評価じゃなくて共有

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/07/01(月)  12:00
さて、終わっちゃいました。ワールドカップ。

この大会で、あるいはこの4年間で、トルシエに対する論議とかナショナリズムの発露だとか韓国に対する感情だとか大会中のマスコミの報道内容だとか、要は「日本」というものが透けて見えてきたような感じがしませんか? 海外経験のある人は、とっくの昔に通過しているであろうこういった論議も、私から見ると考えた事もないような事ばかりで、自分の不明さを恥じつつ、日本っていまだに鎖国だったのかなぁ~とか、ワールドカップって実は黒船だったのかしら、なんて事も考えちゃいました。
で、たぶん天下の大新聞社あたりは「日韓共催の意義」とかって総括モードに入るんでしょうな。どうぞやって下さい(笑)。私としては、せっかく自分の肌で感じたワールドカップを評論家然として高みから総括する事に興味はなく、むしろワールドカップに「参加」したみんなの、サポーターやボランティアレベルでのそれぞれの体験を語り合い、共有し合いながら、早くJの中に身を委ねていきたいな、ワールドカップと日常が繋がっているんだという事を再確認したいな、というのが今の気持ち。

早く自分のチームを大声でコールしたくない? 浦和に限らず、どのチームの人も、そうでしょ?

幸運に感謝

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/27(木)  12:00
せっかくの自国開催だというのに、なんだか納得いかない事も多かった2002。
でも、実際にスタジアムで遠来のサッカー馬鹿に触れ、暖かなボランティアに触れ、ハイレベルのプレーに触れてみると、やっぱりサッカーって、素晴らしいなぁ~・・・と、まるで子供のような感想しか沸いてこない。ワールドカップが「見るもの」だった時には、「さあ、いよいよ決勝だ」とワクワクしていたものだが、今は「もう終わってしまうのか・・・」と、なんだか寂しい気分だ。
埼玉でワールドカップが開催される幸運、そのうちの2試合を体験できた幸運。埼玉を訪れてくれたサッカー馬鹿と、そこでプレーした選手たち。とても感じのよかったボランティアの皆さん。そういったもの全てに感謝しながら、埼玉の幕は閉じ、最後の舞台は横浜。
みんなが「来てよかった」と思えるような決勝になりますように・・・。

ロバウジーニョ

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/23(日)  12:00
「え? ブラジル? 公開練習? 大宮公園で?」

そろそろ夕食の支度を始めようかという日曜日の夕方。カミさんの友達からかかってきたこんな電話で、カミさんと子供は車で、俺は自転車を飛ばして、今にも雨が降り出しそうな大宮公園サッカー場に急行。↓大宮公園には、こんなファンキー仕様エスティマに乗るブラジル人も集結しておりました。

スタジアム内に入ってみると、どうやらサブメンバーの軽いシュート練習といった風情。ロナウドやリバウドの姿は見えなかったものの、試合で一番見たかった(が準決勝は出場停止・・・バカバカ!)ロナウジーニョは楽しそうにやってました。友達と電話で連絡を取り合うカミさんは、生ブラジルに興奮したのか
「ロバウジーニョは見れたよ!」
とデカい声で喋ってましたが・・・(笑)。
それから、準決勝@埼玉の対戦カードが決まったのを受けて、今日は大宮のロフトで仕込みをして参りました。あまりにも馬鹿馬鹿しいので、どんな仕込みかは教えない!

そりゃ疑問にも思うわな

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/22(土)  12:00
(Kinu)
はぁ~。また勝っちゃたのね! それにしても、2回もNO-GOALだなんて・・・”審判まで韓国よりなのね!”と思ってしまうのは、私だけ?
延長戦に入った時点で、なんとなく韓国が勝ちそうな予感はあったけど、なんか後味がわるい!

(GEN)
いや、君だけじゃない。日本敗退後の過剰な?「頑張れ韓国キャンペーン」と「韓国ムカつくぜ!」の狭間で踊らされたくはないけど、こういう事でワールドカップが楽しめなくなるのは損だね。

続きを読む

韓国

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/19(水)  12:00
(Kinu)
イタリアが絶対勝つと思ったのにー・・・。
いくら日韓共同開催といっても、正直なところ韓国には勝ってほしくなかった。こんでまた韓国のお鼻がものすごーく高くなってしまう。あんだけスタジアムを真っ赤にできるんだったら、もっと他の国のゲームのときも行けよ。それが礼儀だろ!自分の国のゲームのときばかり、なんだよ!! と思うのは私だけ?
確かに、イタリア戦を見ていて、韓国チームの”絶対に勝ってやる”という気持ちは日本チームよりはあったようにも思えるのだけれど、でも・・・でも・・・でも・・・。

(GEN)
いやいやいや、ストレートな物言いで↑(笑) 文責は管理人である私にありますから。
こんな事を書くと反発喰らいそうだけど、そう、確かにそういう感情はあるのよね、自分にも。日本が負けたから余計になんだろうけどね。共催だから無条件に他国を応援できるっていう感覚が、自分には理解できないってのはあります。共催のための友好なのか、友好のための共催なのかって、とことん突き詰めた論議ってされてないですよね。まあ、個人の感覚レベルの事を論議してもしょうがないのかもしれないんですけど、例えば子供のお受験競争に凌ぎを削っているお隣さん同士が、試験期間中は同じホテルに泊まりこんで共同戦線を気取ってみたものの、蓋を開けたらお隣さんよりレベルの低い学校にしか合格しなかった・・・むかつくー・・・てな感じでしょうか。あるいは、カミさんも書いているように、「韓国代表=ナショナリズム>ワールドカップ」という図式が見え隠れするのが面白くない。もっとも、日本にしても「ワールドカップの日本代表=馬鹿騒ぎ>サッカー」という図式だからねぇ。
まあ、そう怒るな。日本がベスト16、韓国は(最低でも)ベスト8というのが客観的な事実なんだから。

チュニジア戦狂想曲

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/16(日)  12:00
(GEN)
ベルギー戦を出張のため見られなかった私ですが、チュニジア戦は出張先@前橋でイベントが引けた後にサッカーパブに直行し(内緒)、代表シャツを身につけてはいるものの、ことサッカーに関しては全く年季の入ってなさそうな若者たちと一緒にひと騒ぎしてまいりました。
スタジアムではない場所でニッポンコールをする事や、女の子たちの歓声や悲鳴のタイミングがどうにも違和感がありましたが(笑)。

決勝トーナメント進出、嬉しい事は嬉しいんですが、なんだか他人事のようでもあります。むしろ「ホッ」とした、と言う方が正しいかも。視界が極端に狭まって血眼になっていたドーハやジョホールバルは遠い昔の出来事のよう。
それよりも、日本を訪れてくれる世界のサッカーファンと片言でも会話し、世界中にサッカーファンがいる喜びを感じ取る事の方が、とってもとっても大事に思えます。そしてその機会は、帰宅サラリーマンで溢れる夜の新宿駅や、平日真っ昼間の京浜東北線にすら転がっているわけで・・・日々が小さな幸せです。
そんな自分からすると、物価の違いとか色々あるんでしょうが、閑散(という表現を使っても大げさではないと思う)とした韓国のスタジアムをTVで目にするにつけ、悲しいやら不思議やら腹立たしいやら・・・。

(Kinu)
14日は大変な騒ぎでございました。朝から、何処に行ってもサッカーの話ばかりで・・・
うちも、息子の遊び予定を変更してテレビに噛り付いていたわけです。しかし幼稚園生。一つの約束がダメになったら違う友達と遊ぶ約束をしてきたらしく、ピンポーンときてしまいました。ただ、そこのお母さんもサッカー好き。ダメなことは解っていて、子供を説得して帰っていきました。その後のうちはというと・・・”今日は、日本戦があるから約束してこないでよ!っていったでしょ。”と息子がこっぴどく怒られ、しばらくお母さんに口を聞いてもらえませんでした。(なんて酷い母親)

ともあれ・・日本勝ってよかったです。あとは、何処までいけるか?がんばってもらいたいですね。

誰もが見られるわけもなく

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/09(日)  12:00
(Kinu)
最近、私がちとパソコンをやるようになったから”コラムを書け!書け!”と旦那がうるさくって・・・・頻繁に私が登場してくるのは、そのような理由がございます。あしからず・・・

ワールドカップ始まるとやっぱり生でみたいですよねー。あんだけ盛り上がらないと言っていた私でも、そー思います。あんなに空席があってもチケットはとれないし、子供のこと、競技場までのアクセス、などなどを考えるとなかなかチケット争奪戦に参加できない。小さい子供をもつ親はつらいです。
せめて、子供が半額くらいだったら”子供も一緒に”と思うのですけど・・・テレビで、”次世代を担う子供たちに、少しでも多くゲームをみてほしい”みたいなことを言っていましたが、だったら子供料金をつくれ!と思うのは私だけでしょうか?
”おれもサッカー見に行きたい”と訴える息子を無視(?)して今日もテレビ観戦です・・・勝ったね~

(GEN)
無理やり難しい言い方をすると、ワールドカップは何かを犠牲にしないと見に行けないわけですな。逆に言えば、時間も金も手間隙も人間関係も使わずに「見たい見たい」と言っても、それは無理。チケットの売り方云々は別にしてもね。全ての基本は自助努力にあり。いやいや、これはワールドカップに限った話じゃないですな。

で、カミさんが言ってるのは、たぶんそんな難しい話ではなく・・・そりゃまあね、俺だけ見に行ってきたっつーのは、カミさんとしては面白くないでしょうな(汗)。しかも、スタジアムにいる旦那から電話がかかってきたと思ったら、聞こえてくるのは「♪イング~ラ~イング~ラ~イング~ラ~」という酔っ払いの歌声なわけで(滝汗)。
いつもスカパーの録画予約ありがとうございます。準決勝ではメシとビールおごるから許して下さい・・・勝ったよ~

出張先の馬鹿!

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/06(木)  12:00
大阪出張で、日本代表の歴史的勝ち点1を目撃できず。

あんな日にTVのない場所で慰労会を催す○○○○○(特に社名は秘す)には二度と行きたくないっす。っていうか、「阪神の試合がないからいいか」てなノリじゃないだろうな?(笑)
戻ってきても仕事は忙しく、ビデオが溜まる一方。数日遅れのジロ・デ・イタリアにも盛り上がれず、ちょっぴり鬱。

自転車で行けるワールドカップ

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/02(日)  12:00
イングランド対スウェーデン戦を観て来ました。
イギリスのサッカー馬鹿にビールを掛けられたり、北欧のサッカー馬鹿と抱き合ったり、浦和のサッカー馬鹿と酒盛りしたりしました。
自転車で行けるワールドカップ、最高です。嬉しいです。

始まったーーー!!!

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/06/01(土)  12:00
(Kinu)
ワールドカップ開幕!はじまりましたね~。
夕べ仕事だったのですが、何件かありました問い合わせが・・・”そちらの店では、ワールドカップの中継はやってますでしょうか?”というものが。夕飯は食べにいきたいのだけれど、旦那がどーしてもワールドカップをみたい!といったところでしょうか?
みんなワールドカップモード突入ですね。大いに楽しみましょう!

(GEN)
我が家で最初にワールドカップ熱に侵されていたのは5歳の息子でした。「フランスがんばれ~~あ~~まけちゃう~~」と喚きながら、いつもならとうに熟睡している夜10時半過ぎまでテレビに噛り付いていました。彼曰く、「どう走ればいいか勉強になる」との事。
5歳にしてポジショニングの意識があるとは、さすが!(←親ばか)
1日遅れの開幕になる日本国内でも、駅で歌う集団(←怖くない)や、切符売り場で「ウラワ?ウラワ?」と質問する大男(←全然怖くない)や、スタジアムの下見に訪れる刺青3人集(←だから怖い人じゃないんだってば!)などの姿も見えだしました。
これこれ、これなんですよ。みんなサッカーが好きで、こんな極東の地まで来てくれたんですよ。トモダチですよトモダチ! 見かけたら声かけよう! 楽しいよ? 「何対何で勝つんだい?」「2-0で勝つね!」「5-0ぐらいの事言えよ!」「オーユーアーグレイト!」 大の大人が他愛もないね!(笑)

怪我だけは勘弁して・・・

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/05/27(月)  12:00
えーっと、今大会の自分的な目玉選手も決まりまして、とりあえずは6月1日のデンマーク戦が楽しみになってまいりました。それとあとは、やっぱ埼玉のイングランド戦ね。サッカーの母国・我々の大先輩を地元に迎えるにあたって、わたしゃ床屋に行きますよ(笑)。

ここにきて、各チームの主力選手の怪我とか怪我とか怪我とか帰国とか、そんなニュースが目立つようになってきましたね。情報戦の様相もあるんでしょうが、選手は我々の願望など及びもつかないレベルで、心の底から「ベストの状態で試合に臨みたい」と渇望しているはずで、我々がうだうだ残念がったところで意味はないんですが・・・。
でもやっぱピレスやグアルディオラの本物を見たかったというのも本音だし、ガリー・ネビルとジェラードを欠くイングランドでいえば、できればベッカムとオーウェンもセットで見たい・・・うだうだうだうだー!

救いは、残念なニュースと同じくらい、ワールドカップの身近さを感じるニュースも増えてきている事ですかね。サイン責めに「ファンタスティック!」 コーヒー代の精算で「アリガトー」
いいじゃないですか? こういうのって。

危機管理のシミュレーション

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/03/24(日)  12:00
長居での代表戦は、経路誘導や金属探知機の仕様など、W杯モードの運営が試された模様。自分の持ち場で事故や事件が発生しなければよしとする・・・という基準では「成功」したようです。

奥歯に物の挟まったような書き方ですが、私がよく分からないのは、まさにその「成功の基準」の部分。安全確保の話はよく聞くんですが、ホスピタリティの観点からの話は、運営側の話としては全く聞こえてきません。質問すれば「両者のバランスを」って答えるんでしょうが、バランスを取るって言ったって、両者は基本的にはトレードオフの関係なんだから・・・。

誤解のないように書きますが、それが悪いってんじゃないんですよ。観客の喜びは記憶の中にしか残りませんが、事件や事故は記録に残るから、警備の話ばかり聞こえて来るのも、無理はない。けど、安全が全てに優先するのなら、やり方が違うと思います。
例えば金属探知器も荷物チェックも、もっと厳重にしなければならないでしょう。それこそ、ビールをしこたま飲んだイングランドサポーターが怒って暴れ出すぐらいのレベルのね。それでは観客が気分を害するとか、試合開始に間に合わない危険性が増すとかの可能性があるわけですが、親善試合を運営テストと位置づけるのなら、そういうシミュレーションにこそ意味があるのであって(長居に行った人が試合開始に遅れてもよかったという意味にあらず)、未体験の警備レベルと入場時間の相関がわかればこそ、今回の試合でも試行された、入場者を早くスムーズにスタジアムに誘導するための広報や交通規制が生きてくると私なんぞは思うのですが。
ペットボトルの件にしたって、「ペットボトルは気楽に投げ込めるから禁止」と言われていますが、本番でも某スポンサー様の某清涼飲料水が、ボトルのキャップを外した状態で紙コップを付けて販売されるという話もチラホラ伝わってきます。全然整合が取れていない。紙コップなんて、運営側のエクスキューズのために付随しているようなもんでしょう。そのくせして、「ビールは1回1杯」なんて下らないローカルルールを、さも英断したかのような論調で発表するんだから笑ってしまう。
部外者が無責任に言わせてもらうなら、なんだか運営側の勝手な思い込みと机上の理屈だけで物事が進行しているような気がします。危機管理とか仮説検証とか、論理的に考えるのが苦手なんでしょうか。

理屈がダメなら経験値に頼るのがベター。その点、芝の問題で全てがダメ出しされている埼スタですけど、電車が1路線・バスが4路線という与えられた条件の中で、「昼」「夜」「雨」と経験しているノウハウだけでも捨てたもんじゃないと思いますけどね。もっとも、JAWOCが絡むと上手く行くものも上手く行かなくなるという実態もあるらしく・・・。

私はですね、ペットボトルにビールを入れて、勿論キャップを外して紙コップ持参で行こうと思っています。
で、移し替えを指示されたら「あぁ~ん?中では売ってんだろぉ~?」とゴネる。半分本気(笑)。

普通にやって欲しい

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2002/01/12(土)  12:00
いやー、疲れたね。
疲れたっていうのは、大晦日に大宮から横浜まで自転車で走るという馬鹿な真似をしたからじゃなくて(笑)、正月で鈍った心と体に、1週間の仕事はキツイ、って事なわけで。
休み中は現実逃避的にコンテンツのネタを作り溜めなんかしていたので、娑婆の厳しさが余計に身に染みます。成人の日を土日にくっつけて3連休制度にした人は、エライ!

ところで、正月早々毒舌は避けようと思って敢えて触れなかったんですけど、天皇杯決勝の氷川きよし、メチャクチャ音程外してましたよねぇ?
それで改めて思ったんですが、韓国側が、W杯の国歌吹奏を『斉唱』にしようと画策しているようですが、私は反対。絶対反対。最近の人選を見ていると、世界に恥を晒すような事態が発生する可能性が否定できないっすよ。
日本戦の放映権と絡めたドラマの主人公が放送ブースで的外れのコメントを連発し、スタジアムではアイドルグループが国歌を歌い、観客席には団扇を手にしたクソギャル!
あ~やだやだ。(妄想爆発)
例えば、"God Save the Queen"は、筋金入りの島国根性や、マッチョな優越感のスパイスを効かせつつ、イングランドサポーターが高らかに歌い上げるからこそサマになる。(多少の偏見ありかも)

いずれにせよ、TV局やJAWOCは、お願いだから変な企画に走らないでね、と切に願う。せっかく現場で体感できそうなんだからさぁ。

焦らずに機会を伺えば・・・

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/22(土)  12:00
一部では大騒ぎだったW杯チケットの二次販売も終了して数日が経過しました。少しは落ち着きを取り戻したようにも見えます。

ところで、二次販売のコンセプトは間違っていたのでしょうか?
完全抽選で『全国民に対して公平』であるが故に『真のサッカーファンに対して公平ではない』と不評だった一次販売の事を思い起こすと、事前申込・予約電話番号確認・申込番号・暗証番号等の数々のラチェットを用いたシステムは、『真のサッカーファン以外を排除』する方法としては適切に思えました。ただ、用意した回線数の問題が、事態を最悪なものにしてしまった。私はそういう捉え方をしています。また、一方では、同行者確認の問題や事前予約の縛りをなくした16日からの一般販売が、転売マーケット対策を骨抜きにする可能性があるという制度上の問題は、指摘されて然るべきでしょう。

チケット入手や場所取りに関するモラル論は、需要と供給のバランスが崩れた時に必ずと言っていいほど発生しています。駒場然り、チャンピオンシップでのカシマ然り、代表戦然り・・・。今回も、ある意味では予想どおり問題が発生したわけですが、このように考えると、混乱の要因はJAWOCとは別のところに存在しているわけで、結局のところ、JAWOCの御園業務局長が言うところの『観戦を希望される全員の方にチケットの準備はできません』という言葉に尽きると思う。
それでも私は、『自分が生きてるうちには最初で最後の地元でのW杯を生観戦したい』と考えている人が、半年後の開幕までにチケットを手にする事は、(選り好みさえしなければ)さほど困難な事ではないと思っているのですが・・・いかがでしょうか?

悪の相乗効果

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/12/16(日)  12:00
1コールの処理に10分。200回線。
1人平均3枚の申込で、1日3万枚。3日で9万枚が完売。予約番号優先者にアドバンテージがあるシステム。3日で完売しなければ、4日目には優先者以外の事前登録者の中で先着順。
理屈は通っている。合理的。JAWOCがそう考えたとしても、何ら不思議はない。

現実は、電話が全く繋がらない。繋がると、20分待たされる。あるいは、切れる。結果的には1日の販売枚数は1万枚に満たず、チケットが残っているのに買えないという状況・・・。
電話番号の確認を怠った人は論外だと思うが、優先者はアドバンテージどころか仕事や日常生活に支障をきたす始末であり、電話を掛け続ける事になった人の憤懣やるかたない気持ちは、当然の事だろう。

チケットを確保者と非確保者との間では、妬み、罵り、蔑み合戦の様相を呈している。嬉しいはずのチケット確保を公言できない雰囲気もある。ルールの範囲内であっても、敗者にとっては腹立たしい事なのだろう。フランスW杯の時にも現地ではえげつない状況が発生していたと聞いているが、TV観戦者にとっては対岸の火事だった。絶対的な需要過多は事前に分かり切っている事ではあるが、それが我が身に降りかかった時、我々が冷静に対応できるはずなど、ない。それでなくても、1人の並びに30人が入場し、ガムテープで席取りをしてもなんとも思わない『自分が良ければOK』な輩がゴロゴロいるのが実状なんだから・・・。

全ての責任をJAWOCの悪さ加減に帰するつもりはないし、ダブついたチケットがそのうち出回ってくるとは思うが、それにしても罪作りなシステムを考えたものだ。

ビール

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/07/01(日)  12:00
今年の蒸し暑さは格別だ。6月後半から、スイッチが入ったように蒸し暑くなった。
こんな季節にサッカーなんて正気の沙汰じゃない気がするが、現実には、来年のこの時期には日本でワールドカップをやるのだ。コンフェデ杯に出場したフランスのデサイーが、アジアの暑さに閉口してスキンヘッドにしていたが、日本の梅雨の暑さは、まだまだあんなもんじゃない。11ヶ月後には、各出場国の間で坊主頭が流行になるだろうな。

観客も同じ事。基本的に酒を飲まない俺でさえも、冷えたビールをグイっとやりたくなるわけで。で、酒を飲んで良い気分になるか、エッチな気分(笑)になるか、飲み過ぎて気分が悪くなる(をい)くらいなら全然オッケーなんだが、5万人も集まると、そう善人ばかりじゃない。いや、善人であったとしても、人間が変わってしまうのがフットボールの魔力なのだ。
実際、会場からビールを締め出す事はFIFA的にはできないわけで、JAWOCが何をどう主張しようと、会場でビールは売られる。善人にも、悪人にも。

てな事を考えている俺は、やはりチケット落選で僻んでいるのか?(笑)

文句言っても始まらん

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/06/10(日)  12:00
コンフェデの話題はパス。と言いつつも、どうしても書きたい事をひとつだけ。
今回の大会は、主催者側の準備不足と、『先の予定が読めない』というトーナメントの本質と、日本代表に対する大きな需要と、その日本のまさかの決勝進出が重なり、結局はチケット難民が発生しましたね。まあ、当然と言えば当然です。で、例によって『本当に観たい人の手に渡らない』。
私の感覚では、本当に観たければ、ハズレの危険性があっても事前にチケットをゲットすると思うんですが、そういうリスクを背負う事もなく文句を言う人の気持ちは、私には永遠にわからないですね。もっと言えば、それをネット上で喚いていてもあまり意味がないと思うんですけどね。私の知人で、誰に頼まれるでもなく、観客の輸送方法についての考察をレポートにしたためてJAWOCに提出した猛者がいます。まあ、そこまでやらなくても、『自己責任』or『具体的なアクション』がオトナの取るべき行動だと思うんですけど。

そうそう。ずっと気にしていたITスポンサーのオチは、東芝とNTTがタッグを組むという事に。発表直後のコンフェデ杯準決勝、TV画面に映る東芝のピッチサイド広告。権利関係についてだけは異様に早いFIFAとJAWOCではあります。NTTは、きっとiモードとLモードでW杯情報を流したりするんだろうな。個人ウェブマスターが手を出せる範囲が、また狭くなったかな。

頼りない

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/05/27(日)  12:00
なんだかトラブル続きのワールドカップの準備。思い出すままに列挙してみると・・・

チケットの一次販売ではインターネット受付がダウン。
同様の事態を恐れたのか、二次販売はロクなアナウンスもされず。
ボランティアのインターネット受付は中止。
運用面でのテストの意味を持つコンフェデレーションズカップも、いっとき設置された専用サイトはいつの間にか姿を消し、当選者へのチケット到着は大幅に遅れた。

何一つうまくいっていない、と言ったら関係者に失礼なんだろうか。

日本風の完全主義を求める必要はないと思うのだが、大会前の準備段階でこうも失敗が続くと、なんだか心配になってくる。ルールが決まっていない事が多々あるようだ。いや、それ以前に『ルール化すべき事』と『個々の運用に委ねる事』のメリハリがついていないのでは? と思わずにはいられない。マニュアル化は日本人のお得意分野だと思っていたが、そうでもないようだ。
それに、オリンピックでのIBMのスマートな運営を見ているだけに(そう見えるだけで、実際は修羅場があるんだろうけど)、ITの弱さも感じる。今の状況を見ていると、いつ消えるかわからないサイトに対して個人情報やクレジット番号をネット上に流す気には到底なれない。
結局、FIFAとの複雑な関係や官僚的な体制の匂いが感じられる大本営の運営よりは、Jで経験を積んでいるボランティアの方が頼りになるというオチなのだろうか。

人と一緒じゃないと気がすまない日本人

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/02/16(金)  12:00
やっぱりって感じのワールドカップチケット争奪戦。
正確には、現時点ではチケット争奪戦は始まっていないわけだが、

申込書は朝イチで取りに行こうか、
いやいや徹夜も辞さないよ、
ところでみなさんはどうしますか?

・・・なんて書き込みをあちこちで目にすると、お手てつないで一生考えてろ暇人めと思ってしまう。『確実に手に入れたい』という気持ちは理解できないでもない。朝っぱらからチケットぴあの前に並ぶのと同じ図式なんだよな。しかし、それを(仲間内ならともかく)赤の他人にまで確認せずにはいられないという精神構造は、本当に理解できない。強迫観念でもあるのか?と疑いたくなる。
発言の断片でイメージを膨らませていると言われればそのとおりなのだが、細かい理屈は抜きにして、とにかく俺はそういう発想が嫌いである。そんな発想で世の中を渡って行けるのは、決められた時間割で事が進んでいく高校生までである(断言)。並びたかったら勝手に並べばいいやん! 徹夜でもなんでもすればいいやん! しかも、そんな発言が競争率を上げている事に、本人は気が付いているのかどうか・・・。まあ、サッカー好きが嵩じての話なので可愛いもんだとも言えるが。

しかしだよ。いくら需要があるからと言って、商売でやっている某大手サイトが、『荒業』などと称して車庫飛ばし紛いの手法を紹介してまで煽っているのは愚の骨頂だ(またも断言)。抜け道なんてモンは、個人の想像力・仲間内もしくはアンダーグラウンドで語ったりノウハウをこっそりとシェアしていればいい話であって、事情通を気取りたいのか媚びを売っているのかどうかは知らないが、そんな事までしてサイト運営をコマーシャルベースに乗せようとする輩は大嫌いである。
いや、まあ、ムキになるような事でもないのだが・・・ちょっと毒舌が過ぎたかな。俺がヒネてるだけかもしんないしな。つーか、なんか嫌な事でもあったのか?俺(笑)

フーリガンという言葉の独り歩き

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  2001/01/15(月)  12:00
新装なったスーパーサッカーでのフーリガン特集が、あちこちで議論のネタになっているようで。

フーリガンの極悪ぶりには、これはもう議論の余地はないわけで。その一方で、『W杯という祭典の雰囲気を崩さずに』フーリガンなりテロなりへの対策が求められているという、祭りも暴動鎮圧も基本的には苦手と思われる、いわばぬるま湯な日本にとっては気の毒なほどのハイレベルの要求が突き付けられているわけですが・・・どうも、この問題の優先順というのが、ボク的にはひっかかります。
つまり、フーリガンという危険要素は、事実として、破壊や死に直結する可能性がある、という事。その認識を持つのが最初で、次に(自分の身体や環境を守りながら)楽しむというのが私の中の順番なんですが、逆に言えば、事実を事実として正しく認識すれば、必要以上に怖がる必要もなくなる。そういう意味で、W杯の実際の雰囲気を知らない私などは、(W杯に限らず出現するという意味で、より普遍的な)フーリガンというものの存在を正しく知らしめる、あるいは自分で理解する事が大事だと思っているわけです。
一方で、祭りの雰囲気が何よりも大事、という方もいる。なるほど、それはサッカーファンにとっては『何よりも』大事なのかもしれませんが、W杯は、サッカーに興味のない、あるいは全く関係のない人にも降りかかるイベントです。そういう人を味方につけて大会を盛り上げる事が2002年以降の日本のサッカーシーンに大きな影響を与えるという認識があるのなら、いや、だからこそ、危険は危険として、正しい情報を公開する事が近道なのではないかなぁ、と、私は思うわけです。無知が故の事故。これで一国のプロスポーツが吹っ飛ぶという可能性を、個人的には否定できないんです。

たぶん、夕刊タブロイド紙などで、フーリガンの危険を必要以上に煽るような記事が今後は増えてくる事でしょう。そこで、大会に深く関わる新聞社などには、日韓共催の話ばかりではなくて、清濁の『濁』の部分の冷静な紹介もして頂きたい、と私は思うわけです。

サッカー馬鹿の地、埼玉

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/07/13(火)  12:00
ここ数日は嫌な雰囲気でしたね。なにがって、『横浜派』と『埼玉派』が中傷合戦をしてるんだもの。
横浜派曰く『ダサイタマでなんかできるか』(確かにダサイけどさー、ヤな感じ)
埼玉派曰く『フリエを潰したくせに』(いつまでそれを持ち出すかなー)
匿名で相手を貶める事により自らをアピールするっていうのは、ちょっと違うんじゃないかと・・・。それを煽った毎日インタラクティブのネットゴングは、近年希に見る俗悪な企画ですな。(断言!)
勘違いしてる人もいるようですが、決勝戦のみが大会の価値を決めるわけじゃないんです。(よね?)
最高の大会にするには、それぞれの開催地がそれぞれの試合を最高のものにするしかないんです。(よね?)

だから、埼玉県民の皆さん。イベントは横浜にまかせましょうよ。埼玉は『サッカー馬鹿にしかできない、最高のワールドカップ』を開催してやりましょうよ!(しまった! 最後に本音が・・・!)<GEN@もちろん埼玉県民>

雲行き怪しい・・・

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1999/07/11(日)  12:00
せっかく久しぶりにお気楽なコラムが書けたと思ったら、今度は2002年の雲行きが怪しくなってきました。最近の『よいニュース』と『悪いニュース』のバランスは、我が家の食卓に上るスキヤキにおける『野菜』と『肉』のバランスのようです・・・(涙)。
まあ、アジアの膨大なマーケットの事を考えると、FIFAが本気でAFC外しに来るとは思えませんし、湧いては消えるイングランド代替開催の話にしても、2006年のブラジル招致と歩調を合わせているとしか思えないので、ワタシ的にはそれほど気にしていないんですが、今回のAFCのやり方が共感を得られるものとは思えませんし(切り札を最初に出すかぁ普通?)、日本には、事態を調整し解決する重大な役割をぜひ果たして頂きたいと思います。なにしろ開催国なんですから。

ただ、ワールドカップはFIFAやAFCといった『組織』のものではないとは思いますがね。


・・・もしかして、今いちばんヤキモキしてるのは、横浜の関係者じゃねーの?うひひ・・・

29日付不定期コラムについて(お詫び)

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1998/08/30(日)  12:00
また勇み足でございます・・・。

29日付不定期コラムで、横浜国際のバックスタンドについて文句を付けましたが、あれは国体用にバックスタンドを改修しており、そのための養生シートなんだとか。観客を追い出して派手なアピールしているわけではない、というご指摘を複数の読者の方から頂きました。また、当然ながら、あの位置の年間シートを持っている方には、2Fの別の席があてがわれているようです。
埼玉に住んでいると、なかなか横浜の事はわかりません。情報をお寄せ頂いた方にお礼申し上げると共に、不愉快な思いをなさった方には、心よりお詫び申し上げます。

決勝戦誘致

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1998/08/29(土)  12:00
(GEN・福田の復活ゴールに寄せて)
♪GET GO~AL 福田!

(Kinu・小倉の復活ゴールに寄せて)
小倉やったあっ! 長かったぁっ!



さて、私は駒場の試合経過を気にしながら(テレビ埼玉でも生中継してくれないんだもん・・・)横浜M×川崎戦をTV観戦していたわけですが、ありゃなんですか?
横浜国際のバックスタンド、広大なスペースを占領した『2002年決勝戦誘致』と『かながわゆめ国体』をアピールするメッセージディスプレイ。スペース的に許されるほど観衆が少ないところで決勝戦なんて・・・とは言いませんが、観客の自由を奪ってまでテレビ映りのいい位置でアピールする事と、決勝戦誘致の盛り上がりは、絶対にイコールではないハズ。
部外者(私は埼玉県民)が言う資格はないのかもしれませんが、ファンを無視したヤラセっぽい盛り上げ方は、好きではありません。あれがもし埼玉でも、私は怒ります。

オリンピック>>>ワールドカップ in大阪

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1998/08/28(金)  12:00
ちょっと夏バテ気味です。
考えたら、本格的な夏の『痛勤地獄』は今年の夏が初めて。出張にゴール裏にと飛び回っているうちに、ちょっとお疲れモードに入ってしまいました。ま、それも2~3日の事で、今日は久しぶりに雷が鳴っていないので、こうしてPCに向かっている訳なんですが。

ところで、その出張先で思った事。大阪では、地下鉄を始めとして、至る所で『2008年オリンピックを大阪に!』てなメッセージを見かけましたが、『2002年』に関する横断幕等は目にしませんでした。確かに、都市単位で考えると、僅か数試合が行われるだけのW杯よりは、沢山の種目があるオリンピックの方が盛り上がり的にも経済的にもビッグイベントなのかなぁ、とは思うのですが・・・。

でも、W杯の事も考えてくれよぅ、大阪! ホームページにW杯のコーナーぐらい作っても、バチは当らんぞ!

2002の始まり

2002 ] TB:- | CM:- | 編集  1998/07/18(土)  12:00
【1998 FRANCE】は終わりました。それは、同時に【2002 KOREA & JAPAN】のスタートでもあります。

日本のサポーターにとってのW杯は、アメリカ大会までは『他人事』でした。フランス大会には、『応援』という形で参加できました。そして2002年は、一気に『開催』です。
日本の事ですから、大会は滞りなく開催されるでしょう。ですが、サポーターにとっての『良い大会』は、誰かが実現してくれるものではありません。机上の議論や意見を持ち寄る事は大切ですが、もっと大切な事は、その議論をどう実現させていくか、だとは思いませんか?

大会を成功させるために、世界中のサポーターに最高のW杯を楽しんでもらうために、もちろん僕ら自身が楽しむために、自分達でやっていかなければならないのです。

幸いな事に、私達には、情報収集のための頭と体があり、情報発信のためのHPがあり、フランスでの体験を共有させてくれる友人があり、何よりもやる気があります。『何をしてくれるか』を要求するだけではなく、『どうなるのか』を予想するだけでもなく、『自分には何ができるか』を考えながら、いちサポーター(兼いち社会人)としての自分達にできる事を、こつこつとやっていこうと思っています。

『2002年に参加したんだぜ!』って、胸を張って言えるように。
  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ