スポンサーサイト

スポンサー広告 ] TB:- | CM:- | 編集  --/--/--(--)  --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛の虚偽報告問題

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2015/02/23(月)  21:30
久しぶりの更新でこんなネガティブな事を書くのもどうかと思いますし、Jリーグ様が合理的で正常な判断ができる組織だとは今さら思っていないので、これは文句でもなんでもなく(というか文句を言っても意味がない)、ただの俺自身の感想なわけですが。

Jリーグ様が定める入場者数の定義に対する水増し(内規違反)で制裁金2,000万円。
財務諸表の虚偽記載、すなわちれっきとした金融商品取引法違反で制裁金300万円。

笑った(笑)

このエントリーの時点で、新しい「Jリーグ.jp」(笑)様は何も発表してない。
自分たちをディスることにかけては一級のJリーグ様ですが、今回は怠慢だね(笑)


21:50追記
ここ押せば見られるんだって。わかるかよw


スポンサーサイト

アカデミーの育成力

サッカー全般 ] TB:0 | CM:1 | 編集  2014/12/15(月)  20:45
今年のJリーグアウォーズで東京ヴェルディが「最優秀育成クラブ賞」を受賞しました。
ノミネート時点のニュースリリースによると、表彰概要は「育成年代の選手育成の取り組みにおけるJクラブ指導者育成の功績を讃え、チェアマン等の推薦を基に選考委員会にて決定する。」ということで明確な選考基準のハードルがあるわけではありませんが、参考資料と銘打って「各クラブの2種(U-18)または3種(U-15)チームに所属経験があり、2014シーズンにトップチームと契約した選手」とありますから、今季プロ契約した選手が最多の7名の東京ヴェルディが受賞するのは自然なことです。

ところで、穿った見方をすると「余所から選手を獲ってくるお金がないからユースから昇格させて人数合わせしたクラブ」が「育成が優秀」と評価できてしまいます。
おっと、ヴェルディがそうだ、と言ってるわけじゃないですよ。育成って少なくとも高校の部活の選手をポンと獲るよりはお金がかかります。圧倒的に。

それと、育成関係でもう一つ気になっていたのが、よく言われる「浦和の育成下手」。まあ浦和界隈には怪獣ユースガーがいるので厳しい声が大きくなる面もあるんですが、トップでレギュラー張れるかどうかは「移籍で即戦力を獲ってこれる資金力」と反比例関係にあるので、自クラブへの昇格だけ見ていても「他クラブと比較したうえでの相対的な育成力」は見えてこないと思うんですよね。トップでさらに成長させる力の物差しにはなるかもしれませんが。

そんな疑問を解消すべく、クラブの懐具合とかを抜きにして、さらに2014シーズン単年で見るのではなく「いまプレーしている選手」、それもJクラブだけではなく海外まで枠を広げて、プロサッカー選手の輩出数(稼働数って言うのが正確かな?)を調べてみた結果が下のグラフ。(クリックで拡大)

academy.png

カウントの条件を以下に記しておきます。
  • 国内所属の選手はデータサイトの前所属チーム欄から目視で情報収集しエクセル上で手作業集約
  • 海外所属の選手はWikipediaを参照し、Jクラブに所属した経歴がある選手のみを加算(海外クラブと言ってもピンキリあると思うので・・・)
一応、グラフの元データ(xlsx)も置いておきます。academy20141215.xls

提携組織とか名称変更とかあって、要するに正確性は全く保証できないので、どんなに頑張っても傾向値、せいぜい話のネタとしてご覧頂けると幸いです。


↑昇格↓降格まとめ2014(11/24現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/11/24(月)  22:00
残るは J1⇔J2⇔J3 のみです。

■昇格のゆくえ
  • J2→J1
    プレーオフ出場3チームが決定。(北九州は参加資格なし)
    プレーオフは準決勝(磐田x山形)が11/30、勝者と千葉の決勝が12/7。
  • J3→J2
    金沢の自動昇格、長野の入替戦進出が決定。
    入替戦は11/30(長野ホーム)と12/7(J2讃岐ホーム)
  • JFL→J3
    山口のJ3昇格が正式決定。
  • 地域→JFL
    地域決勝が終わり、昇格3チームが決定。
  • 地域→新チャレンジ(新設、実質3部)
    入替戦に勝った熊本が新チャレンジ参入し、昇格チームは7チームに。

■降格のゆくえ
  • J1→J2
    徳島以外はまだ決まらない。
  • J2→J3
    讃岐が入替戦に回ることが決定。
  • なでしこ→なでしこ2部
    入替戦で伊賀の残留が決定。入替は1チームのみ。
  • チャレンジ→地域
    下位6チームのうち、新チャンレンジ(3部)参入は5チーム、入替戦で清水の地域降格が決定。

(クリックすると拡大します)
updown2014_1124.png

↑昇格↓降格まとめ2014(11/9現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/11/09(日)  19:00
この1週間での変化点のみ。

■昇格のゆくえ
  • J2→J1
    いまだプレーオフ出場チームが決まらないカオスのまま、残2節。
  • J3→J2
    金沢の2位以内が確定。自動昇格確定はまだ。
  • JFL→J3
    山口のJ3昇格が内定。
  • 地域→JFL
    昇格枠が増加。決勝リーグ進出チーム4チームのうち3チームが昇格。
  • 地域→新チャレンジ(新設、実質3部)
    熊本と鹿児島が入替戦進出決定。

■降格のゆくえ
  • J2→J3
    東京Vは入替戦回避まであと勝ち点1。

(クリックすると拡大します)
updown2014_1109.png

↑昇格↓降格まとめ2014(11/3現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/11/05(水)  23:10
備忘として載せておきます。
今年は(J1だってよくわかってないのに)J2から下は全くフォローしていないので、たぶん事実誤認もあろうかと思いますが。。。

■昇格のゆくえ
  • J2→J1
    既に自動昇格の2チームは決定し、プレーオフ出場4チームがどうなるか、が焦点。プレーオフ圏内順位の北九州にはプレーオフ進出権がありません。
  • J3→J2
    金沢の自動昇格が濃厚な情勢。入替戦の座を長野と町田で激しく争っています。
  • JFL→J3
    詳しい情報がありませんが、J3ライセンスを持つ4位の山口が得失点差でも優位に立っており、この順位でフィニッシュすればおそらくはJ3昇格と思われます。
  • 地域→JFL
    地域決勝上位2チームは昇格。山口がJ3に昇格すると、地域決勝3位も昇格です。決まるのはまだ先ですね。
  • チャレンジ→なでしこ
    自動昇格、入替戦進出チームが決定しています。(入替戦日程は未発表)
  • 地域→新チャレンジ(新設、実質3部)
    実質3部として編成される新チャレンジに、すでに6チームの参加が決まっています。参入戦にまわる2チームは来週決まります。

■降格のゆくえ
  • J1→J2
    残り2枠。最後までもつれそうですが、セレッソは次節にも降格決定の可能性があります。
  • J2→J3
    東京Vはなんとか入替戦を回避できそうな情勢ですが、まだ確定はしていません。
  • なでしこ→なでしこ2部(現チャレンジ)
    自動降格チーム、入替戦行きチームとも決まっています。(入替戦日程は未発表)
  • チャレンジ→新チャレンジ(新設、実質3部)
    チャレンジが16→10チームに再編されるので、11位以下は新チャレンジ行きとなるはずです。15位以下は新チャレンジ参入戦に回ります。(参入戦日程は未発表)

(クリックすると拡大します)
updown2014_1103.png

浦和の過去データからドイツの決勝を占う(7得点、その次の試合)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/07/09(水)  22:00
1996/09/21 ○7-0柏(国立)
→1996/09/28 ○1-1(延長+PK戦3-2)福岡(札幌厚別)

2000/03/30 ○7-0鳥栖(鳥栖)
→2000/04/02 ○3-1甲府(駒場)

2004/08/21 ○7-2東京V(埼スタ)
→2004/08/29 ○3-2磐田(埼スタ) ←長谷部ゴールの試合

2005/07/06 ○7-0東京V(国立)
→2005/07/09 ●1-2大宮(埼スタ)

2005/10/15 ○7-0柏(駒場)
→2005/10/22 ○3-1大宮(埼スタ)


快勝2、ギリ勝ち1、延長PK勝ち1、完敗1
けっこうきわどい結果なのです。

まあ、ドイツに限っては「快勝に気が緩む」ということはないでしょう。

公開社会実験実施中

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/06/12(木)  11:50
前回のエントリーの冒頭で「Jリーグに対する興味も減退中」と書いたけど、その点を敢えて追記。

多くの人が思ってることだと思いますけどね、2シーズン制導入の経緯だけでも馬鹿野郎と思ってるのに、どうにも不公平な処分とか見てたら馬鹿らしくってやってられませんよ。(甘い方が鹿だからっていうのを差し引いてもね)

それと、俺はもう煽りゲーフラとか興味ないし、ダービーとか清水戦とかの煽り合いもメンドくさいから金輪際観に行くつもりはないけど、それはそれとして、リーグが公式に「共感・感動しないもんはダメ」っていう理由で処分をするとか、本当に馬鹿げている。
少々の汚いことも認めろとかそういう話じゃなくって、当たり前のこととして、罰する対象は「気持ち」じゃなくて「行動」であるべきでしょうよ。

共感・感動って、何をモノサシにするの?
差別を撲滅云々言ってる口で「気持ち」を規制するって何なの?

というわけで、W杯に隠れて、あれが適切な処分だっていうんなら、Jリーグは俺の事も公平に罰してくれるんだよね? っていう社会実験をしていますw

J-LEAGUE IS
ODSTRUCTIVE

国立サッカーラストデー

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/05/06(火)  20:35
代表で、レッズで、色んな思い出のある国立競技場。

この端正なスタジアムが、良く言えば革新的で有機的な・・・率直に言えば「化け物」のような姿に生まれ変わってしまうのが、残念でなりません。
聞くところによると銀杏並木までなくなってしまうというのですから、悲しさすら感じます。

この景色、忘れることはないでしょう。

20140506.jpg

今季の注目!

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2014/03/02(日)  17:00
このじーちゃんに注目だ!
(ちょっとばーちゃんっぽい)


京都のバドゥさん

※追記:映画「クラシコ」に長野の監督で出てたじゃん!

↑昇格↓降格まとめ2013まとめ(12/8現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/12/08(日)  20:50
サッカーファンの皆様、1年間お疲れ様でした。備忘として、昇降格のまとめを。
前回はこちら


(クリックすると拡大します)
updown2013_1208.png

これは目を通した方がいい

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/11/17(日)  20:30
特別対談「チェアマンに聞く!~大東和美×中村憲剛~」(川崎オフィシャル)

中身がどうこうということは、ここには書きません。
読んだ方が、それぞれお感じになったことが、それぞれ正解だと思います。


↑昇格↓降格まとめ2013まとめ(11/4現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/11/04(月)  21:00
僕らがナビスコ疲れしている間に、各カテゴリーでは着々と今季の佳境を迎えています。
というわけで、1カ月ぶりに変化点を確認してみましょう。(前回はこちら

■昇格のゆくえ
  • J2→J1
    残り3節+プレーオフ。G大阪が自動昇格の2位以内を確定(チッ)、神戸にもリーチが掛っています。また、2位の京都はプレーオフ圏内を確定し、8位札幌までがプレーオフ圏内まで3差。
  • JFL→J2
    残り3節で、長野・讃岐の2位以内が確定。昇格資格があるのは讃岐のみで、このまま2位だと入替戦です。町田は1年でのJ2復帰失敗です。
  • 地域→チャレンジ
    チャレンジが来期1チーム退会で、昇格フォーマットに変更があります。「アンジュヴィオレ広島」と「ASハリマ アルビオン」による昇格チーム決定戦が11/9、勝者が昇格し敗者はチャレンジ15位との入替戦(11/16or17)にまわります。

■降格のゆくえ
  • J1→J2
    磐田が降格リーチ。甲府と勝ち点差6の湘南も甲府との得失点差が12あり、2試合では追い付けません。
  • J2→J3
    JFLの動向により、降格可能性は22位のみに絞られました。鳥取は1試合で引っくり返すことはできない位置で、次節に22位が確定する可能性もあり。即降格がないように「讃岐がこのまま2位になりますように・・・」と祈っていることでしょう。
  • なでしこ→チャレンジ
    吉備国大の入替戦、高槻の自動降格が決定しています。
  • チャレンジ→地域
    HOYOが来期退会のため入替戦を辞退。鹿児島のみが入替戦に回ります。
(クリックすると拡大します)
updown2013_1104.png

(´-`).。oO(ひとりごと)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/10/09(水)  20:45
(´-`).。oO(今度は土曜日固定やベスメン規定見直しとかの話が出てきたね・・・)

(´-`).。oO(これはいいことだ、とかコメントするのが大人の態度だよね・・・)

(´-`).。oO(でもさ、Jリーグが発信することにもう一々反応したくない気分なんだ・・・)

(´-`).。oO(なんていうか、Jリーグっていうモノに対する興味がさ・・・)

(´-`).。oO(・・・)


↑昇格↓降格まとめ2013まとめ(10/6現在)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/10/06(日)  22:00
天皇杯でJ1、J2、JFLが1週間の中断なので、ここで状況を俯瞰してみましょう。

■昇格のゆくえ
  • J2→J1
    残り6節。プレーオフ確定ラインは勝ち点73。神戸とG大阪がリーチ掛っています。
    6位の長崎から勝ち点差7の12位栃木あたりまでがプレーオフ圏内でしょうか。
    (ちなみに水戸、北九州、岐阜、鳥取には昇格資格がありません)
  • JFL→J2
    昇格資格があるのは町田、金沢、讃岐の3チーム。2位以内が必須条件です。
    讃岐が良い位置に付けていますが、確定ラインの勝ち点70まではまだ先があります。金沢はMAX勝ち点63ですから、かなり難しい状況です。
  • 地域→JFL
    例年より1週間早い11/24-26に開催される地域リーグ決勝大会の上位3チームが自動昇格します。
    ところで、現在のJFL18チーム中、最大で12チーム(町田、金沢、讃岐、秋田、相模原、長野、福島、栃木、YSCC、藤枝、滋賀、琉球が加入申請中)がJ2またはJ3に参加すると、残りは6チーム。昇格3チームを加えても9チームにしかなりません。来期のJFLは12チームとの報道がありました(正式発表は、まだないはず)が、そうなると地域決勝進出チームからピックアップするのかもしれません。
  • チャレンジ→なでしこ
    4位以内で、かつ有資格1位が自動昇格。有資格2位が入替戦進出。
    狭山が自動昇格を既に決め、世田谷が入替戦に回ります。入替戦は11/17と23。
  • 地域→チャレンジ
    まず、6チームを3チーム2組に分けて入替戦予選を戦い、それぞれの組の1位が入替戦に出場。入替戦予選は11/2,3,4の3連戦。入替戦は11/9と16です。

■降格のゆくえ
  • J1→J2
    大分は既に降格決定。現在の大宮の勝ち点39を残留ラインとすると、甲府は3勝で到達。湘南は5勝が必要で、磐田は既にアウトです。というのは半分冗談ですが、ここまで28試合3勝の磐田が残り6試合で3勝しても甲府を抜けない、という状況です。
  • J2→J3
    JFLの動向によって「即降格」か「入替戦」か変わってくるという恐ろしい状況。現時点ではJFLで2位以内に入りそうなのが讃岐のみなので、讃岐が1位なら22位が即降格、讃岐が2位なら22位が讃岐との入替戦(入替先はJFLではなくJ2)ということになります。なお、21位の岐阜は1試合少なく(その分は10/23に消化)、得失点差は鳥取より5悪い、という微妙な状況です。
  • なでしこ→チャレンジ
    9位が入替戦で10位が自動降格。高槻は勝ち点が伸びず次節にも9位以下が決定。入替戦回避を新潟、浦和、吉備国大が争う構図になると思われます。
    ・・・って、う、浦和が?
  • チャレンジ→地域
    下位2チームが入替戦に回りますが、既に鹿児島とHOYOが11月の入替戦に回ることが決まっています。
(クリックすると拡大します)
updown2013_1006.png

巨人優勝

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/23(月)  09:00
朝のニュースを見て、巨人が「セリーグ優勝」したということを知りました。
プロ野球の場合、クライマックスシリーズは置いといて、あくまでも「レギュラーシーズンの1位がリーグ優勝」なんですね。

ということは、クライマックスシリーズは単なる「上位3チームによる日本シリーズ進出決定戦」で、日本シリーズ勝者は「日本シリーズ進出チームの勝者」に過ぎない・・・のか?
必ずしも優勝チーム同士の対戦とならない日本シリーズの価値が下がっているように思えますね。

普段はプロ野球に注意を払うことのない自分ですが、去年も同じような事を感じた覚えがあります。なのに、今年も改めて「あーそうだったんだー」と気付く。
ファンじゃない俺には全然わからないし、根付かないし、むしろ毎年定期的に新鮮に改めて「おかしいんじゃないの!?」と感じる

優勝決定プロセスという点に関してはプロ野球を批判的に見ていましたが、いやー、酷いブーメランが帰ってきたもんです...orz

そう言えば俺、プロ野球は日本シリーズだけは「ながら見」くらいはするんですけど、クライマックスシリーズが始まってからはクライマックスシリーズも「ながら見」するようになりました。「山の試合があれば新規の層にも注目してもらえる」という理屈を地で行ってますねw
で、それでプロ野球大好きになったかというと、オフが明けて春になればプロ野球のことは頭から抜け落ちてしまうし、野球場に行くことはないし、テレビ中継で見かけたスポンサーの商品を買うこともないです。

サッカーはどうなんですかねぇ。

※僕はプロ野球のクライマックスシリーズ導入の経緯は知らないし、ファンがどう感じているかも知りません。あくまでも個人の感想です。念の為

2015日程仮説検証(ACL変更なし、コパアメリカあり)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/18(水)  23:00
2014年の年末から2015年にかけてのカレンダーを作ってみた。
仮定は以下のとおり。
  • Aマッチデー最優先でカレンダーを埋める。日程はFIFAが発表済。
  • 代表召集期間はAマッチデー期間の-4日~+1日に設定。
  • コパアメリカの招待を受けると仮定。
  • ACLは日程変更なし、Aマッチと被らないよう微調整。
  • CWCの日程は2014は発表済。2015は未発表=「だいたい今までどおり」程度で。
  • リーグ戦は基本的に週末に組む。ただしAマッチデー期間+代表召集期間はリーグ戦を開催しない。
  • ナビスコは従来通りのフォーマット。代表日程との重複を許容する代わりに、平日開催は極力避け、リーグ戦がない週は週末を使う。
  • 天皇杯は元日決勝。今年の日程を参考にする。

calender20142015.png

ちょっとだけ、本当にちょっとだけ「結論先延ばし」を期待していたよ

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/17(火)  22:55
まあ、今回の事態について、書けと言われれば何文字でも書けるけど、何を書いてもダークサイドになってしまうので、今日のところはこれだけにしておく。


Jリーグ20歳を共に祝い、
次の20年に思いを馳せた、
そんな自分が馬鹿だった

気付かせてくれてありがとう



追記:説明はもういいですから(^^)


中西氏の「説明にならない説明」を聞くのはツラい

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/16(月)  18:00
先日のエルゴラインタビューに続き、今日は「緊急インタビュー」と称してサッカーキングに中西競技・事業本部長のインタビューが掲載されました。
なんかもうあいつらの話は聞きたくないやと思いつつ、なぜ順位決定制度を変えなければならないのか、なぜ2ステージ+プレーオフなのか、読み取ろうとしました。

でも、無理でした。

『最終的な目標は、継続的な日本サッカーの成長』という意見に異論はありません。でも、『決して大会方式の変更自体が目的ではなく、あくまでも成長を続けるための手段』と言いながら、変更によって成長につながるということの説明がありません。

もしかすると、その後段にある
『満員の観衆に囲まれて戦うという舞台をどれだけ作ってあげられるかも大切』
『Jリーグのクオリティが高いと分かるモデルケースの試合が必要だと感じているので、今回の改革が必要』

ということなのかもしれません。目玉の試合がある→満員になる→そこで試合すれば成長する、というロジックで一旦自分を納得させてみました。

では、目玉の試合があると満員になるのか?
中西氏は『6万110人に対する調査結果』を紹介しています。結果の表を普通に見れば「今までもこれからも制度に関係なく興味ないよ」としか俺には読めません。中西氏本人も『「興味を持たなかった」や「知らなかった」という層が圧倒的大多数であることをサッカー界全体としての大きな問題だと捉えた』って言っています。その問題認識、そして『興味を持たなかった圧倒的大多数にアプローチしていくことも必要』という課題認識については、俺も全然反対しません。ですが、このアンケート結果は少なくとも「目玉ゲームがあれば満員になる」っていうことの合理的な説明には全くなっていません。

ここまで伝わってきている話として「スポンサー料と放映権料で増収10億円」というものがあります。『満員の観衆で戦う環境を』というのなら、観客動員についてのコミットメントが先だと思うのですが、そこは何も言及がありません。おそらく「リーグは制度、動員はクラブ」ということなのだと思いますが(現実問題としてリーグに集客アイディアなんて無理でしょう!)、そこの説明もない。
例えばの話「お金がない、日銭が欲しいからこの方式を飲んで欲しい」というのなら俺は理解するんだけど、稼いだ10億円はクラブに還流させずプロモーションに使いますっていうんだから「あー、こりゃ10億円をメディアと広告代理店で回したいだけなのね」と思ってしまったとしても、邪推とは言えないでしょうよ・・・。

説明したい、ご理解頂きたいと言うけれど、その説明の機会で当たり前の説明ができないっていうことは、結局、説明する内容がないっていうことだよね・・・


遂に決まるのか、こんな手続きで・・・

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/09/10(火)  23:30
どうやら2015年シーズンから「ポストシーズン制による優勝決定制度」が決定事項となりそうです。

9月4日発売のエルゴラッソに掲載されていた中西大介Jリーグ競技・事務統括本部長のインタビューを読んだ自分には、驚きはなく、これが全くの既定路線であるという印象を持ちました。
あのインタビューを読めば、「グローバリズムとか、放映環境の変革とかあるんで、地域密着だけでは立ち行かない」といった大きな課題を抱えているという話からスタートしているのに、それが「テレビの威力は凄い」になって、最後は「やれることは大会フォーマットの具体的なディテールを変えることしかない」というズッコケオチになっていましたから。お前そんな論文書いたら点数貰えないぞっていうくらいの酷い論理展開。

そして、インタビューの最後はこともあろうに、こう締めくくられています。

--では15年からですか?
「まだ決定していませんが、もし理事会で決定すれば。なぜそう決まったのかということをしっかりとみなさんにお伝えしたい」

要するに、事後報告して終わりなんですよ。

そこから話を遡っていくと、こういう発言もあるわけです。

--少し振り返ります。大会フォーマットに関しては、スタジアムで反対の横断幕も出ていました。サポーターとの情報共有が進まなかったことも問題でした。
「最初の段階で進まなかったですね。最初からこういう話ができれば良かったのですが。エルゴラにも『数%しか賛成はいない』と出てしまったから・・・(笑)(後略)」

最初に説明しようと思ったけどエルゴラが機会を潰しちゃったからもう説明しないよ、って言ってるんですよ。

「情報開示を間違ってはいけないと強く感じました」とも言ってるけど、もう間違っちゃいましたね。だいたい、どうやら「マスコミ相手への進捗報告会」をもって情報開示していると彼は自認しているらしいんですけど、そんな開示のやり方だから、我々は断片的な情報しか伝わってこないと感じているわけですよ。

花を捨てても実入りが必要なら必要って先に言えばいいのにさ。
これが現状では正しいやり方なんだって先に言えばいいのにさ。
俺らみたいな無責任な立場で好き嫌い言ってるのではない、本当の問題課題がわかっている立場の人間としてさ。

でももう、なんかもうあいつらの話は聞きたくないや。どうせ本音じゃないし。
変更の中身については別途何か書くかもしれませんが、内部の人間ではない俺らには本当の問題や課題はわからないし、本音を言わない奴らのことを考えたり言ったり書いたりするのも意味がないというか、もうめんどくさい・・・
まあ、色々変えてみることが大事って言ってますから、優勝決定方式も毎年変えてみればいいんじゃないですかね。代理店は目先を変えるのは得意だからさ。


2015-2016日程仮説検証(ACL変更ありの場合)

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/08/18(日)  12:00
Jリーグ 2ステージ制復活&プレーオフ拡大を提案へ!(スポニチ)
ポストシーズン、Jも15年から導入 戦略会議で2案に絞る(スポーツ報知)
「2ステージ制」来月J実行委に提案へ(ニッカン)

リーグ戦方式が変わるとすれば、最短で2015年から。
2015年っていうのは国際Aマッチの試合数が削減される節目の年。そこで、「世界標準」とか「理念」とか「サポーターの声を聞け」とかの感情論交じりのハナシは置いといて、現行方式での日程の成立性という観点で仮説を検証(というか予想)してみた。ただし、それだけじゃ面白くないので、原・中西両氏が秋春制の論拠にする「ACLが秋開幕になると今のカレンダーでは無理」を反証する、という視点も合わせ持ってみました。ACLが2年またぎであることが前提の検証なので、2015-2016の2年間を検証、ということになります。

メチャクチャ縦長の表で見にくくてスミマセン。(表をクリックすると別窓が開きます)
結論だけ読みたい人はこちらをどうぞ

calender2015.png■2015カレンダー作成時の仮定・与件
  • Aマッチデー最優先でカレンダーを埋める。日程はFIFAが発表済
  • 代表召集はAマッチデー期間の-4日~+1日に設定
  • ACLは2015から秋開幕と仮定。年前半は移行期間につき試合なしと想定。欧州CL2012-2013の日程に準拠しつつ、Aマッチと被らないよう微調整(いくらAFCでも、そのくらいは配慮するよね・・・)
  • CWCは日程未発表なので「だいたい今まで通り」程度
  • リーグ戦は基本的に週末に組む。ただしAマッチデー期間+代表召集期間はリーグ戦を開催しない
  • 年前半はACLがないので、ナビスコは全チーム参加、予選は9チームx2組(9節)。代表日程との重複を許容する代わりに、リーグ戦がない週は週末を使う
  • 天皇杯は元日決勝。今年の日程を参考にする
  • 水曜日は仮に使っても隔週。そして7月、8月は水曜開催しない(←大事)
  • リーグ戦は3月第1週~12月第1週に収める(40週)
  • 8週間の休養を確保し、2月1週目に始動する
というわけで出来上がったカレンダー@俺案は、2/28のXEROXを皮切りに、リーグ戦は34節中4節がミッドウイーク、ナビスコは14試合中5試合がミッドウイーク&11試合が代表メンバー不在、という形で12/5にリーグ最終節が収まりました。
※ACL5節は欧州準拠だと11/18だが、Aマッチデー直後なので1週間後ろ倒し

禁を破って2週連続水曜開催としたのはゴールデンウィーク。15日間で5試合という酷さだが、2015年はこういう日程にせよと旗日が語りかけてくるのです。ACLの日程変更がない場合は、こんな日程は難しいでしょうね。
5連休を有効活用した9/23の水曜日(祝日)開催はリーズナブルだと思うけど、納得がいかないのは10/28かな・・・秋から代表とACLが立て込んでくるので他に押し込む場所がない。

リーグ戦のラスト3節の前に2週空くのは興醒めです。が、こればかりはFIFA様がお決めになったことですから、しょうがない。

ただ、代表日程と絡む部分では若干の余裕が出るかもしれません。2015年のAマッチデーは「月曜日~翌火曜日」という設定ですが、実際に試合ができるのは2日間だけですから、試合日を例えば「木・日」にするとか、協会様が試合前の招集期間を3日間に短縮してくれるとか、ホーム開催で試合翌日には各クラブに合流できるとかの条件だと、前の週の土曜日をリーグ戦に使えたり、翌週の水曜日のカップ戦が代表メンバー込みで出来たりします。もちろんそれは協会様の交渉能力次第ということになるのですが。

ACLが現行日程通りなら、春に平日の試合が8試合発生します。一応、ちょうど8週の空きがありますが、そこを埋める=ACL出場クラブは常に週2試合ですから、その場合は例年通りナビスコ予選リーグ免除等の措置が必要ですね。
9月以降は6週で変わりないので、なんとかなるでしょう。今と同タイミングでの決勝ならリーグ戦終盤2節とACLグループリーグ終盤2節が並行ということはないので、むしろ現行日程の方が楽。このへんは確かにリーグサイドが危機感を持つのもわかります。

天皇杯で勝ち残りしなければ、目論見通り8週間の休養は確保できます。
それにしても、天皇杯を他の時期にずらすのも口で言うほど簡単ではないですね。代表日程と重複させるのはそれなりにベターな解にも見えます。ただ、最後まで試合をしたチームが翌年の最初に試合をするっていうのは合理的じゃない。例えば準々決勝以降を翌年春先にXEROXスーパー天皇杯として・・・
calender2016.png■2016カレンダー作成時の仮定・与件
  • 基本的な考え方は前年と同じ
  • ナビスコ予選はACLノックアウトラウンドを避けて開催。予選は6チームx3組のリーグ戦(5節)
    (ホーム開催数に差が出るが)
  • ACL決勝は一発勝負(これも欧州に準拠)
こちらも、2/27のXEROXから12/3のリーグ最終節でカレンダーが収まりました。リーグ戦は前年同様に34節中4節がミッドウイーク、ナビスコは10試合中1試合が平日で、それ以外の9試合は代表メンバー不在での開催です。
※ACL準々決勝#1は欧州準拠だと3/30だが、Aマッチデー直後なので1週間後ろ倒し。そのあおりで#2も欧州CLより1週間後ろ倒し

4月はACLがあるので平日開催ができません。5/21はACL決勝があるのでリーグ戦を日曜日開催として、進出クラブは5/25を代替日に充てます。が、こんな小手先の工夫をしたとしても、そこに辿りつく前に過労死が待っていそうです。ACLの準決勝まで進むクラブは、4/2から5/7まで36日間で11試合!です。
ACLが現行日程通りとなると、グループリーグを突破するとプラス2試合です。こうやって日程面だけを見ると、「ACLは罰ゲーム」と思ってしまう人がいるのも、わからないではない。






◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

この日程をどう考えるか。

Q:現行方式で日程は成立するか?
A:ギリギリ成立する

そりゃそうですw ACLの春と秋を入れ替えただけですから年間での帳尻は合うに決まっています。
言い換えると、プレーオフを入れるとこのままでは成立が難しくなります。

俺の案は「水曜日は仮に使っても隔週。そして7月、8月は水曜開催しない」という縛りを入れているので、春秋が過密日程。逆に言えばAマッチもACLもない真夏の日程は余裕があるとも言えます。なので、例えば夏の水曜開催を2試合入れれば、その分をチャンピオンシップのホーム&アウェイに充当する、なんていうことが可能になります。
ベスメン規定で選手の入替ままならない、給水タイムもない条件下で「動いたら負け」みたいな真夏のサッカーを許容するなら、ですけどね。俺は許容しませんが。

そして、エントリー直前のニュースだったのでこのカレンダーには反映させていませんが、日本代表が2015年のコパアメリカに出場することが決定した模様。
開催期間は2015年7月1日~24日。召集期間と合わせるとリーグ戦は5節分が吹っ飛びます。
2015年からの変更ありきで急いでハナシを進めているようにも見えるけれど、カレンダーのメドは立っているのかしら?


今日のJリーグ報道

サッカー全般 ] TB:0 | CM:1 | 編集  2013/08/01(木)  18:00
気のせいかもしれないんですが、今朝のテレビ、そして新聞報道とも、昨日のJリーグのことを伝える量が多かった気がしませんか?

朝のNHKは広島と大宮の首位攻防戦を冒頭で紹介しつつも、基本的には東アジア選手権に参加した代表選手たちのサバイバルが云々とか、ザッケローニへのアピールがどうのこうのとかって、選手ごとに切り取った紹介がほとんどで、
選手は代表のためだけに日々のリーグを戦ってんじゃねーんだよ
と考える自分のようなタイプには的外れかつ目ざわり報道と言えない事もないかも。

実際、俺は朝のNHKにもスポーツ新聞のヘッドラインにも、「そういう観方じゃないでしょ」って毒づいちゃったもの。

でも、ですね。

そういう価値観は、Jリーグとか特定のクラブとかに長く深く付き合ってきたからこそ感じること。今スタジアムに来ない人は、そういう視点でアピールしても、それこそ的外れなんですよね。
それに気が付いて、露出の内容をいちいち批判していては、それこそ老害だなーと、自らの頭の固さに思い至ってしまったジジイなのです。orz


このクレイジーな日程は避けられなかったのか?

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/18(木)  20:00
いやまあ日程君もまさかこんなに早く梅雨明けしてクソ暑くなるとは思わなかったのかもしれないんだけどさ。
それにしても7月、8月の水曜日開催4試合は体力的にホントにキツい。
土日は本当に空いてなかった? あるいは涼しい時期の水曜開催の余地はなかった?

というわけで、見直してみた。
パッと見で空いていそうな日を黄色で塗ってみましたが・・・

水曜日は夜間開催となるわけですが、春先の水曜日をリーグ戦で埋めるのは寒さの点で動員への影響が大きいかな?
そしてやっぱりACL参加クラブの過労問題がありますよね。

ナビスコの短縮も、14チームを7チームずつに分けて予選リーグを7節で戦うというフォーマットを変えない限り難しい。
ACLオンリーの2/27、3/13と、代表選手が欠ける3/27あたりをターゲットにナビスコを2試合ほど開催して玉突き的にリーグを前倒し・・・例えば5/15、5/22をJにするという手もあるけど、ナビスコをこれ以上悪条件にするのかっていうと、やっぱりスポンサー様に申し訳ない・・・かな?
それ以前に、この両日はACL開催日なので、ACL組の代替日程がないか? だったら1試合くらいならどうだ? 7/3を代替日にしてACL組同士の対戦にしておけば、4チームのみが7/3→7/6の連戦。

あとは、秋(10/23以降)です。

目につくのは11月の頭の3連休がナビ決勝のためだけに消費されてしまうこと。ここでリーグ戦を消化できないものなんでしょうか。ACL決勝進出クラブの予備日が設定できるのなら、ナビ決勝進出クラブの予備日を設定してもおかしくない。11/2にナビ、11/3にリーグ、11/6あたりにナビ決勝進出チームの予備日というような流れは無理だったのか?
チケットなどの準備の事を考えても、ACLの決勝が準決勝の24日後、ナビスコの予備日が11/6だとすれば準決勝の25日後ですからそんなに変わらない。もっともACLは日程アドオン、ナビスコは日程変更だから、チケッティングの大変さが違うと言われれば、それはそうですね。

あとはリーグ終盤の11/27、12/4ですが・・・春先同様、寒さによる集客への影響が懸念されることと、このタイミングでは極力コンディションに影響を与えないような日程が望ましいと言う事があると思いますが、勤労感謝の日の前後に過密日程を組んだ前例はいくらでもありますので、まあ11/27くらいなら許容範囲じゃないかな、と思います。

まとめると。
  • ナビスコの予選リーグ1試合を3/13(ACLと同日)または3/27(代表選手不在)に開催し、5/15または5/22のナビスコをリーグ戦に振り替える。ACL組は7/3を代替日とする。
  • 秋晴れが期待される連休中の11/3か11/4にリーグ戦を開催する。11/2のナビスコ決勝進出チームは11/6に試合する。(4チームが、10/12のナビスコ準決勝の結果による日程変更の影響を受ける)
  • 暑さによるコンディション悪化も、最終節への影響もない11/27にリーグ戦を開催する。

以上で3試合分の余裕ができます。
この3試合でどこの連戦を消すかは考え方次第ですが、少なくとも7/10のリーグ戦は休めそうです。これで現状の「12日間で4試合」どころか「8日間で3試合」も消滅します。
あとは、以下の3試合から2試合を取りやめる。
夏休みの試合を残しておきたいなら7/17をやめればよいし、暑さと代表メンバーの消耗を考えるのであれば7/31を消せばよいし、ACLの準々決勝進出クラブに配慮するなら8/28をパスすればよい。

細かな背景があるだろうと思うので偉そうに断言する気はありませんが、今季の日程編成、もうちょっとなんとかできたのかなぁ、という気はします。

まあ、日程君のせいではなくって、W杯最終予選とコンフェデで立て込んでいる年に、Aマッチデーでもないのに週末2回つぶすようなローカル大会をホイホイ決めてくる協会が悪いと俺は思うんですけどね・・・


今日の時点では決まらなかったが・・・

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/09(火)  22:40
個人的な感覚では、別にめでたくもなんともなく、「なにもわからん」って意味では昨日までと全く一緒です。(まあ、議論の様子は明日以降徐々に出てくるだろうとは思います)
そしてより根源的な話として、「新しいファンが増えない」という問題がなくなったわけではない。逆に、早急に手を打つタイミングを一つ逃したという見方だってできます。

×  ×  ×

個人的にちょっと違和感があるのが、「2ステージ制に反対するなら代案を出せ」という意見。あるいは、「みんなで色々考えましょう」っていう意見も、ちょっと「ん?」って思っている部分があります。

なんでか? だって俺は正解(あるいはそれに近いもの)を提示できるような立場にいないんだもの。制度も規則も実情も、俺は何も知らない。だから自分の意見に責任をとれないんです、残念ながら。例えば地方局がどれだけ放映権料を払ってくれるのか、それはスカパー一括と比べて収入増なのか減なのかも知らずに「放映権は地方の地上波に」と言いたくないんです。性格的にw
それと、状況が危機的であればあるほど、それに生活が賭かってる人が考えないとダメだとも思うんですよ。(というか、生活が賭かってる人じゃないと脳に汗をかくほど本気で考えることはできない)
えーと、後半は、かつて勤め先が潰れかかったサラリーマンの戯言です(^_^;)

もちろんそれは「ファン・サポーターは考えても無駄」っていうことではないので、クラブなりリーグなりにきちんと伝えるということができれば生きた意見にもなると思うし、そんなに堅苦しく考えないで、無責任であることを自覚しつつ意見を出し合うのならそれはそれで興味深い会話ができるとも思うのですけど。
逆に言うと、ツイッターで「○○すべし!」って呟きっぱなしでドヤ顔とか、自分の意見の正しさに一点の疑いも持たない人っていうのは、どうなんでしょうね


すみません、話をややこしくしてしまいました。
この問題を自分たちの問題として捉えるなら、できることは
「新しい人を誘いましょう」
っていう、非常にシンプルなハナシだと思うんですよね。

(たぶん続く)

9日に何かが決まってしまうん?

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/08(月)  22:15
チラシの裏で、自分の考え方を再確認しておこうかな、と。
財務諸表みたいな細かい話や、漏れ伝わってくる生臭い話とか、陰謀論みたいなのは抜きにして。


「世界基準」とか「100年構想」ってものが、具体的なリーグ戦のフォーマットを規定しているわけではないと理解しているので、そういうことを反対の理由にするつもりはありません。

それと、俺は勝手にサポーターをやっているだけなので、「俺の声を聞け」という気もないです。勿論、聞いてくれたら嬉しいけど、サポーターには(心情面はさておき)クラブやリーグに言う事を聞かせる権利なんてない、そういうことを言っったりねじ込んだりしちゃいけない、と俺は思っています。
だいいち「お客様のご意見は今後の運営の参考にさせて頂きます」以上の対応を図ろうとしたら収拾つかねーよ。

なんか「2ステージ制賛成派」みたいだね、俺。
でも、違うからね?w

俺は馬鹿だから
言える範囲でちゃんと理由を
言ってくれなきゃわからん!


それに尽きます。

理由も背景もわからないんじゃ、好き嫌いは言えるけど、賛成反対なんて言えないし、言いたくないもの。
(俺は背景知ってるんだぜ―、言わないけどねー、反対してるお前ら馬鹿ー、って感じの頭の良い人もネット上には沢山いるみたいっすけどね。おえー・・・)


・・・って、6月6日に初めてこの件でエントリーしてからステータスがひとっつも進んでねーじゃねーか!!


「自分」の意思を「自分」の方法で

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/05(金)  21:00
タイトルそのまんまの意味です。

色んな立場、色んな考え方があるので、「レッズサポーターは」なんていう冠を付けずに、賛成だろうが反対だろうが自分の意見を自分の責任で、伝えたい相手に伝わるやり方で示せばよい・・・と自分は考えます。


ゲーフラ作りにふんぎれない人へ

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/04(木)  21:00
楽しいよ~?

でも真面目にやると時間かかるから、スタートはお早めにね。
もっと即席っぽいやつならすぐできるよ。

参考:ゲーフラ 作り方
(グーグル先生)

参考:『We Love You』 ゲート旗作成記録
(俺が10年前にゲート旗を作った時のまとめ)


今日もまた違和感たっぷりのニュースが

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/07/01(月)  22:00
原技術委員長が明言 東アジア杯は招集制限せず

確かに、東アジア杯の時期はリーグ戦がありません。
その代わりに、7月には三度の水曜開催があります。経営的にも、コンディション的にも大変ですね。「代表には競争と刺激が必要」ですが、「クラブには集客が、選手には休養が必要」でもあります。
Aマッチデー以外におけるクラブ側の招集拒否権ってのは、Jクラブってのは適用されないんですか?
いや、拒否するような事態はないに越したことはないですけど、報道の字面だけ見ると、なんか引っかかるモノ言いですね。根回しはされているんだとは思いますけどね。

U―20選抜、J3参戦!リオ世代育成へJ1、J2各クラブから2人

もう言い飽きた感があるんですけど、まずはベスメン規定を撤廃すればいいじゃないの。「40クラブ合同サテライトチーム」からスポット的に招集される(試合に出られるのは最大でも14人)より得られるものは多いと思うんだけどな。
それでJ3クラブの参加枠が減るとか、遠征費はクラブ負担とか(札幌なんかは遠征だと今でもベンチ欠けしてるでしょ?)、そういうことがなければ「やらないよりはイイネ」って話かもしれないけど、どうも腹に落ちる感じがしない。

何でもかんでも難癖をつけるような真似はしたくはないのだけど、う~ん、我ながら嫌な性格になってきちゃったかな?


またも聞こえてくる愚案

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/29(土)  20:00
あれれ、という記事が出てきました。
淡々と紹介しているというスタンスなのか、観測気球なのかわかりませんが・・・

サッカー版クライマックスシリーズは実現すべきか

なんでも、システム案が3つあるんですって。

その記事の中の
J1を3つのカンファレンス(東西などの地域)に分け
をそのまま鵜呑みにして、これを18クラブ制になった2005年以降のJリーグに当てはめると、こうなりますわね。(↓クリックで拡大)

20130629_1.png

あかリーグみどリーグの境界線が、年によって江戸川だったり(08,09,12)、多摩川だったり(10)、甲州街道だったり(05)、国道1号線で南武線をくぐったあたり(06)になったりするわけですネ。

みどリーグあおリーグで言えば、境界線が東名高速宇利トンネルの年(05,09-12)もあれば、比叡山まで西に行っちゃう年(06)もあれば、大井川あたりで静岡ダービーをぶった切っちゃう年(07,08,13)とかあるわけですね。

あれだけ安定(収縮)経営サイドに制度を振っておいて、年ごとに収入も経費も全然変わってくるような不安定な制度とか、真面目に候補に挙げるわけないですよね。
ていうか、これ、2ステージがマシだと思わせるための噛ませ案だろうが!
フラットな状態で提示されている
って、こんな案みせられるこっちが恥ずかしいわ・・・!

仕組みで解決を図るっていうことを一概に否定はしないけど、それにしても、山ほどあるはずのリーグとクラブの個々の取り組みや改善の話がほとんど出てこないで、リーグシステムとカレンダーという仕組みの話しか聞こえてこないのは、本当に不思議。
いや、今聞こえてくるどの方式にしても、プレーオフ的なイベントありき、ということで考えれば不思議でもなんでもないんだけど・・・

(溜息)

Jリーグの日程発表時期に疑問あり

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/18(火)  20:00
2013Jリーグ 後半日程発表について

ご存じのとおり、9月14日以降の試合の開始時刻等は8月1日に発表されます。

直近の試合から見ると、44日前の発表です。
ちなみに春先の一発目の発表は、第1節から僅か29日前の発表でした。

毎度毎度のことですが、発表を引っ張るのはなぜでしょうね。

昇降格があるし、専用スタジアムの野球ほど日程組みが簡単ではないのは理解できるんですが。でも、決まったところから順次リリースすれば良いと思うんですけどね。
例えば飛行機なら搭乗日の2か月前から前売りの格安チケットを入手することができますよね。土日固定でわかりやすい(w)とか寝ボケた理屈より、よっぽどサポーターの利益になることなんですけどね。
TV放送の予定も一緒に発表されますけど、スカパーの編成会議に引っ張られてるんですかね。ていうか日程発表とTV放送予定が連動する意味がわからない・・・。誰得?

もっとも、一覧の表記は開始時刻順でグルーピングされていて、同一時刻の中ではホームチームの地域順に掲載されるので、例えば下記の例なんかだと上から5番目の鳥栖ホームと6番目の仙台ホームのところで地域順がひっくり返っているので、「浦和の試合は少なくとも13時開始じゃねーな。夜かな?」 なんて想像はつくんですけどね。
というか、これ、現時点で地域順表記じゃないってことは、

もう開始時刻も決まってんだろ!?

20130617.png

Jリーグが公式に発表しました

サッカー全般 ] TB:0 | CM:0 | 編集  2013/06/13(木)  20:10
シーズン移行の時期に関する現在のステータスについて

説明したいのは、それかい!

まあ、シーズン移行の説明をするってこと自体は、いいんです。
個人的には
雪国への影響とか、
事実上の新規参入の障壁じゃね?とか、
「JFA、Jリーグ、Jクラブが協力して」と言ってるけど自治体に金出せっていう話じゃないの?とか、
他のカテゴリーとの関係はどうするの?とか、
4月始まりが基本の日本社会の中で新卒さんとの契約はどうすんの?とか、
ステージ制とかのリーグシステムの話よりも、もっともっと社会的インパクトが大きい話ですからね。

でも、そういうことにおいてすら

メリットあるっつってんだろ
やんねーとか寝ボケた報道すんなや

(意訳)

というリリースしか出さないわけですから、まあ、Jリーグっていうのは、説明をするところじゃないんだな、そういうところなんだな、という気持ちばかりが強くなっていきます。

悲しいっていうか、情けないですね。


  1. 無料アクセス解析
NEXT GAME
Twitter Updates
外部リンク
備忘録
  • 端野福井的な何か
  • ライフプラン
------------------------------
  • パソコンデスク
    もうちょっと壊滅的に壊れたら
  • エレクター廃却
    (未定) *
プロフィール

urawameoto

Kinu & GEN
開設 日目 ('97/12/12~)

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
更新情報(blog)
最新トラックバック
最新コメント
ブログ内検索
Categories
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。