スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィーク

日常雑感 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/29(木)  12:00
ゴールデンウィークだぁ・・・! 今年は貧乏だから、予算800円でガスサポ見物でもしよっかなぁ・・・。
関連記事
スポンサーサイト

色々な楽しみ

サッカー全般 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/26(月)  12:00
<今日で開設500日!>

この週末は、語りたい事が多かったですなー。

ワールドユース。何が悔しいって、土曜日いっぱいかけて作り上げた『優勝記念の号外』が日の目を見ないって事が悔しいです、ぼく的には(笑)。ま、GWに入ったら、総括特集でも組もうかな、とは思っていますので、今日はこのぐらいで。

それから、横浜FC。試合前に、ゴール裏から『(でんでんでででん)ヨコハマエフシー!』と聞こえてきた時には、不覚ながら、ワタクシ目頭が熱くなってしまいました。愛するチームの名前をコールするっていうのは、幸せを感じる一瞬じゃないですか。先々のことを考えると喜んでばかりもいられないのだろうけど、あの瞬間、サポーターがどういう想いでコールしてるかと思うと、やっぱりね、ほんとに、よかったな~・・・って。
ところが、この試合で私の目を奪ったのは、横浜FCでも、そのサポーターでも、アルフィーでもなく、実はジャトコの左サイドの松尾選手。こう言っちゃなんですけど、あんないい選手がいるとは思わなかったです。なんて言うか、エネルギッシュなプレーにすっかり刺激されてしまいまして、試合後にメインスタンド側に挨拶に来たときには、思わず立ちあがって『まつお~!』と呼んでしまいました。彼、見かけによらずシャイっぽい手の上げ方(笑)で応えてくれましたけど、知らない人にいきなり名前呼ばれちゃ驚くかな。ごめんね。でも、いいプレーだったよー。(ここ、ジャトコサポの方は見てるかな・・・)

地球の表と裏で繰り広げられる感動のドラマもよし。3部リーグのいち選手の好プレーに拍手を送るもよし。ああ、フットボールのある国に生まれて良かった!
関連記事

100,000アクセス御礼

サイト運営 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/21(水)  12:00
『めおとサポ』愛読者の皆様へ:
当サイトをご愛読頂き、まことにありがとうございます。おかげ様をもちまして、当サイトは100,000アクセスを突破致しました。開設時には想像もしなかった、立ち上げから495日目の快挙!です。これもひとえに、アクセスしてくださる皆様の励ましと、当サイトを紹介して下さっている方々のお陰です。
最近は貧乏で(わはは!・・・)スタジアムになかなか通えず、肝心の『奮戦記』が手薄な状況ですが、少しでも皆様に楽しんで頂けるページを今後とも心がけてまいります。これからも、よろしくお願い致します。
『めおとサポーター奮戦記』 
関連記事

勝ってこその経験

日本代表 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/16(金)  12:00
さて、書かずにはいられない、ワールドユースのポルトガル戦。急造GK相手になぜ攻めない、攻める事ができない、という批判は当然あるでしょう。しかし、私はあの試合を大きな財産として受け止めたい。ああいった試合こそが『経験』であると思う。

敗戦のたびに言われる、『決定力』『パワープレー』『身体能力』・・・という言葉。そして、『いい経験になった』というお決まりの締めくくり。本当だろうか?
敗戦から得るものがある事を否定はしないが、そういった敗戦が本当にいい経験なら、日本の弱点はとっくに克服されているのではないだろうか。しかし、現実にはそうではない。やはり、勝った方が経験値は上がるのだ。
ポルトガル戦は、肉体的にはもちろん、遠慮や気まずさが露呈したかのような試合ぶりを見る限りでは、精神的にも崖っ淵だった事は想像に難くない。もしかすると、『本当にこれでいいのか?』と自問自答しながらの試合だったのかもしれない。しかし、それでも彼らは勝った。『過剰な守備意識』でもなく、『攻め急ぐ』でもなく、ゲームプランが明確に見えないような不細工な試合で、この試合だけ見れば『最低の内容』で、Vゴール負けの危険性の中で、結果として勝った。決して格下ではないポルトガル相手に。
10回のきれいな敗戦より、修羅場での1回の勝利。この経験がA代表に生きないはずはない。日本にとっては、もしかすると、得がたい大きな財産になったのかもしれない。
関連記事

平塚とDDI

浦和ライフ ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/11(日)  12:00
国立の平塚-浦和戦。今期初めて、家族でスタジアムへ行ってきました。
ところで、試合前、私たちが『あれっ?』と思ったのは、平塚サポの『ありがとうDDI』の断幕と、DDIコール。最初は、なんか奇異に思えたのですが・・・。
企業というと悪者扱いされそうな昨今ですが、本来は自治体・企業・市民が一体となってクラブを盛り立てて行くのが理想形だったはず。ましてや、深刻な財政難に陥っている(新しいスポンサーも決定したようですけど)平塚のサポにしてみれば、スポンサーに感謝の念を表し、そして自らもスタジアム内外でクラブを支えていくというのは、全くの必然なのでしょうか。
私には、平塚サポの考えている事の本当のところはわかりません。だから、無責任な書き方になってしまうけれども、サッカーファンを怒らせ呆れさせる企業がある一方で、平塚サポとDDIのような関係は、ある意味で理想的なのかも・・・とても興味深い一幕でした。
関連記事

迷走?

日本代表 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/04/03(土)  12:00
いろんな事がありますねぇ・・・(溜息)

予防接種問題に端を発したトルシエの暴走(?)。『こんな選手じゃノーチャンス』発言、謎の医師の派遣と現場の困惑、『U-20指揮は今回限り』の協会発言とトルシエ本人の辞意、渡航延期、釜本の柳沢起用に関する発言、ナイジェリア入り前のフランスへの寄り道と秘密会談・・・もうよくわかりません。
一貫して感じ取れるのは、なんか選手をないがしろにしていませんか?・・・って事。特に、ユース組に対する扱いは、どうにも納得が行きません。
なぜこうも問題が多発するのか。責任の所在はどこにあるのか。選手をコケにし続けた協会(というか大仁)の責任は、ブラジル戦の結果とも、ワールドユースの結果とも関係なく、追求されて然るべきです。
関連記事
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
03 | 1999/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。