次の洪水。
とにかく、ボールをもらいに行かないといっては野次り、ドリブルで持ち上がらないといって野次り、パスを出した後にオーバーラップしないといっては野次り・・・。駒場で何度も野次洪水を経験しているカミさんも、さすがにゲンナリした様子でした。サッカーは、見ているだけでもストレスが溜まる(だからこそ喜びも爆発的なんでしょうが)妙な?スポーツではありますが、日常生活のストレスを、サッカー場で口汚なく罵る事に転化する人生なんて、きっとツマラナイものでしょうね。
相手チームが上げる気勢に合わせて『ニューヨークに行きたいか~!』とか言って笑ってる方が、私は100倍楽しいけどね~。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
11 | 2001/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ