フーリガンという言葉の独り歩き

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/01/15(月)  12:00
新装なったスーパーサッカーでのフーリガン特集が、あちこちで議論のネタになっているようで。

フーリガンの極悪ぶりには、これはもう議論の余地はないわけで。その一方で、『W杯という祭典の雰囲気を崩さずに』フーリガンなりテロなりへの対策が求められているという、祭りも暴動鎮圧も基本的には苦手と思われる、いわばぬるま湯な日本にとっては気の毒なほどのハイレベルの要求が突き付けられているわけですが・・・どうも、この問題の優先順というのが、ボク的にはひっかかります。
つまり、フーリガンという危険要素は、事実として、破壊や死に直結する可能性がある、という事。その認識を持つのが最初で、次に(自分の身体や環境を守りながら)楽しむというのが私の中の順番なんですが、逆に言えば、事実を事実として正しく認識すれば、必要以上に怖がる必要もなくなる。そういう意味で、W杯の実際の雰囲気を知らない私などは、(W杯に限らず出現するという意味で、より普遍的な)フーリガンというものの存在を正しく知らしめる、あるいは自分で理解する事が大事だと思っているわけです。
一方で、祭りの雰囲気が何よりも大事、という方もいる。なるほど、それはサッカーファンにとっては『何よりも』大事なのかもしれませんが、W杯は、サッカーに興味のない、あるいは全く関係のない人にも降りかかるイベントです。そういう人を味方につけて大会を盛り上げる事が2002年以降の日本のサッカーシーンに大きな影響を与えるという認識があるのなら、いや、だからこそ、危険は危険として、正しい情報を公開する事が近道なのではないかなぁ、と、私は思うわけです。無知が故の事故。これで一国のプロスポーツが吹っ飛ぶという可能性を、個人的には否定できないんです。

たぶん、夕刊タブロイド紙などで、フーリガンの危険を必要以上に煽るような記事が今後は増えてくる事でしょう。そこで、大会に深く関わる新聞社などには、日韓共催の話ばかりではなくて、清濁の『濁』の部分の冷静な紹介もして頂きたい、と私は思うわけです。
関連記事

鹿島のマリーシア

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/01/04(木)  12:00
三が日も終わって、もう出勤の方もいらっしゃるでしょうが、あけましておめでとうございます。本年も『めおとサポ』をヨロシクお願い致します。

私とカミさんの元日は、恒例の天皇杯決勝戦の観戦。鹿島を応援する気は毛頭ないものの、日なたの鹿島側自由席のいちばんバックスタンド寄りで観てました。感想としては・・・

・J2と違って、オフサイドルールってのが確立されてるねぇてな情けないのは置いとくとして、
・鹿島の1点目には、『21世紀最初のゴールがアレかい!』という思いを持たずにはいられなかった。
・鹿島の2点目も後味悪かったッス。私は鹿島ファンを横にして『そりゃねーだろよ!』と叫んでましたけど。

というのが正直なところです。
鹿島のプレーをどう感じるかは個人の感覚の問題であり、さらに言えば、個人を形成するベースとなる日本人の精神構造にまで踏み込まなければならないので、ここでの論評は控えます。長くなりそうだし(笑)。ただ、あの手のプレーを一方的に批判する事は、自分にはできないんですよね。それは、自分のチームがあれをやったら? というところが想像できないから。もしかして、自分も喜んじゃうかもしれないし。理由を付けて正当化するかもしれないし。ねぇ。正直に言って、評論家然として天皇杯決勝を語る事はできても、悲しいかな勝者の精神構造ってのが自分には理解できないので、一般論としての善悪の先にある深いところまで踏み込みようがないんだよね。
まあ、自分の言葉として言える事があるとすれば、『子供が真似をするから』という理由でアンフェアさを主張する意見には同意しかねるって事ぐらいでしょうか。これはサッカーやサポーター論とは全く関係のない、どっちかっつーと教育論なわけですがね。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
12 | 2001/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ